情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

詐欺VPN: 2022年にこうしたVPNを避け、安全を確保するには

ダニエル・ナイト
ダニエル・ナイトが10月 01, 2022に更新

VPNの多くが主張していることすべてが本当のように見えますが、機能しない場合や、データを記録してこっそり販売している場合があります。事実、マルウェアが潜んでいるVPNに遭遇したこともあります。

詐欺に遭うのを避けていただくために、VPNを初めて利用する場合でもすでに利用したことがある場合でも、2022年における避けるべき詐欺VPNワースト10を一覧にしました

信頼性のあるVPNをお探しなら、ExpressVPNは高速で、強力なセキュリティ機能や監査済みのノーログポリシーがあります。サインアップ時に30日間の返金保証が付いているので、満足できなかった場合は全額返金してもらえます。 実際に返金保証を利用した際、全く手間がかかりませんでした。24時間年中無休のライブチャットを通じて返金をリクエストすると、数分で承認され、5日で銀行口座に返金されました。

ExpressVPNでオンライン上で安全を確保しましょう

詐欺1:データはログなし

このようなことが書かれていたら疑ってかかりましょう。個人情報やデータを一切収集・記録しないというのはかなり頻繁に見かける宣伝だということを知っておきましょう。もちろん、ネットでストリーミングしたりする時などには匿名性はとても重要ですが、セキュリティーや安全性について嘘の記述があると大問題です。使いやすさ、安定性、透明性、パフォーマンスに力を入れているVPNに目を向けましょう。

多くの本物のVPNが個人情報をログしていないと宣言しているため、本物か偽物か見分けるのは簡単ではありません。残念ながら、このような記述が本当なのか確実に知る方法はありません。VPNプロバイダを信頼するしかないのです。しかし契約内容や利用規約などの細字部分をよく読むと、疑わしい文章や、矛盾する記述が見つかるかもしれません。

また、VPNが明白にデータログを記録していると宣言しているからと言って問題だというわけではありません。記録しているデータを何のために使用しているのか、方針にどのように書かれているか読んでみましょう。サービスの改善のために使うのか、個人情報をサードパーティや宣伝会社に転売しているのか確認しましょう。後者の場合は避けましょう。

詐欺2:無料VPNサービス

これは一番注意しておきたい詐欺です。タダより高い物はないと言いますが、無料VPNでも同じです。信頼できるVPNを利用すると、個人情報をしっかり保護してくれるVPNサービスだと自信を持てます。しかし無料VPNではまったく逆です。

無料VPNは一般的に端末にマルウェアを植え付けますし、情報やデータを暗号化しないどころか、情報を宣伝会社に転送しているのです。VPNを使う主な目的は情報を保護することですよね。無料VPNを使うと情報、プライバシー、セキュリティーが脅かされる可能性があるので避けるべきです。

詐欺3:生涯契約

サードパーティのサイトを見てみると、生涯契約の宣伝で興味をそそります。価格があまりにも安いため良さそうですが、しっかりした安全なVPNサービスを運営するためには費用が掛かるため安い生涯契約では営業が困難になるのです。

多くの詐欺VPNは生涯契約を販売していますが、このようなVPNプロバイダは契約の約束を守らないことを身をもって知ることになるはずです。VPNはデータを保護するために利用するツールだということを忘れないでください。セキュリティー対策にどれくらいの価値があると思いますか? 詐欺VPNの生涯契約の価格より価値があると思います。引っ掛からないでください。

詐欺4:偽のVPNサービス

これは無料VPNの次に注意したい重大な詐欺です。どのVPNが本物でどれが偽物か見分けるのは簡単ではありません。いくらか時間をかけて慎重に見分ける必要があります。偽のVPNの中には銀行の情報や社会保険情報、Wi-Fiデータなどの機密情報にアクセスするものもあります。このような情報を悪用したり、サードパーティに転売したりして、色々な目的のために使われる可能性があるのです。良くないですね。

VPNを選ぶ際にはセキュリティープロトコル、暗号化システム、サービスの内容など、営業方法に関して誠実に明白に情報公開しているものを探しましょう。利用規約をよく読み、矛盾している記述や曖昧な文章、一貫していない項目がないか確認しましょう。

詐欺5:プライベートなデータが必要なVPN

VPNはプライベートなデータの安全性を守るためのものですから、VPN自体からも守られる必要があります。VPNに加入するときに電話番号、住所、社会保険番号などを入力しなければならない場合は避けましょう。特に匿名性とプライバシー重視の方は避けるべきです。また、クレジットカード決済にしか対応していないVPNも避けましょう。

本物のVPNプロバイダはPayPalやビットコインなどの決済方法に対応しているはずです。

詐欺6:適切な価格設定

無料VPNと同じように価格が高すぎるVPNも避けるべきです。サービスの内容が他のサービスと同じ場合には特にそうです。異なる価格設定を検討する場合、価格、支払いはいつなのか、どの支払い方法に対応しているのかなどを検討しましょう。

また、VPNのサイトとネットでの評判にも注意すべきです。サイトには綴りや文法ミスがないか確認し、チャットルームや掲示板、レビューでVPNサービスがどのように評価されているかチェックしましょう。VPNに加入する前に、確実に本物か確認することが重要です。本物のVPNのほとんどが毎月、毎年、6か月おきなどの支払いに対応しており、毎週支払うというサービスは稀です。登録する前にこのようなことを踏まえておきましょう!

詐欺7:自分のサービスを宣伝するVPNサイト

過去数年間で多くの偽VPNプロバイダが市場に参入しており、レビューサイトを作成しています。このようなレビューサイトでは自分のサービスを掲載しており、本物のサービスであるかのように見せかけています。VPNには信頼が重要ですから、レビューサイトだけを信頼するのでは不十分です。自分で調べてみる必要があります。

VPNサイトで確認したいのは「About(当サイトについて)」のページです。本物のユーザーによるレビューを掲載しているのか、レビューした人の名前、日付、国も記載されているかなどを確認しましょう。

本当のレビューのような文章なのか、サービスを宣伝しようとしているのかレビューの内容も見てみましょう。レビューには一般的に長所と短所が書かれているので、長所ばかりのレビューには注意しましょう。

詐欺8:アプリストアのVPNレビュー

モバイルアプリストアでVPNを探す時にはレビューは信じてはいけません。ユーザーの多くはアプリをダウンロードしてVPNを使っても十分に使用していなかったり、VPNについてよく知らないで利用しているからです。残念ながら、VPNを使い始めてからしばらくしないとデメリットが見えてこないものもあります。

デメリットにはIPアドレスの漏洩、データがサードパーティに転売されていること、マルウェアが端末にインストールされたり、データをログされたり記録されたり、暗号化システムについて嘘をつかれたりしたなどがあります。

どのVPNを使うか選ぶ際にはできるだけしっかり調べてVPNプロバイダと提携がないサイトのレビューをしっかり読みましょう。

詐欺VPNに関するよくあるご質問

VPNを利用すると個人情報が盗まれますか?

いいえ、信頼性のある安全なVPNでは個人情報が盗まれることはありません。 本物のVPNでは接続が暗号化されて、データやオンラインアクティビティが公開されることがなく、匿名性を確保できます。

本物のVPNでは、収集されるデータとその使用目的についても明確にされています。例えば、ExpressVPNは検証済みのノーログVPNで、データセキュリティが危険にさらされることはありませんが、個人を特定できない情報が収集されます。これは純粋に分析目的で、こうした情報は最適に動作し続けるために収集され、RAMベースのサーバーが再起動するたびに削除されます。

しかし、純粋にデータを盗むためにデザインされた不正VPNもいくつかあります。これは本物のVPNではありません。こうした詐欺VPNは、オンライン接続を保護したり、アクティビティを匿名にしたりすることはなく、代わりに、銀行口座情報や社会保障番号など、見つけたデータをすべて記録し、外部の広告主や最高入札者に販売しています。

VPNは詐欺ですか?

いいえ、適切なVPNを選んだ場合は違います。質の高いVPNは、インターネット上で安全かつ匿名で接続できるはずです。アメリカのNetflixやDisney +などのストリーミングサイトにアクセスしたり、オンラインで安全に決済や買い物をしたり、匿名でトレントしたりすることもできます。

しかし、うさんくさいプロバイダーは、「VPN」という言葉を使って、オンラインセキュリティの向上を目指すユーザーを騙しています。偽のVPNでは、プライバシーを確保して安全に接続できず、データが第三者に販売され、セキュリティを確保できない他、中には実在しないものまであり、サブスクリプション料金を受け取ると姿をくらますものもあります!

こうした悪質な偽のVPNに騙されないように、定評のあるVPNを選んでください。ExpressVPN、CyberGhost、PIAなどの実証済みのVPNには、軍用グレードの暗号化機能があり、データが記録されず、何千人もの満足したユーザーが本物のレビューを残しています。

VPNは安全ですか?

テストしたところ、オンライン上で安全性、セキュリティ、プライバシーを確保するのに最適なVPNはExpressVPNでした

何度かテストした結果、ExpressVPNは非常に安全であることが実証されました。AES-256ビット暗号化機能とDNS、IPアドレス、WebRTCリーク保護機能があり、サーバーに接続している際にデータを保護できます。また、複数の独立監査機関により、そのコード、サーバー、プライバシーポリシー、ブラウザー拡張機能の安全性が実証されています。

ExpressVPNのトップレベルのセキュリティ機能を実際に試し、データの安全性をどの程度確保できるか確かめることを強くお勧めします。何よりも、お金をかけずに試せ、完全に満足できなかった場合は、30日以内であれば無条件で全額返金してもらえます。

ExpressVPNでオンライン上で安全を確保しましょう

Don’t Get Scammed — Secure Your Data With a Top-Tier VPN

新しいVPNが非常に多く市場に出回っているため、本物と偽物を区別するのは難しいかもしれません。利用規約やオンラインレビューをじっくり読み、注意を払うことで、偽のVPNに騙されるのを防げます。もし、あまりにもうますぎる話であれば、おそらく偽物であることを覚えておいてください!

何ヶ月にもわたりテストした結果、主張通りに安全で信頼性が高く、強力なVPNが数多くありました。テストしたあらゆるVPNの中でも、ExpressVPNには強力なセキュリティ機能とプライバシー機能がありました。しかし、これを鵜吞みにする必要はありません。ExpressVPNを実際に試して、正常に機能するか確かめることをお勧めします。 何らかの理由で満足できなかった場合は、30日以内であれば無条件で全額返金してもらえます。


まとめ — 2022年における最高のVPN(100%安全に利用可能)

イチオシ!
ExpressVPN
$6.67 / 月 49%引き
CyberGhost VPN
$2.19 / 月 83%引き
Private Internet Access
$2.19 / 月 82%引き
この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
5.00 88 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます