情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

2022年にExpressVPNを中国で利用するには

佐々木 健太
佐々木 健太が6月 01, 2022に更新

ExpressVPNは、今でも国で機能する珍しいVPNの一つで、アカウント(Facebook、Gmail、WhatsApp、Instagram、Twitterなど)へのアクセスに役立ちます。

すべきことは、VPNを起動してサーバーに接続するだけで、軍用グレードの暗号化、リーク保護、キルスイッチによってインターネットトラフィックをすぐに保護できます。オンラインアクティビティが記録されたり、共有されたり、第三者に販売されたりすることはありません。

Webサイトは中国国内で利用できないため、 必ず中国に到着する前にExpressVPNをダウンロードしてください。30日間の返金保証があるので、満足できなかった場合は、無条件で返金してもらえます。

今すぐExpressVPNを中国で利用しましょう

クイックガイド: ExpressVPNを中国で利用するための3つのステップ

  1. VPNを入手しますExpressVPNが中国で確実に機能するためお勧めです
  2. サーバーに接続します。94ヶ国以上にある3000台を超えるサーバーから選べます。
  3. これだけです!中国でWeb閲覧を楽しめます。

今すぐExpressVPNを中国で利用しましょう

ExpressVPNは中国でどのように機能する?

データを第三者から守るために、ExpressVPNでは軍用グレードの暗号化と自動キルスイッチが使用されています。256ビットの暗号化によって、インターネットトラフィックを偽装し、第三者に読み取られないようにできるため、オンラインアクティビティや現在地を知られることはありません。また、Network Lockキルスイッチによって接続が不安定な際にインターネット接続が切断されるので、データが危険にさらされることはありません。

Kill スイッチがオンになっている ExpressVPN 全般設定のスクリーンショット

Network Lockキルスイッチを有効にして保護を強化しましょう

ExpressVPNには中国に物理サーバーや拠点がなく、閲覧履歴や個人を特定できるデータを追跡、監視、保存しないとするExpressVPNの厳格なノーログポリシーに準拠しています。これについては、トルコでExpressVPNのサーバーが当局によって押収された際に、ユーザーデータが見つからなかったことでも実証されています。

中国では政府が承認していないVPNの利用は許可されていないため、ExpressVPNを利用する際は、ある程度の注意を払ってください。VPNで保護することで、著作権で保護されたコンテンツなどをダウンロードできるわけではありません。しかし、中国でVPNを利用したことで外国人が罰せられたという事例は公にはありません。中国では一般に、VPNを利用している外国人を追跡するのではなく、VPNサービスを技術的にブロックすることでVPNの利用を制限しています。

今すぐExpressVPNを中国で利用しましょう

中国でExpressVPNに接続できませんか? 以下のトラブルシューティングのヒントをお試しください

中国のグレートファイアウォールは定期的に更新されているため、それに対応するためにExpressVPNの設定を調整する必要がある場合があります。

1. VPNプロトコルを「自動」に設定する

ExpressVPNには、接続に応じて異なるプロトコルがあります。より効率良くデータ転送できるものもあれば、より安定した接続を得られるものもあります。プロトコルを調整するには、[オプション]メニューを開き、[プロトコル]設定に移動してください。プロトコルが「自動」に設定されていることを確認しましょう。これにより、中国での接続に最適なプロトコルが見つかります。

Lightway、OpenVPN、IKEv2、L2TP / IPsecを含む利用可能なすべてのプロトコルを表示するExpressVPNアプリのスクリーンショット

LightwayおよびOpenVPNプロトコルは、通常、中国に最適です

2. ExpressVPNが接続要求を完了するのを待つ

ExpressVPNの接続に時間がかかる場合は、しばらくお待ちください。接続が完了するまでに最大30秒かかる可能性があるため、アプリで接続失敗の通知が届いた場合にのみ、接続を再試行してください。引き続き接続できない場合は、アプリを終了してデバイスを再起動してから、再接続を試みましょう。通常のインターネット接続が遅い場合は、それによってVPN接続が遅い可能性があるため、待つことが特に大切です。

ExpressVPNサーバーの接続が確立されたのに機能しない場合は、オンラインアクティビティを続行する前に、VPNを再接続してみてください。再接続することで、接続が更新され、技術的なエラーやサーバーの中断を修正できます。

3. ブラウザのキャッシュをクリアする

多くの場合、WebサイトではVPNのIPアドレスの受信リクエストが多すぎるとブロックされますが、別のサーバーからアカウントへのアクセスを試みると、Cookieがブロックされる場合もあります。これを修正するには、ブラウザの設定画面に移動し、キャッシュとCookieをクリアしてください。これにより、ブロックが解除されてWebサイトにアクセスできるようになります。

Cookieによって現在地情報を保存されることがあるため、キャッシュをクリアすることで、コンテンツのブロックを回避するのにも役立ちます。WebサイトによってCookie内の現在地情報とVPNのIPアドレスの間に競合が検出された場合、アクセスを拒否される可能性があります。Cookieを削除すると、その現在地情報が削除されるため、WebサイトにはVPNのIPアドレスのみが表示され、アクセスできるようになります。

4. 別のサーバーに接続する

24時間年中無休のライブチャットを利用して、中国での利用にお勧めのサーバーについて問い合わせたところ、日本(横浜)、アメリカ(ロサンゼルス5、サンタモニカ)、イギリス(ウェンブリー)、フランス(アルザス)、シンガポール(マリーナベイ)のサーバーが適していることがわかりました。

正常な接続の確立を試みる代わりに、このサーバーのいずれかに切り替えることができます。

5. IPおよびDNSリーク保護を有効にする

外部サイトやアプリによって、実際のIPアドレスやDNSアドレスが漏洩されている可能性があります。これを防ぐには、[オプション]メニューにある[詳細設定]をクリックし、[接続中にIPv6アドレスを検出しない]と[接続中にExpressVPNのDNSサーバーのみを使用する]にチェックを入れてください。

IP および DNS リーク保護が有効になっている ExpressVPN の詳細設定のスクリーンショット

DNSまたはIPの漏洩によって、身元情報が公開されるのを防ぎましょう

6. メールでカスタマーサポートに連絡する

ExpressVPNのWebサイトにはライブチャット機能がありますが、中国からアクセスできない場合があります。幸い、メールサポートはいつでも利用できます。Yahooメールが中国で機能するためお勧めです。

ExpressVPNのカスタマーサポートはすぐに返答してくれます。実際にメールでカスタマーサポートに連絡したところ、24時間以内に返答が届きました。Webサイトにアクセスできない場合に備えて、カスタマーサポートのメールアドレス(support@expressvpn.zendesk.com)を必ずメモしましょう

今すぐExpressVPNを中国で利用しましょう

よくあるご質問: VPNと中国

中国で VPNが必要なのはなぜですか?

VPNを利用して中国でお気に入りのWebサイトやアプリにアクセスできます。中国政府は、法律、技術、規制を用いてインターネットを厳しく検閲し、市民と旅行者へのアクセス許可を管理しています。何百万人もの人が毎日利用している様々な人気のあるサイトやサービスがブロックされているため、同僚や友人、家族と連絡を取り合うのが困難です。

中国で無料VPNを利用できますか?

無料VPNに魅力を感じるかもしれませんが、お勧めしません。最高の無料VPNでさえ、機能が非常に制限されています。利用できるサーバーが少ないと接続が不安定になり、インターネットトラフィックが保護されていない状態になる可能性があります。また、データ通信量に制限があるため、必要なだけ利用できません。 有料版ユーザーが優先的にアクセスできるようにするために、意図的に速度を遅くしているので、Web閲覧やストリーミングの際に減速します。

中国で機能することが実証されている質の高い最良のVPNを利用する方がはるかに安全です。中国で利用するのに最適なのはExpressVPNで、30日間の返金保証があるので、気に入らなかった場合は返金してもらえます。実際に返金をリクエストしたところ、5日以内に返金してもらえました。すべきことは、ライブチャットまたはメールでカスタマーサービスに返金をリクエストするだけです。

ExpressVPNで無条件で全額返金してもらえました

ExpressVPNの利用は中国で合法ですか?

ExpressVPNを含め、2022年における主要なVPNの利用はすべて、中国で合法ではありません。2018年、中華人民共和国工業情報化部(MIIT)は、ユーザーデータを記録または保存しないVPNの個人的な利用を禁止しました。政府が承認したVPNの利用は合法ですが、中国の規制に準拠しなければならず、要求された場合、ログに記録されたユーザーデータをすべて提供する必要があります。ExpressVPNは中国にサーバーがなく、英領バージン諸島に拠点を置いているため、中国の企業ではなく、中国の管轄下にありません。

承認されていないVPNを利用すると、当局に捕まった場合、罰金または懲役刑が科せられる可能性があります。しかし、数多くの中国人や観光客が、毎日のように承認されていないVPNを利用して、ブロックされたサイトやサービスにアクセスしているのも事実です。私のチームは、違法行為への加担を容認していませんが、これまで外国人がVPNを利用したことで通報されたという事例は公にはありません。

中国政府が一部のWebサイトをブロックしているのはなぜですか?

中国のインターネット制限は、有害で誤解を招くコンテンツから一般市民を守るために実施されています。これには、政府に損害を与えると見なされる恐れのある情報、示唆に富む資料、ギャンブルが含まれます。自国のお気に入りのWebサイトやアプリにアクセスできないため、休暇や仕事で中国を訪れた際はイライラします。

中国でブロックされているサイトの一覧は常に変化しているため、表示できないサイトの数を知るのは不可能です。以下は現在それに該当しますが、これに限定されません:

  • 検索エンジン – Yahoo、DuckDuckGo、Bing、Google(あらゆるGoogleサービスがブロックされています)
  • ニュースサイト – NY Times、BBC、The Washington Post、The Guardian、Bloomberg、NBC
  • メッセージングサービス – Gmail、WhatsApp、Snapchat、Slack、Telegram
  • ソーシャルメディアアプリ – Twitter, Facebook, Instagram
  • ストリーミングサービス – Netflix、YouTube、Amazonプライムビデオ、HBO Max、Hulu、Spotify、Twitch
  • 情報プロバイダー – Quora、Wikipedia、WordPress、Archive

他のVPNは中国で機能しますか?

ExpressVPNの他に中国で機能するVPNがいくつかあります。こうしたVPNは、常に最新の状態を保つために毎日テストされます。

中国政府によって、中国国内での利用が承認されていないVPNのWebサイトはブロックされているため、到着する前にVPNアプリをダウンロードおよびインストールすることをお勧めします。すでに中国にいる場合は、ミラーサイトを利用してVPNのWebサイトにアクセスできるかもしれません。ミラーサイトのアドレスは、VPNのカスタマーサービスに問い合わせると教えてもらえます。ExpressVPNの.onionサイト(https://expressobutiolem.onion)には、Torブラウザからもアクセスできます。

中国でAndroidやiPhoneでExpressVPNを利用できますか?

はい、ExpressVPNのAndroidおよびiOSアプリは中国で機能します。スマートフォンをパソコンのホットスポットに接続することも可能で、VPNアプリをパソコンにダウンロードするだけです。ExpressVPNにはWindows、Mac、Linux、Chromebook専用のアプリがあります。アプリを起動してサーバーに接続した後、WiFi接続を介してパーソナルホットスポットを設定でき、パソコンがVPNサーバーに接続されている限り、携帯電話を保護できます。

中国でルーターにExpressVPNをインストールできますか?

はい、中国でルーターにExpressVPNをインストールできます。これによって、WiFiに接続されたデバイスがすべて、ExpressVPNの暗号化されたトンネル(スマートテレビやゲームコンソールなどのネイティブVPNをサポートしていないデバイスを含む)を介してルーティングされるため、あらゆるデバイスを同時に保護できます。VPNに接続するのを忘れてしまったり、誤ってVPNを切断してしまったりすることを心配する必要はありません。

今すぐExpressVPNを中国で利用しましょう

今すぐExpressVPNを利用して、オンライン上でプライバシーを維持しましょう

ExpressVPNの世界有数のセキュリティおよびプライバシー機能により、インターネット上でプライバシーが脅かされたり、自国の普通のWebサイトからブロックされたりすることはありません。追跡されずにGoogleドライブで作業を続けたり、FacebookやWhatsAppで友人や家族とやり取りしたり、地元のニュースを読んだりできます。

しかし、これを鵜呑みにする必要はありません。30日間の返金保証があるので、ノーリスクでExpressVPNを中国で試せます。ニーズを満たしていなかったら、24時間年中無休のカスタマーサポートに連絡して返金を受けられます。実際に試してみたところ、きちんと返金してもらえ、わずか5日で銀行口座に返金されました。


まとめ – 中国に最適なVPN(2022年にテスト実施)

イチオシ!
ExpressVPN
$6.67 / 月 48%引き
PrivateVPN
$2.00 / 月 80%引き
VyprVPN
$8.33 / 月 44%引き
この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.10 4 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
佐々木 健太
佐々木健太は慶應大学卒のテクノロジーマニアです。彼は個人情報が悪用されないようにするために、オンラインプライバシーの保護が重要であると考えています。