Mobicip評判 2022年:それは本当にあなたの子供を保護しますか?

support@mobicip.com
https://www.mobicip.com

何を検討したのでしょうか?

9.8
実に素晴らしい!
Mobicip へ

次で機能します:

Mobicipについて 8月 2022

数ヶ月前にMobicipを初めて試したとき、良いアプリだが改善の余地があると思いました。今はいくつかのアップデートが行われたと宣伝しているので、私は自分の目でアプリの弱点に対処したかどうかを確認する必要がありました。

7日間使ってみて、Mobicipが本当にアプリを改良したことがよくわかりました。スクリーンタイムの制限をより柔軟に設定できるようになりましたし、新しいジオフェンス機能はとても便利で、子供の登下校時にアラートを出してくれます。同様に重要なのは、子供たちが私が設定したウェブフィルタやスクリーンタイムの制限を回避するハッキング方法を見つけていないことです。

以下でテストの完全な結果をご覧ください。また、7日間の無料トライアルで、Mobicipを実際に試してみることもできます

Mobicipを無料で試しましょう

8月 2022更新:Mobicipはライトプランを取得すると、期間限定で40%割引を提供します!このお得なキャンペーンはずっとは続きませんので、この機会をお見逃しなく。このディールの詳細についてはこちらをご覧ください

時間がありませんか?1分で読める簡単なまとめです。

複数のスクリーンタイムマネジメントツール:あらかじめ用意されたスクリーンタイム・カレンダーを使用するか、自分でカスタマイズして特定のウェブサイトを許可またはブロックすることができます。詳しくは、スクリーンタイム管理セクションに移動してください

18種類のカテゴリを持つウェブフィルタ:Mobicipウェブフィルタは、お子様の年齢に応じて設計されています。また、許可またはブロックするカテゴリを選択することもできます。フィルタリングのルールに例外を追加する方法は、こちらをご覧ください

子供のアプリを管理する:Mobicipは、すべてのアプリを3つのカテゴリーに分類し、それぞれのカテゴリーを個別に管理することができます。各アプリの使用時間の制限を設定したり、子供が特定のアプリをインストールできないようにしたりすることができます。詳しくはこちらをご覧ください

リアルタイムの位置情報トラッキング:Mobicipは、ライブ位置情報トラッキング機能にジオフェンスを追加しました。携帯電話のGPSと接続し、正確な追跡を実現します。ジオフェンスの作成方法はこちらをご覧ください。

簡単に使える:Mobicipの設定と管理には専門的な知識は必要ありません。フィルターと制限を作成すれば、アプリは勝手に実行され、ダッシュボードですべてのデータを見ることができます。Mobicipの使いやすさについては、こちらをご覧ください

Mobicipを7日間無料で試す!

機能・特徴9.8

ここでは、Mobicipの特徴を簡単にまとめてみました。

Mobicipの特徴 – 8月 2022更新

ベストプライス 月額4.99ドル – 最大5台のデバイスで使用可能
無料トライアル 7日間 – クレジットカードは必要ありません
ウェブフィルタ 18カテゴリー
スクリーンタイム・マネジメント 有り
位置情報トラッキング 有り
ジオフェンス 有り
通話とSMSのモニタリング なし
アプリの管理 有り
SOSボタン なし
カスタマーサービス ライブチャット、電話予約、FAQ
プラットフォーム PC、macOS、Android、iOS、Amazon、Chromebook

Mobicipのアカウント登録後、まず最初に行うのは、子供たち一人ひとりの登録です。必要なのは、名前、性別、誕生日だけです。必要であれば、もう一人の親をアカウントに追加すれば、複数のアカウントを作成することなく、両方の親がデバイスを監督することができます。

親の許可を選択します

子供のプロファイルが準備できたら、Windows、Mac、Android、iOS、Kindle、Chromebook用のアプリをダウンロードすれば、Mobicipが即座にあなたのルールの実行を開始します。

1日のスケジュールを作成し、スクリーンタイムの制限を設定する。

Mobicipは、子供の年齢に応じてデフォルトのスクリーンタイムスケジュールとウェブフィルターを備えています。これはかなり基本的なもので、睡眠と学校のための時間がマークされています。学校では、気が散るようなアプリやウェブサイトはブロックされますが、教育目的のために携帯電話を使うことは可能です。もしお子さんの学校が学校時間中の携帯電話を許可していない場合は、設定を変更してすべてをブロックすることができます。

デフォルトの日次Mobicip利用カレンダー

カレンダーは完全にカスタマイズ可能です。家族のスケジュールに合わせて時間のブロックを追加したり、カテゴリー別にアプリやウェブサイトを許可・ブロックしたり、子どもに使わせたくない特定のアプリを指定したりすることが可能です。カレンダーは、5分単位で作成できるのがいいですね。私がテストした他のプログラムでは、すべてのカレンダーのセクションが30分、あるいは1時間単位でなければならず、我が家の生活の実態に合いませんでした。

毎日のスクリーンタイム・カレンダーを設定する

カレンダーに加え、1日のスクリーンタイム制限を設定することができます。Mobicipは3つのオプションを提供します。

  • カスタム:各子供に必要なスクリーンタイムを、15分単位で設定します。曜日ごとに異なる制限を設定することもできます。
  • カレンダー以外のすべての時間:スクリーンタイムの制限を設定するには、カレンダーと全体のスクリーンタイム制限の2つの方法があります。このオプションは、毎日のスクリーン制限をオフにし、カレンダーに基づく制限のみを実行します。
  • フリータイムを与えない:これは一日中電話をロックするものです。
カスタムスクリーンタイム制限を作成する

Mobicipにはバケーションモードがあり、設定を削除することなく、カレンダーとスクリーンタイムの制限を一時的にオフにすることができます。アプリで終了日を選択できるので、学校が再び始まる前にカレンダーを再開するのを忘れてしまうことがないのがいいですね。

バケーションモードをオンにして、カレンダーとスクリーンタイム制限を保存する

最後のスクリーンタイムツールは、「ファミリータイム」と呼ばれるものです。これを有効にすると、接続されているすべてのデバイスが一時停止します。夕食時、子供たちが会話せずにスマホばかり見ているときに役立つと思いました。我が家では夕食の時間を決めていないので、カレンダーに追加することはできませんでした。その代わり、デバイスを一度に一時停止しています。

Mobicipでスクリーンタイム中毒を予防しよう!

18種類のカテゴリーを持つカスタムウェブフィルタ

Mobicipは、危険なサイトや不適切なサイトに子供を近づけないようにすることが簡単にできます。40や50のカテゴリーがある他のペアレンタルコントロールのアプリとは異なり、Mobicipはインターネットを18のカテゴリーに分類しています。ウェブフィルタは、子供の年齢に応じてデフォルトで設定されていますが、フィルタをカスタマイズして、どのカテゴリーも有効にしたりブロックしたりすることができます。

カテゴリには、広告とマーケティング、エンターテインメント、健康、成熟と成人、ニュース、プロキシ、ショッピング、ソーシャル、武器と暴力、YouTubeが含まれます。子供がブロックされたサイトにアクセスしようとすると、画面にそのサイトが制限されていることを知らせるメッセージが表示されます。Mobicipがロック画面にアクセス要求ボタンを追加してくれたので、子供がサイトへのアクセスを要求できるのはありがたいです。私はそのサイトをチェックし、子どもたちにふさわしいと判断すれば、保護者用ダッシュボードからサイトのロックを解除することができます。

また、カテゴリーに関係なく、Webサイトをブロックしたりアクセスを許可したりする例外リストも作成しました。Mobicipがブラウザの履歴を追跡して、最も多く訪問したウェブサイトのリストをまとめてくれるのは便利ですね。彼らが探しているものを素早く閲覧し、不適切なものはブロックリストに素早く追加できます。

子どもが使うアプリを管理する

Mobicipのフィルターは、ウェブサイトだけにとどまりません。アプリを3つのカテゴリーに分類しています。

  • ソーシャルメディア
  • エンターテインメント
  • ゲーム

時間制限を設定したり、カテゴリーごとにブロックすることができます(「ゲーム」はAndroid端末でのみブロック可能)。私は、子供の一人がテレビ番組や映画のストリーミング再生に費やす時間を制限しようとしたときに、これが役に立ちました。

エンターテイメントアプリに1時間の制限を設けることで、息子が時間を忘れてNetflixを何時間も見てしまうことを防げると思ったからです。1時間後にエンターテインメントアプリをブロックしますが、他のアプリはまだ利用可能です。カテゴリー全体をブロックしたり制限したりしたくない場合は、App StoreやPlay Storeで入手できる特定のアプリを選んで、時間制限を設定することができます。

アプリストアからのアプリの検索とブロック

子供のソーシャルメディア活動を把握する

子供のプロフィールを作成する際に、子供のFacebook、Instagram、Snapchat(Androidのみ)のアカウントにMobicipを接続しました。接続すると、Mobicipがこれらのアカウントをスキャンして、以下のカテゴリーをトリガーとするキーワードや写真を探します。

  • いじめ
  • 性的
  • バイオレンス
  • 薬物
  • 自傷行為または自殺

これらのカテゴリーに関連する言及やスラングをスキャンが検出した場合、保護者用ダッシュボードにリアルタイムでアラートが表示されます。さらに、子どもの投稿もすべて保護者用ダッシュボードに表示されます。ソーシャルメディア上で子供とつながっていればこれらの情報を見ることができますが、Facebook、Instagram、Snapchatにログインして息子のプロフィールをチェックしなくても、3つのタイムラインをすべて見ることができるのは便利だと思いました。

MobicipがYouTubeの監視機能を向上させました。最新のアップデートにより、MobicipはYouTubeのアプリとウェブサイトを監視する機能を提供します。動画のタイトル、説明文、コメント、その他のメタ情報をスキャンし、何らかのキーワードがひっかかると、その動画をブロックする仕組みになっています。また、ウェブフィルタやアプリの制限により、YouTubeを完全にブロックすることも可能です。

位置情報の追跡機能を改善 – Geofenceを搭載して登場

以前のMobicipのレビューで、ジオフェンス機能がないことについて触れ、位置情報の追跡がどれほど良くなるかを指摘しました。しかし、Mobicipはその指摘に耳を傾け、ジオフェンス機能を搭載するようアップグレードしてくれました。

ジオフェンスは、一人で歩いて通学しているお子さんや、危険な道路がある地域に住んでいる親御さんにとって、とても助かる機能です。特定のエリアを中心に半径を設定でき、子どもがそのゾーンに入ったり出たりするとアラートが送信されます。子供が時間通りに登校し、学校が終わったらまっすぐ家に帰ることができるので安心です。

子供のためのジオフェンスを作ろう

また、Mobicipはお子さまの携帯電話を通じて、24時間365日、お子さまの位置情報を追跡します。お子様のアバターを地図上に配置し、お子様が常にどこにいるのかを正確に可視化します。位置情報の履歴も保存されるので、ダッシュボードで「友達の家に勉強しに行った」「公園に遊びに行った」といったことを確認する必要もありません。

専門家による子育てアドバイスを受ける

Mobicipのすてきな機能のひとつに、子育てアドバイスのセクションがあります。危険なアプリ、教育的なアプリ、10代に流行しているアプリなどを、常に更新しています。それぞれのアプリについて解説があるので、情報を得ることができます。

また、デジタル育児の専門家によるアドバイスも掲載されており、何に気をつけるべきか、スクリーンタイム中毒を防ぐ方法、子どもにとって安全なオンラインの世界を作るための情報などが掲載されています。

Mobicip でしっかりペアレンタルコントロール設定!

インストール9.9

Mobicipは、Windows、macOS、Android、iOS、Kindle、Chromebook用のアプリを提供しています。

アプリをダウンロードする前に、Mobicipのアカウントを登録し、子プロフィールを作成します。アカウントが設定されると、MobicipはどのOSを監視したいかを尋ね、必要なアプリをダウンロードすることができます。

Windows、Mac、Chromebookの場合、Mobicipがリンクを提供し、それをクリックすると、該当のダウンロードページが開きます。ファイルをダウンロードし、コンピューターにインストールしてください。Mobicipによると、ノートンやカスペルスキーのアンチウイルスがMobicipの動作を阻害するため、アンインストールする必要があるそうです。

インストールが完了したら、オンラインの説明に従って、Mobicipに時間制限やWebフィルタリングを実施するために必要な権限を与えます。

複数の子供がコンピュータを使用する場合、それぞれ別のプロファイルを作成することをお勧めします。そうしないと、Mobicipが個々のユーザーではなく、コンピュータにルールを適用してしまいます。設定が完了すると、Mobicipはすぐにコンピュータの監視、追跡、ルールの適用を開始します。

モバイルをダウンロードする際に、位置情報の追跡への同意、フィルタリングの有効化、アプリマネージャーへのアクセス権、お子様がアプリをアンインストールまたは無効化できないようにする管理者権限などを与えることが必要です。

アプリは、設定メニューのどのボタンを押せば許可が有効になるのか、あなたの特定のデバイスに対して正確な指示を出します。すべての準備が整うと、Mobicipがデバイスを監視・追跡し、スクリーンタイムとウェブフィルタのルールを実施します。

使いやすさ9.8

インストールと設定が完了すると、接続されているすべてのデバイスのバックグラウンドでMobicipが自動的に実行されます。親としては、ダッシュボードでデータを確認し、必要に応じてスケジュールやWebフィルターの調整を行うだけでいいのです。

Mobicipが行った変更点のうち、私が気に入らないのはダッシュボードです。旧バージョンでは、メインページに、最も使用したアプリ、訪問したウェブサイト、最近の検索、視聴したビデオなど、すべてのデータがチャートやグラフで表示されていました。アップデートされたバージョンでは、ミニマルなアプローチを採用しています。それでもすべてのデータが表示されますが、欲しい情報を見るために別のタブをクリックする必要があります。

ウェブフィルタとアプリの権限を変更するのはとても簡単です。ダッシュボードの「コンテンツ」タブをクリックするだけで、新しいメニューが開きます。そこから変更したいオプションを開くだけで、Mobicipが自動的に子どもの接続するすべてのデバイスに適用されます。

スケジュールも実に使いやすい。ダッシュボードの「スケジューリング」タブから、カレンダーにセグメントを追加したり、1日の制限時間を調整したりすることができます。

子どもの目線に立ったMobicipは、洗練されたデザインです。子どもたちが携帯電話やパソコンでアプリを開くと、すでに使用したスクリーンタイムの量と、次にシャットダウンされる予定時刻が表示されます。さらに時間を延長したり、アプリやウェブサイトのブロックを解除する許可を得たりすることができます。リクエストは、ダッシュボードの通知セクションに表示されます。リクエストを受け入れてから、デバイスに変更が反映されるまでには数分かかります。

パソコンのスリープタイムロック画面

私は、子どもたちにこの制限を回避することに挑戦させました。ブラウザの「インコグニート」モードや「プライベート」モードを使ってみましたが、アクセスしようとしたサイトは見事にブロックされてしまいました。また、他のペアレンタルコントロールアプリでは有効だった、VPNをオンにする方法も試してみました。これは、Mobicipが自動的にVPN接続をブロックするため、うまくいきませんでした。

長男は、私のパスワードを必要とせずにアプリをアンインストールする方法を見つけました。彼らは単に携帯電話の設定に行き、アプリのデバイス管理者権限をオフにしてから、アプリをアンインストールしたのです。このようなことが起こらないようにするには、お子さまの携帯電話に管理者権限がないことを確認する必要があります。お子さまがアプリを無効にしたりアンインストールしたりすると、ダッシュボードにアラートが表示されます。

Mobicipをリスクフリーで試す!

サポート 9.6

Mobicipは、私がテストした他のペアレンタルコントロールのアプリでは見たことがないレベルのカスタマーサポートを備えています。FAQやチケットシステムのほか、電話での問い合わせも可能です

都合の良い曜日と時間を選び、電話番号を残すと、親切なカスタマーサービスの担当者が電話をかけてきて、話をしてくれました。担当者は親切でプロフェッショナルであり、私の質問にすべて答えてくれました。

カスタマーサービス担当者との電話連絡を予約することができます

また、サポートチームにメールを送って、返事が来るまでにどれくらいかかるか確認しました。24時間以内に、ボットではなく人が書いたと思われる回答が届いたのには、とても驚きました

よくあるご質問

モビピップは安全ですか?

アプリに携帯電話の完全な管理者権限を許可するのは常に懸念事項です。個人情報、連絡先、GPSなど、すべてのデータにアクセスできるようになるのです。プライバシーポリシーに目を通し、Mobicipがデータをどのように扱うかを確認しましたが、データをマーケティング担当者に販売するなどのフラグを立てるようなものは見つかりませんでした。また、VirusTotalでアプリをテストしましたが、ウイルスやマルウェアは見つかりませんでした。ファイルにマルウェアが追加されていないことを確認するために、アプリは公式サイトからダウンロードすることが重要です

Mobicipはスクリーンタイムを制限できる?

Mobicipは、子供が携帯電話やコンピュータを使用できる時間を親が完全にコントロールすることができます。スクリーンタイム機能は、毎日の使用スケジュール、時間制限、またはその2つの組み合わせを作成することが可能です。

MobicipのWebフィルターはどのような仕組みですか?

ウェブフィルタには18のカテゴリがあり、有効化またはブロックすることができます。お子さまがウェブサイトを閲覧すると、Mobicipがウェブサイト上のコンテンツとメタデータを検査し、カテゴリのいずれかに割り当てます。そのカテゴリがブロックされている場合、子どもにはそのページがブロックされていることを示すメッセージが表示されます。もしそのウェブサイトの閲覧を許可すべきと考えたら、アプリを通じてリクエストを出し、親はアクセスを許可するかどうかを決めることができます。

Mobicipの制限を回避する方法はあるのでしょうか?

最新のアップデートで、Mobicipは子供がスクリーンタイムとウェブフィルタ機能を回避するのを防ぐ機能を改善しました。ただし、お子様が携帯電話の管理者権限を持っていて、どのような設定を探せばよいかを知っている場合は、アプリを停止することができます。アプリが無効になったりアンインストールされたりすると、ダッシュボードに通知が届くので、すぐに対応することができます。

Mobicipはどのようなプラットフォームに対応しているのですか?

Mobicipは、Windows、macOS、Android、Chromebook、Amazon Kindleで使用できます。

価格 9.4

Mobicipの価格はリーズナブルです。私が見た中で一番高くもなく、一番安くもないペアレンタルコントロールのアプリで、値段に見合った価値と保護機能を得ることができます

3つのプランがあります。

  • ベーシック:1台のデバイスを管理する無料プランで、ウェブサイトブロッカーとダッシュボードからデバイスをロックするオプションが含まれます。
  • スタンダード:最大10台のデバイスを監視し、アプリブロッカー、スクリーンタイム機能、GPSロケーター、アクティビティスケジューラーにアクセスすることができます。
  • プレミアム:最大20台のデバイスにMobicipをインストールできるプランで、ゴール&リワードシステムを含むすべてのプレミアム機能をアンロックできます。

まだよくわからないという方は、 7日間の無料トライアルがありますので、監視・フィルタリング機能の威力を実感していただくには十分な時間だと思います。開始するにはクレジットカード情報を入力する必要がありますが、試用期間が終了するまでアカウントに請求されることはありません。

Mobicip の7日間無料トライアルを試す!

Mobicipは以下のプランを提供しています

結論

アップデートされた機能は大きな改善

更新された機能と新しいデザインによって、Mobicipalペアレンタルコントロールアプリが本当に改善されたのかどうかを確認するために、このレビューを開始しました。以前のダッシュボードは、色やチャート、グラフがより多く、データを素早く見ることができたので、惜しい気持ちもありますが、大部分はとても満足しています。

スクリーンタイムツールを使えば、毎日のスケジュールやスクリーンタイムの制限を簡単に設定することができます。ウェブフィルタは簡単に設定でき、危険なウェブサイトや不適切なウェブサイトをブロックするのに優れています。同様に重要なのは、私の子供たちはこれらの制限を回避する方法を見つけることができなかったことです。

7日間リスクなく試すことができ、 子供のネット上での活動を管理するのにどれほど効果があるかをご自身で確認できます。7日間のトライアルが終了した時点でアカウントをキャンセルし、カードに請求がないことを確認しました。

Mobicipを7日間無料で試す!

共有・サポート

WizCaseは独立したレビューサイトで、読者によりサポートされていて、当サイトのリンクを通じて購入された際に、リンク先から手数料を受け取る場合があります。読者には、当サイトから購入された製品に対する追加料金は一切加算されず、当社への手数料は、製品の販売元により直接支払われます。