VPNの探知を防止する3つの方法【2019年最新情報】

Published by ベンジャミン・ウォルシュ on 3月 07, 2019

VPN最新のアベンジャーズ、ザ・グッド・ファイトやアトランタなどの番組をストリーミングするのに役立つツールです。

Streaming the latest Avengers movie and binge-watching残念ながら、ネットフリックスやBBC iPlayer、HuluなどのストリーミングサービスはVPNについて知っており、スタジオとコンテンツを地理的に制限する合意のため、外国からのアクセスをブロックしています。IPブラックリスティングという方法でストリーミングサイトは既知のVPNサーバーのIPアドレスと利用者のIPアドレスを照らし合わせてVPNを利用しているか探知しています。

しかし、VPNを探知されないようにしてブラックリストに追加されないようにする裏技があるのです。以下ではVPNを探知されないようにする2019年最新情報をご紹介します。

ステップ 1: 適切なVPNを利用する

あらゆる規制を通過するためには高品質のVPNサービスを利用する必要があります。無料のVPNではなく、プレミアムVPNサービスを使うことをおすすめします。安全でプライバシーを守った接続が可能になるからです。無料VPNはお得のような気がしますが、実際には制限があるので価格よりデメリットやリスクを考えましょう。

最高レベルのセキュリティーや機能を提供しているような最高のVPNはニーズに合わせて設定を変更できます。IPアドレスをブラックリスト化されないようにするためには設定を変更できるVPNサービスを利用するべきです。

探知されない最高のVPN

以下のVPNは、ストリーミングサービスを利用するときに探知されないおすすめのものばかりです。

1 NordVPN

NordVPN
  • たくさんカスタマイズ可能
  •  AES 256ビット暗号化
  •  プロトコルを選択可能
  •  5000以上のサーバー
  •  ストリーミングに最適化されている

今すぐご利用ください

2 ExpressVPN

ExpressVPN
  • 複数の端末で利用できるパソコン・モバイルクライアント
  •  AES 256ビット暗号化
  •  高速通信
  •  複数のプロトコル
  •  ネットフリックスをアンブロック可能

リスクなしで今すぐお試し下さい

3 CyberGhost VPN

CyberGhost VPN
  • AES 256ビット暗号化
  •  経済的
  •  機能が豊富
  •  ログなし方針
  •  インターフェイスが使いやすい

リスクなしで今すぐお試し下さい

ステップ 2: VPNの設定を変更する

VPNサービスを選択したら、セキュリティー対策を向上してIPブラックリスティングされないように設定を変更しましょう。以下のような方法でVPNの探知を防止できます。

暗号化プロトコルを変更する

ほとんどのVPNプロバイダは暗号化のために異なるプロトコルに対応しています。標準的な暗号化はAES256ビット暗号化とOpenVPNで、データを暗号化するのに最も効果的な方法の一つです。暗号化プロトコルを切り替えることで、ウェブサイトのファイアウォールを通過できるようになります。

変更できるプロトコル設定をいくつかご紹介しましょう。

  • OpenVPN
    これはほとんどのVPNサービスが使用しているデフォルトのプロトコルです。最も基本的な保護が欲しいという場合にオススメです。
  • L2TP/IPSec
    インターネットプロトコルセキュリティー(IPSec)とL2TPを併用すると、OpenVPNより遅いものの、より安全です。通信速度は何でもいい、探知されないことを優先したい方にオススメのチョイスです。
  • SSL/TLS
    TLS(トランスポート層セキュリティー)はSSL(セキュアソケット層)の後継で、他のプロトコルほど普及していません。VPNプロバイダがTLSに対応している場合はそれに切り替えることでVPNが探知されないようにできます。
  • SSH
    セキュアシェルトンネリングはSSLと似ていますが、あまり人気がなく、一般的に制限されています。VPNプロバイダに問い合わせないと有効にできない場合がありますが、SSHならほとんどすべてのファイアウォールを通過できます。

VPNのポートを切り替える

ポートはインターネットサービスプロバイダに情報を送信するトンネルの役割を果たしています。会社はポート番号や通信をモニタリングして好き勝手にブロックすることができるため、ポートを切り替えることでVPNが探知されないようにできます。

次のようなポートに切り替えてみましょう。

  • 2018:インターネットサービスプロバイダによるブロックを避けるのに役立ちます。
  • 41185:低級のポートがブロックされているときに役立ちます。
  • 443:ブロックされていないことが多く、暗号化された通信が一般的に使用しているポートです。
  • 80:このポートもブロックされていないことが多いです。

ステップ 3: その他の方法

VPNプロバイダがサービスの変更を許可していない場合、他の方法を試してみることができます。以下でご紹介する方法を試すにはVPNについて詳しい知識が必要です。

1. トーアブラウザ

Torトーアブラウザは匿名性を守れる歴史あるツールで、VPNと併用できます。残念ながらトーアではストリーミングできません。つまり、ネットフリックス、BBC iPlayer、Huluなどにアクセスできないということです。

さらに、トーアを使うと通信速度が極端に遅くなります。ストリーミングできなくてもいいから探知されないようにしたいという場合はトーアが役立ちます。

2. シャドーソックス(SOCKS5プロキシ)

中国やサウジアラビアなどの厳しい検閲がある国での利用を想定して開発されているシャドーソックスは、規制なくインターネットを利用できるようにしてくれます。ソケットセキュア5プロトコルを使うと、プロキシサーバーを経由してクライアントとサーバー間をデータが通信するため、追加で認証が必要になり、ユーザーだけしかプロキシにアクセスできなくなります。

このプロトコルは他の方法より高速で安定しているのが特徴です。ただし、セットアップは難しく、VPNよりお金がかかる場合があります。探知されないようにしてIPブラックリスティングされたサイトにアクセスするのには役立ちますが、最後の手段として考えるべきでしょう。

3. 独自のVPNサーバーを利用する

プロトコルやポートを変更できるVPNが見つからない場合は、自分でセットアップすることができます。

プライバシーを保護しましょう
ExpressVPN encrypted virtual tunnel

リスクなしでExpressVPNをお試し下さい

ベンジャミン・ウォルシュ
経営学の学位を取得した後、ベンは技術及びサイバーセキュリティー業界でマーケティング、執筆、コンテンツ開発に携わることにしました。キャリアアップを目指しながら旅行して外国の文化と触れ合うことが目標だそうです。