情報開示:
紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

レビュー基準

Wizcaseに掲載されているレビューは、製品やサービスに対するレビュアーの独立した、正直で専門的な検証に基づくものであることを保証するために、厳しいレビュー基準を満たしています。この基準では、製品の技術的な品質や特徴に加えて、ユーザーにとっての商業的な価値を考慮することが求められており、これがウェブサイト上での製品のランキングに影響を与える可能性があります。

ExpressVPNをキャンセルして返金してもらう方法【実証済み】

佐々木 健太 佐々木 健太が3月 19, 2021に更新

30日返金保証があると思って試してみた後、返金してもらおうと思ったら対応してもらえなかった、というのは嫌なものですよね。

ExpressVPN返金保証

ですから私たちは ExpressVPNの 30 日返金保証を本当に利用できるのか試してみました。試してみたのにはいくつか理由があります。

  1. サービスをキャンセルするのが難しいということが分かったらExpressVPNをおすすめしたくないから。
  2. 読者の皆様が返金したいと思った場合に本当に返金できることを確認するため。
  3. オススメしているVPNのカスタマーサービスの最新事情を確認するため。

結果にびっくりするかもしれません。

今すぐリスクゼロでお試しください

4月 2021年月更新:ExpressVPNは期間限定で月額6.67$と言う、驚くような価格へ値下げしました。さらに、1年プランでは3か月間無料!これは限定割引ですので、終了前に是非ご利用ください。この割引の詳細については、こちらをご覧ください

ExpressVPNのアカウントを閉鎖する方法

まず、返金保証制度について詳しく見てみましょう。30日間以内ならプランの料金全額を返金してもらえるというものです。価格や契約期間に関わらず有効です。

プランの料金は前もって支払う必要があるものの、サービスに満足できなかったら全額返金してもらえるのです。

返金保証はどのように機能しますか?
ウェブサイトにはクリック一つでキャンセルできるという仕組みにはなっていません。ユーザーエリアなどにもサービスをキャンセルするためのボタンはありません。

キャンセルするためにはメールまたはライブチャットでカスタマーサポートに問い合わせる必要があります。実験では、チャットから問い合わせてみることにしました。カスタマーサポートの質とスピードも確認するためです。

スタッフにはほんの数秒で接続されました。英語も完ぺきで、本物の人間のスタッフが対応してくれたと思います。コンピュータがチャットに応じるという会社もあるので、本物の人間とチャットできたのは良かったと思います。

サービスに満足できないので返金して欲しいと要望しました。サポートスタッフはアカウントを確認するので少し待って欲しいと言いました。少し待つと、プランのキャンセルが完了し、5~7営業日で返金を受け取れると教えてくれました。

ライブチャットでのExpressVPNの返金
こんなに簡単だったのです!返金する理由を聞かれませんでしたし、他のプランに変えないかとも聞かれませんでした。チャットを始めてすぐに返金したいという要望に応えてくれたのです。

その後、約束通り5日後に返金されたことが確認できました。

他社と比べると?

私たちは数え切れないほどたくさんのVPNサービスを試しています。全然カスタマーサポートがしっかりしていないサービスも見てきましたし、満足できないものもありました。

VPNサービスの中にはメールを送信しないとキャンセルできないものもあり、この場合、相手が返信するのを待つしかなすすべはありません。

他のプランに変更するように圧力をかけてくる会社もあります。使いたくないと言っているのに、割引があると押してくるサービスもあるのです。

コストが理由でサービスをキャンセルするというなら他のプランを提案するのは妥当ですが、そうでない場合にこのようにプレッシャーをかけてくるのは不適切でしょう。

それ以外にも、キャンセルする理由を知りたがる会社もあります。サービスの向上のためかもしれませんが、執拗に聞かれるのは嫌なものです。旅行するときに加入して長期的にサービスを利用するつもりではなかったということもあるでしょう。ウソをついてキャンセルする言い訳を考えるか、最初から利用を継続するつもりはなかったと正直に言うか、どうすればいいのでしょうか?このような立場に置かれるのはできるだけ避けたいものです。

ExpressVPNのサービスは最高でした。キャンセルする理由を聞かれませんでしたし、他のプランに変えるようにプレッシャーをかけられることもありませんでした。

返金期間は30日です。1か月ではありません。

サービスを継続するかどうか迷っているという場合には、忘れないようにするためにキャンセルの締め切りをカレンダーに記録しておくことをおすすめします。ただし、返金期間は30日間であり1か月ではないということに注意しましょう。

30日間の返金保証対1か月
例えば、8月1日午前8時にExpressVPNを購入したと想定しましょう。返金してもらうためにはサポートスタッフに8月31日午前8時までに問い合わせる必要があります。それ以降は返金されません。

30日以内にキャンセルしさえすれば、プランの料金は全額返金されます。料金は支払った方法(クレジットカードやペイパルなど)で返ってきます。

無料トライアルより返金保証の方がいい理由

無料トライアルを提供しているプロバイダは少なくありませんし、楽に試せるのでこのようなサービスを好むのも納得できます。しかし、あなたのニーズに適した決断をするためには簡単に試せるということではなく、サービスの内容に注目したいものです。

無料トライアルではデモ版を試せるという形が多く、一部の機能しか利用できず、1台の端末しか接続できないなどの制限がある場合が多いです。

ExpressVPNの返金保証ではプログラムの完全版を利用することができます。長期契約に縛られる前に、すべての端末にダウンロードして試してみることができます。

完全版を利用すると、帯域幅が無制限でサーバー地点もたくさんありますし、親切なカスタマーサービスチームに対応してもらえます。VPNの使い心地を試すためにはプログラムすべてを試してみるのが一番です。

もちろん、最初に購入する際には利用料金を支払う必要があります。それは仕方のないことです。しかし、30日以内に返金を申請すれば、以上でご紹介したようにしっかり全額返金してもらうことができます。簡単に返金してもらえることが実証済みですから、安心して試すことができます。

今すぐExpressVPNを30日間お試しください。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.25 4 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
佐々木 健太
佐々木健太は慶應大学卒のテクノロジーマニアです。彼は個人情報が悪用されないようにするために、オンラインプライバシーの保護が重要であると考えています。