12月 2019 最高の無料VPNサービストップ5【100%無料で安全】

マッケンジー・プリングルが12月 10, 2019に更新

無料VPNはお金がかかりませんが、注意したいデメリットがあります。データに制限がかかっていたり、プライバシーが危険にさらされたり、うんざりするほどポップアップ広告が表示されるのは無料VPNでは当たり前の話です。しかし快適に利用できるものもあります。安全に利用できる最高のVPNを見つけるべく、300以上のVPNを調査しました。信頼できるサービスをお探しの方のために、現在最高の無料VPNは以下の通りです:

  1. ExpressVPN: データ通信量無制限のプレミアム機能を30日間無料で利用できます
  2. Hotspot Shield: 毎月のデータ通信量は15GBで永久に無料で利用できますが、宣伝がたくさん表示されます
  3. Windscribe: 毎月のデータ通信量は10GBで接続に制限はありませんが、Netflixはアンブロックできません
  4. TunnelBear: パワフルなセキュリティ機能、20か国のサーバーにアクセスできるなどのメリットがある反面、毎月のデータ量は500MBまでです
  5. Hide.me: 永久に無料で利用でき宣伝は表示されませんが、1台しか端末を接続できず、毎月2GBまでしか通信できません

日本のNetflixや朝日テレビ、NHKオンデマンド、dTVをストリーミングしたい場合、日本にサーバーがあり地理制限を通過できるのはExpressVPNだけです。

300以上の無料VPNを試験したところ、ExpressVPNが圧勝しました。データ通信量に制限はありませんし、プレミアム機能(有料ユーザーしか利用できない機能)を利用できます。30日間無料で使えるなんてすごいですね。ExpressVPNは軍事レベルの暗号化プロトコルと独占サーバー技術でデータをしっかり保護してくれます。また、世界中のコンテンツをアンブロックするのに最適なVPNの一つで、自由にNetflixを楽しめます。

今すぐExpressVPNをお試しください!

ワケアリでは?

タダより高い物はないと言いますよね。残念ながら、無料VPNの大多数がワケアリです。無料なのは魅力的ですが、契約の料金を支払わない代わりに重大なデメリットがあります

  • HolaというVPNは無料ユーザーのコンピュータを出口ノードにすることで有料ユーザーが無料ユーザーの帯域を使っていたということが分かっています。
  • Betternetはプライバシー方針にサードパーティの宣伝会社にユーザーデータを転売する権利があると明記しています。
  • Psiphonは宣伝会社にクッキーの有効化を許可しており、ネットの利用状況に合わせてターゲティング広告を表示すると開示しています。

このような例は他にもたくさんあるのです。

この記事でご紹介する安全な無料VPNでも、データ通信量に制限があったり、一部の機能しか利用できなかったり、トレントやNetflixのストリーミングを許可していないなど、それぞれ何らかのデメリットがあります。そのため、初めてVPNを使う方にはExpressVPNなどのプレミアムサービスをおすすめしています。良質なVPNの使い心地を知っていただきたいからです。試した後でも安いVPNにダウングレードできますよね。 ExpressVPNの30日間無料トライアルはExpressVPNのホームページには表示されませんからリンクをクリックしてご利用ください。

1. ExpressVPN: 無料で最高のプレミアムVPN

30日間無料でデータ通信量無制限でストリーミングやプレミアム機能を楽しめます

ExpressVPN

長所

  • データ通信量が無制限
  • 軍事レベルの暗号化プロトコル
  • 同時に最大で5台まで接続可能
  • 中国のグレート・ファイアウォール(金盾)を通過
  • 90か国以上に3000以上のサーバーあり
  • 日本にサーバーがあるため、海外旅行中にも日本の番組をストリーミング可能
  • Netflix、DAZN、BBC iPlayerなどのジオブロックされたコンテンツを日本からストリーミング可能
  • TrustedServer技術で一切ログを記録されません
  • 問答無用の30日返金保証あり

短所

  • 無料トライアルは30日間だけ

全体的にExpressVPNは第1位にランクインするにふさわしいバランスの良い素晴らしいサービスでしょう。無料トライアルの利用には制限がないので、有料ユーザーと同じサービスを30日間試すことができます。ExpressVPNは有料VPNでもいつもトップにランクインしているサービスなので無料トライアルが素晴らしいのも納得できます。

今すぐ無料でExpressVPNをご利用ください!

30日返金保証を使って試してみました。ExpressVPNをノートパソコンにダウンロードし、50以上のサーバーに接続して機能を確認しました。 最初の段階でダウンロード速度は60Mbpsでした。良いですね。これくらいの通信速度ならページのロード速度が遅かったり動画がバッファしたり、ゲームで遅延が発生するなどのトラブルはないはずです。

ベースラインデータではダウンロード速度はおよそ59.07Mbpsでした

ExpressVPNなら簡単にNetflixなどのストリーミングサービスにアクセスできます。遅延などのトラブルは一切なく、色々なサイトやサーバーを試してもほとんどバッファしませんでした。また、ExpressVPNは中国のグレートファイアウォール(金盾)を通過できる数少ないVPNの一つです。検閲の厳しい地域でネットの利用状況のプライバシーを守りたい場合に特に役立ちます。

ExpressVPNは世界中のストリーミングサイトをアンブロックできます

ExpressVPNでdTVや日テレをアンブロックできました

ExpressVPNは英国領バージン諸島に本社があり、ファイブアイズ同盟とは無関係です。そのため、ExpressVPNは情報の共有や公開を強いられることは全くありません

ExpressVPNのもう一つの注目ポイントは最先端の暗号化プロトコルを使用していることです。このプロバイダはサーバーネットワークを一新し、RAMベースのTrustedServer技術を導入しました。これにより、サーバーにデータが一切保存されません。PwCが新しいサーバーを独自に審査したところ、宣伝通り作動しているということが分かりました。ExpressVPNに対する信頼度がアップしますね。

今すぐ無料でExpressVPNをご利用ください!

2. Hotspot Shield VPN

毎月のデータ通信量は15GBで永久に無料で利用できますが、宣伝がたくさん表示されます

長所

  • 1日に500MB通信可能
  • 延長可能な無料プラン
  • 高速サーバー
  • 256ビットAES暗号化プロトコル
  • 技術サポートあり

短所

  • モバイルの場合、1日30分まで
  • セキュリティとプライバシーに問題あり
  • 宣伝が多い
  • 無料版ではNetflixにアクセスできない
  • 日本にサーバーがない

Hotspot Shieldは軍事レベルの暗号化でプライバシーを保護してくれます 無料版は256ビット暗号化を使用しており、ログを記録せず、停止スイッチが搭載されています。VPNでIPアドレスを変更したり、ファイアウォールを素早く通過したい場合はオススメのチョイスです。

今すぐ無料でHotspot Shieldをご利用ください!

毎日500MB(毎月約15GB)までデータ通信でき、通信量が比較的多い無料VPNの一つです。これくらいのデータ量なら約15時間ストリーミングできるはずです(SDの場合。HDだとデータ量が多くなります)。

私が試験したところ、Hotspot Shieldの最大の魅力は通信速度だということが分かりました。.特許取得済みのHydraプロトコルは「前代未聞の通信速度とパフォーマンス」だそうです。私が行った通信速度試験では57Mbpsで間違いなく平均以上の高速通信で、バッファなしのストリーミングやゲーミングには十分な通信速度でしょう

Free Hotspot Shield Speed Test

Hotspot Shieldの通信速度試験ではダウンロード速度は57Mbpsでした

無料版ではNetflixはストリーミングできません。有料ユーザー限定となっています。しかしフォートナイトをプレイしたりHuluをストリーミングすることはできました。

Hotspot free version can't access Netflix

Hotspot Shieldの無料版ではアメリカのNetflixはアクセスできませんでした

Hotspot Shieldでストリーミングしたりゲーミングしたところ、37分間でデータを使い果たしてしまい、接続が途絶えてしまいました。テレビ番組の途中で途切れたのでかなりイライラしました。

Hotpot shield data limit up

Hotspot Shieldでストリーミングしたところ、37分でデータを使い果たしてしまい、接続が切断されてしまいました

自由に番組をストリーミングしたりゲームを楽しむために無料VPNを使いたい場合、ExpressVPNを選んだ方が良いですが、セキュリティ対策のためならHotspot Shieldの無料版でも十分です。インターネットを安全に利用するのに必要な機能が搭載されています

今すぐ無料でHotspot Shieldをご利用ください!

3. Windscribe VPN

毎月のデータ通信量は10GBで接続に制限はありませんが、Netflixはアンブロックできません

長所

  • 毎月の帯域は10GB
  • 接続できる端末数に制限なし
  • サーバー地点は10箇所以上
  • ノーログポリシー
  • 広告ブロッカーを搭載
  • トレントに対応

短所

  • 無料版ではNetflixにアクセスできない
  • 日本にサーバーがない
  • 10か国にしかサーバーがない
  • ライブチャットのカスタマーサポートなし

Windscribeは良いサービスで、無料ユーザーは毎月のデータ通信量は10GB(約10時間ストリーミング可能)で10か国以上のサーバーに接続できます。このVPNサービスは詳細なプライバシー方針、宣伝ブロッカー機能、ノーログポリシーなどがあり、セキュリティも優先しています。

今すぐ無料でWindscribeをご利用ください!

香港のサーバーでWindscribeを試しました。 ExpressVPNやHotspot Shieldほど通信速度が速かったわけではありませんが、ページがなかなかロードされないほど遅いわけではありませんでした。

ページのロード速度は速いでしょう

NetflixやHuluのコンテンツはWindscribeの有料ユーザーしか利用できませんが、無料のイギリスのサーバーに接続したところ、BBC iPlayerにアクセスできました。Peaky BlindersやKilling Eveなど、イギリスのコンテンツを楽しみたい方は無料で見られるのでオススメです。

Free Windscribe BBC iPlayer

Windscribeの無料版でBBC iPlayerのコンテンツにアクセスできました

TunnelBearは毎月500MBまでなのに対してWindscribeは毎月10GBまで通信できるのでかなり贅沢でしょう。Spotifyをバックグラウンドで再生しながら15分で3本の映画をダウンロードできました。それでも5.5GBしかデータを使わなかったのであと約半分残っています。

Windscribe data limit

一般的なインターネットの利用や時々ストリーミングする場合は10GBで十分でしょう

たくさんダウンロードする人の場合は10GBでは足りないと思います。しかしWindscribeは少しトレントしたり一般的なインターネットの利用には十分です。時々ストリーミングする人にも良いでしょう。

今すぐ無料でWindscribeをご利用ください!

4. TunnelBear VPN

パワフルなセキュリティ機能、20か国のサーバーにアクセスできるなどのメリットがある反面、毎月のデータ量は500MBまで

長所

  • 20か国以上にサーバーあり
  • 日本に無料サーバーあり
  • 無料プランには追加のセキュリティ機能あり
  • DNSおよびIP漏れ対策
  • 256ビットAES暗号化
  • 宣伝なし
  • デスクトップパソコンやモバイル端末用のアプリケーションがない

短所

  • 毎月500MBまでしか通信できない
  • ストリーミングできない

公共Wi-Fiを利用するときに保護したい場合や外国のサーバーに接続して買い物したい場合、TunnelBearがオススメです。この無料VPNはインターフェイスが使いやすく、20か国のIPアドレスを利用できるのが特徴です。安全にインターネットサーフィンしてプライバシーを守るのに役立ちます。しかしデータ通信量が少ないため、一般的なインターネットの利用以上のことはできません。

今すぐ無料でTunnelBearをご利用ください!

セキュリティ大手McAfeeが所有しているTunnelBearはセキュリティ対策とプライバシー保護はばっちりです。AES 256ビット暗号化を利用しており、ノーログポリシーもあります。TunnelBearのプライバシー方針には保存している情報も詳しく明記しており、独立した審査機関によってセキュリティ審査が毎年行われています。

また、無料バージョンでは追加のセキュリティ機能を2つ利用できます。

  • VigilanteBear:プライバシー保護に適した停止スイッチ。
  • GhostBear:暗号化されたデータを通常のデータのように見せかけることでファイアウォールに探知されにくくします。

TunnelBear security features

TunnelBearの追加のセキュリティ機能

TunnelBearの通信速度はこの記事でご紹介した他の無料VPNほどは速くありませんが、15.91Mbpsなのであまり遅延を気にせずインターネットを利用できるはずです。

このサービスについてツイートすると追加で1GB通信できるようになりますが、一回限りであり、毎月ツイートすることはできません。また、TunnelBearにはWindows、Mac、iOS、Androidなどほとんどの主要プラットフォーム専用アプリがあるので、端末をしっかり保護できます。

今すぐ無料でTunnelBearをご利用ください!

5. Hide.me VPN

永久に無料で宣伝は表示されませんが、1台しか端末を接続できず、毎月2GBまでしか通信できません

長所

  • 主要プラットフォーム専用アプリあり
  • 延長可能な無料プラン
  • アメリカ以外のサーバーでトレント可能
  • 24時間週7日体制の技術サポート
  • 宣伝なしでブラウジング可能

短所

  • 毎月利用できる帯域は2GB(約2時間ストリーミング可能)
  • 日本には無料サーバーがない
  • 5か国にしかサーバーがない
  • 1台しか端末を接続できない

Hide.meの無料バージョンでは毎月2GBまでしか通信できず、1台しか接続できませんし、サーバー地点は5か所しかありません。しかし無料ユーザーは強力な暗号化、複数のVPNプロトコルでデータを保護でき、技術サポートは24時間年中無休で対応してくれます。ノーログポリシーとIP漏れ対策でセキュリティ対策でき、宣伝なしでインターネットサーフィンが可能です。さらに、無料プランは毎月延長できるため、このVPNは実質的に永久に無料で利用できます!

今すぐHide.meを無料でご利用ください!

ホームページではHide.me VPNは「世界最速のVPN」と自称しています。私が速度試験を行ったところ、 通信速度はまあまあ高速でしたが、世界最速ではないと思います。

hide.me free vpn US speed test

Hide.me VPNの通信速度は比較的高速です

また、5か所すべてのサーバー地点を試験しました(アメリカ、カナダ、オランダに各1か所、シンガポールに2か所) 残念ながら、Netflixにアクセスできるサーバーはありませんでした。Netflixのプロキシエラーを通過したい場合は有料版のVPNを購入する必要があります。

Netflixは利用できなかったものの、アメリカ国外からXfinityケーブル契約にログインでき、ESPNやNBCを生中継できました。2GBの制限を使い果たすまで2時間ストリーミングできました。

free hide me works with xfinity

Xfinityケーブルにアメリカ国外からログインできました

しかし要注意なのは、Hide.me VPNはデータ通信量の上限を超えた時に通信を切断しなかったことです。つまり、VPN通信が切断された後も生中継し続けられたのです。ページを更新するまでストリーミングし続けられるので良いと思うかもしれませんが、本当のIPが隠されなくなるためセキュリティが危険にさらされる可能性があります

exceeded data limit

Hide.me VPNでデータを使い果たした後もストリーミングし続けられました

ストリーミングやゲーミングのためにはこのVPNはオススメしませんが、余計な機能がない基本的な保護には良いでしょう。

今すぐHide.meを無料でご利用ください!

無料VPNと有料VPNの違い

無料VPNと有料VPNの違いで当たり前なのは価格ですね。節約するために無料VPNを選ぶ方は多いですが、使用料でお金を払わない代わりに、別の方法で支払うことになります。結局、VPN会社は何らかの形で収入を得る必要がありますからね。無料VPNと有料VPNの違いについての現実をまとめました。

1. 有料VPNはユーザーの情報を転売して収入を得ることはない

有料VPNは色々な価格で提供されています。コーヒー一杯分の価格で購入できるものもあれば、その4倍もかかるものもあります。高度なVPNには停止スイッチや同時に複数端末の接続が可能だということや、厳しいログなし方針、いつでもカスタマーサポートを利用できるなどのメリットもあります。有料VPNがこのような機能を提供できるのは使用料で収入を得ているからです。利用者の情報を転売する必要がないため、セキュリティとプライバシーがしっかり守られます。

2. 無料VPNは利用者のセキュリティを脅かす方法で収入を得る場合がある

無料VPNはユーザーから収入を得ているわけではないので、他の方法で利益を上げる必要があります。残念ながら、ほとんどの無料プロバイダはユーザーのプライバシーとセキュリティを脅かす方法で収入を得ています。その方法を説明しましょう。

  • 無料VPNはアドウェアを使っている

無料VPNの収入源として頻繁に見られるのはアプリにアドウェアを埋め込むことです。VPNを使うたびに他の商品やサービスについてのポップアップ広告が表示されます。鬱陶しいだけかもしれませんが、アドウェアがあるということはトラッカーがあるという重大な懸念があります。トラッカーはあなたがインターネットをどのように使用しているのか監視し、よりターゲットを絞った宣伝を表示するのにその情報を使用しています。ですから、プライバシーを守るためにVPNを使うなら宣伝が表示されることは赤信号だと考えるべきです。

  • 無料VPNはユーザーデータを転売することで収入を得ている

無料VPNのほとんどがログを消去する方針がありません。機密情報を保持し、あなたがどのサイトにアクセスしているのかトラッキングし、あなたのIPアドレスや接続に関するその他の個人情報を記録しています。このような情報は一般的に宣伝会社に転売されています。もちろんこれは重大なプライバシー侵害であり、漏洩した情報の内容によってはセキュリティの面でも問題があることもあります。

  • 無料VPNはサイバー犯罪者にあなたの情報を転売することがある

VPNを使用する目的はプライバシー保護とセキュリティ対策ですが、無料VPNは収入を得るためにこのような目的に反することをしています。悪質な無料VPNサービスを利用した場合、あなたの個人情報を収集し、一番高い価格で落札した人にオークションで販売されます。また、あなたの端末からの偽のクリックで宣伝収入を押し上げることもあります。これは無料VPNが収入を得る最も過激な方法であり、頻繁に見られるわけではありませんが、リスクについて知っておいて損はありません。

3. 安全な無料VPNはありますが、必ずワケがあるのです

セキュリティリスクのない無料VPNは存在しています。しかし安全な無料VPNは機能が少ないという「ワケ」があるのです。一般的に、有料版へのアップグレードを勧めるために無料版を提供していることが多いからです。使用できるデータ量に上限を設け、接続できるサーバー数を少なくすることでサービスを味見できるようにしています。このような制限に嫌気がさしたら有料版にアップグレードさせるという作戦です。かなり不便ですし、ストリーミングやトレントできないということも多いですが、信頼できる合法なサービスです。

端末にVPNをダウンロードする前にプライバシー方針をしっかり読むのは非常に重要です。サードパーティとの提携やマーケティングパートナーとのデータ共有を許可しているなどの危険信号がないか確認しましょう。また、ログなし方針について明白に説明しているかチェックするのも重要です。

絶対に使ってはいけない無料VPN

詳しく調査したところ、いくつかの無料VPNについてかなりショックなことが分かりましたので警告しておきます。これらの無料VPNの営業方法やサービス内容はプライバシー・セキュリティを脅かします。絶対に使わないようにしましょう!

  • Betternet VPN

Betternetは最も多くのマルウェアが含まれている最悪なVPNの一つです。このサービスに関する調査や捜査によると、この会社はあなたの個人的なデータや情報をサードパーティの宣伝会社に販売していることが分かっています。Betternetはコードに忍び込ませたマルウェアでユーザーデータを収集しています。

ある学術研究によるとBetternetの不審なサービスはマルウェアの観点で4番目に最悪なVPNであり、ソフトウェアには14種類のマルウェアが含まれているということが分かっています。

  • Cross VPN

このVPNにはトロイの木馬やマルウェアが多数含まれているので避けるべきです。このサービスにはアドウェア、マルバタイジング(悪質な宣伝)、リスクウェア、スパイウェアなど、色々な種類のマルウェアが確認されています。

実はCrossVPNはユーザーを悪用していることで5番目に悪いVPNサービスと評価されています。ネットで攻撃やマルウェアなどの脅威から身を守りたい場合はCrossVPNは避けましょう。

  • HolaVPN

Holaが無料VPNを提供し始めた時には将来性がありそうに見えました。国際的なサーバーネットワークではなく、P2Pサーバーネットワークを構築したのです。理論的にはこの方法でファイアウォールを通過してプライバシーを保護し、IPアドレスを変更できるはずです。

しかし現実ではHolaは無料ユーザーのコンピュータを出口ノードとして扱い、帯域を有料ユーザーが使えるようにしていたのです。帯域を使われるだけでなく、インターネットの利用状況がすべて無料ユーザーのIPアドレスでログされるため、捜査に巻き込まれてしまう可能性があります。有料ユーザーがインターネットを利用するときのIPアドレスは無料ユーザーのIPアドレスとなり、万が一有料ユーザーが違法行為をしてサーバーが捜査で差し押さえられた場合、無料ユーザーが違法行為をしたと思われてしまうのです。

無料VPNでNetflixを観られるの?

無料VPNでNetflixを観るのはかなり厄介で試してみる価値はあまりありません。ストリーミング会社による厳しい地理制限を通過できるような無料VPNを見つけたとしても、帯域や通信速度に制限をかけている可能性が高いため、番組を観るのは実質的に不可能なのです。

TunnelBearではNetflixのストリーミングエラーが表示されました

ほとんどの無料VPNがこのような地理制限を通過できない理由は資金不足です。時間や人材がないとこのような小さな会社はNetflixのファイアウォールの進化についていけません。ファイアウォールを通過できるようにするためにVPNはかなりの力を入れたはずです。そのため、無料ユーザーの帯域や通信速度を制限し、料金を払って会社の活動を支援してくれるような有料ユーザーだけが素晴らしいメリットを利用できるようにしているのです。

Netflixを利用したいなら無料トライアルがあるプレミアムVPNをダウンロードすることをオススメします。安定してストリーミングサイトにアクセスできるのはプレミアムVPNだけだからです。Netflixの制限を通過するには洗練された専用システムが必要で、ユーザー自身ができることはあまりありません。

幸運なことに、Netflixをアンブロックできるプレミアムサービスの多くは30日返金保証を提供しています。無料で試せる高品質VPNは ExpressVPNNordVPNSurfsharkCyberGhostなどです。

中国で無料VPNは利用できるの?

一言で言うと、はい、中国でも利用できます。無料VPNの中には中国でインターネットにアクセスできるようにしてくれるものもありますが、このようなサービスを利用する場合は十分注意する必要があります。中華人民共和国にはインターネットの検閲に関して非常に厳しい法律があり、規制されているコンテンツにアクセスしていることが見つかってしまうと、かなり厳しい処罰の対象になってしまいます。

一部の無料VPNは中国でもインターネットにアクセスできますが、セキュリティとプライバシーの面で不十分です。つまり、無料VPNを使っても中国政府はインターネットの利用履歴をトラッキングでき、違法行為を行った場合に処罰する可能性があるということです。

完全にセキュリティとプライバシーを守りたいという場合、無料VPNはお勧めできません。政府の監視から守ってくれるようなケイパビリティがないからです。中国のファイアウォールを通過するのに一番のオススメVPNはExpressVPNです。

プレミアムVPNを無料で利用する裏技

短期間だけVPNを使いたい場合、こちらのプレミアムVPNサービスの無料トライアルに加入するという裏技があります。中国で飛行機の乗り継ぎがある場合や海外旅行に行く場合、仕事の出張など、無料で最低でも30日間プレミアムVPNで保護できます。有料VPNの高度な機能を利用できるのですから、低品質の無料VPNを使うのは時間の無駄だと思いませんか?

プレミアムサービスでオススメなのは ExpressVPNがナンバーワンですが、NordVPNCyberGhostも良いでしょう。

ExpressVPN

  • 90か国以上に3000個以上のサーバー
  • Netflix、DAZN、BBC iPlayer、Amazonプライム、Hulu、ESPN、HBO、Kodiなどをアンブロック
  • TrustedServer技術、停止スイッチ、スプリットトンネリング、ログなし方針、ゼロ知識DNS、AES256ビット暗号化
  • 最大5台まで接続可能
  • 30日返金保証
  • 24時間年中無休のカスタマーサポート
  • データ通信量が無制限

無料でExpressVPNをお試し

NordVPN

  • 60か国以上に5000個以上のサーバー
  • Netflix、Hulu、BBC iPlayer、Amazonプライムビデオなどをアンブロック
  • CyberSec技術、ダブルVPN、ログなし方針、停止スイッチ、DNS漏れ対策、オニオンオーバーVPN、256ビットAES暗号化
  • 最大6台まで接続可能
  • 30日返金保証
  • 24時間年中無休のカスタマーサポート

無料でNordVPNをお試し

CyberGhost

  • 60か国に3500個以上のサーバー
  • Hulu、ESPN、YouTube、Netflixをアンブロック
  • 停止スイッチ、DNS/IP漏れ対策、ログなし方針、256ビットAES暗号化
  • 最大7台まで接続可能
  • 45日返金保証
  • 24時間年中無休のカスタマーサポート

無料でCyberGhostをお試し

これらの無料トライアルは短期間利用するのにピッタリです。また、VPNに何を求めているのか、サービスにお金を払う気があるのか吟味するのに役立ちます。

安全を脅かさないVPNを選びましょう

市場には無料VPNがたくさんありますが、重大なセキュリティリスクが潜んでいるものが多いのです。通信速度が遅く、帯域制限があり、接続が規制されているだけではありません。多くの無料VPNがあなたの活動を監視し、収入を得るためにデータを転売しています。安全なVPNでも利用できる機能が少ない場合がほとんどです。

そのため、プレミアムVPNにいくらかお金を払っても構わないという方には ExpressVPNをオススメします。月額料金はコーヒー一杯分より安いですから、ネットでセキュリティ対策・プライバシー保護するには納得できると思います。また、帯域には制限がありませんし、高速ストリーミングやトレントにピッタリの高速通信なので、お気に入りの番組を見逃すこともありません。

…と言われるだけでは信じられないかもしれませんね。返金保証を使って実際にお試しください。本当にお金を払う価値があるサービスだということを実感していただけるはずです。

今すぐ無料でExpressVPNをご利用ください!

マッケンジー・プリングル
マッケンジーはサイバーセキュリティーに情熱的なウェブセキュリティーの専門家です。彼女は人生経験、インスピレーション、気になる話題についての情報を集めるために世界を旅しています。