8月 2019年最高の無料VPNトップ5ランキング【100%無料で安全】日本版

Last Updated by マッケンジー・プリングル on 7月 12, 2019

無料VPNはユーザーに対して危険があるため、評判がよくありません。しかし信頼できる会社はいくつかあります。

高品質のVPNサービスを探す場合、ユーザーからのレビューと専門家によるレビューを読み自分でサービスをトライアルしてみて最高のサービスはどれなのか判断するのが重要です。

このような作業は時間と手間がかかりますから私たちがあなたの代わりにVPNを確認しました。この記事ではその結果見つかった最高の無料VPNサービスを一覧にしてご紹介します。

これらのサービスはすべて信頼できる定評のある会社からのサービスでそれぞれ有料版があり、より多くの機能を利用して自由なインターネットを利用するために利用することができます。

これらの無料VPNサービスの主な注目ポイントはプライバシーとセキュリティーに力を入れているのかということです。これはサービスの価格に関わらず、最低でもカバーしておきたい部分です。

現在市場で利用可能な無料VPNトップ5ランキングは以下の通りです。

  1. NordVPN
  2. Hotspot Shield
  3. Windscribe VPN
  4. TunnelBear VPN
  5. Hide.me VPN

5つの最高の無料VPN

この記事では長期的に利用するのに適した無料VPNサービスについてご紹介するだけでなく、7日間無料トライアルと30日返金保証期間を設けている素晴らしいプレミアムサービスをご紹介します。短期間だけ無料でVPNを使いたいという場合に最適です。

1. NordVPN – 無料ではないが試してみる価値あり

長所:

  • 軍事レベルの暗号化プロトコル
  • 最高で6台まで同時に接続可能
  • 24時間週7日体制のカスタマーサポート
  • 60か国以上に5000以上のサーバーあり
  • 地理制限のあるコンテンツをストリーミング可能

短所:

  • 無料ではない
  • PayPalに対応していない
  • 他のプレミアムサービスと比べるとセキュリティープロトコルオプションが少ない

この一覧でご紹介している無料VPNは文句なしのサービスですが、完全に匿名性を守り、インターネットを利用しているときにしっかりセキュリティー対策してくれるようなプロバイダが欲しい場合はNordVPNは検討する価値ありです。プライバシー保護に情熱があるだけでなく、世界中の地理制限のあるコンテンツのほとんどにアクセスできるので、大好きな番組をトレントしたりストリーミングしたりできるようになります。

NordVPNでは最高レベルの暗号化プロトコルでプライバシーを保護できます。また、自動キルスイッチ、厳しいログなし方針、DNS/IP漏洩対策、ダブルトンネリングなど、感心してしまうようなセキュリティー機能を搭載しています。

60か国以上に5000以上のサーバーを配置しているため、NordVPNなら通信速度の遅延の心配もありません。NordVPNは通信速度がトップのVPNの一つなので、バッファーすることなく映画や番組をストリーミングすることができます。また、ネットフリックス、BBC iPlayer、Huluなどの人気ストリーミングサイトを安定してアンブロックできる数少ないVPNの一つでもあります。

さらに、同時に最大で6台の端末を利用できるため、家族や友達などと利用でき、すべてのスマホやコンピュータを保護しながら世界中のコンテンツにアクセスできるようになります。

今すぐお試しください!

2. Hotspot Shield VPN

長所:

  • インターフェイスが使いやすい
  • セットアップがとても簡単
  • 意外とサーバーが高速
  • 256ビットAES暗号化プロトコル
  • 技術サポートあり

短所:

  • 毎日30分しか利用できない
  • セキュリティーとプライバシーに問題あり
  • 宣伝が多い

Hotspot Shield VPN通信速度が速くて高度な暗号化のVPNが欲しいという場合にオススメのチョイスです。使いやすさに関しては無料VPNにしてはトップのサービスです。

また、ログなし方針があるのも良いでしょう。しかし、最近この会社は捜査され、最低限のログをいくらか記録していることが発見されたので信頼できるか定かではありません。無料VPNを求めている人のほとんどには問題ないかもしれませんが、プライバシーを気にしているならベストではないかもしれません。

Hotspot Shieldの無料版のもう一つのデメリットは、できることがかなり制限されていることです。毎日30分しか利用できないのでインターネットサーフィンにしか役に立ちません。このVPNはネットフリックスにアクセスできるものの、毎日利用できる時間が限られているので番組をストリーミングする時間はないと思います。

有料版にアップグレードすればこのような制限は解決できます。また、1台ではなく5台まで端末を接続できるようにもなります。また、帯域幅が無制限になり、24時間週7日体制で技術サポートを利用できるようにもなります。すべての利用者に45日返金保証を提供しているため、興味があるという方はいつでもリスクなしでプレミアム版を利用できます。

今すぐ無料VPNをご利用ください!

3. Windscribe VPN

長所:

  • 端末数無制限
  • ログなし方針
  • 毎月の帯域幅10GB
  • 広告ブロッカーを搭載
  • トレントに対応

短所:

  • 利用可能なサーバー数に制限あり
  • 無料版ではネットフリックスにアクセスできない
  • ライブチャットのカスタマーサポートなし

Windscribe VPNがトップに輝いたのはいくつか理由があります。まず、接続できる端末数が無制限で、毎月10GBまで帯域幅を利用できます。他の無料VPNと比べてかなり気前がいいと言えるでしょう。

また、Windscribeはログなし方針、充実した暗号化、強力な広告ブロッカーなど、感心するようなセキュリティー機能があります。これは一般的に有料VPNでしか見られない機能です。

このサービスの唯一のデメリットは利用できるサーバー数が少ないことです。11個のサーバーしかないため、負荷が高くなると通信速度が遅くなる可能性があり、アンブロックしたいコンテンツが利用可能な地域にサーバーがないということもあります。

無料でWindscribeをお試しください

4. TunnelBear VPN

長所:

  • 最高で5台まで同時に接続可能
  • デスクトップパソコンやモバイル端末用のアプリケーションがない
  • 高速通信
  • 宣伝なし
  • 256ビットAES暗号化

短所:

  • 500MBまでに制限されている
  • ストリーミングできない
  • 20個しかサーバーがない

TunnelBear VPNは使いやすいサービスで、通信速度がかなり速く、充実した256ビット暗号化プロトコルを使用しています。20個のサーバーがあり、無料VPNにしては多い方ですが、視聴できるコンテンツには制限があります。

残念ながらTunnelBearの無料パッケージは帯域幅が毎月500MBに制限されています。短期間利用したり、頻繁に利用しない場合に適しています。サービスについてツイートすると追加で1GB利用できるようになりますが、それでも少ないでしょう。また、このサービスを使ってストリーミングすることはできません。

TunnelBearは厳しいログなし方針があり、同時に5台の端末で利用できるため、スマホ、タブレット端末、ノートパソコンなどの端末を1つのアカウントですべて保護することができます。また、WindowsMaciOSAndroidなどのほとんどの主要プラットフォーム専用のアプリがあります。

今すぐ無料でTunnelBearをご利用ください!

5. Hide.me VPN

長所:

  • 主要プラットフォーム専用アプリあり
  • 永久無料サービスを保証
  • トレントに対応
  • 24時間週7日体制の技術サポート
  • 宣伝なしでブラウジング可能

短所:

  • 毎月の帯域幅は2GBまで
  • 5か国にしかサーバーがない
  • 1つの端末しか接続できない

Hide.me VPN通信速度が速く、AndroidとiOSを含む主要なプラットフォーム用のアプリがあります。帯域幅は毎月2GBまで利用できます。少なめですが、大容量でトレントしたりストリーミングしたりしない場合は十分でしょう。

Hide.me VPNは基本的なサービスで、プライバシー保護とセキュリティー対策を全体的に行ってくれます。無料版では5か国に配置されているサーバーにしかアクセスできないため、観たいコンテンツの地理制限は通過できない可能性もあります。

このサービスの注目ポイントは、誰でも自由なインターネットを利用できる権利があるということを信念にしているため、あまり宣伝は表示されません。また、いつでも技術サポートにアクセスできるので、サーバーで問題が発生した場合に役立ちます。

また、Hide.me VPNは安全性とセキュリティー対策のためにログなし方針があるのは素晴らしいでしょう。しかし、無料版では同時に1台の端末しか接続できないのでスマホとパソコンを同時に保護しておくことはできません。

今すぐ無料VPNをご利用ください

避けたい無料VPN

詳しく調査してみたところ、いくつかの無料VPNについてかなりショックなことが分かりましたので警告しておきます。

以下でご紹介する無料VPNはあなたのプライバシーとセキュリティーを危険にさらしているので避けることをオススメします。

  • Betternet VPN

Betternetは最悪のVPNの一つでしょう。最も多くのマルウェアが含まれているからです。このサービスに関する調査や捜査によると、この会社はあなたの個人的なデータや情報をサードパーティの宣伝会社に販売して、コードに潜んでいるマルウェアを通じてこのようなデータを収集していることが分かっています。

研究によるとこの不審なサービスはマルウェアの観点で4番目に悪いVPNであり、ソフトウェアには14種類のマルウェアが含まれているということが分かっています。

  • Cross VPN

このVPNには多数のトロイの木馬やマルウェアが含まれているので避けるべきです。このサービスにはアドウェア、マルバタイジング(悪質な宣伝)、リスクウェア、スパイウェアなど、色々な種類のマルウェアが確認されています。

実はCrossVPNはユーザーを悪用していることで5番目に悪いVPNサービスなのです。ネットで攻撃やマルウェアなどの脅威から身を守りたい場合はCrossVPNは避けましょう。

  • Faceless VPN

Faceless VPNはプライバシー方針がとても曖昧なサービスで、このようなサービスは避けるべきです。どのVPNをインストールしたとしても明白なプライバシー方針に必ずアクセスできるようになっている必要があり、利用しているサービスが何から保護してくれるのか明記されている必要があります。

Faceless VPNに多くの人が引っ掛かる理由は何年か活動を続けている会社だからです。しかしGoogle Playストアのレビューを読んでみるとそれほど大したことのないサービスだということが分かりますし、数年前からMIAによって管理されています。

無料VPN VS 有料VPN

有料VPNは色々な価格帯で提供されています。コーヒー一杯の価格で購入できるものもあれば、その4倍もかかるものもあります。しかしほとんどのサービスは長期契約に大幅割引を提供しています。

高度なVPNにはキルスイッチや同時に複数の接続が可能だということや、厳しいログなし方針、いつでもカスタマーサポートを利用できるなどのメリットもあります。

有料VPNがこのような機能を提供できる理由は、使用料金を得ることで資金が多くなるため無料VPNより多くのスタッフを雇うことができるからです。

無料VPNは利用者から収入を得ているわけではないので他の方法で利益を上げてサービスを継続させる必要があります。残念ながら、ほとんどの無料プロバイダはユーザーのプライバシーとセキュリティーを脅かす方法で収入を得ています。

その方法を説明しましょう。

  • ソフトウェアにアドウェアが含まれている
    無料VPNが収入を得るために使用している第一の方法はアプリケーションにアドウェアをインストールすることです。つまり、このようなVPNを利用するたびに他の商品やサービスのためのポップアップ広告が表示されるのです。イライラしますが、他の人気サイトとはそれほど変わりがありません。このようなポップアップ広告は比較的簡単に閉じることができます。ただし、アドウェアがある場合、あなたをよりよくターゲットにするためにトラッカーであなたのインターネットの利用状況をトラッキングしています。つまり、プライバシーを守るためにVPNを使っているのに宣伝が表示される場合は赤信号だということです。
  • あなたのデータを転売する可能性がある
    ほとんどの無料VPNにはログなし方針がないため、あなたがアクセスしているサイトやIPアドレスなど、他にも接続に関する個人的なデータをトラッキングすることができます。このような情報は一般的に宣伝会社に転売されていて、プライバシーの侵害であるだけでなく、どんな情報を転売されるかによってはセキュリティーが脅かされるということもあります。
  • サイバー犯罪者に個人を特定できるデータを転売されるかもしれない
    これは無料VPNが収入を得る最も過激な方法で、VPNの利用目的と正反対なのであまり起こりません。しかしこのような方法で収入を得ているVPNを使ってしまった場合、あなたの個人情報は最も高い価格を入札した人に販売されてしまいます。また、あなたの端末を使って偽のクリックを行い、提携パートナーからの宣伝収入を押し上げることもあります。

幸運なことに、以上のようなリスクのない無料VPNもあります。

ただし、安全な無料VPNには機能が少ないというデメリットがあります。一般的にプレミアム版へのアップグレードを促進するために無料版を提供していることが多いからです。使用できるデータ量に上限を設け、接続できるサーバー数を少なくすることでサービスを味見できるようにしているのです。制限に嫌気がさしたら有料版にアップグレードさせる、という作戦です。

機能の制限は不便ですし、ストリーミングやトレントできないということも多いですが、信頼できる合法なサービスです。

有料VPNで無料トライアルを利用

ほとんどの有料のプレミアムVPNサービスは無料トライアル期間は返金保証を設け、サービスの利用を検討しているお客さんの気を引こうとしています。短期間VPNを利用したいという場合はこのような高品質なサービスに登録するのが良いでしょう。

無料で業界最高の保護や機能を利用できるため、無料VPNではなくそちらを利用するほうが良いのです。

プレミアムサービスでおすすめなのはNordVPN がナンバーワンですが、 ExpressVPNCyberGhost も良いでしょう。

また、ExpressVPNは30日返金保証があり、返金する際には理由を聞かれません。支払い情報を入力する必要がありますが、30日目までにキャンセルすれば完全に無料で利用できます。

ExpressVPNは業界最速のVPNの一つとして常に上位にランクインしており、オンラインコミュニティーにも信頼されています。また、148地点以上にサーバーを配置しているためロシアや中国などの検閲を通過することができます。仕事で出張が多いという場合に役立ちます。

それに対してCyberGhostは45日返金保証があり、他社より返金保証期間が長いのが魅力的です。60か国にある3500以上のサーバーにアクセスすることができ、24時間週7日体制のカスタマーサポートを利用することもできます。

CyberGhost VPNはキルスイッチ、DNS/IP漏洩対策、厳しいログなし方針、256ビットAES暗号化などの感心してしまうようなセキュリティー機能を搭載しています。また、最大で7台の端末を接続できるため、多族みんなの端末を保護することができます。

このような無料トライアルはVPNに何を求めているのか、サービスの使用にお金を払う気があるのか確認するのに役立ちます。

無料VPNではネットフリックスを観られるのでしょうか?

Netflix FireStick_app

無料VPNでネットフリックスを観るのはかなり面倒であまり意味がありません。ストリーミング会社による厳しい地理制限を通過できるような無料VPNを見つけても、帯域幅や通信速度に制限を設けている可能性が高いため、番組を観るのは実質的に不可能なのです。

無料VPNのほとんどがこのような地理制限を通過できない理由は資金不足です。時間や労力がないとこのような小さな会社は変わり続けるネットフリックスのファイアウォールについていけないのです。ファイアウォールを通過できるようなVPNはかなりの努力を繰り返したはずです。そのため、帯域幅や通信速度を制限し、料金を払って会社の活動を支援してくれるような有料ユーザーだけが素晴らしいメリットをすべて利用できるようにしているのです。

ネットフリックスにアクセスするために利用できる無料VPNが欲しいなら無料トライアルがあるプレミアムVPNをダウンロードすることをオススメします。ネットフリックスのブロックを通過するには洗練された専用システムが必要で、ユーザー自身ができることはそれほどたくさんありません。

幸運なことに、ネットフリックスをアンブロックできるプレミアムサービスの多くは30日返金保証を設けています。サービスを試せる最高品質のVPNはExpressVPN, NordVPN, SurfShark VPN, and CyberGhost VPN です。

中国では無料VPNはうまくいくのでしょうか?

一言で言うと、はい、中国でも利用できます。無料VPNの中には中国でインターネットにアクセスできるようにしてくれるものもありますが、このようなサービスを利用する場合な十分注意する必要があります。中華人民共和国にはインターネットの検閲に関して非常に厳しい法律があり、規制されているコンテンツにアクセスしていることが見つかってしまうと、厳しい処罰の対象になってしまいます。

China flag中国の現在のインターネットの規制や検閲についてよく知らないという人のために簡単に見ていきましょう。中国政府は国民には自由なインターネットの権利はないと信じており、アクセスできるコンテンツに制限を設けています。主に宗教、政治、道徳、経済、歴史的な理由で規制されていますが、中にはこのような理由に当てはまらないようなサイトもブロックされています。ブロックされているサイトにはFacebook、Google、ツイッターなどがあり、他にも何千ものサイトにアクセスできなくなっています。

中国のファイアウォールを通過できるようなVPNを入手するのは簡単ではありません。実は実際に通過できて、政府からあなたの情報や活動を隠してくれるようなVPNは少ないのです。無料VPNの中には中国でもインターネットにアクセスできるものもあるものの、セキュリティーとプライバシーの面で不十分です。

つまり、無料VPNを使ったとしても中国政府はインターネットの利用履歴をトラッキングして違法行為を行った場合に処罰する可能性があるということです

完全にセキュリティーとプライバシーを守りたいという場合は無料VPNはお勧めできません。政府の監視から守ってくれるような性能がないからです。

無料VPNとネットゲーム

オンラインゲームを楽しんでいるときにVPNを利用するとたくさんのメリットがあります。例えば独占コンテンツをダウンロードできるようになったり、応答時間を速くしたり、全体的に遅延を少なくしたり、データを暗号化してファイルを保護したりできることなどです。また、DDoS攻撃から身を守ることもできますし、IPアドレスの位置情報を変更することで新しくリリースされたゲームをいち早くプレーできるようにもなります。

ネットでゲームをする際にVPNを利用することにはたくさんのメリットがありますが、注意事項もいくつかあります。

  • ネットゲームとVPNで最も重要な問題はほとんどのゲームサイトはVPNの使用を禁止していることです。高品質のVPNの中にはゲームサイトの規制を通過できるものもありますが、無料VPNでは通過できないことがほとんどです。あなたがVPNを使っているとゲームサイトが探知した場合、サービスを無効にするまでブロックされるだけかもしれませんが、最悪の場合はアカウントから永久的に追放されることもあります。
  • 熱狂的なゲーマーの方は無料VPNに接続すれば大好きなオンラインゲームサイトにアクセスできるのか、とお考えでしょう。残念ながら、ほとんどの無料VPNP2Pサイトへのアクセスを制限しており、このようなサイトはネットゲームを楽しむために必須となります。

まとめ

市場には無料VPNがたくさんありますが、その多くに重大なセキュリティーリスクが潜んでいます。通信速度が遅くて帯域幅が制限されていて接続が規制されているだけではありません。無料VPNの多くがあなたの活動を監視して収入を得るためにあなたの情報を転売しているのです。

以上では最高の無料VPNをご紹介しましたが、無料VPNにはそれぞれ妥協点があることをお分かりいただけたと思います。特に、ストリーミングやトレントしたい場合はご注意ください。データを保護しつつ、ストリーミングやトレントに十分な帯域幅を提供しているような無料VPNはありません。

そのため、プレミアムVPNにいくらかお金を払っても構わないという方には NordVPN をオススメします。毎月の料金はコーヒー一杯分以下なので、安全で自由なインターネットを利用するのには納得していただけるかと思います。

帯域幅が無制限で通信速度が速いため、高速でストリーミングやトレントしたりすることができます。大好きな番組が見られなくてイライラすることもありません。しかしこの記事を鵜呑みにしないで、返金保証を利用してご自分で使い心地を確認することをおすすめします。本当にお金を払う価値があるのか、実感してみてください。

マッケンジー・プリングル
マッケンジーはサイバーセキュリティーに情熱的なウェブセキュリティーの専門家です。彼女は人生経験、インスピレーション、気になる話題についての情報を集めるために世界を旅しています。