IPVanish VPN vs Private Internet Access 2019

これらのVPNを比較して勝者を決定します!

アメリカに本部があるVPNを利用してもいいと思っている人はこの二つのサービスは両方ともおすすめです。セキュリティーの観点からすると、両方のVPNはともにOpenVPN、PPTP、L2TPなど複数のセキュリティープロトコルを利用できます。両方ともAES 256ビット暗号化を利用しているほか、キルスイッチ機能があり、DNS漏洩保護もあります。両方とも
ログなし方針がありますが、5アイズ同盟国に本部があるため、本当に情報が公開されないかというのは疑問でしょう。

地域的な制限を乗り越えられるかということについて、両方ともネットフリックスにはアクセスできないと公言しています。しかしIPVanishに接続している際にアメリカとイギリスのネットフリックスはスムーズにストリーミングすることができました。 詳細情報

どのVPNがよいのか?

通信速度

Private Internet Accessの通信速度試験の結果は良好でした。ですが、IPVanishは同じ作業をしたときにPrivate Internet Accessよりも高速でした。インターネットサーフィン、コンテンツのストリーミング、トレントなどで高速だったのです。

VPN販売元 IPVanish VPN Private Internet Access
ダウンロード速度の低下 37% (UK) 35% (UK)
アップロード速度の低下 30% (FRA) 39% (FRA)
Google.comへの応答時間 363.25ms 35ms
接続にかかる平均時間(秒) 10ms 10ms
ブロック解除成功 Kodi-logo Espn-logo HBO-logo Netflix-logo Youtube-logo Bbc-logo
  サイトを訪問する サイトを訪問する

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー

IPVanishは60か国以上に1000以上のサーバーを設けています。それに対してPIAは33か国に3500以上となっています。つまり、PIAはIPVanishよりサーバー数が多いので特定の国のサーバーで遅延が発生しにくいということです。それに対してエストニアなどの国でVPNを利用したい場合はIPVanishの方が適しています。

IPVanishの素晴らしい機能はサーバーローテーション機能です。安全性を高めるためにIPアドレスを定期的に自動で切り替えてくれる機能です。

VPN販売元 IPVanish VPN Private Internet Access
サーバー地点 1000 30
サーバー国 60 30
IPアドレス 40000 3236
ダイナミックサーバー切り替え
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サーバー数を比較する際にありがちなミス・本当に注目したいポイントとは

VPNを選ぶ際、サーバー数と国数の比率は重要ポイントです。地点やサーバーの数だけに注目するのは問題です。サーバーが多いほど通信速度が速い傾向がありますが、VPN Xの方がVPN Yよりサーバーの数が若干多くてもVPN Xのユーザー数が2倍なら、VPN Xの方が遅くなります。理想的には、すべての地点にたくさんのサーバーを配置しているVPNが欲しいものです。そうすれば、使いたい地点のサーバーが負荷過重状態だったり速度が遅かったりする心配はありません。

サポート

VPNは24時間年中無休のライブチャットがある方がいいと思います。この二つのVPNではIPVanishしかそのサポートを提供していません。

PIAもIPVanishも詳しい知識ベースやFAQ欄があり、チケットシステムではメールに短時間で回答してもらえます。

VPN販売元 IPVanish VPN Private Internet Access
メールへの回答にかかる時間 0.2 36
24時間週7日間のサポート
ライブチャット
知識ベース
動画チュートリアル
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

使いやすさ

IPVanish VPN
このVPNをダウンロード、インストールした際には全く問題ありませんでした。ソフトウェアは機能性重視で、無駄がないのが特徴です。ユニークな機能とたくさんのサーバーを用意していることが自慢のようです。最近、新しい2.0番のソフトウェアを公開し、サーバーマップなどたくさんの機能を追加しています。しっかりしたセキュリティープロトコルの面でとても良いと思いました。

ここではログ方針、支払い、暗号化の強度、追加のプライバシー機能などを見ていきました。以下のようなことが分かりました。


  • 256ビット暗号化の強度

  • DNS漏洩保護内蔵

  • NATファイアウォール

  • BitCoin決済に対応

Private Internet Access
このVPNのダウンロードとインストールは比較的簡単で、インターフェイスも分かりやすいので好みのサーバーに簡単に接続することができます。PIAにはキルスイッチがあるのでVPN接続が故意に途絶えた場合にも匿名性を保護することができます。また、IPv6漏洩保護もあります。

中国に入る場合はファイアウォールを通過するためにはL2TPプロトコルを利用する必要があります。ネットフリックスにいつでも接続できるとは限りませんが、接続できた場合はアメリカでしか見られないような番組でも見られるようになります。

プライバシーに関して注目したいポイントは以下の通りです。

  • ログなし

  • 256ビット暗号化

  • BitCoin決済に対応

  • DNS漏洩保護を内蔵
  • 価格

    最低月額料金: $ 3.25
    ライセンスにつき利用可能端末数: 10
    返金保証期間(日) 7
    最低月額料金: $ 3.33
    ライセンスにつき利用可能端末数: 5
    返金保証期間(日) 7

    勝者は…

    IPVanish VPNのホームページはこちら

    あなたに最適なものを決めましょう

    パフォーマンス試験によると、この2つのVPNは似ている部分が多く、いくつかのメリットも確認されました。しかしIPVanishはたくさんのサーバーがあり、通信速度も非常に高速です。また、価格パッケージの点でも良好で、返金保証もあるのでPrivate Internet Accessよりも頼りになるVPNだと言えるでしょう。 詳細情報

    共有・ご支援

    WizCaseをご支援ください。誠実で中立的なアドバイスを保証できるように弊社のサイトをシェアするようお願い致します。