情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

レビュー基準

Wizcaseに掲載されているレビューは、製品やサービスに対するレビュアーの独立した、正直で専門的な検証に基づくものであることを保証するために、厳しいレビュー基準を満たしています。この基準では、製品の技術的な品質や特徴に加えて、ユーザーにとっての商業的な価値を考慮することが求められており、これがウェブサイト上での製品のランキングに影響を与える可能性があります。

地理制限を乗り越えてネットフリックスを楽しめる手頃なVPN

バレンティン・ミルナー
バレンティン・ミルナーが6月 17, 2021に更新

ネットフリックスはみんなに愛されているストリーミングサービスですよね。映画を観るためであったり、人気のテレビ番組を観たりできるので世界的に人気があります。しかしデメリットは利用料金が安くないことと、一部の国ではアクセスできないことです。そのため多くの人はネットフリックスにアクセスするためにVPNを利用しています。

stream Netflix tv shows anywhere
しかしネットフリックスの地理制限を乗り越えられ、安価で安定しているVPNはあまりありませんし、有名なサービスでも最高のVPNに必要な機能がない場合があります。

無料のVPNサービスがいいと思うかもしれませんが、このようなソフトウェアにはセキュリティー対策が不十分だったり通信が遅いためバッファーしたりするというデメリットがあります。

安いプレミアムVPNはいくつかあります。このようなおすすめのVPNは安定して高速通信が可能であり、プライバシーを保護してくれますし料金が手頃です。そのため世界中どこからでもネットフリックスをストリーミングできるようになります。

最も手ごろなVPN

以下のような重要な観点を考慮してランキングを作成しました。

  • 経済的かどうか
  • 暗号化標準と安定した通信速度
  • サーバー数
  • iOS、ウィンドウズ、MacOS、アンドロイドなどとの互換性
  • 同時に接続できる端末の数

1CyberGhost

CyberGhost VPN
  • 60か国以上に2900以上のサーバーあり
  • 最大5台同時接続可能
  • 45日返金保証と7日間無料トライアルあり
  • 専門のヘルプ・サポートチームあり

CyberGhost はVPNに使い慣れていない人や良く分からないという人にお勧めのチョイスです。ルーマニアに本部があるのでデータ保管に関する法律に従わなくてもよく、厳しいログなし方針に基づいて活動しています。

CyberGhostでは2年契約を70%以上の割引で利用でき、アプリはiOS、Android、MacOS、Windowsに対応したものが用意されています。

リスクなしで今すぐお試しください

2IPVanish

IPVanish VPN
  • 60か国以上に1000以上のサーバーあり
  • 同時に最大5台の端末を接続可能
  • 安定性と通信速度で最適化されています
  • 7日間返金保証

IPVanish は高速なVPNが欲しいけどプライバシーや暗号化の面で妥協したくないという場合にオススメです。IPVanishは顧客データを保管していなくて最大で5台の端末に接続することができます。

無料トライアル期間はありませんが、長期的なプランに加入すると約60%も割引となります。

今すぐストリーミングを始めましょう

無料VPNを使ってはいけない理由は?

無料なものは誰でも好きなので多くのVPN会社は無料であることを売りにしています。しかし騙されてはいけません。最初はお金がかかりませんがセキュリティーが危険にさらされることがあり、これは料金を払うより重大な痛手になってしまいます。

ここでは無料VPNに潜む危険について見ていきます。しっかり検討して判断してください。

1 セキュリティーが脆弱になる

VPNを利用する主な理由はネットの脅威から身を守るためですよね。ですからセキュリティーを脅かすようなサービスがあるのはショックでしょう。

283個のVPNを対象にした最近の研究では、SuperVPN、CrossVPNおよびBetternetすべてにマルウェアが含まれていることが分かっており、研究の対象となったVPNのうち38%が感染の症状が見られたそうです。データログによって個人情報が流出したり、セキュリティー対策が不十分だったりしてマルウェアのターゲットになってしまう可能性があるのです。

2 ウェブサイトでの活動をトラッキングされる

VPNを利用する主な理由はネットのコンテンツをストリーミングしインターネットサーフィンする際にプライバシーを守るためですが、残念ながら無料VPNサービスの役72%にトラッカーが隠されています。

トラッカーはブラウジングデータを収集し、広告会社に転売されます。このようにしてあなたにターゲティングされた広告を表示できるようになるのです。

3 ネットフリックスをアンブロックできないものがある

現在、安定してネットフリックスの地理制限を乗り越えられるような無料VPNはありません。また、アクセスできても通信速度が遅いため頻繁にバッファーし快適にストリーミングできません。

4 データを制限される

多くの無料VPNはデータ量を制限しているので、結局は完全版にアップグレードする羽目になります。

5 通信速度が遅い

通信速度が遅いのは低品質のVPNで多く見られることです。料金を支払っている利用者が帯域幅を優先的に利用でき、無料サービスの利用者は帯域幅を調整されるため有料プランにアップグレードするように促されます。

6 宣伝がたくさん表示される

膨大な量の宣伝を表示する無料VPNの一例はBetternetです。宣伝を許可していないと宣言していますが、現実にはイライラするようなポップアップ広告がたくさんあります。また、Hotspot Shieldも宣伝が極端に多いサービスです。これについてはいくつか苦情の声が聞かれます。

宣伝はイライラするだけでなくインターネットの速度が遅くなり、一部のケースでは悪質なサイトにリンクされる場合があります。VPNがターゲッティングした広告やポップアップを許可しているならあなたのプライバシーが守られていないのは明らかです。ネットでの活動を政府機関やその他のサードパーティと共有されている可能性もあります。

7 帯域幅が転売されている危険性も

Holaなどの一部のサービスには利用者の帯域幅を転売していることが分かっています。独自のサーバーではなく利用者の帯域幅を使って通信をトンネリングしていたのです。このような悪質な方法はインターネット通信を悪化させ、IPアドレスやその他の個人情報の流出につながってしまいます。

ネットフリックスの地理制限を乗り越えて好きな番組を観るのは簡単なことではありません。このような制限を乗り越えるには VPN が最も頼りになり安全な方法です。しかし、安い・無料だということを売りにしているVPNは避けるべきです。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.30 2 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
バレンティン・ミルナー
バレンティン・ミルナーはエキスパートライターで、サイバーセキュリティーが専門です。彼女は最初は会社で働いていたものの、現在は独立しています。