情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

ロシアでTelegramを利用するには(2022年に更新)

佐々木 健太
佐々木 健太が6月 01, 2022に更新

政府はブログやニュースサイトだけを検閲しているのではありません。友達、家族、同僚などに意見を表現するためのアプリも禁止されていることがあるのです。ロシアではTelegramというメッセージアプリが禁止されていることがその一例です。

Telegram unblock vpn
Telegram

Telegramは以前ロシアで利用されていましたが、最近ロシア政府はこのアプリは国民に悪影響がある可能性があると表明しました。このアプリはかなり人気があるので政府の公務員でさえもメッセージツールとして利用していたほどです

その後、Telegramを作成したニコライとパヴェル・ドュロフ兄弟は上級政府関係者に通信されているコンテンツを規制できるように暗号化キーを引き渡すよう迫られました。兄弟はその圧力に応じませんでした。

Telegramは今でもロシアで最も人気のあるメッセージサービスの一つです。しかしロシアのIPアドレスからアクセスするのはほぼ不可能です。

幸運なことに、このような国全体の検閲を通過する方法がいくつかあります。

VPNのTelegramでの機能

Virtual Private Network (VPN)
VPNはVirtualPrivate Networkの略で、インターネットトラフィックを暗号化し、世界中にある独自のリモートサーバーを介して再ルーティングします。 これにより、仕事や休暇でロシアを訪れている際に、母国のインターネットに接続できます。

VPNはロシア政府によるあらゆる規制に対抗するのに便利なツールなのです。さらに、インターネットを利用したりメッセージを送信したりするときに匿名性を守ることができます。軍事レベルの暗号化で保護されたデータは不正な監視から守られます。

Telegramにアクセスするには:

  1. VPNをインストールします
  2. ロシア以外のサーバーに接続します
  3. Telegramのアカウントにログインします

ロシアのTelegramのための最高のVPN

VPNはすべて現在地を隠すのに最適な方法です。しかし以下でご紹介するつのサービスはTelegramのアカウントにアクセスしたい場合にオススメです。

1ExpressVPN

主な機能:

  • 3000以上のサーバー
  • 94か国以上にサーバーを配置
  • 自動キルスイッチ
  • ログなし
  • スプリットトンネリング機能

ExpressVPNでは、ロシア国内で誰もがTelegramアカウントに無制限にアクセスできます。ノーログポリシーにより、オンラインアクティビティが地方自治体に報告されないので安心できます

256ビットのAES暗号化によりデータが保護され、ネットでの活動内容のプライバシーと匿名性が確保されます。また、ExpressVPNに接続していると通信が高速です。このサービスは94か国以上に3000以上のサーバーがあり、サーバーの負荷荷重による遅延の心配はありません。

今すぐExpressVPNをリスクなしでお試しください!

2CyberGhost VPN

主な機能:

  • マルウェアブロッカーで追加のセキュリティー対策
  • 91か国以上にサーバーを配置
  • 自動キルスイッチ
  • 7500以上のサーバー
  • 帯域幅が無制限

CyberGhost VPNでは、ノーログが保証され、256ビットのAES暗号化により、オンラインアクティビティを保護できます。他社とは違い、CyberGhostにはマルウェアブロッカーがあるので不審なプログラムから身を守ることができます。

また、91か国以上に7500以上のサーバーがあり、すべての主要なオペレーティングシステム用のアプリがありますし、モバイル端末やブラウザでも利用できます。

今すぐCyberGhostをリスクなしでお試しください!

3Private Internet Access

主な機能:

  • 84か国以上で34400台以上のサーバー
  • ログのない最先端のセキュリティ
  • 一度に10台のデバイスを保護します
  • 無制限の帯域幅
  • 30日間の返金保証

Private Internet Accessにはノーログポリシーがあり、望まない第三者からのユーザー情報の要求から身を守れます。256ビットのAES暗号化により、閲覧中にデータストリームを傍受されることはありません。また、84ヶ国以上に34400台を超えるサーバーがある他、30日間の返金保証があります。

今すぐPIAをリスクなしでお試しください!

まとめ

VPNならどれでもいいわけではありません。以上でご紹介したサービスの多くが返金保証や無料トライアル期間を設けていますから、あなたに適しているか確認することができます。

色々なVPNを試してみて、適切なサービスなのか、アクセスしたいサイトやコンテンツ、アプリを利用できるようになるのか確認してみましょう。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
3.90 2 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
佐々木 健太
佐々木健太は慶應大学卒のテクノロジーマニアです。彼は個人情報が悪用されないようにするために、オンラインプライバシーの保護が重要であると考えています。