ExpressVPN vs CyberGhost 2024: 本当に最高なのはどちら?

ダニエル・ナイト
ダニエル・ナイトが3月 26, 2024に更新

ExpressVPNとCyberGhostは、高速かつ強固なセキュリティ機能を備えた強力な VPNなので、どちらを選べばいいか迷ってしまいます。情報に基づき意思決定いただけるように、ストリーミング、ゲーム、トレント、セキュリティ機能、プライバシー保護を含む13のカテゴリーに基づきExpressVPNとCyberGhostを徹底的にテストしました。

テストした結果、ExpressVPNがほぼあらゆるカテゴリーにおいて CyberGhostを上回っていました。常に優れた速度を得られ、より多くのストリーミングサービスを利用できる他、高度なセキュリティ機能があるため、高帯域幅のアクティビティや機密データの保護に最適です。

ExpressVPNをノーリスクで試せます。あらゆるプランに30日間の返金保証があるので、適していなかった場合は全額返金してもらえます。実際に試したところ、ライブチャットを通じてサブスクリプションを解約してから3日後に返金されました。

ExpressVPNをノーリスクで試しましょう!

お急ぎですか?以下の概要をご覧ください

ExpressVPN Logo.
CyberGhost Logo
価格 $6.67/月 (サブスクリプションプラン:15か月) $2.03/月 (2年間のサブスクリプションの場合さらに4か月の無料)
ストリーミング Netflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、Disney+、BBC iPlayer、ESPN、DAZNなど Netflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、Disney+、ESPN、DAZNなど
サーバー  105ヶ国に3000台  100ヶ国に11.800台
速度 最寄りのサーバー: 94 Mbps (ベース速度から6%低下) 最寄りのサーバー: 78 Mbps (ベース速度から22%低下)
遠く離れたサーバー: 88 Mbps (ベース速度から12%低下) 遠く離れたサーバー: 63 Mbps (ベース速度から37%低下)
セキュリティ
  • TrustedServerテクノロジーを用いたRAMベースのサーバー
  • Lightway、OpenVPN、L2TP/IPSec、IKEv2プロトコル
  • 自動キルスイッチ
  • AES 256ビット暗号化
  • DNS/IPV6 漏洩防止機能
  • スプリットトンネリング
  • RAMベースのサーバーのみ
  • WireGuard、OpenVPN、L2TP/IPSec、IKEv2 プロトコル
  • 自動キルスイッチ
  • AES 256ビット暗号化
  • DNS/IPV6 漏洩防止機能
  • スプリットトンネリング
  • NoSpyサーバー
  • 組み込みの広告およびマルウェアブロッカー
トレント
  • 105ヶ国にあるサーバーすべてがP2Pに対応
  • 5.2 GBのトレントファイルを5分でダウンロード
  • 100ヶ国にP2P用に最適化されたサーバーがある
  • 5.2 GBのトレントファイルを7分でダウンロード
中国 中国で確実に機能する 中国では機能しない
ゲーミング
  • 最寄りのサーバーと遠く離れたサーバーでのping値が低い
  • ポート転送によりより高速にゲーミング可能
  • 最寄りのゲーム サーバーではping値が低いが、遠く離れたサーバーでは100ミリ秒を超える
  • ゲーム用に最適化されたサラグなしでゲーミング可能
対応デバイス Windows、macOS、Linux、Android、iOS、Amazon Fire TV、Chromecast、スマートテレビ、Xbox、PlayStation、ルーターなどに対応 Windows、macOS、Linux、Android、iOS、Amazon Fire TV、Chromecast、Android TV、Xbox、PlayStation、ルーターなどに対応
ルーターファームウェアを利用可能  ルーターには手動設定が必要
会社の管轄区域 イギリス領ヴァージン諸島(5/9/14アイズの管轄外) ルーマニア(5/9/14アイズの管轄外)
プライバシーポリシー Cure53、KPMG、PwCによって検証済みのノーログポリシー  Deloitteによって検証済みのノーログポリシー
支払いと返金 クレジットカード、プリペイドカード、PayPal、QIWI、仮想通貨などで決済可能 クレジットカード、PayPal、QIWI、仮想通貨などで決済可能
30日間の返金保証 45日間の返金保証
 返金に3日かかる  返金に5日かかるs
カスタマーサポート 年中無休の迅速なライブチャットとメールサポート、トラブルシューティング ガイドを含むナレッジベース、よくある質問 年中無休の迅速なライブチャットとメールサポート、トラブルシューティングガイド、チュートリアル

1. 価格 – CyberGhostの長期プランにはより費用対効果がある

CyberGhost の長期プラン (2年間のサブスクリプションの場合さらに4か月の無料) 月額$2.03で最も安価です。ExpressVPN の最も安価なプラン (サブスクリプションプラン:15か月) の月額料金$6.67の半分以下です。つまり、CyberGhostの2年間の料金がExpressVPNの1年間の料金のほぼ半分です。

 ExpressVPN  CyberGhost
最も安価なプラン $6.67/月 (サブスクリプションプラン:15か月) $2.03/月 (2年間のサブスクリプションの場合さらに4か月の無料)
無料トライアル 7日間 (Androidのみ) 7日間 (iOS)、3日間 (Android)、24時間(Windows & macOS)
返金保証 30日間 45日間

ExpressVPNとCyberGhostの1ヶ月プランは似たような価格で、かなり高価ですが、 月額が最も安価なVPNの一つです。ただし、CyberGhostは、以下の追加機能を無料で利用できます (2年間のサブスクリプションの場合さらに4か月の無料) :

  • 500 GB pCloudストレージ (1年)
  • Privacy Guardへのアクセス (Windowsの場合)

どちらも無料トライアルを利用できます。ExpressVPNの無料トライアルはAndroidのみが対象です。Google Playストアから利用できるので、Androidアプリからのみ入手できます。アプリ内の指示に従いながらアカウントを作成し、サブスクリプションを選ぶように求められたら「7日間の無料トライアル」を選択してください。

CyberGhostにはiOS (7日間)、Android (3日間)、macOSと Windows (1日間) 用の無料トライアルがあります。それぞれのアプリおよびアプリストアを通じてサインアップしてください。アプリ内の指示に従い、無料トライアルを開始できます。

それでも、それぞれの返金保証を利用してノーリスクで試すことをお勧めします。より多くの時間をかけて試せるだけではなく、あらゆる機能にアクセスできます。CyberGhostの長期プランには返金保証期間がさらに長く、45日間あります。一方、ExpressVPNは30日間です。

価格で優れているのは: CyberGhost

2. ストリーミング – ExpressVPNではストリーミングサイトに確実にアクセス可能

ExpressVPNはストリーミングにおいてCyberGhostよりも優れています。より高速なため、より多くのNetflixライブラリとストリーミングサイトで質の高いストリーミングを楽しめます。

様々な国にいるチームメンバーとともにテストした結果、ExpressVPNとCyberGhostで、以下のNetflixライブラリで遅延せずに 高画質でストリーミングできることがわかりました:

  • ExpressVPN: オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、リヒテンシュタイン、マケドニア、マルタ、モナコ、モンテネグロ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、イギリス、アメリカ
  • CyberGhost: オーストラリア、ブラジル、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、オランダ、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、イギリス、アメリカ

その他の人気のあるプラットフォームに関しては、ExpressVPNとCyberGhostはほぼ同等です。どちらも以下のサービスで動作します:

Amazonプライムビデオ (アメリカ & イギリス) Disney+ (あらゆる国) Max (HBO Max)
Hulu YouTube TV Sling TV fuboTV Peacock TV
Showtime Discovery+ Crunchyroll Philo Paramount+
BBC iPlayer Channel 4 (All 4) BritBox Sky Go ITVX
Vudu  ESPN+ Hotstar Rai Play DAZN
CBC Gem Canal+ France TV Globo Yle

重要! 理論上、ExpressVPNまたはCyberGhostを利用して放送地域外からこうしたプラットフォームにアクセスできますが、これはストリーミングサービスの利用規約に違反し、著作権侵害となる可能性があります。

ExpressVPNで容易に様々なプラットフォームからストリーミングできました。機能するサーバーを見つけるためにサーバーを切り替えるのに時間を費やす必要はありません。一方、CyberGhost では、イギリスにある最適化されたサーバーでもITVXとAll 4の視聴で問題が生じました。

また、CyberGhostではストリーミングサーバーが時々混雑し、接続できなかったり、速度低下したりすることがありました。また、一部の動画の開始時に時折バッファリングが生じることもありました (特に遠く離れたサーバーで)。最寄りのサーバーは問題なく機能し、ほぼあらゆる番組や映画を目立った遅延なく視聴できました。

ExpressVPNでは、ストリーミングがスムーズかつ安定していて、どのサーバーに接続してもバッファリングは生じませんでした。

ストリーミングで優れているのは: ExpressVPN

3. サーバー – CyberGhostはサーバーの数がより多いが、ExpressVPNはより様々な場所にある

どちらも印象的なサーバーネットワークがあり、世界中のサーバーにアクセスできます。CyberGhostは、世界に11.800台のサーバーがあります。一方、ExpressVPNは、CyberGhostと比べてサイバーの数は少ないですが、幅広い地域にあり、105ヶ国にあります。しかし、各国で利用できるサーバーの数の一覧がなく、少し残念です。対照的に、CyberGhostにはサーバーの完全な内訳一覧があるだけではなく、サービスを提供している国ごとにサーバーが4台以上あります。

ExpressVPN CyberGhost
サーバーの数 3000+ 11.800+
サーバーの国 105 100
サーバーの場所 150+ 110+

CyberGhostにはサーバーが豊富にあり、特定の地域に接続するのに最適です。これは、ジオブロックを回避して、元のコンテンツライブラリにアクセスしたい場合に非常に便利です。 サーバーの数が多いほど、各接続でのユーザートラフィック数が少ないため、輻輳による速度低下が減ります。

ExpressVPNはストリーミングにより適していて、あらゆる場所から高速で接続できます。また、CyberGhostでは利用できないロシア、トルコ、スリランカ、ネパールなどにもサーバーがあります。高速でストリーミングしてグローバルコンテンツに確実にアクセスするには、ExpressVPNがお勧めです。

サーバーで優れているのは: 同等

4. 速度 – ExpressVPNは影響が最も少ない最速VPN

ExpressVPNとCyberGhostの速度を最寄りのサーバーと遠く離れたサーバーでテストしました。ExpressVPNでは遠く離れたサーバーでも常に高速かつ安定した接続を得られました。CyberGhostでは最寄りのサーバーでは優れた速度を得られましたが、遠く離れたサーバーに接続すると速度が大幅に低下しました。

ベース速度100 Mbpsで速度テストを行い、比較しました。また、各VPNで利用可能な最速のプロトコルを使用しました:

  • ExpressVPNではLightway
  • CyberGhostではWireGuard

ExpressVPNの速度テストの結果

アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、日本などで10台以上の ExpressVPNサーバーをテストしました。最寄りサーバーでは平均速度が約94 Mbpsでした。15,000 km離れたサーバーに接続している場合でも、速度が85 Mbpsを下回ることはありませんでした。そのため、遅延やバッファリングせずにオンライン上でゲームをストリーミング、トレント、プレイできます。

グローバルサーバーでのExpressVPN速度テストの例

ExpressVPNの高速サーバーはストリーミング、ゲーム、トレントなどに最適です

ExpressVPNを利用してオンライン上で安全を確保祖ながらWeb閲覧、オンラインバンキング、ネットショッピングした際、非常にスムーズに接続でき、まるで VPN を全く利用していないかのようでした。YouTubeで超高画質の動画を視聴ましたが、バッファリングは全く生じませんでした。

CyberGhostの速度テストの結果

公平に比較するために、ExpressVPNと同じ場所でCyberGhostのサーバー速度をテストしました。イギリスとヨーロッパのローカルサーバーは良好で、アメリカでも75 Mbps以上の速度を得られました。

Cyber​​Ghost サーバー ネットワークは世界中で超高速接続を提供します
CyberGhosの速度はサーバーの距離によって左右されますが、高速です

ただし、オーストラリアのサーバーに接続すると急激に速度低下し、ベース速度からほぼ37%減速しました。一方、ExpressVPNではベース速度から13%しか減速しませんでした。また、CyberGhostでは遠く離れたサーバーとの接続の確立にかなりの時間がかかり、40秒以上かかることもありました。

以下は、ExpressVPNとCyberGhostで行ったその他の速度テストの結果です:

サーバーの場所 ExpressVPN CyberGhost
シカゴ、アメリカ 94.3 Mbps 71 Mbps
モントリオール、カナダ 92.7 Mbps 68.7 Mbps
ブラジル 89.4 Mbps 66.9 Mbps
パリ、フランス 93.2 Mbps 72.3 Mbps
フランクフルト、ドイツ 89.3 Mbps 62.4 Mbps
ミラノ、イタリア 91.1 Mbps 52.1 Mbps
ブリスベン、オーストラリア 93.3 Mbps 59.3 Mbps

速度で優れているのは: ExpressVPN

5. セキュリティ – 両方のVPNに優れた保護機能がある

ExpressVPNとCyberGhostはどちらも、サーバーに接続している際に可能な限り最高のセキュリティを実現できるように最適化されています。ExpressVPNには様々なプロトコルがあるため、暗号化のレベルと速度をカスタマイズできます。CyberGhostは、基本的なマルウェアおよび広告ブロック機能の他、あらゆる場所から容易にアカウント認証を行える専用(または静的)IPアドレスがあります。

 ExpressVPN  CyberGhost
暗号化 4096ビットRSAキーを使用したAES-256暗号化および SHA-512 HMAC認証 4096ビットRSAキーを使用したAES-256暗号化とSHA-256ハッシュ認証
VPNプロトコル Lightway (UDPおよびTCP)、OpenVPN (UDPおよびTCP)、IKEv2  WireGuard、OpenVPN (UDPおよびTCP)、IPSec (IKEv2)
キルスイッチ
漏洩防止
マルウェア/広告ブロッカー  Threat Manager — Windows、Mac、Linux、Android、iOS用のマルウェアブロッカー Windows、Mac、Android用の広告およびマルウェアブロッカー
 マルチホップ/ダブルVPNサーバー
 Onion over VPNのサポート
専用IPアドレス
(追加料金で利用可能)
 RAMベースのサーバーのみ

暗号化標準

ExpressVPNとCyberGhostには、最高レベルの暗号化機能があります。どちらも、銀行やアメリカ軍が機密情報を保護するために使用しているAES-256ビットの暗号化を用いているため、ブルートフォース攻撃を成功させるのに数十億年かかるでしょう。こうしたレベルの高い暗号化を用いて接続を保護することで、オンライントラフィックの安全を確実に守れ、安心できます。また、どちらのVPNでも4096ビットのRSAキーでトラフィックが公開されるのを防げますが、ExpressVPNには暗号化ブロックチェーンが実装されているため、さらに一歩進んでいます。暗号化ブロックチェーンは、VPN接続を覆い隠すのに役立ち、サイバー犯罪者や詮索好きな人にオンラインアクティビティを追跡されるのをさらに防げます。

暗号化プロトコル

ExpressVPNとCyberGhostはどちらも、OpenVPNおよびIKEv2プロトコルを使用しています。OpenVPNはセキュリティと速度の業界標準で、IKEv2はモバイルデバイスに最適です。自宅のWiFiから4Gに移行するなど、ネットワークを変更する際に素早く再接続できます。

通常、ExpressVPN独自のプロトコル、Lightwayを使用して接続しています。LightwayはExpressVPN専用で、レベルの高いセキュリティ対策と超高速を維持できる軽量なプロトコルです。Lightwayを使用すると、常に速度が105Mbpsを超えました。また、ExpressVPNはL2TP/IPsecも備えています。L2TP/IPsecは、セキュリティが弱いですが、接続中に匿名性を維持し、速度を向上できるので、速度が遅く、機密データを送受信していない場合に適しています。

CyberGhostにはWireGuardプロトコルがあります。WireGuardは、わずか4,000行のコードなので(一方、OpenVPNは70,000行)非常に軽量で、問題が発生した場合に容易にデバッグできる一方、非常に高速なため、ストリーミングやトレントに最適です。

リーク保護

最高の暗号化機能を利用しても、データが漏洩する可能性があり、ハッカーやWebトラッカー、その他の悪意のある人など、監視している人にオンラインアクティビティを見られる恐れがあります。

幸い、ExpressVPNとCyberGhostでは、最も一般的なリーク(IPアドレス、DNS、IPV6)から保護できます

米国のサーバーに接続している間に ExpressVPN が IP、WebRTC、および DNS リーク テストに合格した場合のスクリーンショット

ExpressVPNで個人データの漏洩を自動的に防げました

どちらのVPNもリーク保護がすでに有効になっているため、有効にする必要がなく、すぐにデータを保護できました。両方のVPNで複数のリークテストを実行したところ、個人データが常に保護されていました

米国のサーバーに接続され、IPリークテストに合格したCyberGhostVPNのスクリーンショット

CyberGhostに接続した際、個人データのセキュリティについて心配する必要はありませんでした

マルウェア/広告ブロッカー

CyberGhostのみにマルウェアおよび広告ブロッカーがあり、プライバシー設定画面から手動で有効にできます。マルウェアおよび広告ブロッカーで、広告、トラッカー、マルウェアに使用されているDNSドメインがデバイスに読み込まれるのを防げます。

CyberGhostのパフォーマンスにほぼ満足しましたが、改良の余地があるかもしれません。例えば、YouTubeに掲載されている広告は、デバイスのセキュリティを脅かさないため、ブロックされません。また、脅威が検出されても、マルウェアがデバイスにダウンロードされるのを防ぐことはできません。CyberGhostの悪質なコンテンツのブロック機能は、全く保護しないよりはましですが、完全なセキュリティ対策のためには、より高度なマルウェアブロッカーの利用を検討することをお勧めします。

専用サーバー

CyberGhostには、特にストリーミング、ゲーム、トレント用にデザインされた専用サーバーが多数あります。専用サーバーには追加のセキュリティ機能はありませんが、ストリーミングやゲーミング、トレント中に可能な限り最高のパフォーマンスを得られるように最適化されています。

また、CyberGhostでは追加料金を支払うと専用IPアドレスも利用できます。 静的IPアドレスは接続するたびに変更されないため、定期的に利用するアカウントの承認(2要素認証など)やCAPTCHAをバイパスするのに役立ちます。

両方のVPNでスプリットトンネルを利用でき、VPN接続をバイパスするアプリやWebサイトを選べます。これは、一つのサイトまたはサービスを暗号化しながら、ローカル接続を他の目的に利用したい場合に役立ちます。例えば、スプリットトンネルを用いて、Netflixをストリーミングしながら、暗号化された接続を通じてオンラインバンキングを安全に利用できます。

サーバーセキュリティ

ExpressVPNとCyberGhostでは、データセキュリティを最大限に確保するためにRAMベースのサーバーが利用されています。RAMベースのサーバーでは、データがディスクに書き込まれず、サーバーがスケジュールに従って再起動されるまで一時的に保持されます。サーバーの電源を切ると、データがすべて消去されるので、個人データがログに記録されたり保存されたりすることはありません。

ExpressVPNは信頼性のある第三者からサーバーをレンタルしていますが、CyberGhostには、ルーマニアにあるCyberGhostが所有および運営しているNoSpyサーバーがいくつかあります。NoSpyサーバーでは、第三者に干渉されるリスクがないため、セキュリティをより強化できますが、接続時に大幅な速度低下(60%近く減速)が生じたため、妥協しなければならない点もあります。

触れる価値のある最後のセキュリティ機能の一つは、ExpressVPNとCyberGhostの両方にNATファイアウォールがあることです。ルーターにすでにNATファイアウォールが実装されていますが、デバイス固有のパケットを区別できないため、利便性にやや限りがあります。一方、ExpressVPNとCyberGhostのファイアウォールでは、こうしたパケットを復号化して関連するデバイスに送信し、疑わしいパケットを破棄できます。トップレベルのセキュリティ対策を実現するには、OSレベルまたはウイルス対策ソフトウェアのファイアウォールが必要ですが、VPNの保護機能も不可欠です。

セキュリティで優れているのは: 同等

6. トレント — ExpressVPNではあらゆるサーバーでトレント可能

CyberGhostには最適化されたサーバーがありますが、ExpressVPNは高速なため、頻繁にトレントする場合に最適です

ExpressVPNとCyberGhostは、BitTorrent、uTorrent、qBittorrent、Vuzeなどの主要なトレントクライアントで動作します。軍用グレードの暗号化と漏洩防止機能により、トレントアクティビティの安全と匿名性を保てます。また、両方のVPNに、サーバー接続が切断された際にデータ漏洩を防ぐためのキルスイッチがあります。

あらゆるExpressVPNサーバーで高速トレントが可能

ExpressVPNでは、あらゆるサーバーでP2P ファイルを転送できます。トレントのために可能な限り最高接続を得るために、最寄りのサーバーに接続することをお勧めします。「スマートロケーション」機能を利用して接続したところ、uTorrent経由で5 GBのファイルを速度94 Mbpsで5分でダウンロードできました。

CyberGhostにはトレント専用のP2Pサーバーがある

CyberGhostでは最適化されたP2Pサーバーを利用でき、トレントにも優れていますが、遠く離れたサーバーでは速度低下する可能性があります。最寄りのサーバーでもExpressVPNほど高速ではありません。現在地に最も近いCyberGhostのトレント用に最適化されたサーバーに接続したところ、同じ5 GBのトレントファイルを速度81 Mbpsで約 7 分でダウンロードできました。

もう一つの欠点は、CyberGhostのトレントサーバーはモバイルアプリでは利用できないことです。しかし、CyberGhostの通常サーバーを利用してスマートフォンでトレントすることはできます。

トレントで優れているのは: ExpressVPN

7. 中国 – ExpressVPNは中国のグレートファイアウォールを確実に回避

中国はインターネット規制が厳しいため、中国で確実に機能するVPNは多くありません。幸い、ExpressVPNの難読化されたサーバーで、中国のグレートファイアウォールを回避して、中国で常に接続できます。一方、中国にいる同僚はCyberGhostを起動できませんでした。カスタマーサービスに問い合わせたところ、インターネット規制がある国では、利用を保証されていないことがわかりました。

両方のVPNをテ中国ストするために、中国にいる同僚がNetflix、YouTube、Facebookなどのブロックされたサイトへのアクセスを試みました。ExpressVPNでは、中国政府によってブロックされたサイトに問題なくアクセスできましたが、あらゆるサーバーが機能したわけではなく、日本とアメリカのサーバーでアクセスできました。

VPN が中国で動作することが保証されていないことを示す CyberGhost のライブ チャットのスクリーンショット。

CyberGhostはVPNの利用をより制限されている中国では機能しない可能性があります

中国ではWebサイトやアプリストアがブロックされているため、中国に到着する前にExpressVPNをダウンロードするのが最善です。Torブラウザをダウンロードし、ExpressVPNの.onionサイト(http://expressobutiolem.onion)を用いてサービスにアクセスすることもできます。すでに中国にいる場合は、ExpressVPNのミラーサイト(upghsbc.com/sign-in)からWebサイトにアクセスできます。

中国国内でVPNを利用する際は注意が必要ですが、VPNを利用しても起訴されることはないでしょう。中国では、一般に、VPNの利用者を追跡するよりも、サービスを技術的にブロックすることでVPNの利用を阻止しています。

中国で優れているのは: ExpressVPN

8. ゲーミング – ExpressVPNの高速かつ低遅延サーバーで、オンラインゲームをスムーズにプレイ可能

ゲームにはCyberGhostよりもExpressVPNが優れています。それは、CyberGhostのゲーム専用サーバーよりも常に高速なためです。15,000km以上離れたExpressVPNサーバーを利用して中断されずにオンラインゲームをプレイでき、驚きました。つまり、 Call of DutyValorantCounter-Strike: Global Offensive (CS: GO)などの 高負荷のゲームを遅延せずにプレイできます

ExpressVPNでは、ポート転送により高速接続とオンラインゲームのホスティングが可能

ExpressVPNではポート転送が可能で、デバイスとゲームサーバー間を直接接続できます。これによりレイテンシが短縮され、ゲームプレイを向上できます。

Warzone 2.0 のプレイ中に英国のサーバーに接続された ExpressVPN のスクリーンショット

ExpressVPNでは超高速接続と低ping値を得られ、遅延せずにゲーミングできます

ポート転送は、オンラインでゲームをホストする場合に特に役立ちます。ポート転送を有効にすると、ExpressVPNによってルーターの特定のポートが開かれ、これにより、デバイスとゲームに参加している他のプレイヤーの間でデータを高速かつ直接転送できます。また、ネットワーク上のプレイヤーは皆、VPNの暗号化とセキュリティ機能によって保護されます。

CyberGhostにはゲーム用に最適化されたサーバーがある

CyberGhostのゲーム用サーバーは、遅延を軽減し、安定したスムーズな接続をえられるように最適化されています。ゲーム用のローカルサーバーをテストしたところ、速度が向上したため、VPN を利用していないときよりもゲームの反応が良くなりました。距離とping値に基づき最適化されたサーバーを選択できる点が気に入りました。

Warzone 2.0 のプレイ中にフランスのサーバーに接続された CyberGhost VPN のスクリーンショット

CyberGhostでは、COD: Warzoneを目立った遅延なくプレイできます

しかし、アメリカと日本のサーバーを選んだ際、ping値が100ミリ秒をはるかに超えました。そのため、遅延が生じイライラしました。海外旅行中に自国のサーバーに接続してオンラインゲームをプレイしたい場合は、これについてぜひ考慮してください。

ゲーミングで優れているのは: ExpressVPN

9. 対応デバイス — ExpressVPNの方がセットアップが簡単

ExpressVPNとCyberGhostはほぼあらゆる主要なデバイスとオペレーティングシステムに対応しています:

Windows、macOS、Linux、Chromebook、Android、iOS、Chrome、Firefox、Edge、PlayStation、Xbox、Nintendo Switch、Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、Nvidia Shield、Xiaomi Mi Box、Chromecast、Roku、Android TV、スマートテレビ、ルーターなど

デバイスがVPNアプリをサポートしていない場合でも、ExpressVPNとCyberGhostではスマートテレビ、ゲーム機、その他のメディアプレーヤーでVPNに接続して利用できます

大きな違いの一つは、ExpressVPNでは最大8台のデバイスで同時に接続できる一方、CyberGhostでは7台のみで接続できることです。しかし、ルーターは1台のデバイスとしてみなされるため、いずれかをルーターにセットアップするだけで、必要な数のデバイスで利用できます。

ExpressVPNには一部のルーター向けのファームウェアがあるため、複雑な手動構成が不要です。一方、CyberGhostをルーターに設定するには、専門的な手順に従う必要があります。Webサイトには詳細なガイドが記載されていますが、間違うとネットワークのセキュリティが危険にさらされる可能性があります。

対応デバイスで優れているのは: ExpressVPN

10. 会社の管轄区域 – 両方のVPNの本社がプライバシーを重視する国にある

ExpressVPNとCyberGhostはどちらも、インテリジェンス共有アライアンスに加盟していなく、厳格なデータプライバシー法がある国に拠点を置いています。

 ExpressVPN  CyberGhost
会社の本社 イギリス領ヴァージン諸島 ルーマニア
5/9/14アイズの管轄外
ワラント・カナリー

どちらのVPNも安全な国に本社があり、ユーザーデータのログ記録、保存、共有は法的に義務付けられていません。そのため、政府機関から要請があっても、当局に引き渡すための収集されたデータはありません。5/9/14アイズアライアンスに加盟していなく、こうした同盟の管轄外であるため、個人データをより保護できます。

興味深いことに、どちらのVPNも、Webサイト上に令状のカナリアに関する記載がありません。令状のカナリアによって、政府機関によって発行された召喚状の存在を公開することを禁じられている場合に、召喚状がユーザーに通知されます。Webサイトに令状のカナリアが記載されている場合、召喚状が発行されていないことがわかり、召喚状が発行されている場合、令状のカナリアは削除されます。令状のカナリアの記載がないことについて両方のVPNに問い合わせたところ、「召喚状は一つだけではない」とだけ言われましたが、どちらのVPNにもトップクラスの暗号化機能とノーログポリシーがあることを考えると、裁判所によって召喚状が発行されても、ユーザーデータを識別することはできないでしょう。

CyberGhostとExpressVPNでは、個人情報を政府機関と共有されないので安心できます。そもそも共有できるデータが全くないのですから!

企業の管轄で優れているのは: 同等

11. プライバシーポリシー – ExpressVPNのプライベートポリシーのみが独立監査済み

どちらのVPNも、ノーログポリシーがあり、ユーザーデータを保存しないと主張していますが、独立監査によって実証されているのはExpressVPNのみです。ExpressVPNは、2019年に多国籍会計企業PricewaterhouseCoopersを雇い、サービスの完全な監査を実施しました。徹底的なレビューの結果、ノーログポリシーを含め、公開されているプライバシーステートメントに完全に準拠していることが確認されました。

CyberGhostのノーログポリシーは、独立監査によって実証されていませんが、安全性を確保するための手順については、毎年QSCertによって監査および検証されています。

ロギングポリシー

ExpressVPNとCyberGhostは、IPアドレスや接続中にアクセスしたWebサイトなど、リンクされている可能性のある識別情報をログに記録しないと主張していますが、どちらも個人の特定が不可能なログを保持していて、例えば、ユーザーがアカウントにアクセスできるように、ログイン情報(メールアドレス)を保持しています。

ExpressVPNでは、接続したサーバーや日付、転送されたデータの量が記録され、オンラインアクティビティやIPアドレスは記録されません。事実、BitcoinやMintで支払えるため、匿名性を完全に確保できます

CyberGhosでは、純粋に統計目的で、1日に1回アカウントが確認され、ログインの有無を確かめられ、こうしたログは月末に削除されます。また、サーバーに接続している際にオンラインアクティビティを記録されない他、Bitcoinでサインアップできるため、匿名性を確保できます

ユーザーデータの保管

どちらのVPNも、RAMベースのサーバーを使用してサービスを運用しています。これは、データプライバシーにおいて可能な限り最良のオプションです。 RAMベースのサーバーにより、電源がオンになっている間のみデータ(接続したサーバーなど)が保存されます。サーバーはスケジュールに従って定期的に再起動されるため、電源がオフになるとすぐにデータがすべて消去されます。データがサーバーに永続的に保存されている場合、データプライバシーを完全に保護することはできません。

ExpressVPNは、独立監査によって実証されている以外にも、2017年にサーバーの一台がトルコ政府によって強制的に押収された際、ユーザーデータを保存していないことが実証されました。調査の結果、トルコ当局はサーバーからデータを全く取得できませんでした。利用可能なログがなかったのです。

CyberGhostもまた、2019年にTypeformで個人情報が漏洩した際に、ユーザーデータが公開される可能性があるという事件に遭遇し、120件のメールアドレスと14件のユーザー名が漏洩しましたが、パスワードやその他の個人を特定できる個人データが保存されていないため、個人を特定できる情報は全く見つかりませんでした

最後に、どちらのWebサイトでもGoogle Analyticsが用いられていますが、基本的なデータ収集とマーケティングの目的でのみ使用されます。

プライバシーポリシーで優れているのは: 同等

12. 支払いと返金 – ExpressVPNの方が支払いオプションが多い(匿名決済を含む)

ExpressVPNにはより多くの支払いオプションがありますが、CyberGhostは返金保証期間がより長いです。

 ExpressVPN  CyberGhost
クレジットカードまたはデビットカード
プリペイドカード

Mint、Elo、Boleto、Carte Bleue、FanaPayなど

PayPal
QIWIウォレット
仮想通貨 BTC、ETH、USDC、BUSD、PAX、GUSDなど BTC、BCH、ETH、USDCなど
その他 Yandex Money、WebMoney、Apple Pay、Giropay、iDEAL、Interac、SOFORTなど WebMoney、iDEAL、Apple Pay、Google Pay、Amazon Pay

返金保証

どちらのVPNにも返金保証があります。ExpressVPNには、IPVanishなどのその他の人気のあるVPNと同じく、かなり標準的な30日間の返金保証があります。CyberGhostには2種類の返金保証があり、1ヶ月間のサブスクリプションでは14日間ですが、より長い期間のサブスクリプションには、寛大な45日間の返金保証があり、今まで見た中で最も期間が長いです。

両方のVPNをテストして、いかに容易に返金を受けられるかを確かめたところ、どちらにも無条件の返金ポリシーがあることがわかり、満足しました。

ExpressVPN

24時間年中無休のライブチャットで問い合わせたところ、すぐに担当者に繋がりました。アカウントを解約したい旨を伝えると、リクエストを迅速かつ丁寧に処理してくれ、他のVPNのように、解約を考え直すように説得されたり、トラブルシューティングを試みるように求められたりしませんでした。解約の理由を説明する必要もなく、3分もかからずに手続きが完了し、5営業日以内に返金されました

ExpressVPNの24時間年中無休のライブチャットで、容易に返金を受けられました

CyberGhost

CyberGhostのアカウントを解約した際も、同様に容易に返金してもらえました。24時間年中無休のライブチャットで連絡して、返金をリクエストしたところ、解約を考え直すように説得されることなく、すぐにリクエストを処理してもらえました。1分もかからずに返金リクエストが承認され、1週間以内に全額返金されました

30 日間の返金保証付きのライブ チャットで CyberGhost からの返金を正常にリクエストしたユーザーのスクリーンショット
CyberGhostで、迅速かつ容易に返金してもらえました

どちらのVPNにも素晴らしい返金保証があり、解約する際に迅速に返金してもらえます。CyberGhostの返金保証期間はより長いため、本格的に利用する前に試したい場合に適しています。しかし、ExpressVPNには確かな無条件返金ポリシーがあり、より多くの支払いオプションから選べ、安全性と匿名性を確保できるため、このカテゴリにおいて勝っています。

支払いと返金で優れているのは: ExpressVPN

13. カスタマーサポート – ExpressVPNのライブチャットおよびメールサポートはより迅速

ExpressVPNとCyberGhostのカスタマーサポートは、どちらも素晴らしいですが、ExpressVPNの方が対応がやや早く、CyberGhostよりもわずかに優れています

どちらのVPNにも、迅速かつフレンドリーで役立つ24時間年中無休のライブチャットサポートがあります。CyberGhostでは2分もかからずに応答があり、ExpressVPNでは1分未満で担当者に繋がりました。担当者は知識が豊富で、完全に満足するまで、問題を親身に解決してくれます。

ExpressVPN CyberGhost
24時間365日 ライブチャット
ライブチャットを通じた平均応答時間 1分未満 2分以内
メールサポート
メールを通じた平均応答時間 30分以内 4.5 時間
オンライン知識ベース

ExpressVPNのメールサポートでは返信が非常に迅速でした。既存のアカウントのメールアドレスを利用した場合も、潜在的な顧客を装った際も、30分以内に返信がありました。一方、CyberGhostは、既存のアカウントのメールアドレスで問い合わせた際は、そこそこ迅速に返信がありました(3時間)が、カスタマー以外のメールアドレスからの問い合わせに対しては、返信に10時間かかりました。

質問された質問 応答時間 問い合わせ解決 メールの数
ExpressVPN ExpressVPNでNetflixフランスを視聴できますか? 27分 1
TrustedServerテクノロジーとは何ですか? 23分 1
CyberGhost
CyberGhostはRAMベースのサーバーを使用していますか? 2時間45分
1
CyberGhostにはワラントカナリアがありますか? 約10時間
2

メールの返信時間に違いはありますが、両方のVPNで、単にコピー&ペーストしたような回答ではなく、明確で役立つ回答を得られました。届いたメールが個人向けの文面になっていたため、満足しました。これは、どちらのVPNもカスタマーサービスに真摯に取り組んでいる証拠です。また、CyberGhostのメールサポートが英語、フランス語、ドイツ語、ルーマニア語に対応している点も気に入っています。一方、ExpressVPNでは英語のみに対応しているようです。

VPNを今まで利用したことがなく、アプリについて理解するためにサポートが必要な場合や問題を解決する必要がある場合は、どちらのVPNもWebサイトに広範なヘルプガイドがあります。ExpressVPNには、ステップバイステップで解説してくれる役立つ動画ガイドがいくつかあり、CyberGhostのガイドには、関連する注釈が付いたスクリーンショットがあり、容易に理解できます。

ExpressVPNとCyberGhostはどちらも優れたカスタマーサービスを提供していますが、ExpressVPNは対応が最も迅速であるため、このカテゴリにおいて勝っています。

カスタマーサポートで優れているのは: ExpressVPN

そして優れているのは… ExpressVPN

CyberGhostは優れたVPNで、各カテゴリにおける結果は僅差でしたが、ExpressVPNの方が13のカテゴリのうち7つにおいて勝っています。 CyberGhostは2つのカテゴリで勝っていて、残りの4つは同等でした。

CyberGhostは、最も費用対効果の高いVPNの一つで、トップクラスのセキュリティ機能があり、様々なデバイスに対応していて、最大7台で同時に接続できます。また、その巨大なサーバーネットワークや(サーバーが11.800台以上あります!)レベルの高いカスタマーサポートに驚きました。特定の場所にあるサーバーに接続したい場合や 45日間試したい場合、CyberGhostが最適です。また、日本語版のアプリもあり、全体的により快適に利用できます。

しかし、CyberGhostは、ほぼあらゆるカテゴリにおいてExpressVPNの優れたパフォーマンスに完全に匹敵するわけではありません。ExpressVPNには最高レベルのセキュリティ機能と実証済みのプライバシーポリシーがあるだけではなく、ストリーミングやゲーミング、トレントを最速で利用できます。また、全体として、VPNを初めて利用する場合でも経験豊富な場合でも、優れたサービスを受けられる他、無条件の返金保証があるため、ExpressVPNをしっかり試してから購入でき、完全に満足できなかった場合は、30日間以内であれば返金をリクエストできます。実際に試してみた際、返金手続きはシンプルで、3分もかからずに返金リクエストが承認され、5日以内に返金されました!

全体的に優れているのは: ExpressVPN

FAQs: CyberGhostとExpressVPNの比較

CyberGhostはExpressVPNよりも優れていますか?

テストした結果、速度、ストリーミング機能、ゲームなど、ほぼあらゆるカテゴリーにおいてExpressVPNがCyberGhostを上回っていました。ExpressVPNでは常に優れた速度を得られ、より多くのストリーミングプラットフォームにアクセスできる他、TrustedServerテクノロジーなどの高度なセキュリティ機能を利用できます。

とはいえ、ExpressVPNとCyberGhostはいずれも2024年におすすめのVPNの上位にランクインされています。

ExpressVPNはCyberGhostよりも高速ですか?

はい、テストしたあらゆるサーバーでExpressVPNはCyberGhost よりも接続速度が優れていました

最寄りのサーバーでは、ExpressVPNは平均速度が94 Mbpsで、ベース速度からわずか6%低下しただけでした。一方、CyberGhostでは最寄りのサーバーで平均速度が78 Mbpsで、ベース速度から22%低下しました。

CyberGhostでは、遠く離れたサーバーで大幅に速度低下しました。ExpressVPNでは遠く離れたサーバーで平均88 Mbpsを維持していましたが、CyberGhostの平均速度は63 Mbpsでした。ExpressVPNでは12%減速したのに対し、37%と大幅に速度低下しました。

ExpressVPNとCyberGhost VPNのどちらかを選ぶ際に留意すべき点は何ですか?

ニーズやVPNの利用目的によります。よくわからない場合は、 以下に留意してください:

  • 速度: 完璧なストリーミングと遅延なしのゲーミングを求めているなら、ExpressVPNが最適です。CyberGhostと比較して、ExpressVPNでは最寄りのサーバーと遠く離れたサーバーの両方で高速接続を得られました。
  • サーバーの場所: ExpressVPNとCyberGhostはいずれも世界中に数多くのサーバーがありますが、必要な場所にサーバーがあるか確認してください。
  • セキュリティ機能: ExpressVPNとCyberGhostはいずれも強力なセキュリティおよび暗号化機能を備えていますが、追加機能が異なります。
  • ユーザーエクスペリエンス: シンプルで直感的に操作できるインターフェイスにより、VPNエクスペリエンス全体が向上します。いずれのVPNも、手軽に操作できるようにレイアウトが整理されていて、サーバーへの接続、サーバーの切り替え、設定のカスタマイズを容易に行えます。

ExpressVPNとCyberGhostはログを保持しますか?

いいえ、保持しませんExpressVPNとCyberGhostはいずれも独立監査済みの厳格な「ノーログ」ポリシーがあり、オンラインアクティビティを記録されることはありません。どちらもログイン情報などの個人を特定できないデータを一部記録していますが、アクティビティや IPアドレスは記録しません。

また、どちらもRAMベースのサーバーのみなので、データやオンラインアクティビティを保存されることはありません。ExpressVPNは、たとえ裁判のためにサーバーが差し押さえられた場合でも、ユーザーデータを一切公開しなかったという事例があり、プライバシーへの取り組みが実証されています。CyberGhostでは、データ漏洩が発生した際、ユーザーの個人情報がそもそも保存されていなかったため、個人を特定できるデータが見つかりませんでした。

ExpressVPNとCyberGhostのどちらがストリーミングに適していますか?

ExpressVPNがCyberGhostよりもストリーミングに適していて、CyberGhostよりも高速接続を得られます。これは、スムーズでバッファーのないストリーミングに不可欠です。一方、CyberGhostにはストリーミング用に最適化されたサーバーがありますが、遠く離れたサーバーで速度低下し、特に超高画質でのストリーミングに影響が生じる可能性があります。

また、ExpressVPN は、Netflix US、Hulu、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、DAZN、ITVXなどの人気のストリーミングプラットフォームへのアクセスにおいてCyberGhost よりも安定していました。

ExpressVPNとCyberGhostのどちらがトレントに適していますか?

テストした結果、ExpressVPNではCyberGhostよりもトレントファイルを高速でダウンロードできました。CyberGhostのP2P サーバーは限られていますが、ExpressVPNではあらゆるサーバーで高速トレントが可能で、CyberGhostよりも高速です。

また、ExpressVPNには大規模なP2Pネットワークがあり、希望する場所にあるトレント対応サーバーに接続できます。これにより、より広範囲のトレントサイトにアクセスでき、ダウンロード先のピアを見つけられる可能性が高まります。

ExpressVPNとCyberGhostのどちらがゲームに適していますか?

ExpressVPNの方が高速接続を得られ、遅延が少ないためゲームに適しています

ping値はマルチプレイヤーゲームでのアクションの応答性に直接影響するため、低ping値がオンラインゲームに不可欠です。ExpressVPNはCyberGhostよりも高速で、ping値が低いため、よりシームレスなゲーム体験を得られます。

また、ExpressVPNには世界中にサーバーが数多くあるため、最寄りのゲーム用サーバーを選べます。そのため、ゲームデータの移動に必要な距離が最小限に抑えられ、レイテンシをさらに短縮でき、全体的なパフォーマンスを向上できます。ExpressVPNはPUBG、COD、Fortniteなどのゲームに最適です。

今すぐExpressVPNをノーリスクで試しましょう!


2024におけるその他のトップVPN

ランキングトップ イチオシ!
ExpressVPN
$ 6.67 / month 49%引き
CyberGhost VPN
$ 2.03 / month 84%引き
Private Internet Access
$ 2.03 / month 83%引き
NordVPN
$ 3.09 / month 76%引き
Surfshark
$ 2.29 / month 85%引