IPアドレスを隠して匿名になる方法

バレンティン・ミルナーが8月 14, 2019に更新

私たちのプライバシーは日に日に脅かされているのは否定できません。完全に監視されないようにするためにはコンピュータやスマートフォンを使わないで、できるだけオフラインで生活するという対策が必要になります。しかしこれは非現実的ですし、誰でもできる対策方法とはいいがたいですね。幸運なことに、IPアドレスを隠してネットを匿名で利用したいだけなら、このような過激な対策をする必要はありません。以下で紹介する5つの方法を実践すれば大丈夫なはずです。

IPアドレスだけであなたについてこんなにたくさんの情報が分かるのです。

IPアドレスを隠すための5つの簡単な方法

IPアドレスは住所のようなものです。IPアドレスを見ればあなたの現在地が分かるからです。住所とは違い、自宅の正確な位置は分かりませんが、大体の地理的なエリアは分かります。インターネットサービスプロバイダはこの情報を使って、あなたがどのサイトを訪問したかトラッキングし、インターネットの通信速度を調整したりしますし、サイト管理者は特定の地域のIPアドレスがサイトに訪問するのをブロックすることもできます。ネットフリックス、Hulu、アマゾンプライムなどがそのよい例でしょう。政府機関はインターネットサービスプロバイダからこの情報を要求し、捜査するために利用したり、あなたについてのプロフィールを作るために使ったりするのです。

偽のIPアドレスを使ってあなたを一切トラッキングできないようにして、ネットを自由に利用できたらいいと思いませんか?その方法をご紹介しましょう。

1. VPNをダウンロードしてインストールする

頼りになるVPNを選ぶことで便利に安全にIPアドレスを隠すことができます。このようなサービスを利用することで以下のようなメリットが得られます。

VPNを利用すると、IPアドレスを隠せる以上にたくさんのメリットがあることは明らかでしょう。しっかりとしたセキュリティー対策にもなるのです。VPNのセットアップにはほんの数分しか掛かりませんし、世界中のサーバーに素早く接続することができます。接続したら異なるIPアドレスを利用でき、効果的に現在地を隠すことができます。

どのVPNを使ってIPアドレスを隠せばいい?」という疑問がわいてきたと思います。通信速度とパフォーマンスに関して詳しく試験したところ、最も頼りになるサービスを5つ見つけました。

無料VPNをダウンロードしてIPアドレスを変更できるというのはかなり魅力的ですね。しかしなぜ無料なのか考えてみましょう。無料VPNは非営利企業ではありませんから、どうにかして収益を得ているはずです。あなたの情報を使って収入を得ているということは簡単に想像できるはずです。そのため、下のランキングでは無料VPNはオススメしていません。

ExpressVPN

90か国以上に配置されている2000以上のExpressVPNのサーバーに接続したらネットでの活動は匿名になります。ExpressVPNはプライバシー保護に適した英国領バージン諸島に本部があり、厳しいログなし方針があります。つまり、ExpressVPNが法的機関に情報を公開するように命令されても、情報をログしていないので公開できる情報がありません。2017年にトルコ政府がExpressVPNのサーバーを差し押さえた時、情報が保存されていなかったため、何も得られなかったというのは具体的な例です。

ネットフリックスやアマゾンプライムなど、制限されたコンテンツにアクセスするためにIPアドレスを隠したいという時、ExpressVPNは私たちが試験した中でも最高のVPNです。地域的な制限を簡単に乗り越えられるうえ、高速通信が可能なので動画がバッファーすることはありません。

今すぐリスクゼロでお試しください

NordVPN

NordVPNは厳しいログなし方針と素晴らしいセキュリティープロトコルが魅力です。私たちが最も感心したのは、NordVPNには難読化サーバー、ダブルVPN、トーアVPN、超高速ストリーミング、DDoS対策などの専門サーバーがあることです。また、1つの契約で最大で6台の端末を同時に接続できるというのも素晴らしいでしょう。また、本部は5・9・14アイズ同盟国外のパナマにあるのも魅力的です。さらに、MacOS、アンドロイド、ウィンドウズ、iOSで利用可能です。

NordVPNはIPアドレスを隠して地域的な制限を乗り越えられることを実証しています。中国はとても検閲が厳しい国として知られていますが、NordVPNの難読化サーバーならどんなに制限されているサイトにでもアクセスすることが可能です。

今すぐ入手する

CyberGhost

匿名になるためにはお化けになって透明になるほどいいことはないですよね。それがCyberGhostのコンセプトなのです。このVPNは60か国以上にサーバーがあり、OpenVPN、L2TP-IPSec、PPTPなど複数のセキュリティープロトコルから選択できます。また、アプリにはDNSおよびIP漏洩保護があり、プログラムを試験してあなたのIPアドレスが本当に隠されているかどうか確認することができます。

今すぐ入手する

PrivateVPN

PrivateVPNはセキュリティーとプライバシーを妥協しないサービスを提供しています。この一覧で紹介したほかのVPNサービスと同じように、利用者のログや情報を保存しませんし、しっかりした暗号化プロトコルを利用しています。さらに、Mac、アップル端末、アンドロイド、ウィンドウズなど色々なオペレーティングシステムでも利用可能です。

今すぐ入手する

IPVanish

完全にセキュリティー対策して匿名でネットを利用するためにはIPVanishを利用するのがいいでしょう。インターネット通信を暗号化するので、異なるIPアドレスを使ってプライバシーを守りながらインターネットサーフィンすることができるようになります。この会社には親切なカスタマーサポートスタッフがいて、適切なIPアドレスを利用することができます。インターネットでの活動を監視されないようにして、帯域幅調整されることを防止できるようになります。

今すぐ入手する

2. プロキシを利用する(VPNほど高速ではありませんが)

プロキシサーバーはIPアドレスを効果的に隠すのに役立つツールです。あなたのインターネット情報パケットをいろいろな送信先に接続するときの仲介人のような役割を果たし、それと同時にプロキシを通過する際にパケットの見た目を変えるのです。つまり、インターネットのブラウジング通信をプロキシサーバーに通過させ、接続全体を制御するためのツールなのです。

プロキシサーバーとVPNの違い

プロキシサーバーとVPNの共通点は実際のIPアドレスを隠せるということだけです。ですから、プロキシサーバーとVPNのどちらを使うかということを決める際には以下のような違いをしっかり理解しておく必要があります。

  • プロキシにはセキュリティープロトコルや暗号化などの複数のセキュリティー対策機能がありません。プロキシサーバーは身元を特定できるような情報を除外したり、インターネットの情報やデータを安全に暗号化するなどの機能はありません。
  • プロキシには全体的に身元を隠すような機能がありません。アプリケーションごとにユーザーの通信を仲介するのに対してVPNはあなたのシステムから発信・受信されるデータすべてを保護します。

3. トーアを利用する

トーア(TOR)はザ・オニオン・ルーターとして知られています。ボランティアによって運営されているサーバーネットワークにユーザーが匿名接続できる無料システムなのです。そのため、VPNのように全く新しいIPアドレスが割り当てられます。また、ディープウェブ・ダークウェブとも呼ばれています。普通のブラウザではアクセスできないようなサイトにアクセスできるようになるからです。このようなオニオンサイトは一般的なドメイン名とはかなり違います。ほとんどの場合、無作為の文字列がドメイン名となっているのです。

残念ながら、トーアは誰でもアクセスでき、匿名で無料のネットワークであるため、犯罪行為を行うためにかなり人気があるのが現実です。実際、ネットワークユーザーの大半が違法行為や違法の取引を行っているのです。なりすまし、武器や麻薬の売買などがその一例です。

トーアを利用するもう一つのデメリットは非常に通信速度が遅いことです。その理由はトーアはデータパケットを長いルートにルーティングし、目的地にたどり着くまでサーバー間をリレーするからです。もちろん、このようにしている理由はインターネットでの活動を保護するためです。

4. 携帯電話のネットワークを利用する

IPアドレスを素早く変更するもう一つの方法はモバイルデータを利用することです。全く異なるシステムなので比較的ユニークなIPアドレスとなっています。しかしこの方法はパソコンの代用にはなりません。この方法は緊急事態だけに利用するのがおすすめです。例えばあなたのIPアドレスが切迫した攻撃の対象になっているときなどに利用するのがいいでしょう。それでも、モバイルデータに頼るのは効果的ではありませんし、短期的な方法でしかありません。

5. 他人のネットワークや公共Wi-Fiを利用する

複雑なダウンロードやアプリのインストールをしたくないという場合は空港、ホテル、カフェなどの公共Wi-Fiに接続するのがいいいでしょう。接続されたネットワークを使ってインターネットサーフィンしたり、コンテンツをストリーミングすることになりますから、IPアドレスを隠すことができます。

このようにすることでIPアドレスを隠せ、匿名になれますが、データがハッキングの対象になるというリスクがあります。ですから、保護されていないネットワークや公共Wi-Fiを利用するならVPNに接続してデータが暗号化されるようにするのがおすすめです。このようにすることで接続を保護することができます。

IPアドレスを隠すのは犯罪者や告発者だけではありません

トレントしたりネットフリックスを見るために地域的な制限を乗り越えるため、またプライバシーを保護するためなど、匿名性が欲しいと思う理由はたくさんあります。以下のスクリーンショットからも分かる通り、IPアドレスだけであなたについていろいろなことが分かります。このような情報は個人情報ですから、誰にでも知られてしまうのは間違っていると思いませんか?

また、インターネットサービスプロバイダや政府組織はともかく、IPアドレスを隠すのはセキュリティー保護の面からも重要なことです。なりすましやハッカーなどにサイバー攻撃のターゲットになっている場合、あなたのIPアドレスさえ知っていれば簡単にあなたの個人情報をすべて知られてしまう可能性があるのです。

セキュリティーを考えると、毎月数ドル払えばインターネットサービスプロバイダや政府、ハッカーなどから機密情報を保護できるのはいいと思いませんか?最低でも、以上で紹介した方法を使えばIPアドレスを隠せ、ネットで匿名性を守ることができます。

バレンティン・ミルナー
バレンティン・ミルナーはエキスパートライターで、サイバーセキュリティーが専門です。彼女は最初は会社で働いていたものの、現在は独立しています。