情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

無料のGrammarly代替おすすめ【2022年にテスト済み】

佐々木 健太
佐々木 健太が6月 01, 2022に更新

クイック・サマリー:私はこのリストにある全てのスペル・チェッカーと文法チェッカーをテストし、支持してきましたが、MicrosoftのEditorは他を圧倒しています。間違いを検出し、改善を提案し、すべての主要なブラウザのための拡張機能を持つ優れた仕事をしています。このリンクから30日間無料で試すことができます

主要なAIエディタとして、Grammarlyは、作家が一般的な文法やスペルミスを回避するのを助けます。複数の異なるライティングスタイルを認識し、コンテンツのトーンがライティングスタイルに一致するように提案することができます。

Grammarlyに代わるおすすめを5つ見つけるために、15以上の無料のスペル・文法チェッカーをダウンロードし、テストしました。そのほとんどは非常に基本的なもので、無料版ではスペルをチェックする以上のことはほとんどできません。ブラウザをクラッシュさせ続けるものや、ブラウザの拡張機能をインストールしても動作しないものもありました。

とはいえ、まったくの無駄ではありませんでした。無料試用版のある製品まで検索範囲を広げましたが、いくつかの優れた代替品を見つけることができました。最終的に、Microsoft Editorが最も優れた選択肢となりました。これは、スペル、文法、句読点をチェックするのに最適な無料のブラウザ拡張機能を備えています。また、30日間無料でプレミアム機能を使用できたので、どのような高度な文法ミスを発見できるかを確認するのに十分な時間がありました。

Microsoft Editorを無料で試す!

クイックガイド: 2022年の無料のGrammarlyおすすめ代替品

  • Microsoft Editor:無料のブラウザ拡張機能で、電子メール、ソーシャルメディア投稿、ブログ投稿などを書きながら、リアルタイムで提案や修正をしてくれます。
  • ProWritingAid:複数のワープロソフトとシームレスに統合でますが、無料版は最大500語のウェブエディタに制限されています。
  • Sapling:AIを搭載した文法・スペルチェッカーは、基本的な文法やスペルの修正はできますが、高度な提案はすべて有料でロックされています。

無料のGrammarlyの代替品に求めるもの

ブログ記事を書くときも、ソーシャルメディアを更新するときも、メールを送るときも、自分のケアレスミスを通知してくれる文法・スペルチェッカーに頼っています。これが、私のおすすめリストに載せるアプリに最低限必要なものです。私がおすすめするアプリは、次のような機能を備えている必要があります。

シームレスな統合

Grammarlyの便利なところは、他のライティングプラットフォームと簡単に統合できるところです。Grammarlyのプラットフォーム上に自分の文章をアップロードしなくても、結果を得ることができるのです。このような利便性を実現するために、Grammarlyの代替ソフトはWord、Google Docs、Eメールプラットフォーム、ソーシャルメディアと統合し、私が入力したあらゆるもの、あらゆる場所に対して即座にフィードバックを提供する必要があるのです。

ブラウザの拡張機能

Chrome、Firefox、Edge、Safariというトップブラウザで動作するブラウザ拡張機能を持つことは必須です。Eメール、ソーシャルメディア、ウェブサイトのバックエンドなど、複数のツールをインストールする必要がないように、統合を合理化してくれます。これはマイクロソフトのEditorの大きな改良点の一つで、私がEditorを最も推薦する大きな理由です。

リアルタイム補正

入力中に間違いや修正、提案などを表示してくれるツールが望ましいです。無料のプログラムの多くは、書き終えたらコンテンツをアップロードし、テキストを解析して修正箇所を表示してもらう必要がありました。これをリアルタイムで行えるプログラムがあることを考えると、大きな時間の無駄でした。

コンテキストを理解する

無料のスペル・文法チェッカーに求めるのは酷というものですが、これはとても重要なことです。決まり文句や常套句を使ってもいいときもあれば、カジュアルでゆるい感じにしたいときもありますよね。私は、自分のライティングスタイルを選択するオプションがあり、そのスタイルに沿った修正と提案をしてくれるプログラムを好みます。

高機能文法チェッカー

高度な文法チェッカーは、一般的な文法チェッカーと高品質なものを区別します。残念ながら、この機能が無料のツールに含まれていることはほとんどありません。そのため、無料トライアルがあることを条件に、高度な機能を持つ有料会員にアップグレードするオプションがある無料ツールを紹介しました。

似たような機能を持つGrammarlyのベストな無料代替品5選

1. Microsoft Editor:リアルタイムスペル・文法チェッカー、テキスト改善の提案付き

  • 主要なブラウザに対応したブラウザ拡張機能
  • ライティングのレベルアップのヒント
  • 盗用チェッカー内蔵
  • 文章の質に応じてEditor Scoreを付与します。
  • 20カ国語以上で利用可能
  • 実績ある返金保証で30日間無料体験

Microsoftは、スペルチェックや文法チェッカーに関して、常に一歩先を進んできました。単語の下にある赤と青の線で、間違えたことを知らせてくれます。その機能はWordでも利用できますが、Microsoft 365ではEditorでこの機能を向上させました。Microsoft 365のアプリと統合されており、ブラウザと統合されたスタンドアロンツールとして使用することもできます。

文法やスペルチェックだけでなく、8つのリファインメントカテゴリーに着目し、文章の質を向上させるために設計されています。リファインメントをチェックする前に、カジュアル、プロフェッショナル、フォーマルなど、あなたのライティングスタイルに応じたリファインメントを提案するかどうかを選択できます。AIエディターがあなたのスタイルを理解すると、これらのカテゴリーに基づいて文章の改良を試みます。

  • 明快さ
  • 簡潔さ
  • 形式
  • 句読点規則
  • 包括性
  • レジュメ
  • センシティブなジオポリティカルリファレンス
  • ボキャブラリー

エディターは、受動態の文章、矛盾した代名詞、オックスフォード・コンマ、文脈から外れた言葉など、150種類以上の文法的な間違いや改善すべき点を検出することができます。改善すべき単語をハイライト表示し、その上にマウスを置くと、提案が表示されます。その後、マウスをクリックするだけで、間違いを修正したり、提案を受け入れたりすることができます。

Editorの素晴らしい機能の1つは、各コンテンツにEditorスコアを与えることです。このスコアは、文章のスタイル、スペルや文法の間違い、様々な改善案に基づいています。

Editorのブラウザ拡張機能により、ブラウザに書き込んだすべての内容をチェックすることができます。これには、Eメール、ソーシャルメディアの更新、ブログの投稿、チャットなどが含まれます。メールを送ったり、投稿を公開する前に恥ずかしい間違いをすることから何度も救われました。

無料版のEditorもとても便利ですが、30日間の無料トライアルでノーリスクで使えるプレミアム版を試してみることをお勧めします。どのような提案をするか、あるいはあなたの文章にどのような間違いがあるかをすぐに確認することができます。試用期間中は間違いの修正に取り組み、腕に自信があれば無料版にアカウントをダウングレードして、ケアレスミスに対応しましょう。

Microsoft Editorを30日間無料で試す!

2. ProWritingAid(プロライティングエイド)。文法、スペル、ライティングスタイルを改善するための提案を行います。

  • 主要なワープロソフトとの連携
  • 20種類以上のレポートを作成し、文章を分析することができます。
  • Chrome、Firefox、Edge、Safariに対応したブラウザエクステンション。

ProWritingAidは、文法やスペルを修正するだけではないライティングアシスタントです。ビデオやクイズ、訂正の理由など、文法の先生のような役割も果たしますので、間違いから学ぶことができます。

主要なブラウザと統合されているので、入力する文字に間違いがないことを確信できます。主要なブラウザに対応したブラウザ拡張機能があり、バックグラウンドで作業していてもブラウザが遅くなるようなことはありませんでした。

ProWritingAidは、いくつかの高度な機能を備えていますので、お試しください。

  • 詳細なレポート:20以上の詳細なレポートにより、あなたの長所と短所、よくある間違い、いつも間違える単語などを発見できます。
  • 文脈シソーラス:ProWritingAidは、同じ単語を何度も繰り返すのではなく、コンテンツの文脈に基づいて意味のある他の単語を提案します。
  • 盗作チェッカー:あなたのコンテンツが100%ユニークであることを確認します。剽窃チェッカーは、あなたの文章を何百万もの記事と比較し、それが他のソースからコピーされたものであるかどうかを知ることができます。

無料のブラウザ拡張機能や機能はそこそこ使えるのですが検知できないミスも有り、Microsoft Wordほどではありませんでした。

3. Sapling:AIによる文法チェッカーとライティングアシスタント

  • 包括的なスペルチェックと文法チェック機能
  • よく使う単語やフレーズをオートコンプリートできる
  • Chrome、Edge、Firefox、Outlook、Google Docs などのブラウザ拡張機能

Saplingは、スペルミスや文法ミスをチェックするだけではない、ユニークなライティングアシスタントです。あなたの文章を改善しながら時間を節約するために設計された、2つのユニークな機能を備えています。

  1. どこでもオートコンプリート: Saplingはディープラーニングを利用してあなたの文章を分析し、文章の中によくあるフレーズや単語を認識します。あなたが文章を書くと、これらの単語やフレーズをオートコンプリートするようになり、時間の節約と不注意なスペルミスの防止につながります。使えば使うほど、オートコンプリートライブラリは大きくなっていきます。
  2. Snippets:マクロのショートカットを使って、よく使うフレーズを自動化したり、日、月、年などの情報を自動的に更新することができます。

残念ながら、これらの機能は30日間無料で試用できるプレミアム版にしかありません。

複数のブラウザ、Word、Outlook、Google Docsと統合できる無料版は、間違いをするとハイライトされるので、すぐに修正することができます。Grammarlyよりも多くの間違いを見つけることができると主張していますが、私がテストしたところ大きな違いは感じられませんでした。

4. Ginger:ライティングの質を向上させるツール

  • 文脈の間違いを修正する
  • 誤字脱字ライブラリ
  • 多言語ライターのための良い機能

Gingerは、あなたの文章の質を向上させるためのツールを備えた包括的な無料のスペル・文法チェッカーです。Chrome、Firefox、Edge用のブラウザ拡張機能は、あなたの作品をリアルタイムでチェックし、内容を改善するための提案を即座に提供します。任意の単語をダブルクリックすると、AIベースの同義語ツールが同じ意味を伝えることができる他の単語やフレーズを思いつくでしょう。

文脈の間違いを改善するために、Gingerは文全体を調べます。そして、1回のクリックで複数の間違いを修正することができます。間違いがなくなるまで何度も繰り返し修正され、完璧な文章になります。

また、文章の構成や流れを改善するために、文章を言い換えたり、並べ替えたりすることができる文章リフレーズツールも搭載しています。

Ginger翻訳機能は、ニューラル機械翻訳を使用して、あなたのテキストを40の異なる言語に変換します。必ずしも完璧な翻訳が得られるわけではありませんが、多言語でのコミュニケーションに役立ちます。

5. Wordtune:明確で簡潔な提案であなたの文章を向上させる

  • 理想の音色と長さを選ぶ
  • ほとんどのブラウザやワープロに対応しています。
  • AIツールは文法や意味論を理解します

Wordtuneは文法やスペルチェックに異なるアプローチを取りますが、結果は同じ、より良いコンテンツです。このソフトウェアには、文脈を理解するために設計されたAIアルゴリズムがあり、その後、改善するための代替方法を提案します。提案の内容は以下の通りです。

  • 文の完全なリライト
  • カジュアルに、またはフォーマルにするためにいくつかの言葉を変える
  • 不要な言葉やふわっとした言葉を削除して、文章の長さを短くする
  • 単語を追加して文の長さを拡大する

Wordtunesは、主要ブラウザのブラウザ拡張機能に加え、Word用のAdd-inも用意していますので、ブラウザで書いていないときでも、提案や修正を受けることができます。

よくある質問

GrammarlyとMicrosoft Editorはどちらが良いのでしょうか?

GrammarlyとMicrosoftのEditorは、どちらも優れたライティングアシスタントで、どちらを使っても間違いありません。どちらも文法やスペルの間違いを見つけるのに優れており、文章構造を改善したり、余分な単語を削除したり、コンテンツのトーンや読者を選択したり、文章の品質を評価するツールを備えています。両者の最大の違いは、Grammarlyが英語だけに限定されているのに対し、Editorは20以上の言語で利用できることですEditorを選ぶもう一つの利点は、アップグレードしてProバージョンを取得することにした場合、Grammarly Premiumよりも安く、Microsoft 365アプリにアクセスできるようになることです。

Microsoft Editorは無料ですか?

はい!無料のMicrosoft Editorブラウザ拡張機能は、Chrome、Edge、その他すべてのChromiumブラウザと互換性があります。基本的なスペルミスや文法的なミスをチェックします。プレミアム版がキャッチするミスの数の違いを確認したい場合は、無料トライアルで30日間リスクなく試すことができますこれにより、Word、PowerPoint、Excelなど、Microsoft 365の全ツールを無料で利用することもできます。

EditorはMicrosoft 365やWordに付属しているのでしょうか?

Microsoft 365のサブスクリプションをお持ちの方は、Editorのプレミアムバージョンにも無料でアクセスできます。しかし、Editorの無料版にアクセスしたいだけなら、Microsoftのサブスクリプションは必要ありません。ブラウザ拡張機能をインストールするだけで、無料で文章の質を向上させることができます

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
3.80 3 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
佐々木 健太
佐々木健太は慶應大学卒のテクノロジーマニアです。彼は個人情報が悪用されないようにするために、オンラインプライバシーの保護が重要であると考えています。