モノのインターネットとそれらを保護する方法【2019年究極ガイド】

ベンジャミン・ウォルシュが3月 25, 2019に更新

モノのインターネットは2019年以降も爆発的に拡大していき、私たちの生活を根本的に覆し、ますます快適に過ごせるようになっています

「モノのインターネット(IoT)」は誤解しがちなキーワードです。IoTをできるだけ分かりやすく説明すると、コンピューティング端末が埋め込まれている日用品をインターネットを通して利用することだと言えるでしょう。そのような「日用品」にはキッチン家電、照明、暖房器具、セキュリティーシステムなどが含まれます。
IoT Internet of ThingsIoTという言葉の基本的な定義をご説明しましたが、技術はどんどん進歩しています。人工知能(AI)が出現し、毎日のように技術が発達していますから、モノや乗り物、建物までいろいろなものに最先端のソフトウェアが埋め込まれており、利用者はそのようなモノが自動で運転するように操作できるだけでなく、モノ同士が相互に運転するようにすることもできるのです。

2018年だけでも110億個以上の端末が世界中でインターネットに接続されていると推定されています。急速に技術が進歩しているなか、2019年以降もIoT革命は続いていくことでしょう。私たちの生活を根本から覆し、生活がより良くなっていくはずです。

では、モノのインターネットとはそもそも何なのでしょうか? 私たちの日常生活にどのような影響をもたらすのでしょうか? セキュリティーで問題はないのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

目次:

1 IoTとは

以上でもお話ししたように、IoTにはいろいろなスマート端末が関係しています。ユーザーの指示に従ったり、相互にコミュニケーションをとったりして、私たちの生活の質を向上しているのです。IoTによって私の暮らしは便利になっているのです。ほとんどの場合、無線のネットワーク通信によってそのようなことが実現しています

IoT私たちの暮らしにかなり大きな影響を与えており、多くの人が理解して導入しています。端末はどんどんスマートになってきていて、照明、サーモスタット、冷蔵庫、コーヒーメーカー、自動車、テレビなど、生活をより良くするためにたくさんの端末が最先端のネットワークに接続しているのです。

2 IoTの要素

IoTは複雑な構造です。センサーから始まり、作動機で終わり、その間にはたくさんの要素があります。よく分かりませんよね。詳しく見てみましょう。 term IoT described要するにIoTは、必ずセンサーから始まります。センサーがなくてはアクションを行ったり、状態を把握したりすることができません。センサーがあることと、インターネットに接続されていることにより、人間が介入しなくてもいいので端末はスマートだということになります。また、作動機によって端末が作動します。これについては以下で詳しくご説明します。

簡単に言うと、IoTは1つの技術というわけではなく、密接につながっている複数の技術のことなのです

  • センサーから作動機
  • ネットワーク
  • アプリ、プラットフォーム、サービス

1. センサーから作動機

IoT端末は低電力の端末であることが多く、本来はスマートであることを想定して開発されたのではなく、時間の経過とともにスマートになってきたモノです。端末自体はほとんどの場合、低価格で無線です。モノに付属しているセンサーは環境から常にデータを収集して、次のレイヤーに発信しています。

よくあるセンサーの例は、サーモスタット、圧力センサー、湿度センサー、近接検知器、速度センサー、ICタグ(無線周波数認知装置)などです。作動機は現実世界で端末がコマンドを実行するスイッチのようなものです。

2. ネットワーク

IoTで一般的なコミュニケーションネットワークはWi-Fiインターネットで行われていますが、最も最先端のスマート端末やセンサーは他の低出力ネットワークBluetooth、Z-wave、ZigBee、LoRAWANなど)で接続することもできます。これらのネットワークにはそれぞれデータ転送率や全体的な効率性の面で長所や短所があります。

技術の改善、電池の寿命や効率を向上することを目的としてIoTネットワークの開発はまだ続いています。最近追加されたプロトコルは6LoWPANというもので、IPv6オーバー低出力無線パーソナルエリアネットワークです。この技術は多数の会社で導入されており、IoTネットワークで低電力でデータを転送するために使用されています。

3. アプリ、プラットフォーム、サービス

IoTアプリ、プラットフォーム、サービスはIoTの要素を接続するために使用されている仲介ウェアです。データを収集したり、プロトコル間を切り替えたり、データを保存、分析したりしています。

このようなサービスのほとんどがクラウドベースで、データを処理して役に立つ情報に変換する役割を担っています。頻繁に利用されているIoTのサービスはAmazonウェブサービス(AWS)です。他にもMicrosoft Azure、IBM Watson Bluemix、ThingWroxなどがあります。

3 IoTの成長

Everyday lifeIoTは近年かなり注目されていますが、新しいコンセプトというわけではありません。初めてのIoTの一例は、カーネギー・メロン大学で1980年代に開発されたコカ・コーラマシンです。

インターネットに接続された冷蔵庫で、冷蔵庫を開けなくても飲料があるか、冷たい状態なのか確認できるというものでした。その頃、このようなコンセプトは「埋め込まれたインターネット」、「コンピュータの普及」と呼ばれていました。

「モノのインターネット」の誕生

「モノのインターネット」という表現はケビン・アシュトンが1999年に提唱したものです。彼はマサチューセッツ工科大学の自動ISセンターの共同創設者で、P&Gでの仕事で使用していました。当時ケビンは供給網管理部門で働いており、上司に新しい革新だったICタグに注目して欲しかったのです。

1999年にはインターネットはトレンド中でしたから、彼は「モノのインターネット」という題名でプレゼンをしました。これがキーワードの由来ですが、その後10年ほど、注目されませんでした。

IoTの急成長

モノのインターネットが急成長したのは2008年にIPSO同盟が端末の接続性を促進するために、業界の大手企業のパートナーシップを確立したことがきっかけでした。これにより、大企業はIoTに投資し始め、生産に取り組んだのです。

2010年に中国政府はIoTに将来性があると見込み、5年計画で戦略的に優先させると発表しました。翌年、世界最先端の研究・支援会社のGartnerはモノのインターネットは新興現象の一つとして提示しました

2012年には「モノのインターネット」がヨーロッパ最大の技術会議、LeWebのテーマとなりました。この時点でモノのインターネットという言葉は人気があり、フォーブス誌、Wired、Fast Companyなどの文献でも見られるようになりました。翌年、IDCの予測によると、IoT技術やサービスは「2012年に4兆8千億ドル、2020年までには8兆9千億ドルの国際収益となり、年平均成長率は7.9%」だそうです。

2014年、GoogleがNest(アメリカのスマート家電商品製造会社)を32億ドルで買収すると発表したことで、モノのインターネットという言葉は大衆的に知られるようになりました

それ以降、IoTは私たちの生活を一変させました。節電や健康管理、ビジネスの成長など、たくさん場面で役に立っています。

スマート枕で目覚めたり、自動で照明が点灯したり、サーモスタットが好みの温度に調節してくれたり、コーヒーマシンが朝のコーヒーを作ってくれたり、今では本当に多様な場面でIoTの実用化を目にすることができます。

4 IoTの実用化されている場面とは(IoTの影響)

統計によると、IoTの主な用途は消費者体験の向上、安全性、コスト削減、生産性の改善、共有網の可視化などで見られます。

今後もIoTはますます成長を続け、世界中で新しい市場が生まれることが予想されています。では、この革命的なコンセプトがどのように世界を変えたのか見ていきましょう。

自宅のIoT

IoTはすべての業種で拡大を続けていますが、最も急成長しているのはホームでのIoTです。実は現在、スマートホームブームが始まろうとしているのです!インテル株式会社の最近の調査によると、インタービューに答えた人の71%が2025年までにすべての家にスマートホーム端末があるだろうと予想したのです。また、今後10年間でスマートホームはスマートフォンと同じくらい普及する自信があると答えたのは68%に上りました。

自宅のIoTの例は、PhilipsのHue電球などのスマート照明や遠隔から操作できるサーモスタットなどです。もう一つの例はAmazonダッシュボタンです。聞いたことがないという人に説明すると、このボタンはWi-Fiに接続された端末で、ボタンを押すだけでお気に入りの商品を再び注文することができるというものです。このようなDash補充サービスはさらに一歩進んでいます。補充が必要だと探知すると、自動で商品を注文してくれるのです。

スマートシティー

世界中の年はIoTの成長を有効利用して生活やサービスの提供を改善したり、コストを削減したり収入増加につなげています。実は、インテルの協力を得て行われたジュニパー・リサーチの調査によると、スマート都市は「住人が毎年125時間も時間を節約できる」可能性を秘めていると推測しています。
Smart city IoT vpnIoTに投資し始めた初の都市の一つはバルセロナです。2012年からこのような技術を導入しています。バルセロナなどの多くのスマート都市は、公共交通、電灯、駐車、水、電力、廃棄物の管理などの場面でIoTを利用しています。

交通に関してはスマート都市では電気自動車や自転車シェアリングなどを促進しているほか、バスや駐車システムの改善にも取り組んでいます。バスはインタラクティブになり、利用者はバスの現在地をいつでも確認することができるようになっているのです。電気自動車の利用者は、チャージできる場所を確認出来るのでナビゲーションに役立ちます。

街で駐車したいときに駐車場を探す必要がなくなります。駐車システムを見れば最も近い駐車スペースが表示されるので電力と時間の節約になるのです。また、このようなセンサーは統計情報も収集し、自治体が駐車による収入を最大限得るのにも役立ちます。

スマート都市の電灯システムは節電と色々な情報収集のために利用されています。歩行者が近づいてきたり、歩道に誰もいないことを探知できるのです。また、このような電灯は空気の質を探知できるセンサーが搭載されているので、大気汚染や騒音公害などの問題に取り組むのに役立ちます。他にも、事故を探知して救急システムなどに情報を送信して対応するためにも役立ちます。

廃棄物の管理に関しては、スマートゴミ箱は廃棄物の量をモニタリングするのでゴミの収集ルートを最適化することができます。これにより、自治体はすべてのゴミ箱をすべてのルートで確認しなくてもいいのでコスト削減につながるのです。他にも高度なゴミ箱は危険な廃棄物や水質汚染につながる物質を探知できるものもあります。

産業IoT

産業物のインターネット(IIoT)は急速に成長しており、現在IoTに関する支出の大部分を占めています。Accentureによる推測によると、IIoTは2030年までに国際経済に14兆2千億ドル追加するそうです。IIoTは主に製造業で使われており、サイバー物理システムを使って工場のプロセスをモニタリング、制御したり、収集したデータを使って賢い判断ができるようにするために使われています。

Industrial IoT vpnIIoTで最も重要な用途はエネルギー消費を最小限に抑えることです。産業会社で最もお金がかかるのはエネルギーだからです。請求書には工場全体の電力消費量しか書かれていませんから、効率が悪いのはどの機械なのか特定することはできないことが多いのです。IIoTを使うと、端末ごとにデータを収集、分析することができるのです。このようにして、パフォーマンスが悪い端末をすべて特定して、問題を解決することができます。

産業でのIoTのもう一つの重要なメリットは予知保全です。IoTがないと、会社は一定時間おきに全体をメンテナンスしたり、機械の履歴に基づいてメンテナンスを行ったりするだけです。当てずっぽうで行うようなものですから、不要な支出につながります。IoTを使うと、センサーは色々な機械をモニタリングして状況を報告したり、問題が発生した場合に通知したりします。これにより時間、労力、資源を節約でき、故障がいち早く報告されます。結果的に停止時間が少なくなり、製造プロセスが改善されるので商品の品質も改善されます。

農業

IoTは農業や家畜の管理の両方の面でメリットをもたらしています。土壌の品質、天気、作物の状況、家畜の健康状態などに関するたくさんのデータを収集する農業センサーがあるのです。このようなデータはパフォーマンスを確認したり、設備や処置の効率性などをモニタリングするのに利用されます。また、データは生産のアウトプットを予測するのにも利用でき、農場経営者はどのように作物を分配するか計画を立てられるようになるのです。

また、IoTはコストを管理して廃棄物を削減するのにも役立ちます。農場経営者は生産プロセスをより細かく制御できるからです。施肥、灌漑および害虫駆除などの工程がIoTによって自動化されるため、コストや廃棄物の削減するのに役立っています。農業ではIoTによって生産性を上げ、収入を最大限引き上げられるようになったのです。

健康管理とIoT

健康管理でIoTを利用することによりかなりのメリットが見られています。治療の質や効果が改善されていますし、全体的に患者の健康状態が向上しているのです。

Health IoT vpnリアルタイムでモニタリングする端末により、たくさんの命が救われています。心不全、糖尿病、喘息などの発作の危険性が探知されると、スマート医療機器はデータを収集して、医療関係者に通知し、接続されているスマホを通して適切な人に情報を送信します。また、医療関係者にとって、普通の状態の時に収集された情報もとても役に立ちます。患者の健康状態を改善したり、状態悪化を防いだりするにはどうすればいいか判断できるからです。

IoTのある端末を所有している病院は医療機器(心臓モニターやインスリンポンプなど)で収集された情報遠隔から患者の健康状態を観察することができます。このようにすることで合併症を早期にキャッチして対策できるのです。

5 人気のIoT端末の例

最も人気のあるIoT端末をいくつかご紹介します。これらの端末の多くが自宅にあるもので、毎日のように利用されています。

Amazon Echo:

Amazon Echoはアマゾンからのハンズフリースピーカーで、音声で制御することができます。このスマート端末は一般的にAlexa(アレクサ)に接続されています。これはアマゾンの音声で制御する賢いパーソナルアシスタントです。端末を起動するには「アレクサ」、「エコー」、「コンピュータ」というキーワードを言うだけです。 Amazon Echo音声コントロールだけで電話を掛けたリメッセージを送信したり、スマート照明を点灯したり、ドアの鍵を掛けたリ、テレビ番組を見つけたり、音楽を再生したりすることができます。この端末にはDolby技術のパワフルなスピーカーがあり、360度全方向に音声を再生でき、ボーカルも明瞭ですし、ベースもダイナミックです。音楽が再生されているときでもEchoには7つのマイクがあり、ビームフォーミング技術とノイズキャンセリング機能があるのでコマンドを聞き取ることができるのです。Google HomeはGoogleの同じような端末です。

Ring:

Ringは「ring」という端末を家に配置するという次世代の技術です。最も便利なIoT端末の一つでしょう。この端末を使うと、スマホ、タブレット端末、パソコンで家を監視することができます。カメラ付き呼び鈴があり、これには広角レンズ、マイク、スピーカー、カメラなど搭載されており、家中に配置することができます。 Ring IoT vpn

この呼び鈴は動きを探知するたびにスマホを通知します。また、あなたが家にいてもいなくても訪問者が呼び鈴を鳴らすと通知してくれます。このような洗練された技術を使うと、訪問者とコミュニケーションをとったり、動画を録画したりして自宅を守ることができるのです。外出中でも家全体を保護できるというのが特長です。スマートですね。

Nestサーモスタット:

Nestサーモスタットは最も人気のある暖房・冷房IoT端末です。この端末はあなたの家族の生活を素早く学習し、生活や好みに合わせて温度を自動で調節してくれるのです。例えば就寝時にいつも温度を下げるという場合、Nestは就寝パターンを学習し、夜や朝などに好みの温度に設定してくれるのです。

Nest Thermostat IoT vpn仕事に行くときにはスマホの位置情報を見ることができるので、節電のためにエコモードに設定されます。このような素晴らしい節電機能のためとても人気があります。また、スマホから電力消費量を確認することもできます。

Wink HubとPhilips Hue:

スマートホーム照明はIoTホームが浸透してから急速に人気が向上しています。最も人気があるのはPhilips Hueでしょう。これは、自宅の照明にIoTを実用化した初めての商品で、色が変わる電球と、アプリでコントロールできるのがポイントです。Winkを使うと太陽の変化をもとに外の照明を調節するように設定できます。就寝時など、照明を暗くする必要がある時間帯を設定することも可能です。

Philips Hue IoT vpnPhilips Hueというスマート照明システムはかなり充実していて、現在はAmazonアレクサ、Apple HomeKit、Google Home、SmartThingsなど色々なものに対応しており、複数のスイッチやモーションセンサーなどがあります。また、システムは証明が必要ないときや自宅に誰もいない時などに節電してくれます。

装着可能な端末:

装着可能な端末は今ではよく見かけますね。スマホを利用する頻度が少なくなっているほどです。Apple、Fitbit、Garminなどは装着可能な端末の市場の大手会社で、高度なスマートウォッチや健康トラッキング端末で有名です。スマートウォッチは電話やテキストメッセージを受けるのに利用でき、スマホを取り出さなくても音楽を再生できます。

健康管理に関する装着可能な端末には発汗量、体温、心拍数などの生体測定機能があります。このような健康に関する統計情報は一般的に、記録、分析、モニタリングされます。

病気や健康状態に変化がある場合に早期に発見するためにも利用できます。また、歩数や運動をトラッキングすることもでき、その日にどれくらいのカロリーを消費したのか、目標を達成できたのか確認できます。

6 IoTとデータセキュリティー

最もデータのセキュリティーが心配されている業界は自宅に最も近いものです。 IoT data securityモノのインターネットレポートによる調査の予測では、今年だけでも1億9300万個のスマートホーム端末が発送されたそうです。つまり、2016年には8600万個の端末が発送されたため、224%という成長率だという計算になります。これには冷蔵庫、洗濯機、乾燥機などのスマートホーム家電のほか、スマート照明やサーモスタットなどのスマートホーム電力設備、カメラ、モニター、センサー、警報システムなどのスマートホームセキュリティーシステムが含まれます。

自宅でのIoTの成長は良いことだと思われていますが、IoT端末にはデータの収集が行われていることが共通しています。データを収集することでIoTが可能になっていますし、IoTに搭載されているセンサーはデータを収集することが目的なのですね。FTCによると、1日だけで1万件のスマートホームが1億5千万個のデータポイントを収集しています。つまり、たくさんのデータが収集されているということです。

データの収集はビジネスや政府がお客さんや市民へのサービスの提供を改善することを目的としていますが、悪意のある組織によって利用される可能性もあります。たくさんのポイントがあるため、悪質なグループはシステムをハッキングして侵入し、ユーザーの個人情報を盗み取ったり、接続されているものにいたずらしたりすることができるのです。

7 自宅からデータを収集することについて

Amazonアレクサは何千万ものアマゾンの端末で利用可能ですし、他にもサードパーティの端末でも利用できます。Google HomeもIoT端末で、同じように利用でき、人気があります。とてもたくさんの人が接続しているということはリスクもたくさんあるということです。

IoTの音声アシスタントが生まれてからユーザーのプライバシーとセキュリティーに関して懸念の声が上がっています。音声アシスタントを使ってユーザーを監視したりできないかということが主な心配で、これについては明白な答えはありません。

音声アシスタントはコマンドを聞き取ることで作動するため、データの面で以下のような危険性があります

  • 端末の電源が入っているとマイクは常にリスニングモードになっています
  • 端末は複数の音声の違いを聞き取れないため、他人が端末の所有者の声を真似ることができます
  • 録音はクラウドサーバーに常にアップロードされています。サイバー攻撃があった場合、データが危険にさらされます。
  • 端末は家の所有者の位置情報をもとに検索の内容や宣伝を調節しています。
  • 端末は録音からデータを収集して、あなたの許可や合意なしに後で分析されます。
  • サービスプロバイダはユーザーの合意や許可なく個人データをサードパーティに共有することができます。

8 ホームデータの保護

Virtual Private Network (VPN)

どんなIoT端末を利用するにしても、データは収集されるはずです。IoT端末によって脅威が異なるため、自宅全体のセキュリティーを守る唯一の方法はVPNを使ってデータを暗号化することです。

VPNホームデータをすべての保護して漏洩を防いでくれます。AES256ビット暗号化を使用しているVPNを使うと、常にセキュリティーとプライバシーが守られます。ExpressVPNNordVPN are がそのようなVPNの一例です。このようなVPNは通信を暗号化して安全に任意のサーバーにトンネリングすることでデータを保護してくれるのです。このようにすることで、ISPにデータが転送されませんし、ハッカーから保護することができるのです。

端末を保護するにはExpressVPNまたはNordVPNをオススメします。両方ともしっかりしたセキュリティープロトコルを使用していますし、データのログを記録していません。

しかし、多くのIoT端末はVPNのインストールに対応していないものが多いことにご注意ください。そのような端末も保護する最適な方法はルーターベースのVPNを利用することです。以上でご紹介した2つのVPNは両方ともサイトでVPNをインストール済みのルーターを販売しています。

まとめ

IoTは過去数年間で急速に成長しており、2019年以降も人気は増し続けるでしょう。日用品がつながることにはたくさんのメリットがある半面、セキュリティーの面で心配な部分もあります。

ExpressVPNNordVPNなどの安全で頼りになるVPNを利用することで、端末を追加でセキュリティー対策でき、家中を守ることができるのです。

ベンジャミン・ウォルシュ
経営学の学位を取得した後、ベンは技術及びサイバーセキュリティー業界でマーケティング、執筆、コンテンツ開発に携わることにしました。キャリアアップを目指しながら旅行して外国の文化と触れ合うことが目標だそうです。