情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

Grammarlyを解約して返金してもらうには(2022年にテスト実施)

佐々木 健太
佐々木 健太が6月 01, 2022に更新

Grammarlyは、入力時に文章を改善できる優れたソフトウェアです。プロ版では、誤字脱字、句読点の欠落、単語の繰り返しなど、様々な問題についてアラートが作成される他、文章スタイルを改善するための提案も表示されます。

しかし、必ずしもあらゆる人に適しているわけではないので、返金ポリシーを確認することにしました。その結果、Grammarlyには返金ポリシーがなく驚きました。これは、サブスクリプションを購入する前に文法チェックの正確さを試せる完全無料版があるためです。

Grammarly Premiumを購入しても返金されなかったので、予期せぬ料金が発生するのを防ぐために、プレミアムアカウントを解約し、1ヶ月分の料金が請求されないことを確かめました。

Grammarlyを解約した後も文法チェッカーが必要な場合は、Word Editorがおすすめです。Grammarlyで見つかった数多くの誤りに加え、Grammarlyがテスト中に見逃した誤りも見つかりました。

Editorやその他の文法チェッカーについて触れる前に、定期請求を無効にして、Grammarly Premiumを解約するための手順をご紹介します。

Word Editorを無料で試しましょう!

クイックガイド: Grammarlyを解約し、不要な請求を避けるには

  1. ログイン: GrammarlyのWebサイトに進み、アカウントにサインインします。
  2. プランを解約: ページの下部にある[Cancel Subscription(サブスクリプションを解約)]リンクをクリックします。
  3. 不要な請求を回避: アカウントを解約する理由についてフィードバックを残し、再び請求されないことについて確認メッセージを受け取ります。

Grammarlyを解約し、不要な請求を避けるには

Grammarlyには返品または返金のポリシーはありません。サブスクリプションを購入すると、プランの期間中、Grammarly Premiumを利用し続けることに同意したとみなされます。不要な請求を避けるには、次の請求サイクルが始まる前にアカウントを解約してください。

ただし、例外が一つあり、AppleストアからGrammarlyを購入した場合は、以下の手順に従い、容易に返金してもらえます

Grammarlyに満足できなかった場合は、次の請求サイクルがきて請求されないように、以下の手順に従い、アカウントを解約してください。

  1. Grammarlyにログイン: Grammarlyの公式サイトを開き、プラミアムアカウントにログインします。
  2. アカウント: Grammarlyダッシュボードからアカウントの設定画面を開きます。
  3. サブスクリプション: メニューバーにある[Subscription(サブスクリプション)]リンクをクリックして、サブスクリプションの詳細を表示します。
  4. 解約: ページの一番下までスクロールし、[Cancel Subscription(サブスクリプションを解約)]リンクをクリックします。
  5. 変更内容の確認: 解約プロセスを続行すると、ポップアップウィンドウが開き、アカウントの変更内容が表示されます。 [Yes, Continue(はい、続行します)]をクリックして続行します。
  6. フィードバック: アカウントを解約する理由を記載します。これは必須ですが、回答によって解約できるかどうかが左右されることはありません。完了したら、[Cancel Subscription(サブスクリプションを解約)]をクリックします。
  7. 完了: プレミアムアカウントが解約されたという確認メッセージが届きます。 [Done(完了)]をクリックして、ダッシュボードに戻ります。
  8. 確認: Grammarlyダッシュボードにリダイレクトされ、サブスクリプションの詳細があった場所にボックスが追加されたことがわかります。アカウントが解約され、次の請求サイクルで更新されないことが通知されます。

Appleを介してGrammarlyアカウントを解約し、返金してもらうには

前述したように、Grammarlyの返金ポリシーの例外は、Apple Storeからサブスクリプションを購入した場合です。返金リクエストは、サブスクリプション購入後24時間以内に行う必要があり、Appleの条件に従わなければなりません。

  1. Reportaproblem.apple.comにアクセスし、Apple IDでログインします。
  2. 「I’d Like To(希望します)」というタイトルのドロップダウンメニューを開き、[Request a Refund(返金リクエスト)]を選択します。
  3. 返金を希望する理由を入力します。
  4. アクティブなサブスクリプションの一覧からGrammarlyをクリックし、[Submit(送信)]をクリックします。

献金の対象となる場合は、Appleから通知が届き、Appleアカウントに関連付けられているクレジットカードに返金されます。

Grammarlyをパソコンからアンインストールするには

Grammarly Premiumが適切な文法およびスペルチェッカーでない場合は、いくつかの手順に従い、パソコンから容易に削除できます。

  1. Windows検索バーに「プログラムの追加と削除」と入力し、Enterキーを押します。
    Add or Remove Program
  2. インストールしたソフトウェアの一覧からGrammarlyアプリを見つけ、[アンインストール]をクリックします。
  3. Grammarlyを削除することを承認すると、WindowsによってGrammarlyがパソコンから削除されます。

ChromeからGrammarlyプラグインを削除するには

  1. Chromeブラウザを開きます。
  2. 拡張機能アイコンをクリックすると、拡張機能を含むウィンドウが開きます。
  3. Grammarlyアイコンの横にある3点ボタンをクリックすると、メニューが開くので、[Remove from Chrome (Chromeから削除)]オプションを選択します。
  4. 拡張機能を削除することを承認すると、Chromeによって削除されます。

FirefoxからGrammarlyアドオンを削除するには

  1. Firefoxブラウザを開きます。
  2. 3本バーのボタンをクリックしてブラウザメニューを開き、アドオンとテーマをクリックします。Ctrl + Shift+Aを押して、アドオンメニューを開くこともできます。
  3. アドオンでGrammarlyを検索し、3点ボタンをクリックしてメニューを開き、[Remove(削除)]をクリックします。
  4. アドオンを削除することを承認すると、Firefoxによって削除されます。

EdgeからGrammarly拡張機能を削除するには

  1. Edgeブラウザを開きます。
  2. メニューバーにある拡張機能のアイコンをクリックします。
  3. Grammarlyアイコンの横にある3点ボタンをクリックしてメニューを開き、[Remove from Microsoft Edge (Microsoft Edgeから削除)]オプションをクリックします。
  4. Grammarly for Edgeを削除することを承認すると、パソコンから削除されます。

Grammarlyの返金保証

Grammarlyの返金保証はシンプルで、返金はありません。アカウントのいずれかをサブスクライブすると、請求が発生し、契約期間中、支払うことに同意することになります。

利用規約によると、Grammarlyでは、10日前に通知すれば、サブスクリプションや料金を変更できます。アカウントのメールアドレスに通知が届き、通知は、GrammarlyのWebサイトに掲載されるはずです。

新たな請求や請求の継続を希望しない場合は、10日以内にアカウントを解約できます。アカウントが解約され、残りの金額が返金されます。最初のメールが送信されてから10日後にGrammarlyを利用する場合は、費用の更新に同意したとみなされます。

Grammarly Premiumを解約した後は?

Grammarlyの最も優れている点の一つは、多くの場合、無料版で十分であることです。Grammarly Premiumを解約すると、次の請求サイクルの開始時に無料版にダウングレードされます。

Grammarlyの無料バージョンには、基本的な文章の提案とチェックが含まれています:

  • 綴り
  • 文法
  • 句読点

これで十分であれば、何もする必要はなく、無料版をずっと利用できます。

その他の優れた文法チェッカーをお探しなら、Microsoft 365を入手し、Wordの改善されたエディター機能を利用することをお勧めします。誤字脱字が強調され、Editorインターフェイスで直接修正できます。WordにはMicrosoft 365の一部として、30日間の無料トライアルが付属しています。

その他のおすすめの文法チェッカー

1. Editor with Word: 綴り、文法、改良点をチェック

  • 20ヶ国以上に対応
  • 似性チェッカーは盗用を防げる
  • 語彙を改善するためのヒント
  • Chromiumブラウザ拡張機能
  • 間違いの数と利用可能な改善に基づいたエディタースコアが表示される
  • 30日間無料で試せる

Wordには、常に優れた綴りおよび文法チェッカーがインターフェイスに組み込まれています。単語または単語のグループの下に赤または青の波線が表示されたので、誤っていることがわかりました。

過去数年にわたって、Editorと呼ばれる機能で基本的な綴りおよび文法チェッカーが改良されました。綴りと高度な文法の誤りがすべて強調表示され、8つの改良カテゴリーがあります:

  1. 明確さ
  2. 簡潔さ
  3. 形式
  4. 句読点の規則
  5. 包括性
  6. 概要
  7. 機密性の高い地政学的参照
  8. 語彙

こうしたカテゴリーにより、受動態、一貫性のない代名詞、オックスフォードコンマ、文脈から外れた単語など、150種類を超える誤りを認識できます。

Editorを3つの文体のいずれかに設定して、文章のスタイルを理解することができます。改善すべき箇所がマークされたり、そのままの文章にされたりします。 文体は:

  • 公式文書
  • 専門文書
  • カジュアルな文章

Editorの優れた機能の一つは、コンテンツの各部分にEditorスコアが表示されることです。スコアは、文体、綴りや文法の誤り、様々な洗練された提案に基づいています。

Editorは、Chromiumベースのブラウザ(Chrome、Edge、Operaなど)のブラウザ拡張機能として利用でき、ソーシャルメディアの投稿やメールなどをチェック可能です。また、ブラウザベースとスタンドアロンのWordおよびOutlookアプリに組み込まれています。

ブラウザ拡張機能の無料版がありますが、基本的な綴りと文法の誤りのみをチェックできます。Microsoft 365にサブスクライブすることで、あらゆる機能を利用できます。Microsoft 365を30日間無料で試して、Editorでいかに文章を改善できるかを確かめましょう

Editor Freeを30日間無料で試しましょう!

2. ProWritingAid: 文法、スタイル、盗用をチェック

  • 複数のワードプロセッシングプログラムと統合
  • 20種類以上のレポートが生成され、文章を分析できる
  • Chrome、Firefox、Edge、Safariの拡張機能

ProWritingAidは、様々なプラットフォームと統合した文法およびスタイルチェッカーで、メール、ソーシャルメディアやブログの投稿に誤りがあり、信頼性を失う心配はありません。

誤りをチェックできるだけでなく、誤りから学ぶのに役立つ動画、クイズ、情報も備えているため、再び同じ誤りを犯すことはありません。

以下は、ProWritingAidの便利な機能の一部です:

  • 詳細なレポート: 20種類以上のレポートが生成され、文章の長所と短所がわかります。
  • コンテキストシソーラス: 同じ単語を複数回繰り返すのを避けられ、使用できる様々な単語が推奨されます。
  • 盗用チェッカー: オンライン上で公開されている何百万もの記事と照らし合わせながらコンテンツをチェックし、他人の文章をコピーしていないことを確認します。

ProWritingAidには無料トライアルがあるので、本格的に利用する前に試せます。しかし、数多くの文章を書きながら実際にテストしましたが、Editor by Wordの方がより誤りを見つけて修正でき、主要なブラウザやプラットフォームに対応しています

3. Sapling: AIベースの文法チェッカーおよびライティングアシスタント

  • 包括的な綴りおよび文法チェッカー
  • 一般的な単語やフレーズを自動補完できる
  • Chrome、Edge、Firefox、Outlook、Google Docsなどのブラウザ拡張機能

Saplingは、時間を節約しながら文章を改善できる、機能豊富なライティングアシスタントです。その2つのユニークな機能は、Autocomplete EverywhereとSnippetsです。

  • Autocomplete Everywhere: 過去1年間にGmailを使用したことがあるなら、この機能の概念に精通しているはずです。ディープラーニングを使用して、一般的な単語やフレーズを書く際に提案が表示されます。オートコンプリートにより文章が分析されるため、提案は時間とともに改善されます。
  • Snippets: マクロのショートカットを作成して、一般的なフレーズを自動化したり、日、月、年などの情報を自動的に更新したり、スニペットのライブラリを作成して、同僚と共有したりできます。スニペットには、様々なブラウザおよびプラットフォーム拡張機能からもアクセスできます。

Sapling信頼できる文法およびスペルチェッカーで、誤った際にそれを確認し、一つまたは複数の単語をクリックして、Saplingの提案に置き換えることで誤りを修正できます。

Saplingには独自の機能がいくつかありますが、高額です。 オートコンプリートまたはスニペット機能が必要でないなら、Editor by Wordを利用した方がよいでしょう。

よくあるご質問

Grammarlyには月額サブスクリプションがありますか?

Grammarlyには3種類のサブスクリプションがあります:

  • 年間
  • 四半期
  • 月間

月額サブスクリプションは最も高額で、年間サブスクリプションの2倍以上の価格です。上記の手順に従い、アカウントを解約しない限り、毎月自動的に更新されることを忘れないようにしてください。解約する予定がない場合は、四半期または年間プランを試すことを強くお勧めします。これにより、お金を大幅に節約できます。

Grammarlyで返金してもらえる方法はありますか?

Grammarlyの払い戻しポリシーは非常に明確で、通常の場合、全額または一部の料金が返金されることはありません。ただし、契約期間中に値上げされたり、機能に不具合があったり等、特別な状況下では、カスタマーサポートに連絡して返金をリクエストでき、状況に応じて返金の可否が決定されます。

Grammarlyアカウントを解約し忘れた場合、どうなりますか?

Grammarlyサブスクリプションは、各請求サイクルの開始時に自動更新されるように設定されています。更新の直前にリマインダーメールが届くので、アカウントを解約するための時間があります。解約し忘れた場合や、更新日以降に利用停止を希望した場合、自動的に返金されることはありません。リクエストして言い分を主張することはできますが、返金されるかどうかはGrammarlyの裁量に委ねられます。そのため、不要な請求を避けるために、すぐに上記の手順に従い、Grammarlyアカウントを解約してください。請求期間が終了するまで、引き続きプレミアムアカウントにアクセスできます。その後、Grammarlyを引き続き利用したい場合は、いつでもアカウントを再開できます。

Grammarlyの無料版は優れていますか?

Grammarly Premiumを解約すると、無料版にダウングレードされます。 無料版には、様々なブラウザやMicrosoft365アプリのあらゆる拡張機能とアドオンが含まれていて、綴りや基本的な文法の誤りを見つけるのに最適です。メールやソーシャルメディアの投稿を書く際に役立つと思いますが、長いブログや記事を書く場合は、Grammarly Premiumがお勧めです。Grammarly Premiumでは、より数多くの誤りが検出され、文章の改善案が表示されます。

まとめ

Grammarly Premiumは、テストした中で最高の文法チェッカーで、執筆に利用しています。柔軟性があり、ブラウザやWordとシームレスに統合でき、文章を改善できる点が気に入っています。無料トライアルや返金保証があればいいのですが、無料版を利用することで、適しているかどうかがわかるでしょう。

適していない場合は、Microsoft 365のEditorを試してみてください。過去1年間で大幅に改善され、Microsoft以外のアプリケーションとも統合されています。Microsoft 365を30日間無料で試し、いかに文章を改善できるかを確かめられます

Microsoft 365を30日間ノーリスクで試しましょう!

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.10 3 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
佐々木 健太
佐々木健太は慶應大学卒のテクノロジーマニアです。彼は個人情報が悪用されないようにするために、オンラインプライバシーの保護が重要であると考えています。