公共Wi-Fiでのセキュリティー対策

Last Updated by グレイ・ウィリアムズ on 1月 12, 2019

WiFi公共Wi-Fiはモバイルデータを使用しなくてもインターネットを利用できる便利なものです。一昔はなかなか公共Wi-Fiが見つからなかったものの、今では至る所でインターネットが利用できますね。

旅行中やホテル、カフェなど色々な場所で公共Wi-Fiが見つかります。便利ですし簡単に利用できるものの、セキュリティーについて心配する必要があります。
Hacker

公共Wi-Fiを利用する際に気にしたい10のリスク

1 中間者攻撃

最も頻発している脅威は中間者攻撃(MitM)と呼ばれるものです。端末が脆弱な公共Wi-Fiに接続されると、接続に潜む脆弱性によって他人にデータを傍受されてしまいます。プライバシー侵害や個人情報の漏洩につながります。

2 マルウェア

ソフトウェアの脆弱性により、公共のWi-Fi接続から簡単にあなたの端末にマルウェアが侵入してしまいます。

3 暗号化されていないネットワーク

暗号化はデータやプライバシーを保護するのに必要不可欠です。特に公共のインターネット接続の場合には重要となります。ほとんどのルーターは暗号化が無効で出荷されているので管理者が手動で有効にする必要があります。有効になっていてもネットワークが正しくセットアップされている保証はありません。公共Wi-FiのほとんどがWPAパスワードやWPA2パスワードを必要としないため、安全ではありません。

4 監視

ローカルWi-Fi接続で他人の活動を盗み見るためのソフトウェアや端末は案外簡単に手に入るものです。アタッカーはこのようなツールを利用してネットの利用状況を監視しています。また、ウェブページ全体が盗み見られることも可能で、個人情報を盗まれてしまいます。このような情報を盗まれるとアカウントが簡単に乗っ取られてしまいます

5 悪質なホットスポット

悪意を持ってセットアップされたホットスポットは意図的に本物の接続だと思わせるものです。このようなホットスポットに接続すると個人情報を盗まれる危険があります。

6 悪魔の双子

悪質なホットスポットと似たような悪魔の双子は正当なネットワーク接続に見せかけたものです。信頼できるホットスポットをクローンして全く同じホットスポットが生まれます。接続すると悪意のある人に情報がすべて送信されてしまいます。

7 適切でないWi-Fi設定

公共ネットワークにはセキュリティー対策が不十分であるだけでなく、インストールの段階でキチンと設定されていなかったことが理由でリスクになる場合があります。小規模ビジネスの経営者はインターネットセキュリティーに詳しくないことがほとんどで、ネットワークはデフォルトのユーザー名とパスワードのままです。このようにセキュリティーのセットアップが不十分である場合、誰でもシステムに侵入できてしまいます。

8 パケットアナライザー

パケットスニッファはネットワーク通信を監視する小さなプログラムです。通信に関してデータを収集するのが本来の目的ですが、個人情報を盗み見るために悪用されることもあります。

9 アドホック

アドホックは端末を接続するP2Pネットワークで無線接続と同じチャネルで稼働するものです。端末に新しいネットワークを探させると、他人にアドホック接続を確立され、あなたのシステムにアクセスできるようになってしまいます。一方的に接続を確立できるので、あなたが許可を与えなくても情報にアクセスできるようになってしまうのが特に心配です。

10 ワーム

ワークはコンピュータウイルスのようなものですが、より破壊的です。端末を直接攻撃するのではなく、ネットワーク全体で拡散します。端末がワームを受信すると、自宅のネットワークに再接続したときにワームが発信されてしまいます。

公共Wi-Fiで身を守る方法

  • 個人情報は一切公開してはいけません
    公共ネットワークに接続したら誰でもあなたの活動を見られるということを忘れないでください。ユーザー名、パスワード、その他の個人を特定できるような情報を表示するのは避けましょう。また、銀行口座、自宅の住所などにアクセスしないのはとても大切です。
  • VPNを利用しましょう
    強くお勧めしたい対策方法です。仮想プライベートネットワーク(VPN)は安全な接続を確立し、情報を暗号化するのでしっかり保護してくれます。 NordVPN internet no borders ExpressVPN, NordVPN, CyberGhostなどの良質なVPNは有料ですが、個人情報を守るためには料金を支払う価値があると思います。
  • SSL接続を使う
    インターネットサーフィンする際に追加で暗号化するためには頻繁に利用するサイトでHTTPSを常に利用する」を有効にしましょう。特に、ログイン情報を入力するようなサイトで重要です。

データプランをアップグレードしましょう

データが足りないから公共Wi-Fiを利用するという場合はデータプランをアップグレードしましょう。モバイル端末も危険にさらされていて、アンドロイド端末は特に脆弱です。無制限のデータプランと安全なVPN接続を併用するのが理想的です。
Mobile WiFi

公共Wi-Fiを利用する際のアドバイス

+

  • ファイルの共有を無効にしましょう
  • 利用していないときにはBluetoothやWi-Fiを無効にしましょう
  • HTTPSのサイトのみ利用しましょう
  • アカウントからログアウトしましょう

  • ネットワークに自動接続してはいけません
  • 機密情報がないとログインできないアカウントにはログインしてはいけません
  • パスワードなしでネットワークに接続してはいけません

以上のように対策していてもリスクがあります。デジタル時代の今、サイバー犯罪はいたるところで発生しています。セキュリティー対策をして、安全に利用することを心掛けるのがとても重要です。

高品質のVPNサービス はウイルス対策ソフトを購入するのと同じくらい重要なことです。端末を保護するなら個人情報の保護にもお金を掛けたいものです。

ランク
プロバイダ名
総合評価
価格
イチオシ!
1.
イチオシ!
NordVPN
$2.99 / 月
75%引き
イチオシ!
2.
イチオシ!
ExpressVPN
$6.67 / 月
48%引き
イチオシ!
3.
イチオシ!
CyberGhost VPN
$2.75 / 月
77%引き
イチオシ!
4.
イチオシ!
Surfshark
$1.99 / 月
83%引き
イチオシ!
5.
イチオシ!
PrivateVPN
$1.89 / 月
73%引き
グレイ・ウィリアムズ
グレイ・ウィリアムズは経験豊富なデータ・コミュニケーションエンジニアで、複数のプラットフォームでコピーライター・コンテンツライター兼編集者として活動しており、サイバーセキュリティーに特に興味があります。彼は何年もVPNやその他のネットのプライバシーツールを利用したり調査したりしてきた実績があります。