情報開示:
紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

レビュー基準

Wizcaseに掲載されているレビューは、製品やサービスに対するレビュアーの独立した、正直で専門的な検証に基づくものであることを保証するために、厳しいレビュー基準を満たしています。この基準では、製品の技術的な品質や特徴に加えて、ユーザーにとっての商業的な価値を考慮することが求められており、これがウェブサイト上での製品のランキングに影響を与える可能性があります。

IPv6とは何?その重要性は?

グレイ・ウィリアムズ
グレイ・ウィリアムズが4月 20, 2021に更新

IPv6アドレスって何?

インターネットプロトコルバージョン6Internet Protocol Version 6は最新のネットワークレイヤープロトコルです。ネットワークレイヤープロトコルとはネットワーク上のコミュニケーション通信を可能にしてくれるシステムのことです。1998年にコンセプト化したものの、IPv4からIPv6への移行が始まったのは2017年からです。

IPv432ビットの10進数で2から3桁の数字列が4つ繋がったものです。数字列はそれぞれ端末や現在地を特定します。IPv4アドレスの例: 192.168.0.1.

あなたのIPv4アドレスが何か気になるならこちらで確認しましょう。

2010年までにすべての可能なIPv4アドレスが使用されることが予想されていました。

Network
それに対応して、新しいアドレスを作成できるようにするために新しいネットワークレイヤープロトコルが作成されたというのがIPv6の誕生のきっかけです。

IPv6128ビットのアドレスで、4桁の文字と数字が8つ連結した形式です。コロンで文字列が区切られています。例: 2018:0ab6:84a2:0000:0000:7a2b:0271:7435

IPv6アドレスの種類

IPv6アドレスには3種類あります。

  1. ユニキャスト:1対1のコミュニケーション。1つの発信源が1つの受信先にデータを送信する。
  2. マルチキャスト:1対多数のコミュニケーション。複数の端末へデータを送信する。
  3. エニーキャスト:マルチキャストと似ているが、発信源は複数の受信先から最適なものを選ぶ。

IPv6のメリット

メリット:

  • より多くのアドレスが利用可能
  • P2Pネットワークへの接続の改善
  • 通信速度が速くなる
  • 自動設定
  • ルーティングが効率的になる
  • 強力なセキュリティー
  • コンバージョン率が高くなる

デメリット:

  • IPv4の方が人気
  • IPv4とIPv6は直接コミュニケーションが取れないため、サーバーが必要
  • VPNプロバイダはIPv6に対応するようなサーバーにアップグレードするのを躊躇している

IPv6にはたくさんのメリットがあるため、ネットワークエンジニア、データセンター、技術会社、モバイル会社のほとんどがIPv6を利用しています。プロはIPv6を好んで利用しており、一般的なユーザーにもIPv6の利用が推奨されています。

IPv6では個人情報が漏洩しませんか?

VPNプロバイダを利用すると別のIPv4アドレスを割り当てられ、プライバシーが保護されネットの匿名性が守られます。しかしIPv6サーバーとコミュニケーションを取ろうとすると本当のIPアドレスが漏洩して個人情報のプライバシー侵害につながる可能性があります。

IPv6漏洩保護に最適なVPNを利用することでネットで身を守れるようになります。オススメのプロバイダトップ2をご紹介しましょう。

IPv6を保護してくれる最高のVPNトップ2

1ExpressVPN

ExpressVPN
  • IPv6漏洩保護
  • 接続ログなし
  • 帯域幅無制限
  • 2000以上のサーバーにアクセス可能
  • 使いやすい
  • 30日返金保証

ExpressVPN最速のVPNであるだけでなく、セキュリティー対策の面でも魅力的です。256ビット暗号化、自動キルスイッチ、スプリットトンネリングなどの機能で利用者を保護します。複数の端末を接続できるほか、30日返金保証もあるので試してみるに越したことはありません。

今すぐリスクなしでお試しください

2CyberGhost

CyberGhost
  • DNSおよびIP漏洩保護
  • 自動キルスイッチ
  • ログなし方針
  • 256ビット暗号化
  • 帯域幅無制限
  • 30日返金保証

CyberGhost は世界中に3000以上のサーバーを配置しています。さらに、広告や悪意のあるコンテンツをブロックしてくれることで追加のセキュリティー対策となります。さらに7台の端末を同時に保護できるのも魅力的です。CyberGhostは30日返金保証を提供しています。

リスクなしで今すぐお試しください

VPNIPv6を漏洩していないか確認しましょう

ネットには試験ツールがたくさんありますが、短時間の再接続漏洩などすべての問題を探知してくれるとは限りません。VPNが正しくセットアップされていることを確認するためには高度な試験が必要となります。

ExpressVPN dns leaks test
ExpressVPN の確認ツールは最も詳しく試験してくれるツールの一つです。漏洩しているか確認するためには以下のステップに従って操作してください。

  1. VPNサーバーに接続します。
  2. IPv6試験サイトを開き、表示されているIPアドレスと現在地情報が正しいか、それともVPNのサーバーのIPv6と現在地が表示されているか確認しましょう。
  3. 中断があるとトンネルがどう反応するのか確認するにはVPNを有効にしたままWi-Fiまたはイーサネットケーブルの接続を切断して再試行してください。
  4. 試験中に色々なサイトに再接続して更新してください。
  5. VPNを利用中に変な結果が出た場合は直ちにプロバイダに報告しましょう。

他に役立つ試験サイトをご紹介します。

ネットで身を守りましょう

ネットでの活動のプライバシーを守るために最高のVPNをご利用下さい。トップ2VPNを利用することでセキュリティーに関して心配する必要がなくなります

トップ2のVPNはすべて30日返金保証があるので安心して試してみることができます。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.58 5 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
グレイ・ウィリアムズ
グレイ・ウィリアムズは経験豊富なデータ・コミュニケーションエンジニアで、複数のプラットフォームでコピーライター・コンテンツライター兼編集者として活動しており、サイバーセキュリティーに特に興味があります。彼は何年もVPNやその他のネットのプライバシーツールを利用したり調査したりしてきた実績があります。