無料トライアルを利用して5つの2019年トップVPNをリスクなしで試しましょう

デニース・サリバンが8月 14, 2019に更新

監視されないでインターネットサーフィンを楽しみたいですか?そうお考えなのはあなただけではありません。プライバシー保護に関する法律は利用者を保護するため、という感じがしますが、実際の目的はそうでない場合もあります。

仮想プライベートネットワーク、いわゆるVPNを利用すると現在地を隠してくれるほか、自宅のパソコン、スマホ、タブレット端末で何のサイトを見ているのか他人に監視されるのを防止することができるのです。

無料トライアルを有効利用しましょう

VPNサービスに詳しくない場合、「どれを選べばいいのか分からない!」と思って利用を躊躇されている人がたくさんいらっしゃるでしょう。たくさんのVPNサービスがありますが、すべて同じ機能があるわけではありません。みんなに適したVPNプロバイダが1つあるわけではありませんから、詳しく知らないで長期契約を結びたくないという気持ちも理解できます。

たくさんのVPNがありますが、全てが無料トライアルを提供しているわけではありませんし、返金保証がないものもあります。この記事を読めばVPNを利用し始める際に何から試せばいいのかはっきりします。1年プランに契約する前に複数のVPNをトライアルしてみましょう。

無料トライアルがあり、リスクなしで利用できる最高のVPNトップ5

1. ExpressVPN


メリット:

  • 2000以上のサーバーから自由に選択できる
  • 60か国以上にサーバーが配置されている
  • 1か月プランや1年プランなどがある
  • 30日返金保証
  • 超高速通信

デメリット:

  • 他のサービスと比べるとやや高価
  • 高いわりには設定オプションが少ない

ExpressVPN通信は超高速なので動画をストリーミングするためにVPNを利用したい人に適しています。アメリカだけでも1000以上のサーバーを用意しているのでネットフリックスのストリーミングのためにも役立ちます。256ビット暗号化とログなし方針があるのでネットを利用しているときにも情報をしっかり保護しておくことができます。

ExpressVPNなら1つのライセンスで複数の端末で利用することができます。家族みんなの端末を保護するために複数のライセンスを購入しなくても済むのがいいでしょう。ただし、同時に3台の端末までしか利用できません。ExpressVPNはWindows、macOS、iOS、Android、Linux、Chromebookなど様々なプラットフォームに対応しています。

本当の意味での無料トライアルではありませんが、ExpressVPNを30日間試してみて完全に満足できない場合は返金してもらうことができます。カスタマーサポートに問い合わせ、アカウントをキャンセルして返金を請求するだけなので簡単です。

今すぐリスクなしでお試しください

2. NordVPN


メリット:

  • ログなし
  • 6台同時に接続可能
  • 60か国以上にサーバーあり
  • 複数の暗号化プロトコルに対応

デメリット:

  • フィリピンにサーバーがない
  • 一部のサーバーがとても遅い

NordVPN はVPNプロバイダ市場でもトップです。ソフトウェアは非常にシンプルなので初心者でも簡単に利用できるのが魅力的です。その反面自分でプロトコルを設定したいという人がカスタマイズできるのは嬉しいポイントです。NordVPNのソフトウェア内からペアレンタルコントロールを設定することもできるのが魅力的です。

複数の端末を持っている家族に嬉しいポイントは同時に6台の端末で利用できることです。60か国以上にサーバーがあるので高速通信が可能なものを簡単に見つけることができます。ネットフリックスの番組をストリーミングしたいという場合はアメリカのサーバーを利用して大好きなコンテンツにアクセスしましょう。

NordVPNの使用料金は手ごろな価格なので多くのユーザーが気に入っているようです。1か月プランから2年プランまでいろいろな契約オプションが用意されています。

今すぐリスクなしでお試しください

3. ProtonVPN


メリット:

  • トレントに対応している
  • 本部はスイス
  • キルスイッチあり
  • 帯域幅に制限なし
  • パーフェクトフォワードシークレシー

デメリット:

  • サーバーはわずか16か国にしかない
  • サーバー総数が少ない
  • ライブチャットサポートなし

VPNサービスの使い心地を期間制限なく試したいという場合はProtonVPNをお試しください。このVPNサービスプロバイダはVPNソフトウェアの無料版と有料版を両方提供しています。もちろん無料版には制限がありますが、サービスがあなたに適しているか確認するのには十分です。

無料版も有料版も256ビット暗号化を提供しています。また、好きなサーバーに接続することができます。ただし無料版ではアクセスできるサーバーが制限されており、帯域幅が調整されます。有料版では帯域幅が無制限です。

このVPNサービスはスイスに本部があり、世界で最も厳しいプライバシー保護法があることで有名です。ログを保存されることなくネットを利用できるということです。無料版はクレジットカード情報を入力しなくても無期限で利用できるのが魅力的です。

今すぐリスクなしでお試しください

4. HideMyAss


メリット:

  • 高速通信
  • 190か国にサーバーあり
  • 5台の端末を同時に接続できる
  • 7日間無料トライアル
  • 30日返金保証

デメリット:

  • 設定オプションに制限がある
  • 接続ログを保存される
  • 他のサービスより高価格

HideMyAss はシンプルなプログラムで、プライバシーを守りながらインターネットを利用できるようになります。このサービスはたくさんの機能は必要ないけど最高レベルの保護が欲しいという利用者に最適です。1つのライセンスにつき5台の端末を接続でき、家族で利用するのに適しています。設定は分かりやすく、子供が勝手に設定を変更してしまうことを心配しなくても大丈夫です。ただし大人向けの追加の保護機能はありません。

サーバーは高速で映画やテレビのストリーミングに適しています。アメリカにも複数のサーバーがあるのでネットフリックスに安心してアクセスすることができます。

HideMyAssは7日間無料トライアルを提供しています。他の無料トライアルとは違い、トライアル期間を利用するためには12カ月パッケージに登録する必要があります。30日返金保証があるので試してから利用しないことにした場合は返金してもらうことができます。

今すぐリスクなしでお試しください

5. TunnelBear


メリット:

  • セットアップが簡単
  • 無料版あり
  • 高度な暗号化
  • 同時に5台の端末を接続できる

デメリット:

  • 20か国にしか接続できない
  • P2Pに対応していない
  • 無料版は毎月のデータ通信量が500MBまで

TunnelBear はサーバーをわずか23か国にしか配置していなくて他社より大幅に少ないものの、サーバー数は1000以上でかなり多いです。1つのライセンスにつき5台の端末を接続することができます。Android、iOS、macOS、Windowのプラットフォームに対応しています。

TunnelBearはプレミアムサービスのほかに、無料版を提供しています。無期限でサービスを試してみることができるものの、デメリットもあります。TunnelBearの無料版では帯域幅が毎月500MBまでに制限されていることです。そのためストリーミングにVPNを利用したいという場合には不十分でしょう。しかし検閲されているサイトやニュースサイトにアクセスしたいという場合は無料版が最適です。

今すぐリスクなしでお試しください

1つのVPNが利用者すべてのニーズに応えることはできません。無料版は検閲されているニュースサイトやブログにアクセスしたりするのには適していますが、動画のストリーミングには不十分です。無料トライアルを利用することであなたのニーズに合ったVPNサービスはどれか見極めることができます。
デニース・サリバン
デニース・サリバンはルイジアナ州からの経験豊富なライターで、東オクラホマ州大学でジャーナリズムの学位を取得しました。デニースの初めてのプロジェクトは模擬飛行装置のソフトウェアマニュアルや運転・管理マニュアルを執筆することでした。彼女はVPN、サイバーセキュリティーについて興味があり、インターネットをより安全にするために役立つ情報を発信できることを願っています。