Facebookに対抗すべくGoogleはGoogle Plusを開発しましたが、今更ながら廃止されることが発表されました。過去数年間、技術業界で他にどのような失敗があったかまとめてみました。
technology

そうなのです。色々な商品、会社、技術があっけなく失敗に終わっているのです。

この記事では役に立たなかったことが理由で歴史的な失敗を遂げた技術関連ニュースを総まとめします。ご覧ください。

今までで最も残念な結果に終わったスマホ!

スマートフォンは今では世界で最も人気のあるアイテムですね。本当にたくさんの機能があり便利なのが人気の理由でしょう。残念ながら過去10年間で最もたくさんの失敗があったのはスマホの部門なのです。以下では最も重大な失敗を見ていきます。

1 Windows Phone

Windows Phone

Microsoft社のWindows10モバイル(いわゆるWindows Phone)は数年間生き延びていましたが、2017年にようやく幕を閉じました。Windowsモバイルというプラットフォーム自体は良いアイデアでしたし、Lumia端末にはいくつか良いところがありましたが、絶大な人気を誇るiOSAndroidのユーザーを勝ち取るのにかなり苦闘したようです。

さらに、モバイルアプリのデベロッパーからほとんどサポートされず、機能が常に少ないためMicrosoft社のモバイル業界への参入が失敗に終わったのでした。そのためWindows 8が導入された3年後の今年7月にMicrosoftWindows Phoneを廃止することを決定しました。

2 Blackberry Storm

Blackberry Storm

iPhoneの登場から、当時主要戦力だったBlackberryはタッチ画面を使用するのは考えられないと言って譲りませんでした。ユーザーはいつもキーボードを欲しがるだろうと思ったのです。iPhoneやAndroid端末の人気が上がってきたとき、Blackberryはタッチ画面とキーボードが両方ある携帯電話を開発したのです。この端末がBlackberry Stormなのでした。

興味をそそったものの、一風変わったこの端末は大きな失敗に終わりました。100万もの端末が売れたのに交換しなくてはならず、5億ドルの損失となりました。市場占有率も低下し続け、最終的には携帯電話の開発を止めるという結末に終わりました。

3 AmazonのFire Phone

Amazons Fire Phone Kindle Fireタブレット端末の成功の後、AmazonはFire Phoneを作成してさらなる成長を遂げようとしました。しかしWindows Phoneと同じように、すでにAndroid端末やiPhoneに満足しているユーザーを勝ち取ることはできませんでした。低価格で販売することで人気を得ようとしたものの、この戦略も成功しませんでした。結局数回の失敗を繰り返してから2015年に端末の販売を諦めたのです。

4 SamsungのGalaxy Note 7

Samsung’s Galaxy Note 7

スマホ部門で記憶に新しい重大な失敗と言ったらこれでしょう。最初は人気があったものの、バッテリーの不具合により爆発する危険なスマホだということが判明したのです。

Samsung社は何百万もの端末をリコールしなくてはならず、結局は最高の端末を開発するというプロジェクト自体をキャンセルしたのです。このような重大な失敗があったもののGalaxy S8の需要はかなり高く、S7のスキャンダルでそれほどの痛手はなかったようです。

オペレーティングシステムの失敗

過去数年間でたくさんのオペレーティングシステムが登場しました。効率的に作業をこなすものもあれば、かなり残念だったものもあります。遅かったりバグがたくさんあったりして失敗したオペレーティングシステムを見ていきましょう。

5 Windows Vista

Windows Vista

一番記憶に新しいWindowsのオペレーティングシステムです。現在も利用されているデスクトップインターフェイスを導入した初のオペレーティングシステムでしたが、ハードウェア置換性に関する問題がいくつかあり、非常に遅くなったのです。そのため、Windows XPに戻る人もたくさんいましたし、Windows 7が登場してからはそれを利用する人も多かったです。

6 Windows ME

Windows ME

Windows 2000がリリースされてから同年終わりにかけて新しくWindows MEをリリースしなければならないとMicrosoft社は考えたようです。残念ながら不安定で遅く、バグが多かったのです。問題は山積みで、1年間販売した後、中止されました。

7 JavaOS

JavaOS

IBMとSunはチームを組み、埋め込みシステム用にJavaオペレーティングシステムを開発しようとしました。このプロジェクトは最初から悪いアイデアでした。このOSにはたくさん問題がありましたが、ランゲージが鈍く、結局3年後に中止されてしまいました。このような失敗があってもオープンソースのデベロッパーはJXやJnodeなどJavaベースのオペレーティングシステムの開発を続けました。

不発に終わったソーシャルメディア

特に35歳以下のたくさんの人はソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用していますね。ツイッター、フェイスブック、スナップチャットなど、今ではなくてはならないようなツールとなっています。しかしユーザーを獲得、保持できなかったなど理由が何であれ、長期的に成功できなかったSNSがたくさんあるのです。

8 MySpace

MySpace

2005年から2008年にかけてMySpaceは世界で一番人気のあるSNSでした。MySpaceの人気が衰退した理由はたくさんありますが、最も重要な理由はFacebookがSNSの王様の座に登り詰めたからでしょう。

MySpaceは2010年にカムバックを果たそうとしましたが、時すでに遅し、だったようです。主要ユーザーの間でも普及が進まずサイト自体も時代遅れな印象となってしまい、Facebookと同じような機能や使いやすさがなく、友達もみんなFacebookを利用していたためMySpaceが復活することはありませんでした。

9 Google Plus

Google PlusGoogleは何年もライバルであるFacebookに対抗できるようなSNSを作ろうと奮闘してきました。Google+はFacebookに対抗するためのメッセージサービスとして参入したものの、大きな失敗となり世界中が落胆しました。

失敗した大きな理由はユーザーの多くが既に気に入って利用しているソーシャルメディアを手放さなかったからでしょう。Facebookより良いSNSだったものの、特定の話題だというだけでユーザーがイベントに勝手に追加されてしまったのです。シンプルなSNSに使い慣れているユーザーにとって、これはかなりイライラする機能でした。

最も有名なスマート端末の失敗

スマート端末という機械は私たちの生活をより良くするためのものです。このような端末は作業を素早く効率的にこなすために開発されています。感動するような素晴らしいものもありますが、有望だったのに期待に応えられなかった端末もあったのです。ご紹介しましょう。

10 HD DVDs

HD DVD

2002年にNECと東芝はDVDを改善してキャパシティーを拡大したHD DVDを開発しました。実はHD DVDの開発と同時にソニーが他の主要電気会社と力を合わせてBlu-Rayを開発したのです。このような端末はHD DVDの競争相手となりました。

ソニーは既に独自の映画スタジオを所有していましたし、たくさんのメディアパートナーシップを結んでしました。そのため、主要スタジオにBlu-Rayで映画を作成するように説得できたのです。2008年にはHD DVDへの協力はみるみるなくなってしまい、東芝は10億ドルもの損失となってしまいました。

11 Google Glass

Google Glass

2013年にGoogleは「エクスプローラー」プログラムからGoogle Glassを発表しました。翌年、この端末は一般ユーザーにも提供され始めました。最初は価格が高かったものの、Googleは商業的に提供する際に価格を落とす予定でした。

技術ファンの多くはコンピューティング業界で革新的なものだと信じていましたが、残念ながらユーザーの顔にカメラを装着するのはプライバシーの観点からいろいろな問題があり、それについてGoogleは甘んじて考えていたのです。

多くの会社がこの端末を装着するのを禁止しましたし、利用者は高いコストと見た目が変であることが気に入りませんでした。Google2015年にGoogle Glassを中止しましたが、将来的に新しいジェネレーションバージョンを投入することを約束しています。

世界をびっくりさせるほどダメだったアップル社の技術

12 Apple 111

このコンピュータはあまりにも酷くパフォーマンスが悪いと文句を言う利用者が多かったため、アップル社は14千台すべてを交換しなければなりませんでした。

13 Apple Lisa

不備の多いApple 111に代わるApple Lisaが投入されたものの、当時はマッキントッシュやIBMベースのパソコンの方が経済的だったため、失敗に終わりました。

14 Apple Newton

かなり期待されたアップル端末でしたが、機能に不備があり価格が高すぎたため一般ユーザーには人気がありませんでした。

15 Pippin

このコンピュータおよびゲーム機はアップル社が経済的にも創造的にも一番つらかった時期に登場したものです。当時市場で最も革新的な機能があったものの、価格が高すぎず問題があったので失敗となりました。

16 Copland

Coplandの開発はかなり突飛なもので、後進的な置換性は成功を収めず、最初に試験利用されたときにはたくさんのバグがありました。

17 アップル USB マウス

この端末はスタイリッシュでしたが、持ちにくくボタンも分かりにくく、どの向きに持てばいいのか分かりずらかったのです。

18 パワー Mac G4 キューブ

これも高すぎたアップル商品の一例で、商品管理の面でもかなり問題がありました。

19 iPod Hi-Fi

かなり期待が寄せられましたが、利用者の期待を裏切ってしまいました。周波数が不規則で重要なラジオ機能を搭載していませんでしたし、価格が高すぎたため発売から1年半で中止されました。

20 アップル< TV

アップルTVに関しての意見は色々ありますが、ディスク容量がわずか40GBしかないのと高価格であることから、多くのユーザーに嫌われています。

21 iCloud

このクラウドサービスは利用者のプライベートな写真がネットに漏洩したときにかなり批判されました。

2017 年の技術界の失敗

22 ツイッターのフェイクニュース

他のSNSサイトに取り残されているツイッターですが、トランプ大統領のツイッターアカウント(市場価値20億ドル)から嫌悪に満ちたニュースが拡散されていることから、ツイッターが批判されています

23 Juicero ジューサー

ダグ・エバンズによるこの技術は感心するような商品になることが期待されていましたが、手作業でもできることを機械にやらせるジューサーとして笑われるような失敗となってしまいました。

24 KnightscopeK5 ロボット

このロボットは色々なカメラ搭載してあり、犯罪の発生を防止することを意図したものです。しかし大きなコーン型のセキュリティー対策ロボットが街をうろついていることに不信感を抱く人が多かったため失敗となりました。

25 Seeso ストリーミングサービス

無線でデジタルコンテンツをストリーミングできるという革命的な動きにNBCユニバーサルも参入しようとしました。2000時間以上の新しいコメディー番組や古いコメディー番組を提供しようとしたのですが、人気を勝ち取ることはできませんでした。何百万ドルも投資されたこのプロジェクトは利用価格が月額わずか4ドルだったものの、Seesoは開始から2年ばかりで中止されてしまいました。

26 Facebook の Oculus Rift VR ゴーグル

Oculus Riftが登場したときにはたくさんのファンが喚起しましたが、期待に応えることはできませんでした。同じ価格で提供されている他のバーチャルリアリティーゴーグルより劣っており、売上もあまりよくありませんでした。にもかかわらず、Facebookの代表取締役は今後数年のうちに回復できると考えているそうです。

27 Google Tango

このソフトウェアが失敗した理由は野心的過ぎたことと、アップル社のARKit技術がかなりの強敵だったことです。

28 Snapchat スペクタクル

技術分野でかなりの話題となりましたが、スナップチャットメガネから直接投稿できなかったため失敗作となりました。また、価格も高すぎでしょう。

29 GameStop ゲーム店

ゲーミング業界に革命をもたらすような先進的なアイデアだったものの、パワフルさに欠けたため中止されました。

30 ワイヤレスPixel Budsイヤフォン

この端末は快適でなく、音質もかなり悪かったです。

31 LeEco

この会社はネットフリックスなどの最も有名な会社に対抗しようとしましたが、経営面で困難があり閉鎖されました。残った企業はブランディングを新たにしようと奮闘中です。

32 Essential Phone

この端末は初めは良かったものの、色々な面で失敗してしまいました。70人に利用者の個人情報が漏れたことが衰退の発端だったようです。

2016年に残念な結果に終わった技術

爆発するスマホとして有名なSamsung Galaxy Note 7の他にも2016年にはいくつか失敗した技術ニュースがありました。見ていきましょう。

33 Samsungの洗濯機のリコール問題

Galaxy Note 7と同じように洗濯機にはデザインの面で色々な問題がありました。例えば振動により洗濯機が壊れて利用するには危険すぎるなどの不備があったのです。

34 バージンメディアのインターネット不備

バージンメディアのインターネットが完全に停止してしまったのは2016年クリスマスの時期。ロンドン南西部の利用者に特に大きな被害がありました。

35 Amazonウェアハウス

Amazonは素早く商品を届けてくれるのが便利ですが、2016年の支出がかなり高かったです。その大きな理由はTop Gearの元出演者が出演しているGrand Tourのために2億5千万ドルかけたことでした。

36 WhatsAppとFacebookによるデータの共有

利用者に最適な広告を表示するためWhatsAppはFacebookと連携してユーザーデータを共有すると発表しました。ヨーロッパ連合やICOと問題が発生したためFacebook側はこのことを後になって否定しました。その後、WhatsAppは190億ドルでFacebookに買収されました。

37 GroPro Karmaドローン

発売から約2か月後、多くのドローンが離陸してからすぐに電源が切れるという不備があり、GoProはリコールせざるを得ませんでした。

38 Equifaxデータ漏洩

信用調査機関にはサイバーセキュリティー対策をしっかりして欲しいですね。サイトでのデータ漏洩を阻止できなかったため、1億4500万人の利用者の名前、生年月日、住所、社会保障番号などをハッカーにアクセスされてしまいました。

39 Yahoo!のハッキング騒動

2014年から2016年にかけてYahoo!は数回にわたってハッキングされていたそうです。2億人以上のユーザーの個人情報が危険にさらされました。データの一部はハッカーによってダークウェブで転売されていました。

40 Microsoft Windows 10のアップデート

2016年からMicrosoftはアップデートを強要するようになり、多くの利用者が激怒しました。コンピュータに不具合が生じたり、全く使えなくなってしまったからです。

41 AppleのiPhone 7にヘッドフォンジャックがなくなった

アップルがヘッドフォンジャックなしの端末を発売した理由は誰も知りませんが、このような商品を発売したことで売り上げが低迷したのは明らかです。

42 Gawker

Gawkerというブログはセックス動画を漏洩させたことや他にもたくさん法的に問題になっていたため閉鎖されました。

2015年に本当に泣きたくなるような技術の失敗

では2015年にはどんな失敗があったでしょうか?信じられないようなものも見つかりましたよ。

43 ホバーボード

この端末は2015年に最も人気があったプレゼントでしたが、リチウム電池が爆発することが分かったため、失敗に終わりました。

44 Theranos

血液をほんの数滴採取するだけで血液検査ができるというのが売りでしたが、検査結果の正確さを疑う声が上がったため端末の販売が停止されました。

45 石炭

石炭は19世紀までさかのぼる技術的な革新でした。しかし2015年には二酸化炭素の排出が環境に絶大な悪影響を及ぼすということで批判されました。

46 遺伝子組み換え試験管ベビー

中国の科学者はCRISPRという遺伝子を編集する方法で試験管ベビーを作成しようと試みました。しかしこの分野で科学的な知識が欠けていることと人の命に手を加えるべきでないという考えにより、かなりの批判が寄せられました。

47 Yahooの技術的な革新の失敗

2016年にYahooはユーザーの情報漏洩問題があったことはご紹介しましたが、前年にはメッセージアプリを開発し、たくさんのミスがあったためたくさんの修正が必要となりました。

48 NSAによる電話記録の収集

犯罪者だと疑われていても、そうでなくても犯罪を解決するためにNSAは携帯電話の記録を勝手に収集しました。これは違法です。

2014年に最も重大な技術界の残念ニュース

2014年にもたくさんの落胆するような技術がありました。見てみましょう。

49 脳波エクソスケルトン

EEGキャップから脳波を捉えるという挑戦プロジェクトがありました。しかし脳波や外骨格を動かせるほど強くありませんでした。

50 Heartbleed

これは利用者の個人情報を保護するためにサイトが使っていたルーターに影響を与えたバグでした。主要な病院ネットワークから450万人以上の患者の情報が盗まれました。

51 Aereo

Aereoは素晴らしいアイデアのような感じがしました。月額12ドルでスマホやタブレット端末からアメリカの主要なネットワークのテレビ番組をストリーミングしたり、オンデマンドで再生したりできるようにするサービスです。残念ながらネットワーク側は著作権侵害を訴え、米国最高裁判所も著作権侵害だという判決を下しました。

52 STAP Cells

ハーバード大学と日本の研究チームは細胞を酸に浸すことで幹細胞にすることができると発表しましたが、間違いだということが分かりました。

53 Microsoftのフィットネス端末

最初は健康管理を目的としたものでしたが、バッテリーが長持ちしないことやペアリングの際にバグがあるなどデザインにたくさんの問題がありました。

54 iPhoneのサファイア画面

iPhoneはiPhone6のサファイア画面を作るために高度なGT技術を雇いましたが、この10億ドルのプロジェクトを期間内に満たすことができず、失敗となりました。

55 Jelly

これは現在地情報、インタラクティブな地図、写真、利用者を駆使して色々な質問に答えるアプリでしたが人気が上がらず、後になって別のサービスに変身しました。

56 Uberの活動初期の苦心

このライドシェア会社は今では人気がありますが、2014年には会社の将来が危ぶまれました。運転手からの暴行、他社から予約を入れてキャンセルしたり、他社の取締役を脅迫するなどの問題が山積みでした。

57 シリコンバレーの技術会社の人種差別、男女差別

Facebook、Twitter、Googleなどの大手技術会社はシリコンバレーに本社がありますが、白人男性ばかりを雇い、黒人やヒスパニック系の社員はあまり雇っていないことが問題になりました。

2013年のショッキングな技術ミス

2013年にどんな技術が失敗したか知りたいですか?いくつかまとめてみましたのでご覧ください。

58 Healthcare.gov

色々な健康保険オプションを比べる方法を利用者に与えなかったのがこの技術革新の失態でした。そのうち人気がかなり下がってしまいました。

59 Facebookフォンの失敗

HTCの初のスマホはとても興味深いコンセプトでしたが、モバイル市場でかなり競争が厳しくなったため、失敗というより大惨事に終わりました。

60 RSSフィードの終わり

FacebookやTwitterの成長により、2013年にGoogleはRSSサービスを廃止しましたが、ユーザーは廃止したことが気に入らなかったようです。

61 スノウデン

エドワード・スノウデンは国家安全保障局に関する大量の情報をワシントンポスト紙やガーディアン紙に公開し、アメリカの技術組織が違法にプライベートなユーザーデータを収集したことを暴露しました。

62 MicrosoftのSurface RT

Microsoft社はパソコンとタブレットを合わせた端末を改善する技術的なアイデアを発表しましたが、売れ残りをカバーするために10億ドルを帳消しにしなければなりませんでした。この技術革新は期待通りの売り上げとならなかったのです。

63 Galaxy S4の発売

女性についてステレオタイプした馬鹿らしいコントに関して、モリー・ウッドはこの端末の発売イベントについて「びっくりするほど女性を蔑視している」と評価しました。売り上げは良かったものの、Samsungの全体的なイメージの低下につながりました。

64 Yahooメール

Gmailのような受信箱に切り替わっていつの間にかメールが消えているなどの不具合が発生したことがあり、このメールサービスの利用者に非難されました。

65 iPhone 7

iPhone 7にはたくさんの素晴らしい機能があり見た目も素敵でしたが、クラッシュしたり動作が遅かったりバグがあったり、たくさんの問題がありました。

66 Sabre

この旅行予約システムにより、たくさんの飛行機が遅延したりキャンセルされたりし、何百万人もの利用者に被害がありました。旅行シーズンにこのような不具合が発生したのは本当に残念でした。

67 ウォルマートの不具合

10月にウォルマートで500ドルするコンピュータ設備の商品が8.99ドルで売られていたことがあり、このミスに気付いたお客さんはできるだけたくさん買いだめしたのです。コンピュータのミスによるものでした。

2012年に空振りした技術

2012年が世界の終わりだと思っていた人もいますが、技術市場では最悪の失敗が発生していました。まとめて見ていきましょう。

68 Appleマップ

このアプリは見た目は良かったものの、効率が悪いというユーザーがたくさんいました。例えばワシントン記念塔が水の中に沈んでいるように見えることがありました。

69 Facebookの新規株式公開

Facebookの株にかなりの期待が集まりましたが2012年9月までには18ドル以下に低迷しました。

70 Airtime

Facebookの開発を手助けした人たちによって作成されたものの、このウェブチャットツールは頻繁にクラッシュするという問題がありました。

71 ネットのクーポン

受信箱にたくさんのメールが来たり、役に立たない割引があったり、投資収益率が良くないなどの理由でこの技術革新はかなりの損失となってしまいました。また、400人もの従業員が解雇されてしまいました。

72 Nexus Q

これもGoogleからの素晴らしいアイデアでしたが、利用者は何のことだか分からず、感心されませんでした。

73 オンライン海賊行為阻止法案の影響

この法律は違法に映画や音楽などのコンテンツを販売しているウェブサイトを閉鎖することでオンライン海賊行為を阻止しようとしたアメリカ議会関係者によって推し進められました。しかしFacebookRedditGoogleなどのサイトはこの動きに対抗すべく2012年1月に活動を停止しました。

74 ソーシャルディスカバリーアプリ

このようなアプリは似たような興味を持つ人が出会えるようにするためのものでしたが、特に女性ユーザーの多くは気味悪いと思ったようです。

75 Color

このアプリは写真を周りの人と共有するために開発されましたが、周りにアプリの利用者がいないことが理由で役に立たないアプリとなってしまいました。

76 Zynga

ソーシャルゲームをたくさん開発しているこの会社は2012年に従業員のおよそ5%をリストラすることを発表しました。その後、ボストン、英国、日本のスタジオが閉鎖されました。

2011年に本当に落胆した技術 15選

2011年に残念な結果に終わった端末は2010年11月から2011年12月にかけて失敗に終わっています。見ていきましょう。

77 The Daily

この技術革新はたくさんの関心が寄せられて期待に応えられなかったものの一つです。iPadのみの新聞で技術の将来だと期待されていたのですが、期待に応えることはできませんでした。

78 GmailのiPhoneモバイルアプリ

Googleはバグばかり発生するダメなアプリをリリースして結局廃止しなければなりませんでした。

79 Motorola社のAtrixノートパソコン

時代の最先端を行きすぎていたのでしょう。このAndroidフォンはノートパソコンにもなるようにデザインされていたのですが、成功しませんでした。

80 手のひらに納まるVeerフォン

Veerというタッチパッドフォンは小さすぎて、モバイル端末愛好家には人気がありませんでした。

81 Facebookの割引クーポン

Facebookはグルーポンなどのクーポン会社の仲間入りができると思ったのでしょうが、売り上げの低迷が続きこのサービスは廃止されました。

82 Jawbone Up

健康管理をすべて任せられるような機械があったらいいと思いますよね。この端末の弱点は壊れやすいことでした。

83 GoogleのChromebook

ウェブベースで軽量なアプリケーションなのですが、価格が高く効率も悪いので失敗となりました。

84 Twitterでハッシュタグを強制的に表示する機能

Twitterは興味もないのにトレンド中のハシュタグを強制的に表示する機能を導入しましたが、反響はよくありませんでした。素早く撤去されました。

85 Facebookメール

目的通りの影響力がなかった機能です。メールをとってかわるということはありませんでしたし、メッセージングサービスを革新的に変化させたわけでもありませんでした。

86 MotorolaのXoom

これも失敗に終わったタブレット端末です。MotorolaやGoogleからの商品でかなり期待されていましたがそれほど売れませんでした。

87 HPのTouchPad

この商品はわずか7週間販売されただけで、HPは素早く販売を中止しました。

88 NetflixのQwikster

ネットフリックスはQwiksterからDVDサービスを提供することに決めたところかなり馬鹿にされ、このアイデアは撤回されました。

89 BlackBerryのPlayBook

2011年最大の失敗はこれでしょう。Amazon、Android、Appleに対抗することはできませんでした。

避けた方がいい残念なVPN

最後に、ダメなVPNについて見ていきましょう。VPNはプライバシー保護のためのもので、IPアドレスを隠したり変更したりして制限されているサイトにもアクセスできるようにするためのものです。また、ネットでの活動をプライベートにしてくれるはずのサービスです。しかし残念ながら多くは以上のような機能を果たしていません。

90 Hola

このVPNはほとんどのユーザーのパソコンを出口ノードに変更し、サードパーティの組織に帯域幅を転売していたのです。

91 HotSpot Shield

このソフトウェアは通信を傍受し広告サイトなど、パートナーサイトにリダイレクトしていました。

92 Facebook Onavo VPN

このソフトウェアは通信データを収集してFacebookから商品やサービスを表示したりユーザー体験を改善したりするのに利用されていました。

93 Operaの無料VPN

これは通常のVPNではなくウェブプロキシであり、データを収集してサードパーティに提供しています。

94 VPNSecure

DNS漏洩やIPアドレスの漏洩がVPNSecureで頻発しています。完全にプライバシー保護したい場合はこのソフトウェアは避けましょう。

95 Zenmate

たくさんの試験を重ねたところ、このVPNはIPアドレスの漏洩があることは発覚しましたし、このような発見を報告しても対応が遅かったです。

96 SuperVPN

私たちが見た中で最もマルウェアがあるVPNでしょう。トロイの木馬などのマルウェアが見つかったケースは最低でも13件あります。

97 Betternet

このVPNのコードには14個のサードパーティトラッキングライブラリがあり、利用規約にはユーザーのログ情報を転売する権利があると記載されています。

98 HatVPN

このソフトウェアには約10個のマルウェアがあり、気付いた時には遅かったというユーザーがたくさんいます。

99 The One Click VPN

この一覧で最も悪質な技術の一つでしょう。通信をほとんど暗号化せず、たくさんのウイルスがあります。最悪のセキュリティーツールでしょう。

100 Cross VPN

このVPNにはコーディングシステムに11ものマルウェアが見つかっており、たくさんのトロイの木馬があります。

まとめ

以上で紹介した端末やソフトには気を付けましょう。期待を裏切るようなものばかりだからです。サービスを徐々に改善したものもありますが、安定性や効率の面で欠ける部分があります。

以上で紹介したものを使ったことがあるという人は、どんなに大変な思いをしたのか気持ちが分かります。一般的なユーザーでも満足できるような高パフォーマンスで耐久性があり、効果的な技術の開発を期待したいものです。