日本に最適なVPNトップ5【匿名でセキュリティー対策するのに最適!2019年版】

グレイ・ウィリアムズが4月 24, 2019に更新

日本では国民の90%以上がインターネットにアクセスしています。政府による監視やインターネットの検閲は今のところ心配ないものの、事態は変わり始めています。

日本でトレントすると問題になる可能性があるため、日本にいる時には最高のVPNを利用するのは必須です。

VPNを使うとインターネットを匿名で利用できるようになり、暗号化によって通信を保護し、プロキシサーバーに接続して日本で別のIPアドレスを利用できるようになり、地理制限を通過したい場合は通信を外国に再ルーティングしてくれます。

遠隔サーバーは旅行するときに役立ちます。例えば、アメリカ以外からアメリカのネットフリックスにアクセスしたい場合など、サービス区域以外から自由にコンテンツにアクセスできるようになります。

日本に最適なVPNを選ぶには

WizcaseではすべてのVPNサービスについてしっかり調査して役に立つおすすめ情報を提供しています。

以下の基準に基づいて日本に最適なVPNのランキングを作成しました。

  • 通信速度が速いこと
  • 世界中に充実したサーバーネットワークを配置していること
  • 接続が安定していること
  • 強力な暗号化を使用していること
  • ネットフリックス、Hulu、BBC iPlayerなどの地理制限のあるコンテンツをアンブロックできること
  • 使用ログを記録していないこと
  • 複数の端末向けのアプリを用意していること
  • 複数の接続が可能だということ
  • トライアル期間または返金保証があること

1ExpressVPN

ExpressVPN
  • 帯域幅が無制限
  • 2000以上のサーバーを世界中に配置
  • 30日返金保証

他のランキングを見ていただくと分かると思いますが、ExpressVPNはいつもトップに輝いています。ExpressVPNはVPN業界でも最先端のプロバイダで、サービスはインターネットセキュリティーの面でとても安定しています。最先端プロトコルの256ビット暗号化インターネットキルスイッチを使用しています。

アプリのデザインはシンプルで、初心者ユーザーも素早く簡単に接続できます。セキュリティー対策するのに専門知識は一切必要ありません。

ExpressVPNは通信についてログを一切記録していません。仮のメールアドレスで登録してビットコインで支払えばさらに匿名性を向上することができます。

リスクなしで今すぐお試しください

2NordVPN

NordVPN
  • 5000以上のサーバーを世界中に配置
  • 帯域幅が無制限
  • 30日返金保証

NordVPNは厳しいログなし方針に従って活動している数少ないVPN会社の一つです。通信やセッション、タイムスタンプなどは一切記録されません。警察は過去にユーザーについての情報を得ようとしましたが、NordVPNはログを記録していないので何も公開できませんでした。

NordVPNはストリーミング、トーアオーバーVPN、専用のIPアドレス、ダブルVPN保護、DDoS攻撃対策など、目的別に専用サーバーを用意しています。NordVPNはネットフリックスの規制を通過することができ、世界中のコンテンツにアクセスできるようになります。

すべての通信がAES256ビットプロトコルと2048ビットSSLキーで暗号化されますし、1つのアカウントにつき6台まで同時接続が可能です。また、カスタマーサポートも充実しており、Windows、Mac、Androidなどのほとんどすべてのプラットフォームに対応しています。

今すぐご利用ください

3CyberGhost VPN

CyberGhost VPN
  • 最高で7台まで同時に接続可能
  • 帯域幅が無制限
  • 45日返金保証

CyberGhost VPNはユーザーログを記録しないので素晴らしいオプションです。日本を含む60か国にサーバーを配置しているのでニーズに最適な接続を簡単に見つけられるはずです。

CyberGhostはWindowsMacAndroidなどのオペレーティングシステム用のアプリを用意しています。Chrome用のVPN拡張機能は完全なVPNではありませんが、プロキシで日本のコンテンツを利用できるようになるのは良いでしょう。

CyberGhostはAES256ビット暗号化、OpenVPNプロトコル、インターネットキルスイッチでデータを保護してくれます。

CyberGhostの24時間週7日体制のサポートチームはとても親切で役立ち、チャットまたはメールでいつでも問い合わせることができます。

リスクなしで今すぐお試しください

4PrivateVPN

PrivateVPN
  • ワンクリックでセットアップ可能
  • PrivateVPNのデベロッパーが直接サポート
  • 30日返金保証

無制限の帯域幅と通信速度、6台まで同時接続可能で低価格PrivateVPNをご利用ください。このサービスは12の地域でネットフリックスの地理制限を通過できるのが特長です。アメリカのネットフリックスも利用できるので本当にたくさんのコンテンツにアクセスできるようになります。

PrivateVPNは100以上のサーバーを30か国以上に配置していてトレントやP2Pに対応しているのが魅力的です。2048ビット暗号化とAES-256でデータを監視から保護できますし、ログなし方針があり、WindowsMacAndroidなどのプラットフォームに対応しています。

今すぐご利用ください

5IPVanish VPN

IPVanish VPN
  • 40000以上の共有IP
  • 最高で10台まで同時に接続可能
  • 24時間週7日体制のカスタマーサポート

IPVanish VPNはログを記録していますが、アカウントを開設したときにしかユーザー情報を記録していません。それ以外はすべてのブラウジングセッションが隠されます。IPVanishは高度な暗号化を使用しており、インターネットキルスイッチがあります。また、セキュリティー対策とプライバシー保護のために無制限でサーバーを切り替えることができます。

サーバーは60か国以上に配置されているので世界中のコンテンツにアクセスできますし、すべてのサーバーでトレントが許可されています。通信速度の面でも最速なサービスの一つです。

アプリはAndroid、iOS、Windows、Macで利用可能です。唯一のデメリットは返金期間がわずか7日間だということです。

今すぐご利用ください

日本に適した無料VPN

日本で利用可能な無料サービスはたくさんありますが、無料VPNの利用は避けましょう。一般的にこのようなサービスはサーバー地点、帯域幅、通信速度、暗号化の面でかなりデメリットがあるからです。無料で最高レベルのサービスを利用できるはずがありませんね。

無料サービスを提供している会社も運営費、人件費、広告などのために収入を得る必要があり、その多くがあなたの活動をトラッキングし、クッキーを使用し、データをサードパーティの広告会社に転売して収入を得ているのです。

日本ではトレントは合法なのでしょうか?

日本では世界で最も厳しいトレント禁止法があります。この法律に違反すると最高で1千万円の罰金と2年以下の懲役となります。

2013年だけでも著作権保持者の承諾なく漫画、アニメ、ミュージックビデオ、ビデオゲームをアップロードしたとして27人が逮捕されています。トレントする予定なら日本に適したVPNを利用する必要があります。

日本の将来はどうなるの?

Japan flag

今のところ、日本ではソーシャルメディア、インターネットのコンテンツ、検閲などの規制はありません。しかし事態は変わり始めています。特にジャーナリストや人権活動家などに対して罰則や逮捕を増やす動きが世界的に強まっているので日本もそれに加わる可能性があります。

2016年に日本で権威のある声をメディアから強制的に取り除こうとしていたことが明らかになり、国連でも日本の独立が危ぶまれていたのです。今すぐデータを暗号化して身を守るべきなのです。

まとめ

日本に住んでいる人でも日本に旅行する予定でも、最高レベルの保護が必要です。日本に最適なVPNを利用することでネット上の個人情報や活動履歴を匿名にしておくことができます。

グレイ・ウィリアムズ
グレイ・ウィリアムズは経験豊富なデータ・コミュニケーションエンジニアで、複数のプラットフォームでコピーライター・コンテンツライター兼編集者として活動しており、サイバーセキュリティーに特に興味があります。彼は何年もVPNやその他のネットのプライバシーツールを利用したり調査したりしてきた実績があります。