情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

マルチホップチェーン:VPNを利用する最も安全な方法

グレイ・ウィリアムズ
グレイ・ウィリアムズが6月 28, 2022に更新

監視やトラッキングされるのを防止するためにVPNを利用しますが、それでも安全ではない可能性があります。政府機関は技術をどんどん進歩させていますから、VPNプロバイダは常にユーザーを保護する方法を模索しています。ネットの匿名性を守る強力な方法の一つにマルチホップVPNチェーンというものがあります。カスケードとしても知られています。

What is Double VPN
マルチホップを利用するとVPNトンネルが複数のサーバーを経由することになり、サーバーを通過するごとにデータが暗号化されて新しいIPアドレスが割り当てられます。

この機能とともに、しっかりした暗号化とブラウザ保護などのプライバシーツールを併用することで、最高レベルのセキュリティー対策と匿名性を確保することができます。

マルチホップVPNチェーンを使用すべき理由は?

VPNに接続すると、サーバーはあなたの本当のIPアドレスを現在地を見ることができます。さらに通信がどこに送信されているのかも見られます。つまり、データセンターまたはサーバーがモニタリングされている場合やVPNプロバイダがログを記録している場合、あなたが行っていることはすべて記録され、個人を特定できてしまうのです。

VPNプロバイダは約束通りプライバシーとセキュリティーを守ってくれると信じたいものですが、自分で匿名性を守るに越したことはありません。1つのVPNサーバーに接続しているだけではモニタリングされるリスクがあるのです。

政府機関、インターネットサービスプロバイダ(ISP)、宣伝会社などは利用者の情報を収集するために常に技術を進歩させていますから、利用者としても対策を一歩先に進めるのがベストなのです。

ダブルVPNを使う

ダブルVPNチェーンを使うと、1つ目の接続したサーバーはIPアドレスを、2つ目のサーバーは通信の内容しか受信しません。つまり、どちらのサーバーも通信情報とIPアドレスをどちらも通信することはないということです。

Double VPN
VPNを単独で利用するより、このような高度なサーバー設定の方がプライバシー保護とセキュリティー対策を強化できるということです。

ダブルVPNを検討すべきもう一つの理由は国全体の検閲や監視を避けるためです。VPNチェーンの入口の国(中国など)と出口の国を異なる国に設定するのです。これで国全体の監視や規制を回避することができます。

マルチホップチェーンを設定する一番簡単な方法は、自動でマルチホップを有効にしてくれるようなプログラムを利用することです。

セキュリティー対策に関して、ダブルVPNを利用すると暗号化も二重になると思っている人がほとんどです。つまり、AES256ビット暗号化ではなく、AES512ビットになると思っているのです。実は違います。AES256ビット暗号化が2回行われるのです。

分かりやすくご説明しましょう。暗号化トンネルを経由してVPNサーバーに接続しますよね。データがこのサーバーに受信されるとともにAES256ビット暗号化の処理が行われます。ダブル暗号化があるのでそのサーバーからの通信はもう一つのサーバーに再ルーティングされます。

つまり、スクランブリングされたデータがもう一度AES256ビット暗号化されるということです。政府やISPなどに解読されることはほぼ不可能になります。匿名性を高め、ネットでデータを保護することができるのです。

ダブルVPNのメリットとデメリット

ダブルVPNは便利な技術です。特にインターネットが検閲されている場合には役立ちます。政治活動家やジャーナリストは活動を抑圧されたり啓発の声をもみ消されたりしないように身を守ることができます

ダブルVPNは一般的なサービスではできないような方法でDNSやIP漏洩から保護してくれます。何かが問題が発生して片方のサーバーに支障があったとしても、漏洩された通信は不完全です。通信の内容またはIPアドレスのどちらかが漏洩するだけであり、両方とも漏洩するわけではないからです。

それでも、ユーザーにとってデメリットもあります。

  • まず、コストがかかります。このような複雑なサービスを利用するためには追加料金がかかるのです。
  • 第2に、通信速度が遅くなります。セキュリティー対策が向上するには通信を妥協することになります。高速通信でダブルVPNを利用したい場合はたくさんの帯域幅が必要になります。

ダブルVPNを利用するには

このサービスを提供しているトップレベルのVPNが一つあります。Hide.meです。他の記事でも Hide.me を頻繁にご紹介していますが、ダブルVPN機能もあるのは素晴らしいでしょう。

幸運なことに、Hide.meはこの保護機能をサービスに含んでいるので追加料金を払わなくても利用できます。このプロバイダには他にもたくさんの機能があるのでとてもおすすめです。Hide.meにはインターネットキルスイッチ機能があり、同時に6台の端末を接続することができます。

また、オニオンオーバーVPNにも対応しているのでトーアブラウザの匿名性も利用できます。Hide.meは高度な暗号化を行っているので安心してインターネットを利用できるようになります。

ログなし方針があり、インターネットの利用状況が記録していないことを保証しています。マレーシアに本社があるので、外国の政府の規制の対象ではないのも安心です。

Hide.me にはDNS漏洩対策もあり、トンネルから情報が漏洩してデフォルトのサーバーに受信される心配がありません。サーバー数も豊富なので全体的なパフォーマンスもとても優れています。トレントやP2Pファイル共有を行っている人のために、大量の通信専用のサーバーを設けています。

最高なのは30日返金保証があることです。サービスを試してみて気に入らなかった場合にも安心です。

ダブルVPNのまとめ

ダブルVPN機能を利用すると、データ漏洩の可能性をほぼゼロにすることができます。その反面、プレミアムサービスを利用するために追加料金がかかり、通信速度が遅くなるというデメリットがあります。

加入する前にネットワークの通信速度が十分高速かどうか確認し、ダブルVPNによる極端な通信速度の低下に対応できるかチェックしましょう。そうしないと好きなコンテンツをストリーミングしたり、新しい映画をダウンロードしたりするときに不便です。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.40 6 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます