当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。さらに詳しく

Wizcaseは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2018年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Intego、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。Wizcaseに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

AntiVirus

ウイルス対策ソフトのテスト方法

ウイルス対策ソフトを評価するために、数多くのセキュリティ機能や宣伝内容を評価しています。様々なウイルス対策ソフトがマルウェアやその他のサイバー脅威から完全に身を守れると主張していますが、その多くはこうした主張を満たしていません。最高のウイルス対策ソフトであっても、あらゆる脅威に対する完全な保護を保証できませんが、他よりも際立っている製品が一部あります。

重視しているカテゴリー

レビュー間で一貫性を保ち、容易に比較できるようにするために、毎回同じテスト指標を用いて各ウイルス対策ソフトをレビューしています。確認している機能は以下です:

  • 購入とダウンロード

    あらゆるウイルス対策ソフトのサブスクリプションにおいて、まず考慮されるのは支払いプロセスです。弊社は、利用可能なあらゆる機能とオプションを完全に評価するために、最も包括的なウイルス対策ソフトを購入し、支払いプロセスの手軽さに加え、以下の点に注目しています:

    • 利用の継続を強制しているか、支払いプロセスを遅らせようとしているか
    • 隠れたコストがあるか(すぐに終了するディスカウントなど)
    • インストールファイルのサイズ
    • 利用可能な支払い方法

    VPNなどとは違い、購入の際に完全なプライバシーを期待できませんが、ベンダーがプライバシーを真剣に考えている場合、これは素晴らしい特典です。購入する際は、ある程度の個人情報を提供する必要があるでしょう。

  • Ease of Use & Installation使いやすさとインストール

    ほぼあらゆるウイルス対策ソフトは大規模な一般ユーザーを対象としているため、容易にダウンロードできなければなりません。そのため、対応デバイスすべて(Windows、macOS、Android、iOS、Linux)にウイルス対策ソフトウェアをインストールして、宣伝どおりに機能するか、セットアップの際に追加の手順やトラブルシューティングを行う必要がないかを確認しています。以下の側面に基づき、ウイルス対策ソフトの利用とインストールの容易さを評価しています:

    • インストールに専門知識が必要か
    • 新規ユーザー向けに役立つガイド、画像、動画があるか
    • プログラムの起動、機能の検索、ユーザーインターフェースの操作を手軽に行えるか

    また、ブラウザ拡張機能などの追加の統合が含まれているかを確認し、こうした機能の使いやすさと利便性についても確かめています。

  • セキュリティ機能

    各ウイルス対策ソフトの脅威に対する安全性を評価するために、サンドボックスで各インスタンスを実行し、数百のサンプルマルウェアファイルを用いてテストしています。こうしたサンプルには、新旧のウイルス、ランサムウェア、スパイウェア、トロイの木馬、キーロガー、ルートキットなどが含まれています。評価する主なセキュリティ機能は4つあります:

    • ウイルススキャン – 様々な種類のスキャンの実行にかかる時間を測定し、スキャンの精度を評価します。評価は、重要なトロイの木馬を見逃しているか、安全なファイルにフラグを立てているか、完了までにかかる時間によって左右されます。優れたウイルス対策ソフトはテストにおいてインスタンスをすべて検出できなければなりませんが、検出率95%で安全であるとみなされます。
    • リアルタイム保護 – このテストでは、ウイルス対策ソフトがアクティブな脅威からエンドユーザーをどの程度守れるかを確認します。これには、マルウェアファイルの実行、ランサムウェアブロックのシミュレーション、独自のゼロデイマルウェアによるサンプル攻撃が含まれます。最高のウイルス対策ソフトはあらゆるインスタンスからユーザーを保護できますが、スコアが90%の場合、ほぼあらゆるユースケースで十分に頼れるとみなされます。
    • フィッシングとWeb保護 – 直面する脅威すべてが、アクティブなマルウェアやトロイの木馬として現れるわけではありません。オンライン上には、広告、フィッシングリンク、危険なWebサイトの背後に様々な脅威が潜んでいます。各ウイルス対策ソフトをテストし、悪意のあるリンク、広告、マルウェア サイト、フィッシングサイトなどを検出してブロックできるかを確認しています。
    • ファイアウォール – 優れたウイルス対策ソフトは、脅威が発生した際に阻止し、システムへの影響を最小限に食い止めますが、最高のウイルス対策ソフトは、そもそもこうした脅威のダウンロードを許可せず、強力な独自のファイアウォールによって、脅威が害を及ぼす前に阻止します。ウイルス対策ソフトにファイアウォールがあるかを確認し、悪意のあるリンク、広告、ダウンロードに対してテストしています。

    ウイルス対策ソフトのパフォーマンスを左右する追加のセキュリティ機能が数多くあるため、上記はすべてを網羅していませんが、ウイルス対策ソフトの明らかな弱点や優れた機能に常に留意しています。

  • システムパフォーマンスへの影響

    一言でいえば、ウイルス対策ソフトが必要な機能を実行するために使用するリソースを評価しています。優れたウイルス対策ソフトは、優れた保護機能を提供しながら、システムにほぼ影響を与えません。アイドル時およびスキャン中のCPUとRAMの使用率を評価します。ウイルス対策ソフトがアクティブなスキャン中に大量のリソースを使用する場合、スキャンを完了するまでの時間を確認します。結局のところ、ウイルス対策ソフトは常にシステムのパフォーマンスに大きな影響を与え、ユーザーエクスペリエンスを低下させます。

  • パッケージ化された機能とソフトウェア

    ウイルス対策ソフトの多くは、スキャナーとマルウェア検出ソフトのみがあるわけではありません。最大手の企業は、追加のプライバシーおよびセキュリティソフトのバンドルを予定しています。こうしたアドオン機能には、パスワードマネージャーやダークウェブモニターの他、VPN などが含まれる場合があります。アドオン機能を調べて、費用対効果があるか、意図したとおりに機能するかを確認し、以下の基準に基づき評価しています:

    • 費用対効果 – 追加料金を支払う価値があるか
    • 利便性 – 普通のユーザーが必要とする機能であるか
    • 比較分析 – バンドルされた機能の性能は、同じ機能を備えたスタンドアロンアプリと同等か、より優れているか

    こうした分析を通じて、機能に本当に価値があるのか、それとも価値をつり上げるためにサブスクリプションバンドルに追加されているだけなのかを確認しています。

  • 価格設定

    各ウイルス対策ソフトが提供する機能を調べ、それが設定された価格と一致しているかを確認し、費用対効果があるかを確かめます。

    最高のウイルス対策ソフトを調べることで、競合製品と相互比較し、評価できます。この評価では、ウイルス対策ソフトが売りにしている価格帯と、同じ価格帯の他製品と機能を比較しています。

    現在のセール、ディスカウント、サービスに基づき推奨事項をご提示し、お得かどうかを判断します。

    次に、返金制度や返金保証がある場合は、それについてテストします。いかに容易に返金をリクエストできるか、サポートへの連絡、フォームへの記入、メールの送信などが必要かどうかを確認します。プロセスが合理的で、追加のプランを強制せずに返金しているかを確かめます。

  • カスタマーサポート

    最高のウイルス対策スイートであっても、エラーや問題が発生したりする可能性があります。弊社は、利用可能なあらゆるプラットフォームを通じて各社のサポートチームに連絡し、迅速かつ包括的で、役立つ回答を得られるかを確かめています。

    メール、チケット、電話、ライブチャット、ソーシャルメディアなどの各サポート媒体を通じて問い合わせ、何度も連絡せずに役立つ回答をタイムリーに得られるかを確かめています。また、効率よく自己解決できるためのナレッジベースページやユーザーフォーラムの有無も確認しています。

    エクスペリエンスは異なる可能性があるため、一般的なユーザーエクスペリエンスをより理解するために、テストの際に複数回サポートに問い合わせています。

WizCaseは、オンラインプライバシー、セキュリティ、データ侵害に関する情報と洞察の提供に重点を置いたサイバーセキュリティ専門研究チームです。弊社は、VPN、ウイルス対策、パスワードマネージャー、ソフトウェア、ペアレンタルコントロールツールを厳密にテストおよび評価し、信頼できる最新のおすすめ情報をご提供しています。
VPN

仮想プライベート ネットワーク(VPN)のテスト方法

弊社のレビュー担当者は、VPNを効果的にレビューするために、幅広いテストを行い、VPNの主張の有効性を判断しています。こうしたテストには、速度に関する主張の妥当性の検証、プライバシーに関する主張の調査、実際のセキュリティ機能の徹底的なテストが含まれますが、これらに限定されません。

重視しているカテゴリー

レビュー間で一貫性を保ち、容易に比較できるようにするために、毎回同じテスト指標を用いて各VPNをレビューしています。確認している機能は以下です:

  • 購入とダウンロード

    VPNのレビューで最初に考慮するのは、支払いプロセスです。VPNが提供する最も包括的なプランを検討して購入し、提供すべき情報の量と、支払いオプションの数を確認しています。以下は注目している重要な点の一部です:

    • 広範な個人情報を提供する必要があるか(名前、住所、銀行口座情報)
    • 支払いオプションの数
    • ギフトカードや仮想通貨など、匿名決済が可能か
    • 支払いプロセス中に奇妙な点や障害があるか

    VPNはプライバシーやセキュリティのためのツールなので、最小限の情報のみで利用できなければなりません。追加の個人情報を求められる場合、その理由を評価し、正当性を見極めています。

  • 使いやすさとインストール

    VPNのインストールは、容易なものから専門知識を要する高度なものまで多岐にわたります。そのため、Windows、macOS、iOS、Android、Linuxなど、対応システムすべてにVPN をインストールし、設定を調整して特定のテストデバイスに対して適切に構成されていることを確認しています。以下の基準が考慮されます:

    • インストール、サインイン、接続の容易さ
    • 新規ユーザー向けの役立つガイドやオプションがあるか
    • ユーザーインターフェース(UI)が特に技術者以外のユーザーにとっていかに直感的に操作できるか

    また、一般的なシステムやブラウザ拡張機能への対応、一つのサブスクリプションで同時に保護できるデバイスの数も評価しています。

  • 速度と遅延

    VPNはデータを暗号化するため、VPNに接続すると、必ずベース速度に影響が生じます。速度低下を確認してベース速度と比較し、様々な最寄りのサーバーと遠く離れたサーバーでの速度低下率を導き出しています。以下を測定します:

    • ローカルサーバーとグローバルサーバーの速度 – 最寄りのサーバーと遠く離れたサーバーのダウンロードおよびアップロード速度を吟味します。サーバーが遠く離れているほど、速度低下はより顕著になります。
    • レイテンシ/ping値 – これは、アクションが登録されてネットワークホストに到達するまでにかかる時間を示します。多くの場合、ゲームなどのペースの速いタスクでは入力遅延として測定できます。
    • ストリーミングエクスペリエンス – 速度がどの程度安定しているかを確認します。多くの場合、これによっていかにスムーズにストリーミングできるかが決まります。人気のストリーミングプラットフォームにアクセスする際に、目立った不具合、バッファリング、中断がないかを確認します。

    あらゆるVPNで速度に影響が生じますが、最高のVPNでは影響を最小限に抑えられます。一般に、ベース速度の50%以内を維持できれば適切に機能しますが、テストした最高のVPNの中には、ベース速度の90%以上を維持できるものもあります。

  • サーバーネットワーク

    サーバーネットワークの判断材料は、利用可能なサーバーの数だけではありません。確かに広大なネットワークはVPNの性能を判断するうえで大きな要素となりますが、以下のようなより多くの側面に注目しています:

    • サーバーネットワークのカバレッジ – 可能な限り多くのユーザーが利用できるように、サーバーが世界中に分散されていなければ、たとえサーバーが数多くあってもあまり意味がありません。各VPNのネットワークを調べて、ネットワークの多様性や、最も需要の高い地域のカバレッジを確認します。
    • サーバーの種類 – 優れたVPNには通常サーバー以外のサーバーがあります。ストリーミング用に最適化されたサーバーや、制限のある地域で保護を強化するための難読化されたサーバーがあるかを確かめます。また、あらゆるサーバー、または一部のサーバーでトレントなどのP2P接続が可能かどうかも確認します。
    • サーバー負荷 – 様々な場所と時間で幅広い速度テストを実施し、ユーザーの需要を満たせるほど十分なサーバーがあるかを確認します。

    適切なサーバーの種類、世界的なカバレッジ、広大なサーバーネットワークがあることで、このカテゴリーにおいて、平均以上の優れたVPNとみなすことができます。

  • セキュリティとプライバシー

    VPN がデータをどのように保護し、プライバシーを確保しているかが注目点となるため、最も重要なカテゴリーです。VPNが安全に利用でき、個人データについて安心できるかを判断するために、次の基準に基づき評価しています:

    • 暗号化 – 安全な暗号化方式は多数ありますが、最高のVPNはAES 256ビット暗号化を採用しています。 この暗号化は大手金融機関や政府によって使用されていて、現在の技術では解読できないことが証明されています。
    • VPN プロトコル – VPNが提供するプロトコルを評価します。こうしたプロトコルは、速度、セキュリティ、対応プラットフォームが異なります。多くのの場合、OpenVPN(TCPおよび/またはUDP)、WireGuard、IKEv2が提供されています。PPTPやL2TPなどの古いプロトコルが使用されている場合、潜在的なセキュリティリスクの可能性があります。
    • DNS漏洩防止 – 漏洩テストを行い、現在地やデータの漏洩につながるような脆弱性がないかを確認します。
    • 難読化 – 弊社のグローバルチームが、制限や検閲のある地域でVPNをテストし、インターネットに自由にアクセスできるかどうかを確認しています。
    • 独立監査 – 最高のVPNは、プライバシーポリシーとセキュリティ標準を定期的に検証するために、外部企業による独立監査を受けています。
    • キルスイッチ – 優れたVPNには、VPNネットワークが停止または中断された際にインターネット接続を無効にするためのスイッチがあります。
    • スプリットトンネリング – この機能を利用すると、暗号化するアプリまたはブラウザインスタンスを選択できます。
    • プライバシーポリシー – 各VPNのプライバシーポリシーを読み、ユーザーデータやログが保持されていないことを確認します。また、プライバシーポリシーがいかにアクセスしやすいか、標準的な読者にとって理解しやすいかについても評価します。
    • 会社の管轄区域 – 企業の拠点によってプライバシー基準が直接左右されるわけではありませんが、情報共有アライアンス(5、9、14アイズ)のいずれかに拠点を置いているかどうかを確かめ、プライバシーに関する追加の措置が講じられているかを確認します。

    レビューする各VPNのセキュリティとプライバシーを包括的に評価するよう努め、VPNに存在する欠陥や矛盾を完全な透明性をもって指摘しています。

  • 価格設定

    各VPNの機能を調べて、設定価格に見合っているかを確認し、費用対効果があるかを判断します。

    最高のVPNの機能に注目することで、競合製品と相互比較し、評価できます。この評価では、ウイルス対策ソフトが売りにしている価格帯と、同じ価格帯の他製品と機能を比較しています。

    現在のセール、ディスカウント、サービスに基づき推奨事項をご提示し、お得かどうかを判断します。

    次に、返金制度や返金保証がある場合は、それについてテストします。いかに容易に返金をリクエストできるか、サポートへの連絡、フォームへの記入、メールの送信などが必要かどうかを確認します。プロセスが合理的で、追加のプランを強制せずに返金しているかを確かめます。

  • カスタマーサポート

    最高のVPNであっても、エラーや問題が発生したりする可能性があります。弊社は、利用可能なあらゆるプラットフォームを通じて各社のサポートチームに連絡し、迅速かつ包括的で、役立つ回答を得られるかを確かめています。

    メール、チケット、電話、ライブチャット、ソーシャルメディアなどの各サポート媒体を通じて問い合わせ、何度も連絡せずに役立つ回答をタイムリーに得られるかを確かめています。また、効率よく自己解決できるためのナレッジベースページやユーザーフォーラムの有無も確認しています。

    エクスペリエンスは異なる可能性があるため、一般的なユーザーエクスペリエンスをより理解するために、テストの際に複数回サポートに問い合わせています。

WizCaseは、オンラインプライバシー、セキュリティ、データ侵害に関する情報と洞察の提供に重点を置いたサイバーセキュリティ専門研究チームです。弊社は、VPN、ウイルス対策、パスワードマネージャー、ソフトウェア、ペアレンタルコントロールツールを厳密にテストおよび評価し、信頼できる最新のおすすめ情報をご提供しています。
ペアレンタルコントロール

ペアレンタルコントロールのテスト方法

ペアレンタルコントロールアプリは、オンライン上の危険かつ不適切なコンテンツから子どもを守りたい保護者にとって不可欠なツールです。レビューの際に2種類のアプリをテストしています。一つは保護者がデバイスに制限を設定できるもの、もう一つは子どものデバイスを監視し、保護者が安全なWebポータルで閲覧できるようにデータを編集するものです。

弊社は、必要なペアレンタルコントロールの種類にかかわらず、機能する必要があり、子どもたちが簡単にルールを回避できないことを理解しています。テストの際、アプリを購入して携帯電話にインストールし、制限の回避を試みます。また、質問がある場合はカスタマーサポートに問い合わせ、テストが完了したらアカウントを解約して返金を請求します。

以下の要素に基づき、ペアレンタルコントロールを評価しています

  • 購入とダウンロード - 5%

    テスター全員に対して、評価するペアレンタルコントロールアプリを購入するよう指示しています。偏見をなくすために、WizCase が提携しているペアレンタルコントロールでも、無料アカウントを利用していません。様々な支払い方法があるか、価格にすべて含まれているか、知っておくべき隠れたコストがあるかを確認します。

    次に、ユーザーアカウントを作成し、PC、AndroidまたはiPhoneにアプリをダウンロードします。実際に子どものデバイスにソフトウェアをインストールするレビュー担当者もいれば、自分のデバイスを使用してソフトウェアをテストするレビュー担当者もいます。以下は考慮する要素の一部です:

    • アプリはGoogleおよびApple アプリストアで入手できるか。入手できない場合はなぜできないか
    • 携帯電話を脱獄(iOS)または root化(Android)する必要があるか
    • 子どものデバイスで変更すべき設定について明示されているか
    • 子どもの携帯電話にアプリが表示されるか
    • メモリ容量を大量に必要とするか
    • 携帯電話のバッテリーを消耗するか

    0~10のスコアを割り当てます。この評価基準は評価全体の5%を占めます。

  • セットアップ - 10%

    アプリが子どものデバイスまたはテストデバイスにインストールされたら、ルールを設定する必要があります。まず、子どものプロファイルを作成し、それをメインアカウントにリンクさせます。 次に、Web上で保護者用のダッシュボードを開くか、携帯電話に保護者用のアプリをダウンロードして、子どものデバイスに適用するルールを作成し、そのプロセスを評価します。

    アプリを監視するだけのアプリでは、子どものプロファイルがメインアカウントにリンクされた後は、必ずしもセットアップが必要になるわけではありません。この評価基準は評価全体の10%を占めます。

  • 信頼性 - 30%

    信頼性はペアレントコントロールアプリのランキングにおいて重要な要素です。ユーザーは、子どもの携帯電話のセキュリティ設定を変更し、デバイスのGPS、連絡先、アプリ上に表示する機能などにアクセスできなければなりません。中には、子どもから収集したデータを取得し、最高額入札者に販売する不審なペアレントコントロールもあります。そのため、プライバシーポリシーを注意深く読み、子どものプライバシーとデータが販売されていないことを確認しています。

    次に、信憑性を確認します。 最高かつ最も重要な機能をすべて備えていると主張していても、それらが機能しなければ意味がありません。

    レビュー担当者に、ルールを破ったら何が起こるかを確認するように指示しています。つまり、ロックすべきときにデバイスを使用したり、フィルターを回避して不適切なコンテンツを表示しようとしたり、ブロックされるべきアプリを使用したりします。そして、ダッシュボードを確認し、こうしたアクション関するアラートが送信されたかどうかを確認します。

    ルールを回避できた場合、子どもがルールを回避できないようにするための方法があるかを確認します。例えば、ペアレンタルコントロールアプリが特定のブラウザでのみ動作することがわかった場合、監視できないブラウザをブロックするための機能があるかを確認し、その結果をレビューに記載します。

    機能の精度をテストします。 位置追跡やジオフェンスから、一般的なカテゴリーやキーロガーを備えたWebフィルター、ソーシャルメディアの監視に至るまで、機能の精度は監視プロセスの重要な部分です。保護者用のダッシュボードに送信されたデータが、子どもの携帯電話またはテスト用の携帯電話での操作と一致しているかについて常に確認します。

    アプリはリアルタイムで更新されるか、デバイスをロックした場合にすぐに有効になるか、それとも子どものデバイスに更新が反映されるまでに5分または10分かかるかどうかを確かめます。同様に、アプリに位置追跡機能がある場合、実際の位置情報が表示されるか、それとも数時間前の更新情報が表示されるかどうかも確認します。これは重要な点ですが、極端な場合、通知やアップデートの受信が遅れると、子どもの安全に大きな影響を与える可能性があります。

    こうしたカテゴリーの結果と、信頼性に関するその他の結果を組み合わせて、0~10 のスコアを割り当て、この評価基準は評価全体の30%を占めます。

  • 機能 - 40%

    ペアレンタルコントロールアプリに期待される機能は以下です。

    • Webフィルター: 様々なカテゴリーを調べて、あらゆる種類の不適切なコンテンツが網羅されているかを確認しています。カテゴリーの数はそれほど重要ではありません。より人目を引くように一つのカテゴリーが複数に分割されている場合もあるため、カテゴリーが60個あるアプリが、17個あるアプリよりも優れたフィルターを備えているとは限りません。フィルターがカスタマイズ可能かどうか、キーワードやフレーズのリストがあるか、ブロックリストまたは許可リストにURLを追加できるかどうかを確認します。
    • スクリーンタイムの制限: 子どもが1日に許可されるスクリーンタイムのルールを設定することは非常に重要です。柔軟なスケジュール設定、1日あたりの制限、スクリーンタイムのスケジュールの作成の有無を確認します。設定された時間に使用できるアプリやWebサイトについてのルールを設定できる場合、より優れています。
    • アプリ管理: 1日あたりのアプリの使用時間制限を設定したり、アプリを完全にブロックしたりするなど、アプリの利用に関するルールを設定できるか確認しています。
    • 位置追跡: テスト中に位置追跡機能を複数回チェックします。可能な場合は、携帯電話が指定されたエリアに出入りした際にアラートを送信するジオフェンスも作成します。目標は、容易にセットアップできるか、アラートがリアルタイムで送信されるか、それとも遅れて送信されるかを確認することです。最後に、位置履歴をチェックして、どのくらい前のデータが保存されているかを確かめ、精度を確認します。
    • ソーシャルメディア: 審査担当者にテスト中にソーシャルメディアを利用するように指示しています。様々なネットワークに対するアプリの監視レベルを理解することが重要で、コンテンツを認識できるか、アプリをブロックまたは制限するためのオプションがあるかを確認します。
    • アクティビティレポート: 保護者用のダッシュボードはアプリの中枢です。様々な機能をすべてリモートコントロールできるだけではなく、容易にデータを表示できなければなりません。項目が明確にわかるかを確認します。グラフやチャートがあることで情報がより分かりやすくなります。デバイスの使用時間やアクセスされたWebサイト、アプリの使用状況の詳細に関する情報、アラートが表示されるかを確認します。

    アプリの監視基準はやや異なり、子どものオンラインアクティビティを正確に把握するためにインストールされています。子どもに行動の変更を強制するようなフィルターや制限はありません。

    • キーロガー: ログを調べて、どの程度機能するかを確認します。あらゆるアプリとブラウザでのキー操作が記録されているか、未送信のメールやテキストメッセージの内容が表示されるかを確かめます。
    • スクリーンショット: スケジュールに従ってスクリーンショットを撮れるか、または新しいアクションごとにスクリーンショットを撮るかどうかにかかわらず、機能が適切に動作していることを確認する必要があります。
    • 通話とメッセージの監視: 一部の監視アプリでは通話を録音できますが、それ以外では通話記録と連絡先情報の保存のみが可能です。機能が確実に動作することを確認します。通話を録音できる場合は、通話内容を聞いて質を確認します。また、VoIPアプリを通じて発信し、監視されているかを確かめることで制限の回避を試みます。
    • メッセージ監視でも、SMS、iMessage、その他のインスタントメッセンジャープラットフォームを記録できるかを確認します。
    • レポート: 監視アプリは非常に多くのデータを収集するため、データを整理して重要な情報を見つけるのが難しい場合があります。ダッシュボードを調べて、ログやスクリーンショットをすぐに見つけられるか、それとも何百ものログを確認する必要があるかを確認します。優れた監視アプリには、問題のあるデータを強調表示して迅速にアクセスできるアラートシステムが備わっています。

    上記は、ペアレンタルコントロールアプリと監視アプリの主な機能の一部です。追加機能があるとなおよく、評価が上がります。動作する強力な機能を備えていることは、ペアレンタルコントロールアプリに求める最も重要な側面です。そのため、評価全体の40%を占めます。

  • 価格設定と返金 10%

    レビュー担当者は、最終的な月額や年間料金以外についても評価するよう訓練されていて、サブスクリプションパッケージに付属されているあらゆる機能と追加機能を考慮しています。次に、同様のアプリと比較した際の費用対効果を評価します。

    お金を払うとより優れたペアレンタルコントロールツールを入手できるため、より高価なツールの方が安価なツールよりも評価が高い可能性があります。

    パッケージに含まれるものについても確認しています。監視できるデバイスの数や、PCまたはモバイルデバイスでのみ動作するのか、それともあらゆる主要なプラットフォームに対応しているかを確認します。

    ペアレントコントロールアプリのテストが終了すると、アカウントを解約し、返金をリクエストします。理由を尋ねられた場合、他のユーザーと同様の対応を受けるために、レビュー用にテストしたためとは答えません。返金をリクエストするために必要な手順を確認し、アカウント設定ダッシュボードを使用した場合でも、カスタマーサポートに体験談を伝えた場合でも、返金されるまでにかかった時間を記録します。

    価格設定と返金は評価全体の10%を占めます。

  • サポート - 5%

    レビュー担当者に、カスタマーサポートスタッフに連絡し、機能、技術的な問題、アカウント管理について質問するよう指示しています。チャットがボットによって処理されているのか、それとも実際の人間によって処理されているのかを確認します。チャットオプションがない場合は、メールを送信し、回答の質と応答時間に基づきスコアを割り当てます。

    また、FAQ セクションを調べ、利用可能な場合は動画チュートリアルを視聴したり、カスタマーフォーラムを読んだりし、問い合わせずに質問に対する回答を見つけられるかを確認します。

    優れたカスタマーサービスは大きな利点ですが、ペアレンタルコントロールアプリを選ぶ際に、カスタマーサービスによって大きく左右されるわけではありません。そのため、評価全体の5%のみを占めます。

    最終スコアまたはペアレンタルコントロール
    包括的なテストプロセスの最後に、すべての結果を吟味して総合スコアを計算します。前述したように、各カテゴリーが評価全体に対して占める割合は異なります。

    購入とダウンロード: 5% 機能: 40%
    セットアップ: 10% 価格設定と返金: 10 %
    信頼性と使いやすさ: 30% サポート: 5%

    レビューには各カテゴリーのスコアと体験が明記されているため、評価について理解いただけます。総合評価はレビューの一番上に表示され、スコアが 9.0 以上であれば、優れた製品で、各テストにおいて良いスコアを獲得しています。スコアが8.0以上の場合、アプリは動作しますが、おそらく一部の機能が欠けています。

    スコアが7.9以下のペアレンタルコントロールアプリはお勧めしません。こうしたアプリはあまりうまく動作しないか、セキュリティ上の問題がある可能性があるか、バックアップを行わないと強く主張しています。こうした場合、弊社のサイトにある他のレビューを確認し、関連するページに移動することをお勧めしています。

WizCaseは、オンラインプライバシー、セキュリティ、データ侵害に関する情報と洞察の提供に重点を置いたサイバーセキュリティ専門研究チームです。弊社は、VPN、ウイルス対策、パスワードマネージャー、ソフトウェア、ペアレンタルコントロールツールを厳密にテストおよび評価し、信頼できる最新のおすすめ情報をご提供しています。
パスワードマネージャー

パスワードマネージャーのテスト方法

パスワードマネージャーのパフォーマンスを評価するために、一連のテストを行い、各パスワードマネージャーがいかに安全で信頼性があり、使いやすいかを判断します。こうしたテストには、自動入力機能やプライバシーおよびセキュリティ機能の評価に加え、ユーザーインターフェースに使いにくいオプションや欠けているオプションがあるかを確認していますが、これらに限定されません。優れたパスワードマネージャーは、数多くのサイトやユースケースのパスワードを安全かつ容易に保存できなければなりません。

重視しているカテゴリー

レビュー間で一貫性を保ち、容易に比較できるようにするために、毎回同じテスト指標を用いて各パスワードマネージャーをレビューしています。確認している機能は以下です:

  • 購入とダウンロード

    特定のパスワードマネージャーの主な機能を評価する前に、いかに効率よくサインアップ、支払い、インストールできるか、安全であるかを評価します。利用可能な最も包括的なプランを購入し、遭遇した問題をすべてメモします。 以下について着目しています:

    • 支払いの際に隠れたコストやアップセルがあるか
    • 支払いオプションの数
    • ギフトカードや仮想通貨など、匿名決済が可能か
    • 余分な個人情報の提供を要求されるか

    パスワードマネージャーに完全な匿名性は期待されていませんが、匿名でサインアップでき、個人情報を保護できるかが貴重な判断材料となります。追加の個人情報の提供を要求された場合、その要求の理由を評価し、その正当性を見極めます。

  • 使いやすさとインストール

    豊富な専門知識がなくても容易にインストールできなければなりません。対応デバイスすべて(Windows、macOS、Android、iOS、Linus)にインストールして評価し、どの程度の専門知識が必要かを確認します。正確な結果が得られるように、必要に応じてシステムとオペレーティングシステムに基づき設定を調整している他、以下の基準についても考慮しています:

    • アプリケーションと必要なブラウザ拡張機能をいかに容易にインストールできるか
    • 安全なマスターパスワードを作成するための便利なツールやガイドがあるか
    • 新規ユーザー向けの解説ガイドや動画があるか
    • ユーザーインターフェースを操作してボールトに容易にアクセスできるか、それともアクセスが困難か

    利用可能なデバイスの制限や一つのサブスクリプションでのサブアカウント作成の上限などの制限も確認します。

  • ボールトのセキュリティと暗号化

    最高のパスワードマネージャーは、貴重なパスワードと個人データを安全に保ちます。以下のような保護機能について確認しています:

    • 暗号化 – 各パスワードマネージャーが提供する暗号化レベルを調べます。AES-256ビット暗号化が標準です。
    • 2段階認証(2FA) – 認証方法をすべてテストし、認証方法が複数あるかを確認します。
    • プライバシー対策 – 最高のパスワードマネージャーは、ログを一切保持せず、ゼロ知識アーキテクチャを採用しているため、個人データが保持されることは決してありません。
    • アカウントの回復 – アクセスできない場合や、マスターパスワードを忘れてしまった場合のアカウントの回復オプションについて確認します。

    上記のオプションの一部またはすべてがある場合、このセクションにおいて高く評価される可能性があります。

  • 必須機能

    このセクションでは、各パスワードマネージャーの主な機能を評価し、それが効果的かつ意図したとおりに機能するかを確認します。こうした機能には以下が含まれますが、これらに限定されません:

    • パスワードの生成 – 新しい安全なパスワードをいかに容易に生成できるかを確認します。
    • パスワードストレージ – 優れたパスワードマネージャーには、無制限のストレージ、フォルダーオプション、ファミリープラン用のアカウント共有ツールが備わっている必要があります。
    • 自動入力 – オンライン上でパスワードマネージャーを容易に利用できなければなりません。広く使用されているサイトをチェックし、パスワードマネージャーでパスワードや機密情報をいかに効率よく自動入力できるかを確認します。
    • パスワードの変更 – 自動またはワンクリックのパスワード変更機能をテストし、宣伝どおりに機能するかを確認します。

    強力なパスワードマネージャーは、上記4つのカテゴリーすべてにおいて優れていなくても、少なくとも3つにおいて優れている必要があります。一部のパスワードマネージャーは特定の領域を重視していますが、各パスワード マネージャーに上記カテゴリーの基本機能が含まれている必要があります。

  • 価格設定

    各パスワードマネージャーが提供する機能を調べて、設定価格に見合っているかを確認し、費用対効果があるかどうかを判断します。

    最高のパスワードマネージャーを調べることで、競合製品と相互比較し、評価できます。この評価では、パスワードマネージャーが売りにしている価格帯と、同じ価格帯の他製品と機能を比較しています。

    現在のセール、ディスカウント、サービスに基づき推奨事項をご提示し、お得かどうかを判断します。

    次に、返金制度や返金保証がある場合は、それについてテストします。いかに容易に返金をリクエストできるか、サポートへの連絡、フォームへの記入、メールの送信などが必要かどうかを確認します。プロセスが合理的で、追加のプランを強制せずに返金しているかを確かめます。

  • カスタマーサポート

    最高のパスワードマネージャーであっても、エラーや問題が発生したりする可能性があります。弊社は、利用可能なあらゆるプラットフォームを通じて各社のサポートチームに連絡し、迅速かつ包括的で、役立つ回答を得られるかを確かめています。

    メール、チケット、電話、ライブチャット、ソーシャルメディアなどの各サポート媒体を通じて問い合わせ、何度も連絡せずに役立つ回答をタイムリーに得られるかを確かめています。また、効率よく自己解決できるためのナレッジベースページやユーザーフォーラムの有無も確認しています。

    エクスペリエンスは異なる可能性があるため、一般的なユーザーエクスペリエンスをより理解するために、テストの際に複数回サポートに問い合わせています。

WizCaseは、オンラインプライバシー、セキュリティ、データ侵害に関する情報と洞察の提供に重点を置いたサイバーセキュリティ専門研究チームです。弊社は、VPN、ウイルス対策、パスワードマネージャー、ソフトウェア、ペアレンタルコントロールツールを厳密にテストおよび評価し、信頼できる最新のおすすめ情報をご提供しています。
ソフトウェア

ソフトウェアのテストおよびレビュー方法

多くのソフトウェア会社が、自社の製品が最高であると主張しています。そのため、目標はこうした主張に何らかの根拠があるかどうかを調べることです。以下の方法を用いて、製品をテストしてスコアを決定しています。

  • ダウンロード、インストール、アカウントの作成

    これは明らかに最初のステップです。各ページのタイトルが「ソフトウェアを無料でダウンロードするための方法」なので、公式ソフトウェアを無料で合法的にダウンロードするための方法を調べます。完全無料の場合もあれば、無料トライアルや返金保証がある場合もあります。無料で試すための方法が見つからない場合は、レビューしません。

    次に、ソフトウェアをダウンロードおよびインストールするために実行した正確な手順を記載します。読者が手順を見逃して購入ページにたどり着かないように、関連するスクリーンショットを含めています。

  • 機能

    ソフトウェアのWebサイトを調べて、ダウンロードしたソフトウェアにどのような機能が含まれているかを確認します。多くの場合、無料版または無料トライアル版では一部の機能にアクセスできません。無料版に含まれていない機能をレビューする場合は、それについて明記しているため、実際に利用された際に、驚いたりがっかりしたりすることはありません。

    ソフトウェアレビューの多くで、読者にとって最も重要だと思われる主な機能を3 、4個取り上げます。機能について説明するために、可能な限り多くのスクリーンショットを掲載しています。

    これはレビューの最も重要な側面で、最も重要です。主に、無料または無料トライアル版で利用できる機能に焦点を当てています。無料トライアル版の場合、無料の機能が確実に役立つかを確認します。もう一つの大きな要素は、機能がいかにうまく機能するか、使いやすいかどうかです。

    当社のレビューチームは、使いやすさは製品によって異なることを理解しています。例えば、レベルの高いコーディングプラットフォームは、コーディングの未経験者向けにデザインされていないため、より複雑であることが多いです。

  • アンインストール

    テストが終了したら、PCからソフトウェアをアンインストールします。スクリーンショットを用いてプロセスを文書化します。無料トライアルを有効にするためにアカウントを作成するか、クレジットカード情報を追加する必要がある場合は、アカウントを解約し、トライアル期間の終了時に不要な請求を回避します。

    ソフトウェアのダウンロードの最終スコア

    ダウンロードとレビューが完了すると、0~10 のスコアで評価します。各セクションにスコアを割り当てるのではなく、ソフトウェアの総合スコアを一つのみ割り当てます。

    透明性と誠実さへの取り組み

    WizCaseは、幅広いサイバーセキュリティ、ペアレンタルコントロール、ウイルス対策ソフト、ダウンロード可能なソフトウェアに関する正直なレビューを読者に提供することに誇りを持っています。弊社の使命は明確さで、ソフトウェアのレビューと評価を個人的な偏見やアフィリエイト手数料によって決定することはありません。

    ソフトウェアは特定の環境やデバイスでは異なる反応を示し、頻繁に更新されることを理解しています。したがって、読者にフィードバックを奨励し、受け取ったコメントに基づいて評価を更新または変更しています。

  • 比較投稿でソフトウェアをランク付けする方法

    WizCaseのブログには、最高の無料PDFエディターとパスワードマネージャー、デジタル編集ソフトなど、数多くの比較記事が掲載されています。こうしたランキングは、アフィリエイトが支払っている手数料や、レビュー担当者によるランダムな選択に基づいてはいません。レビュー担当者は、各ソフトウェアをダウンロードしてテストし、正直にランク付けしています。

    以下の基準に基づき製品をテストしてスコアを決定しています。

  • オファー

    弊社の比較ページの多くには「最高の無料…」というタイトルが付いているため、「なぜ最高の製品がお金のかかるのか?」といったコメントが多く見られるのも無理はありません。その答えはシンプルで、無料オプション、無料トライア