MSpy レビュ 2022: 買うだけの価値がありますか?

support@mspy.com
https://www.mspy.com/

何を検討したのでしょうか?

9.5
実に素晴らしい!
MSpy へ

次で機能します:

MSpyについて 8月 2022

mSpyは年長者向けで、13歳のティーンエイジャーの携帯電話にスパイアプリを使う必要があるかどうか、特に月々の料金を見ると100%確信が持てませんでした。

mSpyを1週間使ってみて、彼のWhatsAppメッセージやSnapの閲覧、位置情報の追跡など、彼の生活で何が起こっているのかを知ることの価値を感じました。キーロガー、スクリーンキャプチャ、電話の着信・発信リスト、位置情報など、非常に充実した機能を備えています。それでも、包括的なウェブフィルターやスクリーンタイム管理ツールは不足しています。

私は、mSpyに無料トライアルや返金保証がないことにかなり驚きました。14日間の返金ポリシーがあるのがせめてもの救いです。ただし、返金の対象となるには、修正できない問題があることが条件となります。幸い、mSpyの技術サポートチームはあなたと協力してあらゆる問題を解決し、すべての機能が完璧に動作することを確信しています。

また、「mSpy」はAndroidとiPhoneのデバイスでしか使えないので、子どものPCでの行動も監視したい場合は、ニーズに合わないかもしれません。モバイルとPCの両方に対応したペアレンタルコントロールアプリが必要な場合は、 30日間の返金保証があるQustodioを試してみることをお勧めします。

機能・特徴9.7

mSpyには素晴らしい機能が搭載されていますが、私にとって最も良かったのはコントロールパネルまたはダッシュボードです。子供の携帯電話をリモートで管理し、収集したすべてのデータを監視するのがとても簡単になりました他のペアレンタルコントロールアプリを試したことがありますが、ダッシュボードに大量の情報が送られてきて、必要な写真や情報を探すのにしばらくスクロールしなければなりませんでした。

mSpyのダッシュボードは非常に整理されていて、必要な情報を見つけるのに苦労しませんでした。ダッシュボードには、メインとなるすべての重要なデータの概要が表示され、各セクションをクリックして詳細を確認することができます。

データを簡単に見つけることができるダッシュボードのスクリーンショット

サイドバーの各タブをクリックすると詳細が表示されます。

お子さまが誰と会話やメールをしているかを確認することができます。

mSpyには秘密にできないのが気にいっています。子供が誰と話しているのか、タイムスタンプや会話の長さも表示されます。

mSpyは、WhatsApp、Viber、Facebook、Skype、LINE、Snapchat、Hangoutsで送信されたメッセージにもアクセスできます。これらのメッセージにアクセスするためには、息子のデバイスをルート化する必要がありましたが、mSpyはわかりやすい説明を送ってくれたので、自分で行うことができました。

正直に言うと、私は一部のこうしたレベルのプライバシー侵害に少し抵抗がありました。しかし、もし自分の子供がネットいじめに遭っていたり、自殺願望を持っていたり、ドラッグやアルコールを探していたり、助けてあげられることがあったのにしなかったことを知ったら、絶対に自分を許すことはできないと思ったのです。

キーロガーとスクリーンレコーダー

息子の携帯電話に表示されたものは、私のコントロールパネルで見ることができます。スクリーンレコーダーは、画面が変わるたびにスクリーンショットを撮り、タイムスタンプ付きでアップロードするので、息子がいつブラウジングしたかがよくわかります。カテゴリー別のウェブフィルタがないので有益でした。しかし、URLを入力することで任意のウェブサイトをブラックリストに登録することができます。例えば、息子がRedTubeを利用していたとしても、サイト名がYouTubeと似ているため、おそらく気づかないでしょう。しかし、スクリーンショットを見れば、それがポルノサイトであることがわかり、そのURLをブロックすることができます。

キーロガーは、携帯電話に特殊なキーボードをインストールし、入力されたすべての内容を記録し、削除されたテキストも記録します。

WhatsAppなどの暗号化されたアプリからのログのスクリーンショット

キーロガーは、電話で入力されたすべての単語を表示し、チャットやSMSも表示します。

これらの機能は、息子のプライバシーを侵害しているように感じるかもしれませんが、ネット上の有害なコンテンツの閲覧、いじめ、不適切な発言などから息子を守ることができることを忘れてはいけません。

ダッシュボードを毎日チェックするわけではありませんが、彼があまり話さない日や部屋にこもっている日には、彼のネット上の活動を見ます。それが、彼の人生で何が起こっているかを知り、彼に寄り添う唯一の方法なのです。

mSpyで子供を守る

アプリやキーワードをブロック

mSpyは、息子がオンラインで何を見ているかを簡単に監視することができます。息子の携帯電話にインストールされているすべてのアプリがコントロールパネルに表示され、息子にそのアプリを使わせたくない場合は、単純にブロックすることができます。この機能は13歳の息子には役に立ちませんでしたが、小さな子供に使う場合は有益です。

キーワードトラッキング機能は、息子を守るためにmSpyがどのように役立っているかを示すもう一つの素晴らしい例です。私は、システムに追跡させたい単語やフレーズを追加することができます。息子がそれを入力すると、私のメールに通知が届きます。この機能を使って、息子が性的なコンテンツやアルコール、ドラッグに関わらないように気をつけています。

キーワードとフレーズのルールのスクリーンショット

キーワードトラッキング機能のルール設定

リアルタイムのロケーショントラッキングとジオフェンスのオプション

mSpyアプリは携帯電話のGPSにアクセスするので、いつでも息子の居場所を正確に把握することができます。それだけでなく、ジオフェンス機能により、複数の “安全エリア “と “禁止エリア “を作ることができます。

このアプリは、息子がエリアに入ったり出たりすると、いつでもアップデートしてくれます。これは、息子が時間通りに登校しているかどうか、友達の家に行くと言っている場合はその場所に行っているかどうかを確認するのに役立ちます。mSpyには、電子メールや携帯端末への通知を受け取るオプションがあり、さらにダッシュボードにアラートを表示します。

ジオフェンスオプションを使用したセーフゾーンと禁止ゾーンのスクリーンショット

ジオフェンスの作成

mSpyは位置情報の履歴を保存するので、私がリアルタイムで監視していなくても、彼がどこに行ったかを確認することができます。

インターネット上の活動を監視する

フィルターがなくても、mSpyは息子がオンラインで何をしているかを監視するのに役立ちます。ブラウザの履歴を追跡し、ウェブページの名前や、彼が訪れた各ページへの直接のリンクを提供します。また、すべてのブックマークの完全なリストを見ることができるので、息子のお気に入りのウェブサイトを知ることができます。ウェブフィルターがないのは残念ですが、禁止URLのリストを作成して、彼がそのURLにアクセスしようとすると読み込めないようにすることができます。ウェブフィルタの作成やスクリーンタイムの制限が不可欠な場合は、Qustodioのレビューをご覧ください

インストール9.0

すべてのmSpyプレミアム機能を最大限に活用するためには、アプリをインストールする前に、お子さんのAndroid端末をルート化する必要があります。複雑に聞こえるかもしれませんが、私はmSpyが提供するインストールガイドに非常に感銘を受けました。このガイドには、明確な指示と、何をすべきかを正確に示すGIFが含まれていました。すべてのプロセスは、わずか数分で完了しました。

アプリをインストールするには、お子様の端末へのアクセスが必要です。アカウント作成時に携帯電話を持っていない場合は、「ありません」を選択すると、mSpyからリンクが送られてきますので、携帯電話を持っているときにインストール作業を開始してください。

mSpy installation set up

アプリのインストールには携帯電話へのアクセスが必要です。

mSpyという名前のアプリをアップロードするのではなく、アプリには一般的な名前が付いているので、子どもに知られずにアプリをインストールする予定の方には最適です。mSpyは、インストールの痕跡やファイルを削除するための手順を説明してくれます。インストールされたmSpyは、完全にバックグラウンドで動作し、デバイスの速度を低下させたり、バッテリーを急速に消耗させることはありません。

使いやすさ9.8

インストールが完了した後は、お子さんの携帯電話を見る必要はありません。必要な情報はすべてダッシュボードに集約されています。ダッシュボードはいくつかのセクションに分かれているので、必要な情報を簡単に見つけることができます。

詳細情報を表示するメニューバーのスクリーンショット

ダッシュボードでは、お子さんの携帯電話で起きていることをすべて見ることができます。

また、各セクションをクリックすると、スクリーンショット、息子が訪れたウェブサイトへのリンク、キーロガーを使って息子がデバイス上で何を入力しているか、どのプラットフォームを使用しているかなどの詳細情報を確認することができました。

全体的に使いやすいプログラムで、技術的な知識は必要ありません。無料トライアルのオプションはありませんが、mSpyのウェブサイトにはデモバージョンが用意されていますので、管理のしやすさを自分の目で確かめることができます。

mSpyで子供を監視

サポート 9.5

初めてmSpyのウェブサイトにアクセスしたとき、チャットボックスが開き、必要なものがないかどうか尋ねてきたのが興味深かったです。これらは通常ボットですが、私は機能について質問してみようと思いました。驚いたことに、その応答は本物の人間からで、私の質問にすべて答えてくれました。

実際のカスタマーサポートエージェントとのチャットのスクリーンショット

しかし、翌日サイトに戻ってみると、ライブチャットボックスが見当たりませんでした。代わりに、ヘルプアイコンをクリックして、いくつかの質問をメールで送信しました。すると、すぐに自動応答が返ってきて、質問への回答が遅れる可能性があるので、すぐに助けが必要な場合はライブチャットを利用するようにとのことでした。そのメールには、ライブチャットを開くためのリンクが含まれていました。もう一度、私は質問をしました。これは米国東部標準時間の午前5時30分頃のことで、約3、4分待った後、カスタマーサポートのエージェントが私の質問に答えてくれました。

ライブチャット機能がもっと簡単に見つけられるといいのですが、私が受けたヘルプには感銘を受けました。

mSpyで子供を監視

よくある質問

mSpyは安全ですか?

mSpyは、2011年以来、何百万台ものAndroidおよびiOS端末を監視してきた実績のあるアプリです。このアプリに関連するウイルス、マルウェア、ランサムウェアは知られておらず、そのサーバーは暗号化されています。しかし、すべての機能を使用するには、子供の携帯電話をルート化またはジェイルブレイクする必要があり、何をしているのか知らない場合は保証が無効になり、デバイスにダメージを与えることになります。

子供に知られずにmSpyをインストールすることはできますか?

ここでの答えは、お子さまのデバイスと、それにアクセスできるかどうかによって異なります。
iPhoneにインストールする場合は、お子さまのiCloudアカウントへのアクセス権があれば、リモートでアップロードして、保護されたフォルダに隠しておくことができます。Androidの場合は、デバイスへのアクセスが必要ですが、アプリをインストールした後は、隠してバックグラウンドで実行することができるので、お子さんはデバイス上で実行されていることに気づきません。

子供が携帯電話を使う時間を制限することはできますか?

mSpyはどちらかというと監視ソフトで、子供がスマホを使うのをブロックする機能はありません。WiFiやアプリケーションのブロックなど、似たような機能はありますが、これらはあくまで一般的なブロックであり、時間ベースのブロックではありません。子供のスクリーンタイムをコントロールできるアプリを探しているなら、私のBarkのレビューをチェックすることをお勧めします

mSpyには無料トライアルがありますか?

mSpyは、数年前に無料トライアルを廃止し、現在は14日間の返金保証を行っています。インターフェイスがどのように見えるか、またmSpyが収集するデータの種類を確認したい場合は、mSpyのウェブサイトでデモ版をチェックしてください。代わりに返金保証付きのペアレンタルコントロール機器を使いたい場合は、QustodioBarkをチェックしてみてください。

mSpyでは、いくつのデバイスをモニターできますか?

mSpyは、一度に1つのデバイスしか監視できません。ただし、元の携帯電話でサービスを無効にし、2台目の携帯電話で有効にすることで、どのデバイスを監視するかを切り替えることができます。

mSpyを動作させるために、子供のAndroid携帯をルート化する必要がありますか?

端末をルート化する必要はありませんが、Facebook、Gmail、Snapchatなど、一部のモニタリング機能はルート化しないと使えません。Barkからは、端末をルート化せずに、同じモニタリング機能を利用できることがわかりました。

電話のルートをスクリーンショットし、いくつかの重要な機能を失う

カスタマーケアの担当者は、携帯電話をルート化することの利点を説明してくれました。

価格 9.5

プレミアム・サブスクリプション・パッケージは、1ヶ月、3ヶ月、1年のいずれかの期間で購入できます。月額プランは最も高額なため、長期プランを購入する前にサービスを試したい場合にのみお勧めします。

各契約オプションは、1台の電話機を対象としていますが、監視する電話機を変更することができます。

mSpyには無料トライアルのオプションがないのが少し残念でしたが、14日間の返金ポリシーがあります。テクニカルサポートが問題を解決してくれるので、満足のいくサービスを受けることができます。返金を受けられるのは、解決できない問題がある場合のみです。

MSpyは以下のプランを提供しています

結論

mSpyは、AndroidおよびiOSデバイス用の驚くべきモニタリングツールです。子供が誰と話しているのか、チャットをしているのか、どこに行っているのか、どんなウェブサイトを見ているのかが気になる方にお勧めです。無料トライアルはありませんが、mSpyのウェブサイトにある詳細なデモ版ですべての機能を確認することができます。

mSpyで子供を監視

共有・サポート

WizCaseは独立したレビューサイトで、読者によりサポートされていて、当サイトのリンクを通じて購入された際に、リンク先から手数料を受け取る場合があります。読者には、当サイトから購入された製品に対する追加料金は一切加算されず、当社への手数料は、製品の販売元により直接支払われます。