ブラウザは、あなたがアクセスしているすべてのサイトにあなたについてのデータを通信しており、IPアドレスを公開してしまうだけでなく、ネットワークに接続されている端末やハードウェア、オペレーティングシステムに関する情報も公開してしまいます。

データを保護するには、Chrome用の最高のVPN拡張機能を使ってブラウザの通信を暗号化することでセキュリティーコード、パスワード、個人情報などを保護する必要があります。

さらにVPNはIPアドレスを隠し、プロキシサーバーを使えば地理制限のあるコンテンツを簡単に観られるようになります。

Google Chrome VPN extensions

 

Chromeに最適なVPN拡張機能を選ぶには

たくさんのVPNがありますから、まず重要なのはソフトウェアプロバイダが活動ログを記録していないことを確認し、プライバシーと匿名性が守られるようにすることです。
ExpressVPN for Chrome extension さらに、帯域幅が無制限で高速通信を提供しているようなVPNが必要です。また、制限されている映画や番組をストリーミングする予定なら地理制限を通過できるようなプレミアムプロバイダである必要があります。

最高のサービスをすべて試験利用し、Chromeに最適なVPN拡張機能をご紹介します。

Chromeに最適なVPN拡張機能

1 Chrome用ExpressVPN

ExpressVPN for Chrome この拡張機能はExpressVPNと併用することができるので、ネットのセキュリティー対策をしっかり行うことができます。世界最速のVPNプロバイダの一つであり、活動に関して一切ログを記録していません。

スプリットトンネリング機能を利用でき、特定の通信でVPNを使用し、他の活動ではローカルネットワークを利用することができます。ExpressVPNは現在地を隠すのに最適なので外国のサイトや規制されているサイトに自由にアクセスできるようになります。

契約に加入すると、30日返金保証を利用できるようになり、Chrome用拡張機能をしばらく使ってみてしっかり利用できることを確認できます。
ExpressVPN

リスクなしで今すぐお試しください

2 NordVPNのプロキシ拡張機能

NordVPN Proxy Extension for Chrome NordVPNのChrome用超高速なプロキシ拡張機能を使うとすべてのインターネット通信を暗号化して保護することができ、IPアドレスも隠してくれるため、ネットを匿名で利用できるようになります。高度なCyberSec機能は広告ブロッカーとしても利用でき、サイバー攻撃やマルウェアなどから端末を保護してくれます。

このプロキシ拡張機能は軽量で、NordVPNのアカウントにログインしてもリソースをそれほど使わないため、最高なサーバーに接続してバックグラウンドで稼働させておくことができます。さらに保護したいという場合、NordVPNはWebRTCを簡単に無効にすることができます。WebRTCはほとんどのブラウザでデフォルトで稼働しており、DNS漏洩の原因になる場合があります。

もちろん拡張機能を利用するにはNordVPNの契約が必要になりますが、30日返金保証があるのでリスクなしで試してみることができます。試しているときにトラブルが発生した場合、親切で対応のよいカスタマーサービスチームに問い合わせることができます。
NordVPN

今すぐご利用ください

3 CyberGhostのChrome拡張機能

CyberGhost Chrome Extension VPN CyberGhostの拡張機能を利用するのに契約は必要がなく、完全に無料です。プレミアムVPNであるCyberGhostは信頼できるサービスで、すべてのサービスでプライバシーとセキュリティーに厳しい姿勢をとっているため、オススメの拡張機能です。

有料ユーザーでも無料ユーザーに関わらず、拡張機能ではアメリカ、ルーマニア、ドイツのサーバーしか利用できません。有料契約とChrome拡張機能の最大の違いはプレミアムサービスの方が通信速度が圧倒的に速いということです。

それでも、無料拡張機能はサービスを試してみるのに便利ですし、加入したら45日返金保証が適用されます。
CyberGhost VPN

リスクなしで今すぐお試しください

4 WindscribeのChrome拡張機能

Windscribe Chrome Extension VPN Windscribeは安定したサービスを提供しているため、毎日人気が高まっています。拡張機能のセットアップはシンプルですし、安全なサービス、強力な広告ブロッカーも搭載しています。比較的保守的なブロッカーで、かなり積極的に宣伝をブロックしてくれます。

このプロバイダはカナダの会社で、通信速度が速く、ログを記録しておらず、ネットフリックスやBBC iPlayerなどの地理制限のあるサイトを簡単にアンブロックできます。ブラウザ拡張機能とアプリを併用すると、2つのサーバーに通信が経由するため2倍の保護が可能になり、追加でセキュリティー対策し、リスクから身を守ることができます。
Windscribe VPN

今すぐご利用ください

Chrome用のVPN拡張機能が必要な理由

Chrome用のVPN拡張機能を利用するとたくさんのメリットがありますが、市場に出回っているVPNには安全ではないものもたくさんあります。プロバイダの中にはユーザーを悪用して情報を漏洩させたりするものもあるため、信頼できるブラウザ拡張機能を利用する必要があるのです。

単一の拡張機能を利用するのではなく、信頼できるVPNサービスを提供している会社を選びましょう。単一の拡張機能は単なるプロキシなのでデータを暗号化しません。また、情報を収集するための悪質なプログラムである可能性もあります。

ブラウザ拡張機能VSプロキシ

VPNではないブラウザプラグインにご注意ください。Hola、DotVPN、ZenMateは見たことがあるかもしれませんね。

同じように作動しますが、Chromeブラウザからの通信しか暗号化してくれません。ブロックされているサイトや検閲を通過することはできるものの、たくさんのセキュリティーの脆弱性があります。

ただの拡張機能として稼働するVPNはIPSec暗号化やOpenVPNプロトコルを使用していません。端末にはクライアントが稼働していないからです。真のVPNはネットワーク全体を保護してくれます。

VPN拡張機能はワーム、遠隔管理ツール、中間者攻撃、キーロガーに対して脆弱です。さらに、無料VPNサービスは一般的にデータ制限や帯域幅調整を行っており、待ち時間も長い傾向があります。

また、宣伝やクッキーをブラウザにアップロードするために無料VPNを使っている会社も報告されています。こうなるとVPNを使う意味がなくなってしまいます。最悪の場合、利用者の利用していない帯域幅を利用してボットネット攻撃を仕掛けるものもあります。

まとめ

ネットで身を守る場合にはChrome用の最高のVPN拡張機能を利用するのが理にかなっています。

ただし、しっかり調査してプライバシーを保護してくれるような信頼できるVPN会社を選びましょう。

リスクなしで今すぐExpressVPNをお試しください