インターネットから消え去る方法【2019年版】

ベンジャミン・ウォルシュが5月 29, 2019に更新

インターネットは毎日の生活に欠かせないものとなっています。ほとんどの人は既に生活のことをすべてネット上に掲載しているので世界中の人が自由に見られるようになっています。しかしこのようにインターネットに発信している情報はどこかに記録されているということを忘れがちの人が多いと思います。知らない間に会社や個人によって個人情報を利用されていたというユーザーの話は絶えません。
 Delete Yourself from the Internetそれでもいいというユーザーも中にはいますが、この記事を読んでいるということはちょっと不安を感じているのだと思います。幸運なことに、ネット上から消え去る方法はたくさんあるのです。

この記事ではネットで匿名性を守り、インターネットから自分の情報を消去する10のアドバイスをご紹介します。2019年最新情報です

目次:

1 ソーシャルネットワークアカウントを削除または停止する

ソーシャルネットワークにはたくさんの情報が記録されています。Facebook、ツイッター、インスタグラムなどのソーシャルメディアサイトを利用している人はたくさんいますが、個人情報をこのようなサイトに提供する影響について気付いている人はあまりいません。ハッカーにとってFacebookはデータの宝の山のようなものです。チョコという愛犬の写真を掲載するのは大丈夫と思っても、パスワードの秘密の質問の答えが愛犬の名前ということはよくありますよね。

インターネットから本当の意味で消え去るためには、すべてのソーシャルメディアサイトの利用を止めるのが重要です。そのためにはサイトにアクセスし、アカウント設定からアカウントを停止または削除するオプションを探しましょう。この作業が完了したらあなたに関するすべての情報がサイトのデータベースから削除されます。

Facebookはすべての情報をサーバーから簡単に削除できないようにしています。Facebookアカウントを本当に削除する5つのステップという記事で詳しくご説明していますのでご覧ください

2 ネットショッピングのアカウントを削除または停止する

家から買い物ができるネットショッピングはとても手軽に買い物を楽しめるため、たくさんの人に利用されています。しかし、このようなサイトから商品やサービスを購入するたびにアカウントを作成し、メールアドレスや支払い情報をを入力しなければなりませんね。ネットにたくさんの情報を記録されてしまったということになります。

ソーシャルメディアサイトを削除するのと同じように、それぞれのネットショップサイトでアカウント設定を見つけてアカウントを削除または停止するボタンをクリックすることであなたに関するすべての情報を削除することができます。

将来的に商品やサービスを購入したい場合はビットコインなどの仮想通貨を利用するのが良いでしょう。ビットコインは完全に匿名の支払い方法で、人気の高まりとともにたくさんの会社がこの支払い方法に対応し始めています。

3 Deseat.meを有効活用する

Deseat.meはスウェーデンのデベロッパー、ウィリー・ダルボとライナス・ユネバックによって作成された素晴らしいインターネットサービスです。このサービスは信頼されており、あなたがアカウントを作成したすべてのサイトを確認し、削除するか購読を停止してくれます。この場合、Deseat.meを使ってあなたについての痕跡をすべて消し去るようにするのが良いでしょう。

4 データ収集サイトから情報を削除する

データブローカーというのはあなたのオンラインデータを収集することだけを目的とした会社です。つまり、ネット上であらゆる方法を使ってデータを収集し、最も高価格で落札した人に転売しているのです。一般的にあなたの情報を購入しているのは大規模な小売会社です。ターゲティングされたマーケティングであなた専用の宣伝を表示するために利用されています。多くの人にとってはかなりのプライバシー侵害でしょう。

SpokeoWhite Pagesなどの情報収集サイトに個人情報が掲載されていたら、撤去するように申請することができます。ただし、撤去の申請には紙の書類をファックスしたり郵便で送ったりするなど、かなり手間と時間がかかるようになっています

5 すべてのGoogleサイトから個人情報を削除する

Googleに問い合わせて提携サイトからあなたの個人情報を撤去するように申請することができます。ただしこの手続きは銀行口座番号や社会保険番号などの非常に機密の情報である場合にのみ行うべきです。手続きには法的な申請が必要だからです。

また、手続きは素早く完了するとも言い切れません。一部のケースでは失敗に終わる場合もあります

6 サイトから直接情報を削除する

サイトからデータを削除するのは簡単ですし、簡単であるべきなのです。かなり前に登録したのに今は利用していないようなサイトは何百個もあるはずです。その場合、直接会社に問い合わせて情報を削除してもらうことができます。

しかし、メッセージやメール、サポート申請などを送信する必要があり、実際に情報を削除されるまでいくらか時間がかかります。

ここでポイントは丁寧にお願いすることです。失礼な文章で今すぐデータを削除してくれ、と言うのは避けましょう。

7 Googleを使って古い検索結果を削除する

あなたの名前や情報をGoogleで検索した場合、きっと何かが表示されることでしょう。昔登録したサイトや、忘れていたメールアドレスや写真、仕事を探していて時に送信した履歴書など、Googleはこのようなデータを削除する手助けをしてくれます。

あなたの情報が掲載されているURLをGoogleに提出すると、サーバーをアップデートして不要なURLを撤去できる場合があるため、そのページと関係を切ることができるのです。

繰り返しますが、必ずしも成功するという保証はありません。それでも試してみる価値はあります。

8 すべてのメールアカウントを削除する

メールアカウントを削除するのはインターネットから消え去りたいなら必須事項です。このプロセスでも最も重要なステップの一つでもあります。メールアカウントには膨大な量の個人的でプライベートな情報や経済的な情報が記録されているはずです。パスワードをリセットするフォームや銀行の取引明細書、注文の確認メール、誕生日のメッセージなど、他にも色々あるはずです。

このような情報を削除するにはすべてのアカウントにログインしてアカウント設定オプションからアカウントを閉鎖することです。このようにするとすべてのアカウント情報やメールが永久的に削除されます。ただし、将来的に必要になった場合に備えて重要なデータはバックアップしておきましょう。

9 ブラウザの検索履歴、キャッシュ、パスワード、支払い方法、保存された住所を削除する

この処理は簡単です。ただしどのブラウザを利用しているかによって方法が異なります。ブラウジング履歴やキャッシュを削除するにはブラウザの履歴欄にアクセスします。すべて削除するというオプションがあるはずです。

支払い方法や保存された住所などの情報を削除するにはブラウザ設定から可能です。しかし一つひとつ削除する必要がある場合もあります。

10 VPNを使って匿名性を守る

Virtual Private Network (VPN)データの暗号化、地理制限の通過、位置情報の変更などはVPNのメリットのほんの一部にすぎません。

インターネットから情報を削除することに関してはVPNを使うことでネットの匿名性を守ることができるのです。接続したサーバーのIPアドレスに変更することで匿名になれます。IPアドレスは利用している端末の名前のようなものですから、アクセスしているサイトにあなたが誰なのか特定されなくなります。

また、 ExpressVPNNordVPNCyberGhost VPNなどのプレミアムVPNサービスを利用した場合、活動ログや個人情報が保存されないので完全に匿名になることができます。

再びネットを利用する時は

以上のような処理を行った後に再びインターネットを利用したいという場合は匿名性を守る必要があります。そのため、知らない間に故意にデータをばらまいてしまわないようにするにはVPNの利用が不可欠になります。

どのVPNが良いかお悩みですか? 専門家のレビューはこちらでお読みいただけます。

ベンジャミン・ウォルシュ
経営学の学位を取得した後、ベンは技術及びサイバーセキュリティー業界でマーケティング、執筆、コンテンツ開発に携わることにしました。キャリアアップを目指しながら旅行して外国の文化と触れ合うことが目標だそうです。