PrivateVPN レビュ 2023: 買うだけの価値がありますか?

PrivateVPN
実に素晴らしい!
PrivateVPNのホームページはこちら
何を検討したのでしょうか?
🚀通信速度 10 / 10
📍サーバー 9.0 / 10
👍使いやすさ 9.0 / 10
📞サポート 10 / 10
🏷️価格 8.0 / 10
情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

PrivateVPNについて 2月 2023

PrivateVPNは安価で「すべてのロック解除し、すべてを保護する」と主張していますが、こうした大胆な主張を鵜呑みにすることはできません。誇大宣伝に惑わされずに、いかに基準に達しているかを確かめるために、数週間かけて詳細にテストしました。

その結果、PrivateVPN はその主張に見合っていることがわかりました。PrivateVPNサーバーで、Netflixなどの人気のあるストリーミング サイトのブロックを容易に解除できます。また、中国などの検閲が厳しい国でも機能します!

ExpressVPNなどの業界をリードするVPNと比較して、セキュリティ機能がやや不足していますが、軍用グレードの暗号化、キル スイッチ、DNSおよび IPアドレス漏洩防止機能などの必須機能があり、オンライン上で安全を確保できます。

実際に試したいなら返金保証を利用して、PrivateVPNをノーリスクで試せます。 30 日以内なら全額返金してもらえます。実際に3週間試した後、返金保証を利用して返金をリクエストした際、5営業日以内に全額返金されました。

PrivateVPNをノーリスクで試しましょう

お急ぎですか?以下の概要をご覧ください

PrivateVPNは、Netflix、Disney+、Amazonプライムビデオ、Hulu、HBO Max、BBC iPlayerのブロックを解除

テレビ番組と映画の大ファンとして、テスト中にPrivateVPN が「すべてのブロックを解除」というキャッチフレーズを完全に満たしていたので、満足しました。

PrivateVPNには専用サーバー用の「ストリーミングサービス」タブがなくなりましたが、「専用 IPアドレス」サーバーで、最も人気のあるストリーミングサービスに常にアクセスできました。 専用 IPアドレスは動的アドレスで、他のユーザーと共有されることはありません。

専用 IPアドレスサーバーでは、接続するたびに新しいIPアドレスを使用できるため、ストリーミングサイトにより安心してアクセスできます。稀に、動作しているサーバーが見つからないことがありましたが、PrivateVPN の24時間年中無休のサポートチームが常に解決方法を教えてくれました。

Netflix: ブロックを解除

PrivateVPNでアメリカのNetflixライブラリにアクセスできた他、海外にいる同僚も他の国のライブラリにアクセスできました。PrivateVPNのWebサイトに、アクセス可能なNetflixの国がすべて記載された一覧があり、同僚とともにそのリストにあるほぼあらゆるサーバーを利用しました。その結果、いくつかの矛盾がありました。例えば、フィンランドにはヘルシンキのサーバーがなく、同僚は見つけた唯一のフィンランドのサーバー(エスポー)を利用して、問題なくNetflixにログインできました。また、他の同僚はリストに全く記載のない一部の国(チェコ共和国など)でNetflixにアクセスさえできました。

Netflix で動作するはずの PrivateVPN の Web サイトにあるサーバーのリストのスクリーンショット。

PrivateVPNのWebサイトに、Netflixに対応しているサーバーの国のサンプルがあります

遠く離れたサーバーを利用して Netflix にアクセスした際、バッファリングが最小限のみであることに気づくかもしれません。バージニア州から遠く離れたサーバーほど、ネットワーク速度が低下しました(これはVPNでは普通に起こります)。ロサンゼルスのサーバーに接続したところ、速度はわずか22Mbpsでしたが、高画質でストリーミングできる速さで、最大10秒のバッファリングが生じましたが、番組が始まると中断されることはありませんでした。テスト中、最速だったのはマイアミのサーバーで、45Mbpsでした。Netflixで「ストレンジャー・シングス 未知の世界」を4Kでストリーミングできました。

PrivateVPN に接続して4Kで「ストレンジャー・シングス 未知の世界」を視聴できました

Disney+: ブロックを解除

PrivateVPNサーバーのメインメニューでは、Disney+で機能するオプションが見つかりませんでした。サポートに問い合わせたところ、専用IPアドレスメニューからニューヨークの サーバーを利用するように言われました。試してみると、すぐにDisney+で動作しました。有料アカウントにログインして、バッファリングによる中断に対処することなく、見たかった「スターウォーズ」をすべて視聴できました。

ニューヨークにある PrivateVPNの専用IPアドレスサーバーで、Disney+に常にアクセスできました

他の専用IPアドレスサーバー(ドイツ、イタリア、カナダ、イギリス、オーストラリアを含む)でも Disney+にアクセスできます。つまり、PrivateVPNで世界中のあらゆるDisney+ライブラリにアクセスできます

Amazonプライムビデオ: ブロックを解除

PrivateVPNで、オーストラリア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイスを含むヨーロッパの一部で、Amazonプライムビデオに瞬時にアクセスできます

他の国では、標準サーバーが機能しない場合、アメリカ、イギリス、カナダ、日本などの専用IPアドレスサーバー を利用すると、高画質で遅延せずに「ザ ボーイズ」を視聴できます。

アメリカやイギリスなどの専用IPアドレスサーバーを利用して、Amazonプライムビデオで「ザ ボーイズ」を視聴できます

Hulu: ブロックを解除

あらゆるアメリカのサーバーで問題なくHulu にログインできました。「パーム・スプリングス」をわずか3 秒でロードでき、映画全体で一度もバッファリングしませんでした。そのうえ、高画質で視聴でき、Andy Sambergのおふざけの瞬間を見逃すことはありませんでした。

遠く離れたサーバーでは速度が大幅に低下する可能性があるため、可能な限り最も近いアメリカのサーバーを試すことをお勧めします。

アメリカのPrivateVPNサーバーで Hulu に確実にアクセスできます

HBO Max: ブロックを解除

ラテンアメリカのほほあらゆるPrivateVPNサーバーで、HBO Maxに瞬時にアクセスできます。アメリカの標準サーバーでうまくアクセスできなかったので、専用IPアドレスサーバーをテストしたところ、ニューヨークとロサンゼルスの専用IPアドレスサーバーは問題なく動作しました。

PrivateVPNの専用IPアドレスサーバーのおかげで、「アクアマン」を1分も見逃しませんでした

時々、番組や映画が最初にピクセル化されていましたが、2、3秒で高画質に変わりました。

BBC iPlayer: ブロックを解除

ロンドンとマンチェスターにサーバーがあるので、PrivateVPN で「ピーキー・ブラインダーズ」などのBBC iPlayerのコンテンツに容易にアクセスでき、ラグやバッファリング、画像の問題が生じることなく快適にストリーミングできます。

PrivateVPNは、BBC iPlayerに確実にアクセスできる数少ない VPNの一つです

通信速度

10

PrivateVPNは高速?(はい)

PrivateVPN は非常に高速ですが、ExpressVPNやCyberGhostなどの最高のVPNの方が高速です。最も印象的だったのは、PrivateVPNでは、地球の裏側にあるサーバーに接続しても常に高速だったことです。通常、遠く離れたサーバーでは、ping値が高くなるため、ライブストリーミング、4K 映画の視聴、オンラインゲームのプレイが困難になりますが、幸い、東京とアトランタのサーバーに接続した際、サーバーのping値 が高いにもかかわらず、ダウンロード速度がほぼ変わりませんでした。

速度テストの結果

PrivateVPNの標準IPアドレスサーバーと専用IPアドレスサーバーで同様の速度が得られました。最初にVPN接続なしでベンチマーク速度テストを実行したところ、ベースラインのダウンロード速度は188Mbpsでした。ベースラインのダウンロード速度188Mbpsで、ニューヨークのサーバー(現在地の近くにあります)に接続すると、速度が82Mbpsに低下しました。

66%の速度低下は多いように聞こえるかもしれませんが、4Kストリーミングや高画質での動画チャットなどの高帯域幅アクティビティに十分な速度です。また、6ヶ月前に同じサーバーでテストした際は、速度が68Mbpsだったので、それよりもかなり高速です。

ただし、ベース速度が遅い場合、ExpressVPNのグローバルネットワークでは、遠く離れたサーバーでもより常に高速接続を得られます

世界中のサーバーでの速度テスト結果を示す棒グラフのスクリーンショット。

PrivateVPNで、高画質でのストリーミングやその他の高帯域幅アクティビティを問題なく行えました

アメリカ、イギリス、日本のサーバーに接続した際も、通常、速度が50~90+Mbpsにとどまっていたので驚きました。ベースライン速度188 Mbpsから45~75% 低下しましたが、高画質でのストリーミングやマルチプレイヤーゲームのプレイに影響しませんでした。ただし、ベース速度が50Mpbs以下の場合、ほぼあらゆるPrivateVPNサーバーでパフォーマンスに大きな影響が生じる可能性があります。

米国、英国、ドイツ、および日本のサーバーを示す PrivateVPN 速度テストのスクリーンショット。

PrivateVPNでは、遠く離れたサーバーに接続しても超高速です

ゲーミング速度

PrivateVPNのゲームサーバーでは、遅延が原因でヘッドショットを逃したことはありません。ゲームサーバーの限界をテストするために、遠く離れたオーストラリアのブリスベンのサーバーに接続し、Counter-Strike: Global Offensiveを起動しました。速度はわずか19Mbps でしたが、スムーズにプレイでき、中断されることはありませんでした。 PrivateVPNの高速かつ強力なネットワークのおかげで、ping値の低いサーバーを容易に見つけられたので、プレイ中に煩わしい遅延が生じることはありませんでした。

PrivateVPN がオーストラリアのサーバーに接続されているときの Counter-Strike マッチのスクリーンショット。

オーストラリアのPrivateVPNサーバーで、Counter-Strike Onlineを遅延せずにプレイできました

また、PrivateVPNでは、スロットリングのリスクなしにCall of Duty: Warzone などのオンラインゲームをプレイできる点も気に入りました。ISP は、ユーザーが帯域幅を消費しすぎるとネットワーク速度を抑制(または人為的に低下)していて、よくゲーマーが標的にされますが、DNSリークテストを行った際、PrivateVPN で、潜在的な速度調整を回避し、ゲームアクティビティを隠せていることがわかりました。

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー

9.0

サーバーネットワーク

PrivateVPNのネットワークには 63 ヶ国に 200 台のサーバーがあり、ほぼあらゆるトップレベルのVPNよりもはるかに規模が小さいです。巨大なネットワークではありませんが、サーバーの数は常に増え続けていて、年間を通じて数十台のサーバーが新たに追加されています。また、サーバーのメニューリストに 200 台のサーバーがすべて表示されているわけではなかったため、サポートに問い合わせたところ、一部の場所にサーバーが複数ありますが、選んだ場所で最速のサーバーが自動的に選択されることがわかりました。

「すべてのサーバー」と「専用 IPアドレス」の 2 つのサーバーメニュータブがあります。 専用IP アドレスを使用すると、毎回一意の IPアドレスで接続できるため、両方のオプションがあると便利です。これによって、ストリーミングサイトにVPNトラフィックとして識別されづらくなるだけではなく、毎回新しいIPアドレスを使用できることから、オンライン上で追跡されることがほぼなくなります。また、同じIPアドレス を他のユーザーと共有することがないため、超高速を維持できます。そのため、ゲーム、ストリーミング、ビデオチャットを行う場合や、一意のIPアドレスを用いたセキュリティが必要な場合、可能な限り専用 IPアドレスサーバーを利用することをお勧めします。

Windows のプライベート VPN 専用 IP サーバー メニューのスクリーンショット。

14ヶ国の15ヶ所からPrivateVPN専用IPサーバーを選択できます

そのうえ、あらゆる専用IPアドレスサーバーがPrivateVPN により所有および運用されているので、PrivateVPNの厳格な安全慣行の恩恵を得るために、外部のサーバー会社に頼る必要がないため、セキュリティとプライバシーを強化できます。唯一の欠点は、アプリ内やオンライン上に専用 IPアドレスサーバーの利点に関する情報がほとんどないことです。これは素晴らしい追加機能なので、PrivateVPNが、初心者が専用IPアドレスサーバーの使い方を理解するためのサポートにより力を注いでくれると嬉しいです。

PrivateVPNのネットワークは、一部の最高のVPNよりも規模がはるかに小さいため、混雑を心配していました。ネットワークの規模が小さいと、複数のユーザーがより限られた帯域幅を共有するため、過密状態が生じて速度が低下しますが、驚いたことに、PrivateVPNに接続している際に過密状態による速度低下は生じませんでした。一ヶ所により多くのサーバーがあると、現在地の公開を防ぎたい場合により柔軟性に対処できるため、PrivateVPNが常にサーバーを新たに追加していることを嬉しく思います。

サーバーが何千台もあるVPNを利用したい場合は、ExpressVPNをテストしたところ、サーバーが数多くあり、非常に高速でした。ExpressVPNのネットワークははるかに規模が大きく( 94 ヶ国に 3000 台のサーバーがあります)、さらに多くの主要なストリーミングサイトにアクセスできます。また、 30 日間の返金保証があるので、お金をかけずにExpressVPNの最適化されたサーバーを試せます

Torサポート

PrivateVPNを利用して、TorブラウザでOnionサイトを問題なく閲覧できました。Torにより暗号化を使用してデータを隠せますが、VPNによる保護を追加すると、ダークWeb の脅威からより身を守れます。操作は、サーバーに接続してTorブラウザを開き、選択したURLに移動するだけです。

Onionネットワークは、暗号化と小規模なボランティア運営のためにすでに低速ですが、PrivateVPNに接続している際に、さらに速度低下することはありませんでした。他の VPN には、Torで優れたパフォーマンスを発揮するにもかかわらず、「Onion over VPN」サーバーがあり、一般的なWebブラウザを使用してOnionサイトにアクセスできます。例えば、OnionサイトへのアクセスにExpressVPNを試せます。追加のソフトウェアをダウンロードする必要はなく、通常のWebブラウザを使用してダークWebにアクセスするだけです。

PrivateVPNはトレントに適している?(はい)

あらゆるPrivateVPNサーバーが、BitTorrentなどのP2P クライアントでのトレントに対応しています。PrivateVPNのWebサイトにはトレントファイルをダウンロードするためのガイドもあり、速度とセキュリティを向上させるための役立つヒントが記載されています。

ニューヨークの専用IPアドレスサーバーを利用して2GBのファイルをダウンロードしましたが、5~7個のピアのシードで10分しかかからず、驚きました。通常、こうした速度を得るには、ファイル共有しているピアの数がより多く必要ですが、PrivateVPNの高速ネットワークにより、それを補えました。

とはいえ、プライバシーをあまり重視していない国(香港やアメリカなど)のPrivateVPNサーバーではトレントを利用しない方がよいでしょう。代わりに、スウェーデン(PrivateVPNにより推奨)、スイス、ルーマニア、ポーランドなどのプライバシーに配慮した国のサーバーに接続することで、より個人データの公開を防げ、安心できます。こうした国にある専用IPアドレスサーバーでは、外部の人に追跡されづらいため、最適です。 専用IPアドレスサーバーはすべて、デフォルトでポートが開いていて、高速なトレントファイルの高速ダウンロード用に事前に最適化されています。ただし、VPNを利用してトレントサイトの著作権を侵害しないように注意してください。たとえファイルの所有者であっても、必ずしも共有が合法であるとは限りません。

PrivateVPNのプライバシーポリシーに関する条項に、裁判所の命令が下された場合、ユーザーデータを当局と共有すると記載されていました。しかし、ノーログポリシーにより、トレントアクティビティが記録されることはないため、共有できるデータは何もありません。著作権で保護されたコンテンツを偶発的にダウンロードしてしまった場合でも違法行為とみなされるので、PrivateVPNにノーログポリシーがあることを嬉しく思います。VPNを利用して著作権で保護された素材をトレントすることは決してできませんが、偶発的にトレントしてしまった場合でも法的責任を負う可能性があるため、PrivateVPNで安心してトレントできます。

Private VPNは中国で機能しますか?(はい)

ExpressVPNやAstrill VPNに加え、PrivateVPNは中国などの検閲が厳しい国で機能する数少ない優れたVPNの一つです。PrivateVPNには香港、台湾、東京などの中国本土に近いサーバーがいくつかあるため、難読化(ステルスVPN)を有効にすることで、ネットワーク速度が低下することを心配する必要はありません。

PrivateVPN の設定メニューのステルス VPN オプションのスクリーンショット。

PrivateVPNの難読化により、中国やアラブ首長国連邦などのWebの利用が制限されている国でも利用できます

ステルスVPNでは、暗号化されたShadowsocksプロキシが使用されてますが、Shadowsocksは容易にブロックできるため、最も頼れる難読化形式ではありません。そのため、個人的には、独自の難読化技術を使用して中国のオープンWeb に確実かつ匿名でアクセスできるExpressVPNなどのより強力なVPNを好んでいます

中国ではVPNのWebサイトがブロックされているため、自国にいる間に必ずPrivateVPN をインストールしてください。また、渡航前に現地の法律を確認してください。中国政府はVPNユーザーを追跡していないようですが、政府によって承認されていない VPNの利用は違法で、法律違反は決して行ってはいけません。

セキュリティ

軍用グレードの暗号化

サイバー犯罪者やスパイ政府から機密情報を守るためには、トップレベルの暗号化プロトコルが不可欠です 。PrivateVPNでは、軍用グレードのAES 256ビット暗号化や、認証にSHA256 および 2,048ビットRSAキーが使用されています。これは最も高度な暗号化システムの一部で、PrivateVPNを利用することで、ハッカーによって通信を解読されることはほぼ全くありません

VPNプロトコル

デフォルトでは、UDPプロトコルを使用したOpenVPNに設定されています。OpenVPNは、速度、セキュリティ、幅広い互換性で知られています。トンネリングプロトコルには以下の選択肢があります:

  • OpenVPN over TCPは、OpenVPN UDPよりも信頼性が高く、より多くのWebサイトに対応しています。OpenVPN TCPに接続している際にWebサイトが読み込まれない場合は、UDPに切り替えてみてください。
  • L2TPは単独では強力な暗号化を提供しないため、通常、L2TP/IPsecが併用されます。PPTP(古いプロトコル)よりもセキュリティにおいて優れていますが、速度は OpenVPN よりも低下します。これは、互換性があることから、iOS デバイスで人気のあるプロトコルであるためです。
  • PPTPは、ほぼ廃止された古いプロトコルで、古いオペレーティングシステムやモバイルデバイスに接続する場合に役立つことがあります。高速ですが、セキュリティが不十分なため、安全性を要するオンラインアクティビティにはお勧めできません。ただし、高速接続を必要とする低リスクのアクティビティ(ストリーミングなど)には適しています。
  • IKEv2は、セルラーデータとWiFiデータが切り替わってもシームレスにVPN接続できるようにデザインされているため、iOSおよびAndroid モバイルデバイスで人気があります。こうした課題は携帯電話固有のもので、このニーズを満たすためにIKEv2 が開発されました。DNS、WebRTC、IPv6の漏洩を防げます。

PrivateVPNで、一般的なリークタイプについてテストしたところ、実際のIPアドレスを正常に保護できました。強力な暗号化機能を利用しても、データが漏洩する可能性があり、小規模VPN では、この種の漏洩を十分に防ぐことができず、Webサイトの管理者やその他のサードパーティに身元情報が公開されてしまう可能性があります。

まず、データ要求がVPNではなくインターネットプロバイダーに送信される際に発生するDNSリークに対してテストしました。テスト中、接続していたスウェーデンのPrivateVPNサーバーではなく、現在地に近いサーバーが見つかりました。試行錯誤した結果、Firefoxのネットワーク設定が問題の原因であることがわかりました。FirefoxのDNS over HTTPS設定によってプライバシーを保護できますが、VPN に接続している際に DNSリークテストの結果に影響が生じる可能性があります。

DNS 検出の問題を支援する PrivateVPN をサポートする Exchange のスクリーンショット。

リークテスト中に現在地の近くにサーバーがあることに気付き、PrivateVPNサポートを通じて問題を容易に解決できました

Firefox の設定を無効にして再びテストしたところ、現在地が隠されていましたが、リークテストでサーバーがスウェーデンではなくドイツのサーバー(接続していたサーバー)が明らかになったのは奇妙だと思いました。

スウェーデンの PrivateVPN サーバーに接続しているときに、ドイツの DNS サーバーを明らかにする DNS リーク テストのスクリーンショット。

DNSリークテストで、ドイツのリレーサーバーの実際のIPアドレスが隠されていることがわかりました

サポートによると、西ヨーロッパのPrivateVPNサーバーがドイツにあるリレーサーバーを介してDNS要求をルーティングするためだといいます。サポート担当者は、仮想サーバーではなくスウェーデンの物理サーバーに接続していることを保証してくれました。便利なことに、PrivateVPNのサーバーリストには、仮想サーバーの場所が示されます

こうした回答を得て安心しましたが、プライバシーに関する懸念が伴います。代わりに、ExpressVPNではあらゆるサーバーでプライベートDNSが可能なので、DNS要求に関する情報がサードパーティと共有されることはありません。

また、PrivateVPNのIPv6リーク保護が完璧に機能することがわかり、安心しました。これは、IPアドレスを隠すために重要です。VPN の多くでは、まだIPv6に対応していないため、IPv6 を有効にすると、VPNの利用中にデータがISPや他のサードパーティに漏洩してしまうことがあります。フランクフルトにあるPrivateVPNサーバーに接続してIPv6リークテストを行ったところ、IP アドレスが侵害されていないことがわかりました。

ドイツのPrivateVPNサーバーに接続中に成功したIPv6リークテストのスクリーンショット.

PrivateVPN に接続している間、IPv6 リークはなく、実際のIPは隠されたままでした

DNS、IPv6、IPアドレスリークに加え、WebRTCリークもテストしました。多くの場合、WebRTC送信は暗号化されたVPNトンネル外でブロードキャストされるため、IPアドレスと現在地が漏洩しますが、PrivateVPN が、Windowsデスクトップ、Android、iOS でのあらゆる WebRTCリークテストに合格したことに驚きました。この結果から、PrivateVPN によって実際に個人データの公開を防げ、オンラインアクティビティの匿名性を確保できていることがわかりました。

キルスイッチ – 接続が失われた際にプライバシーを保護

キルスイッチは、不可欠なVPNセキュリティ機能です。突然のサーバーのクラッシュ、停電、偶発的なサーバー接続の切断が発生した場合、IPアドレスや現在地が一瞬で明らかになってしまう可能性があります。PrivateVPNのキルスイッチは完璧に機能し、PC がスリープ状態になると有効になり、VPN接続が切断されている際に個人データが公開されることはありませんでした。

プライベート VPN インターネット キル スイッチ ダイアログ ボックスのスクリーンショット。

PC がスリープ状態になってVPN接続が切断された際、PrivateVPNのキルスイッチで個人データの漏洩を防げました

また、特定のアプリにキルスイッチを適用するための「アプリケーションガード」機能もあります。これは、複数のアプリを同時に利用していて、すべてをVPNで保護する必要がない場合に役立ちます。

スプリットトンネリング – VPN 接続からアプリやサイトを除外するための手段がない

Application Guardを発見した後、PrivateVPN にスプリットトンネリングがないことに驚きました。スプリットトンネリングは、特定のアプリを VPN 接続から除外するための一般的な機能で、ワイヤレスプリンターなどのWiFi経由で制御されるデバイスがある場合に役立ちます。また、スプリットトンネリングによって、別の国のVPNサーバーに接続している際に、ローカルコンテンツに確実にアクセスできます。

スプリットトンネルを利用して VPN 接続から特定のアプリを除外するには、ExpressVPN などの別のVPNでホワイトリスターを利用する必要があります。これにより、VPN トンネルを介して接続するプログラムを完全にカスタマイズできるため、VPNの干渉なしにトレント、天気予報の確認、ネットバンキングを同時に行えます。

広告またはマルウェアブロッカーがない

PrivateVPNには便利なセキュリティ機能が数多くありますが、残念ながら、マルウェアおよび広告ブロックがありません。こうした機能を利用するには、CyberGhostなどのやや高額なVPNの利用を検討する必要があります。テスト中、CyberGhostで、悪質なURL を自動的にブロックし、デバイスを保護できました。そのうえ、定期的に更新されているマルウェア脅威の膨大なデータベースがあります。

プライバシー機能

ノーログポリシー – PrivateVPNは決してデータを記録しないと約束している

PrivateVPN のプライバシーポリシーは明確で、身分情報やアクセスしたサイト、接続日時や接続期間などの個人データを一切記録しないと記載されています。当局への協力を完全に拒否できるわけではありませんが、プライバシー保護に真剣に取り組んでいるため、そもそも開示できるデータがありません。

ウェブサイト上の PrivateVPN のプライバシー ポリシーのスクリーンショット。

PrivateVPNはプライバシーポリシーの中で、個人データを一切収集しないことを約束しています

会社の管轄 – プライバシーに配慮した(しかし、完璧でない)スウェーデン

PrivateVPNの親会社はPrivat Kommunikation Sverige AB で、スウェーデンのソレントゥナにあります。スウェーデンでは、VPNがデータ収集法から免除されているため、ほぼあらゆる西洋諸国よりもVPNに適していますが、14アイズに加盟しています。14アイズとは、インターネットユーザーに関するデータの収集を含む、スウェーデンと他の国の政府との間のデータ共有協定をいいます。幸い、PrivateVPNなどのノーログポリシーを掲げるVPNでは、侵入的な国際協定から個人データを保護できます

独立監査 – 第三者によるセキュリティ監査は未実施

残念ながら、PrivateVPNは第三者による監査を受けていません。外部のセキュリティ企業が実施する独立監査では、VPNのセキュリティ慣行、データ管理、サーバーインフラストラクチャにより、個人データのプライバシーや安全が維持されているかについて監査されます。

最高のVPNの一部は外部監査を受けていますが、外部監査には費用がかかるため、小規模プロバイダーの多くでは率先して行ってはいません。完全に実証されたノーログポリシーを備えたVPNを好むなら、セキュリティ慣行が実世界において実証されているExpressVPNを試しましょう。ExpressVPNにはノーログポリシーがあり、かつてトルコ当局が強制捜査でExpressVPNサーバーを押収した際、ユーザーデータが全く見つかりませんでした。

サーバー地点

アイスランド
アイルランド
アメリカ
アルゼンチン
イギリス
イスラエル
イタリア
インド
インドネシア
ウクライナ
エジプト
エルサルバドル
オランダ
オーストラリア
オーストリア
対応地点をすべて見る

使いやすさ

9.0

テスト中、あらゆるPrivateVPNアプリは概ね完璧に機能しましたが、一部の「専用IPアドレス」サーバーに接続できないことがありました。最終的に、メニューにある「Install/Repair Windows TAP Adapter」オプションを使用してこの問題を修正できましたが、残念ながらその翌日にも同じ問題が生じ、TAPドライバーを集成できませんでした。サポートに問い合わせたところ、専用IPアドレスサーバーがオンラインに復帰するまで数時間待たなければならないと言われました。約2時間後に復帰しましたが、これは不便でした。

こうした稀に生じる接続の問題を除き、アプリ自体に問題が発生したことはありませんでした。WindowsおよびMacアプリで設定メニューにアクセスするのに、最初はやや手こずりましたが、慣れることができました。

同時接続デバイス数 – 最大 10 台のデバイスで正常に機能

一つのPrivateVPNライセンスで、最大 10 台のデバイスで同時に接続でき、顕著なパフォーマンスの低下はありません。ほぼあらゆるVPNで、多数のデバイスで同時に接続すると速度低下し始めますが、PrivateVPNでは減速しませんでした。Windows PC 2台、Androidフォン 2台、Mac 1台、iPhone 1台を使用して最寄りのサーバーに接続しましたが、6台のデバイスすべてでNetflixを問題なく視聴でき、バッファリングが数秒間生じましたが、それ以外に速度低下は見られませんでした。

一方、あまりないと思いますが、 ∞ 台以上のデバイスで利用したいなら、無制限のデバイスで接続できるVPNがいくつかあります。IPVanishではデバイスに制限なく接続でき、ストリーミングテストで正常に機能しました。しかし、個人的にはPrivateVPNの接続上限 ∞ 台で十分にニーズを満たせました。

対応デバイス – 一般的なデバイスとルーター向けのアプリ

デスクトップおよびノートパソコン – 幅広い互換性と容易なインストール

PrivateVPN は、WindowsにおすすめのVPNの一つですが、macOS 10.11以降、Chrome OS、Linux(Ubuntu または Debian ディストリビューション)用のネイティブアプリも備えています。複数の Linux ガイドを含む、デバイス別の便利なセットアップ ガイドがオンライン上にあります。

WindowsとmacOS用のネイティブアプリは、スタイルとレイアウトがほぼ同じです。 これは便利ですが、Basic および Advanced Viewレイアウトには魅力を感じませんでした。Basic Viewは、サーバーに接続またはサーバーを選択するための大きなボタンにすぎず、Advanced Viewでは基本的に設定メニューを開くことしかできません。ホーム画面に明確に定義された[Settings]ボタンなどがある方が理にかなっています。

Windows での PrivateVPN の Advanced View と Simple View のスクリーンショット。

PrivateVPN には、設定メニューを表示するための[Advanced View]モードがあります

また、設定の横に小さなクエスチョンマークがあり、ホバーすると各設定の機能の説明が表示されますが、このほとんどが役に立ちませんでした。例えば、[Port]の下に「Select the port you would like to connect to(接続したいポートを選択してください)」と表示されていますが、様々あるポートの用途がわからないと役に立ちません。ステルスVPN の説明など、他の説明はより役に立ちましたが、あらゆる機能について、より明確な説明があると嬉しいです。

PrivateVPN の設定メニューの説明のスクリーンショット。

設定に関するPrivateVPNの説明は、非常に役立つものもあれば、全く役に立たないものもあります

WindowsアプリとmacOSアプリの唯一の違いは、Windowsアプリには DNSリーク保護と Application Guard機能があり、Macにはこうした機能がないことです(しかし、Macアプリは DNSリークテストに合格しています)。あらゆるデスクトップアプリで、強力なセキュリティ機能を利用できた他、スムーズかつ確実にTV ストリーミング可能で、遅延せずにFPSゲームを楽しめ、トレントファイルを高速でダウンロードできました

携帯電話およびタブレット – 豊富な機能を備えた同様のアプリ

PrivateVPN は、iOSおよびAndroid デバイス、Blackberry に対応しています。

iOSアプリとAndroidアプリはほぼ同じでレイアウトがほぼ変わらず、オプションが数多くあります。ホーム画面にある大きなボタンを使ってワンタップで容易に接続できます。 デスクトップアプリのような[Advanced View]の代わりに[VPN Settings]と書かれたボタンがあり、同じ機能を果たします。このメニュー内で、VPNトンネリングプロトコルの変更、別の暗号化レベルの選択、検閲を回避するためのステルスモードの有効化などを行えます。

Android の PrivateVPN 設定メニューのスクリーンショット。

PrivateVPN 設定メニューには、機能が数多くあります

大きな違いの一つは、iOSアプリにキルスイッチがないことです。IPv6 保護オプションもありませんが、テストではデータの漏洩は見つかりませんでした。最後に、iOSのみで、Androidで使用されるOpenVPNプロトコルよりもやや高速なIKEv2/IPSecプロトコルを使用できます。その他の小さな違い(起動時にiOS用VPNが開始されないなど)は無視できますが、複数のアプリで同じ機能を利用したい場合は、不便さを感じるかもしれません。

機能に一貫性がありませんが、iOSアプリとAndroidアプリの両方に非常に様々なカスタマイズオプションがある点について、満足しています。例えば、ストリーミングやゲームをしていて、セキュリティを強化する必要がない場合、暗号化 256ビットから128ビットに下げ、高速化できます。トレントや政府の検閲の回避など、プライバシー保護強化が必要な場合は、引き続き256ビット暗号化を利用できます

どちらのモバイルアプリが優れているかについては、それぞれに妥協すべき点があります。個人的にプライバシーを最も重視しているので、Androidにキルスイッチがあるのが、嬉しく思います。しかし、iPhoneとiPad に同じレベルのセキュリティ機能が必要な場合は、CyberGhostではiOSアプリでキルスイッチを利用できます

動画プレーヤー – 容易にインストールできるが風変わりなアプリ

PrivateVPN は、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Kodiに対応しています。 Amazonアプリストアでネイティブアプリを見つけましたが、見つからない場合は、[Getting Started] ページに、こうしたデバイスへのインストール手順が記載されたドキュメントがあります。

Fire TV Stickのネイティブアプリにはキルスイッチがないことに注意してください。Kodiまたは同様のアプリを利用すると、プライバシーが危険にさらされる可能性があります。また、Android から直接移行されているため、レイアウトとナビゲーションがかなりぎこちなくなっていることに気付きました。ただし、Fire TV Stickでストリーミングした際、はじめに最小限のみバッファリングが生じただけで、遅延はありませんでした。

残念ながら、PrivateVPNにはスマート DNSがありません。暗号化されていないプロキシ サーバーを利用すると、ストリーミング サイトやその他の地域制限のあるWebサイトにアクセスできるため、今後、PrivateVPNに追加されることを願っています。一方、ExpressVPNは、メディアストリーマー機能を介してスマートDNS を提供していて、専用のVPNアプリがないスマートテレビやその他のデバイスに最適なVPNの一つです。

ルーター – インストールに専門知識が必要だが、あらゆるデバイスを保護

PrivateVPNのWebサイトで、対応しているルーター(AsusRT、Synology、DD-WRT、Tomato、Linksys、QNAP、pfSense)のセットアップ ガイドを見つけました。

ルーターをインストールすると、VPNをインストールしなくても、インターネットに接続されているデバイスをすべて保護できます。例えば、PrivateVPNにはApple TV、Playstation、Xbox 用のネイティブアプリがありませんが、ルーターをインストールすることで、こうしたデバイスを保護できます。ルーターのインストールには専門知識が必要で、手順を理解していないと機器に損傷を与える可能性がありますが、対応していないデバイスを保護する必要がある場合に非常に役立ちます。

欠点: ブラウザ拡張機能がない

Chrome、Firefox、Safari、Edge、その他のブラウザ用の拡張機能はありません。

ブラウザ拡張機能を重視しているなら、ExpressVPNには、トラフィックを完全に暗号化するためのFirefox、Chrome、Brave、Microsoft Edge、Vivaldi 用のネイティブ拡張機能があります。月額 $2.00 で、PrivateVPNよりも高額ですが、VPNをブラウザに直接詰め込み、オンライン上で匿名を確保できます。ExpressVPNのブラウザ拡張機能を試したいなら、あらゆるプランに 30 日間の返金保証があるので、納得したうえで購入できます。

容易なセットアップおよびインストール – PrivateVPNは容易にセットアップおよび利用可能

PrivateVPNをWindows、macOS、iOS、Android に問題なくインストールできます。 容易にでき、ほぼあらゆるプラットフォームで数分しかかかりません。ルーターやLinuxのセットアップはより困難ですが、こうしたプラットフォームには専門知識が必要なため、あらゆるVPN で困難です。

PrivateVPNのAndroid無料トライアルに容易にサインアップでき、5 分もかかりませんでした。必要なのは、メールアドレスを入力してパスワードを作成し、20秒で届いたメールに記載されたリンクを確認することだけでした。登録時にトライアルコードが発行されましたが、それを使用する必要はなく、必要なのはログイン情報のみでした。

トライアル版を利用している場合でも、 30 日間の返金保証を利用してPrivateVPNを丸1ヶ月間ノーリスクで試せます。ただし、返金保証はあらゆるプラットフォームで利用できますが、トライアル版は Android のみで、他のプラットフォームでは利用できないことに注意してください。

サポート

10

PrivateVPNにはフレンドリーで役立つサポートがあり、メールやライブチャットで迅速に回答を得られました。TwitterやFacebookのソーシャルメディアアカウントから PrivateVPNに連絡できますが、PrivateVPNではこうした媒体を質問への対応ではなく、主にブログ投稿を宣伝するために使用しています。 返信してもらえるかどうかを確かめるために、サポートに関する質問をTwitter DMでいくつか送信しましたが、返信がありませんでした。

24 時間年中無休のライブ チャット- 迅速で役立つ回答

ライブ チャットでは常に3 分以内に応答がありました。内容は詳細で役に立ちましたが、質問がサポートできる範囲を超えている場合は、メールでマネージャーに紹介されます。この返信には最大 24 時間かかる場合がありますが、サーバー、ストリーミング、ステルス モードなどの機能に関するトラブルは、ほぼすべて通常の担当者が解決できました。

24時間年中無休のサポートチームは世界中の様々なタイムゾーンに拠点を置いているため、対応してないような時間にも回答を得られました。チャットが終了したら、チャットのトランスクリプトをメールで受け取ることもできます。

PrivateVPNのライブチャットが LiveAgentと呼ばれるサードパーティを介して提供されていること知り、やり取りが公開されていないかどうかを確かめました。LiveAgentのプライバシーポリシーには、あらゆるチャットが暗号化されていて、他の関係者と情報を共有しないと記載されています。また、データはすべて、複数の境界アクセスポイント、24時間年中無休の警備員、CCTVビデオ、生体認証アクセス、アラームなどで保護された場所に保管されているとも述べています。しかし、LiveAgentの担当者はリモートで作業できるため、セキュリティ上のミスが生じる可能性が高いです。

ライブチャットの内容がサーバーに保存されない方がよく、そうなることで、LiveAgentユーザーがサポートサービスを評価しやすくなり、サービスが改善されやすくなります。心配だったのは、サポートを得るためにメールアドレスを入力する必要があったことです。これにより、質問内容に基づき、身元情報がオンラインアクティビティに関連付けられてしまう可能性があります。しかし、PrivateVPN にはノーログポリシーがあるため、Web 閲覧やストリーミングなどを行うだけであれば大きな問題にはなりません。

一方、トレントの利用者やwarzone ジャーナリストだったり、完全鉄壁のプライバシーを必要としていたりするなら、外部のプロバイダーからサポートを受けるのは心配かもしれません。可能な限り匿名性を保つために、常にダミーのメールアドレスを使用して問い合わせ、独自のサポートチームがあるExpressVPNなどのサービスと利用しましょう

メールサポート – 常に迅速かつ丁寧で役立つ回答

PrivateVPNは24時間以内にメールに返信することを約束していますが、Disney+のブロック解除について質問した際、わずか 15 分で返信がありました!金曜日の夜に質問しましたが、1.5時間足らずで返信がありました。これはかなり迅速です。より迅速な返信が必要なら、代わりにライブチャットを利用できます。ライブチャットを開始すると、会話を確認できるリンクが記載されたメールが自動的に送信されます。

オンラインリソースとFAQ – 簡潔なオンラインFAQとセットアップガイド

PrivateVPNにはオンラインFAQがありますが、基本的な質問に対する回答しか見つかりませんでした。Linuxやルーターなど、様々なデバイスのセットアップガイドもありますが、他のプロバイダー(ExpressVPNなど)のような広範な知識ベースはありません。

リモートアシスタンス – ユニークで役立つサポートボーナス

リモートアシスタンスは、他のVPNにはないユニークなサポートです。実際に試したところ、TeamViewerという無料のサードパーティアプリをダウンロードおよびインストールし(2 分かかりました)、リモートアクセス用のユーザー名とパスワードを24時間年中無休のチャット担当者と共有する必要がありました。

Windows の TeamViewer のホーム画面のスクリーンショット。

TeamViewerを利用して、サポート担当者に容易にPrivateVPNの機能をライブで実演してもらえました

その後、サポート担当者がデスクトップ上で操作できるようになり、PrivateVPNの機能をリアルタイムで実演してもらったり、PrivateVPNをインストールしたりするためのサポートを受けたりできます。そしてサポートに満足したら、マウスを動かして隅に表示されるTeamViewerボックスを閉じると、再び操作できます。これは、目で見て学ぶ場合に便利ですが、どうしても必要な場合にのみ利用することをお勧めします。デバイスへのリモートアクセスを許可すると、常にある程度のリスクが伴います。

TeamViewer を使用してデモを行う PrivateVPN ライブ チャット エージェントのスクリーンショット。

PrivateVPNの24時間年中無休のチャット担当者がデバイス上で操作しながら、サーバーをお気に入りに追加する方法を教えてくれました

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

価格

8.0

PrivateVPNでは 3つのサブスクリプションプランから選択でき、あらゆる有料プランに 30 日間の返金保証があります。また、Android では7 日間の無料トライアル版を利用できます。このトライアル版では、あらゆる機能を利用でき、支払い方法の入力は不要です。さらに、最初にトライアル版を利用した場合でも、有料プランで返金保証を利用できます。

3 つのサブスクリプションはすべて、ほぼあらゆる優れたVPN よりもはるかに安価でした。毎月、四半期ごと、3年ごとの支払いを選べますが、最も割安なのは3年払いで、月額 $2.00 で 83 %のディスカウントが適用されます( サブスクリプションプラン:36か月 )!

月額プランを利用したいなら、PrivateVPNの月額はExpressVPNやCyberGhost よりもやや安価ですが、気が変わったら、 30 日間の返金保証を利用できます。

支払い方法 – Bitcoinによる匿名決済が可能

PrivateVPNのサブスクリプションの料金は、クレジットおよびデビットカード、PayPal、Bitcoinで支払えます。Bitcoinで支払い可能なのは、PrivateVPNが匿名で利用できるように非常に気にかけていることを示しているため、嬉しく思います。ダミーのメールアドレスを使用してサインアップし、Bitcoinで支払うことで、VPN にサブスクライブしていることを誰にも(クレジットカード処理会社でさえも)知られません。

PayPal も優れたオプションで、PayPal のサーバー以外に支払い情報が送信または保存されることはありません。また、購入のたびにクレジットカード情報を入力する必要がないので、素早く購入できます。

返金保証 – 正当な保証で容易に返金をリクエスト可能

ほぼあらゆる競合他社と同様、PrivateVPNでもあらゆる有料プランで返金保証を提供しています。返金保証を利用して、 30 日間本格的に利用する前にPrivateVPNの機能を試せます。満足できなかったら、解約理由を伝えるだけで、容易に返金してもらえます。

返金保証が実際に機能するかどうかを確かめるために、チャットを通じて担当者に連絡したところ、スムーズに処理が進み、ストレスはありませんでした。解約の理由を尋ねられたので、気が変わったためと伝えると、返金リクエストが承認され、5 営業日後に返金されました。

ライブチャットで返金リクエストを送信することで、PrivateVPNの返金保証が機能することを確認しました
PrivateVPNは以下のプランを提供しています

まとめ

PrivateVPNは、Netflixなどのストリーミングサイトを視聴するのに最適で、遅延せずに超高速でゲームをプレイするのに適しています。ノーログポリシー、必須のセキュリティ機能、データ漏洩防止機能により、トレント、バンキング、厳格な検閲が行われている国の制限されたコンテンツへのアクセスなど、機密性の高いアクティビティを安心して安全に行えます。

主な欠点は、サーバーネットワークの規模が小さいことです。世界中のより多くのサーバーを利用したいなら、ExpressVPNなどを利用しましょう。ExpressVPNには巨大なネットワークがあります( 94 ヶ国に 3000 台以上のサーバーがあります)。とはいえ、PrivateVPNは強力なVPNで、費用対効果があります。そのうえ、 30 日間の返金保証があるので、PrivateVPNを実際に試せ、気に入らなかったら返金してもらえます。

PrivateVPNをノーリスクで試しましょう

PrivateVPNに関するよくあるご質問

PrivateVPNはNetflixにおすすめですか?

はい、PrivateVPNはNetflixの有料アカウントで正常に機能しました。海外にいるチームメンバーがテストした国すべてのNetflixライブラリにアクセスできました。ストリーミング速度も速かったので驚きました。遠く離れたサーバーに接続しても、わずか数秒のバッファリングしか生じず、テストしたサーバーすべてで、ラグや画像の問題が生じることなくNetflixを視聴できました。

PrivateVPNを無料で入手できますか?

Androidでは、7 日間の完全無料のトライアル版を入手して、機能をノーリスクで試せます。ほぼあらゆる最高の無料VPNと同様に、必要なのは有効なメールアドレスのみで、 無料トライアル版を5分足らずで起動して実行できました。

また、あらゆる有料プランに返金保証があり、Androidのトライアル版を利用しても適用されます。つまり、 PrivateVPNを7日間および 30 日間試せます。満足できなかったら、全額返金してもらえます。実際に返金をリクエストしたところ、迅速かつスムーズに処理してもらえました。ほんの数分で手続きが完了し、わずか5営業日で返金されました。

PrivateVPNは安全ですか?

はい、PrivateVPNには強力な暗号化機能があり、Web閲覧中にセキュリティと匿名性を確保できます。接続が失われた場合でもプライバシーを保護できるキルスイッチや、アクティビティを匿名に保つためのノーログポリシーもあります。また、中国で安全に機能する数少ないVPNの一つでもあります。独立監査を受けていませんが、テスト中、あらゆるデータリークテストに合格し、キルスイッチが実際に機能することがわかりました。

重要事項
スウェーデン
2009
いいえ
6
30 日保証
windows mac linux android ios router
連絡先詳細
support@privatevpn.com
www.PrivateVPN.com
他のサービスとの比較
PrivateVPN
9.2  / 10
共有・サポート

WizCaseは独立したレビューサイトで、読者によりサポートされていて、当サイトのリンクを通じて購入された際に、リンク先から手数料を受け取る場合があります。読者には、当サイトから購入された製品に対する追加料金は一切加算されず、当社への手数料は、製品の販売元により直接支払われます。