情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

レビュー基準

Wizcaseに掲載されているレビューは、製品やサービスに対するレビュアーの独立した、正直で専門的な検証に基づくものであることを保証するために、厳しいレビュー基準を満たしています。この基準では、製品の技術的な品質や特徴に加えて、ユーザーにとっての商業的な価値を考慮することが求められており、これがウェブサイト上での製品のランキングに影響を与える可能性があります。

McAfee vs Bitdefender 2021年版。あなたに最適なアンチウイルスは?

佐々木 健太
佐々木 健太が9月 09, 2021に更新

McAfeeとBitdefenderは外見がよく似ているため、どちらを選ぶか迷ってしまいます。そこで、両ブランドのアンチウイルスプログラムを15のカテゴリーで比較し、どちらのブランドが本当にベストなのかを検証してみました。

結論から言うと、McAfeeがトップになったのですが、その差はわずかでした。McAfeeのマルウェア対策は、強力なスキャンを実行しても、デバイスの速度を低下させることはありません。さらに、パフォーマンスの向上、家族全員のオンラインでの安全性の確保、ネットワーク全体の安全性の確保など、優れた機能が豊富に用意されています。さらに、McAfeeの返金保証制度を利用すれば、60日間リスクなく試すことができます。私も返金制度を試してみましたが、手続きは迅速かつ簡単で、1週間後には返金されました。

それに比べて、Bitdefenderは強力なウイルス対策ソフトですが、制限があります(例えば、いくつかのプランはWindowsでしか使えません)。しかし、私が特に感心したのは、高速なVPN、専用のゲームモード、パスワードマネージャーなどです。自分でサービスを試してみたい方は、Bitdefenderの30日間の返金保証を利用することができます。私はこれを利用し、わずか5日で返金を受けました。

今すぐMcAfeeのリスクフリーを試す!

時間がない?1分でわかるまとめ

McAfee logo
bitdefender logo
ウイルススキャナー 複数のスキャンタイプで
マルウェアの100%を検出・隔離しました。
5種類のウイルススキャナーを搭載していますが
1つのマルウェアテストファイルを逃しました
リアルタイム保護 新たに登場した脅威を100%検出 最新の脅威の99.7%をフラグおよびブロックします。
システムパフォーマンス 顕著なシステムへの影響なし デバイスのスローダウンを最小限に抑える
VPN 23カ国にサーバーを設置していますが、速度が遅く、ストリーミングサービスのブロック解除に苦労しています。 世界27カ国に設置されたサーバーで高速通信、Netflix USのブロック解除も可能
ペアレンタルコントロール 位置情報の追跡、ウェブフィルタリング、スクリーンタイムスケジュールなど、包括的でユーザーフレンドリーな保護機能を搭載 設定や操作が難しい。ジオフェンシング、ウェブフィルタリング、スクリーンタイムスケジュールなどの機能がありますが、iOSではオプションが非常に限られています。
ファイアウォール すべてのプランでカスタマイズ可能なファイアウォール 高度にカスタマイズ可能なファイアウォール – ただし、Antivirus Plusまたは無料版では利用できません。
パスワードマネージャー 無料で15個のパスワードのみを保存 すべてのプランでパスワードを無制限に保存
ゲーミング 別途「Gamer Security」パッケージにのみ含まれます。 ゲームモードは、ゲームプレイを自動的に検出し、最適化します。
最適化ツール QuickClean、App Boost、およびWeb Boost バッテリーセーバーとワンクリックオプティマイザー
その他の機能 ブラウザ拡張機能、安全なファイルシュレッダー、ランサムウェア対策、その他 ブラウザ拡張機能、安全なファイルシュレッダー、ランサムウェア対策、その他
デバイスの互換性 Windows、Mac、Android、iOS Windows、Mac、Android、iOS
顧客サービス 24時間365日のライブチャット、電話サポート、コミュニティフォーラム 24時間365日のライブチャット、電話サポート、メールチケット、コミュニティフォーラム
価格 優れたコストパフォーマンス – すべてのプランですべての機能を利用可能 平均的なコストパフォーマンス – 1を除くすべてのプランで機能が制限されています。
無料版 無料トライアルやプランはありません 基本無料版あり
返金保証 60日 30日

McAfeeをリスクフリーで試す!

McAfeeとBitdefenderを比較しました

  1. ウイルススキャナー – 各アンチウイルスが既存のウイルスやマルウェアをどれだけブロックできるかを判断します。
  2. リアルタイムの保護 – 各アンチウイルスがリリースされたばかりのマルウェアをどれだけ正確に検出するかをテストしました。
  3. システムパフォーマンス – 両方のアンチウイルスプログラムを実行しながら、デバイスをモニターしました。
  4. VPN – 速度、データ漏洩、サーバー接続のテストを行いました。
  5. ペアレンタルコントロール – 私は、家庭内の複数のデバイスにペアレンタルコントロールを設定しました。
  6. ファイアウォール – ファイアウォールの有効性を確認し、カスタマイズオプションをテストしました。
  7. パスワードマネージャー – 両方のパスワードマネージャーの性能を比較しました。
  8. ゲーム – 各アンチウイルスが動作している間にゲームをプレイし、ラグを測定しました。
  9. 最適化ツール – 最適化ツールを使って、デバイスのパフォーマンスを向上させました。
  10. その他の機能 – 追加機能の有効性と付加価値を検討しました。
  11. デバイスの互換性 – 各アンチウイルスをデスクトップおよびモバイルデバイスにダウンロードしました。
  12. カスタマーサービス – サービスを測定するために、個人的にカスタマーサポートに連絡しました。
  13. 価格 – サブスクリプションプランを比較して、最もお得なプランを探しました。
  14. 無料版 – 試す価値があるかどうか、無料版を試してみました。
  15. 返金保証 – プランを購入し、各アンチウイルスの返金ポリシーをテストしました。

今すぐMcAfeeのリスクフリー版を試す!

1.ウイルススキャナー – McAfeeの高速スキャンで既知のマルウェアを100%検出

McAfeeとBitdefenderはどちらも正確なマルウェアスキャンを行います。しかし、McAfeeの方がスキャン速度が速く、私のテストでは、McAfeeはテストPC上のマルウェアを1つも見逃しませんでした

ウイルス対策ソフトを比較するために、それぞれが提供しているスキャンの種類を調べてみました。

McAfee Bitdefender
クイックスキャン
フルスキャン
カスタムスキャン
脆弱性スキャン
レスキュー環境スキャン

どちらのアンチウイルスソフトにも「脆弱性スキャン」が搭載されているのがいいですね。これは、デバイスにアップデートが必要なアプリやソフトウェアがないかどうかを調べるものです。デバイスを常にアップデートすることで、脆弱性を利用してシステムを攻撃するマルウェアの可能性を減らすことができます。

Bitdefenderは1つの追加スキャンタイプを提供しています。レスキュー環境スキャンは、「セーフモード」でデバイスをチェックし、通常の操作モードではアクセスできない脅威を除去します。McAfeeにも、マルウェアに深く感染した機器に対して同様の機能を提供してほしいですね。

スキャン時間に関しては、数分の差でMcAfeeの方が速いです。Bitdefenderのクイックスキャンは7分、フルスキャンは1時間弱で、私のデバイス全体(268GB!)を検査しました。フルスキャンは1時間弱かかりました。

Bitdefenderのほぼ満点のスコアは業界平均を大きく上回っていますが、1つのファイルがあればウイルスはあなたのデバイスに感染する可能性があります。

これらのアンチウイルスサービスはどちらもトップクラスのウイルススキャンを提供しており、Bitdefenderがあなたにとって完璧に機能すると思うかもしれません。しかし、私自身のテスト結果からは、既存のあらゆる種類のマルウェアを検出できるMcAfeeをお勧めします

ウィルススキャナーの勝者:McAfee

McAfeeであなたのデバイスを守る!

2.リアルタイムの保護 – McAfeeは新しいマルウェア攻撃の100%を防御します。

私のテストでは、McAfeeはすべてのリアルタイムの脅威から私のデバイスを保護することに成功しました。Bitdefenderもほぼ完璧な検出率を誇っていましたが、私はMcAfeeが提供する保護機能の方が好きです。

満点を獲得するために、McAfeeはGlobal Threat Intelligenceテクノロジーを採用しています。このクラウドベースのソフトウェアは、マルウェアの挙動を分析し、脅威がどのように振る舞うかを正確に予測します。未知のアイテムに不審な行動を発見すると、McAfeeはデバイスに感染する前にブロックします。この技術はクラウドベースであるため、McAfeeは常にアップデートを行い、最新の脅威からお客様を守ります。

Bitdefenderは同様の技術を用いて、リアルタイムのマルウェア攻撃からお客様のデバイスを効果的に保護します。「振る舞い検知」と呼ばれる技術を用いて、アプリ、ソフトウェア、ネットワーク接続(ダウンロードしたファイルを含む)を注意深く監視し、疑わしい動作がないかどうかを確認します。疑わしい動作が検出された場合、その項目は直ちに隔離され、お客様が安全か悪質かを判断できるようになっています。

全体的に見て、これらのウイルス対策パッケージに大きな違いはありません。McAfeeとBitdefenderの両方とも、ゼロデイのマルウェア攻撃から保護することができます。しかし、私のテストでは、McAfeeがBitdefenderよりも少し優れており、満点を達成しました

リアルタイムマルウェア保護の勝者:McAfee

McAfeeを60日間試す!

3.システムパフォーマンス – McAfeeは、お客様のデバイスにほとんど影響を与えずに動作します。

特にMcAfeeやBitdefenderのような影響の少ないパッケージでは、アンチウイルスがシステムのパフォーマンスにどの程度影響を与えるかを測定するのは難しいでしょう。慎重にテストした結果、McAfeeがBitdefenderを上回りました。

トウェアをインストールしたりしても、遅延や中断はありませんでした。まるでMcAfeeが私のデバイスを保護するために負荷を一切かけていないかのようでした。同様のテストで、McAfeeが他の業界リーダーよりも優れた結果を出したことは、特に印象的でした。

Bitdefenderは影響が少なく、オンラインの脅威からあなたを保護する際に明らかな違いを感じることはほとんどありません。しかし、お使いのデバイスの速度は低下します。テストでは、ウェブページを開く速度が通常より17%遅くなり、インストールでは最大28%遅くなりました。つまり、Webサイトを読み込むのに数秒以上、インストールが完了するのに数分の待ち時間が発生します。McAfeeでは、このような待ち時間がほとんどないため、システム全体のパフォーマンスを考えると、McAfeeの方が優れています。

システムパフォーマンスの勝者:McAfee

McAfeeをリスクフリーで試す!

4.VPN – Bitdefenderはダウンロード速度が速く、ストリーミングサービスのブロックも解除される

VPNにアクセスするには、McAfeeでは自動更新にサインアップする必要があり、BitdefenderではプレミアムプランにのみVPNが含まれています。この2つのVPNのうち、私はBitdefenderの方が好きです。BitdefenderのVPNは、あなたのオンライン活動を保護するだけでなく、Netflixやその他のストリーミングプラットフォームを見ることもできます。

残念ながら、McAfeeのVPNはNetflixにまったくアクセスできませんでした。また、McAfeeはサーバー拠点が少なく(Bitdefenderの27拠点に対して23拠点のみ)、速度も遅いです。スピードテストを行ったところ、Bitdefender社のVPNは、数秒のバッファ(buffering)だけで番組をストリーミングできるほどのスピードがありました。

さまざまなサーバーに接続されたBitdefenderのVPNのスクリーンショットとOokla速度テストの結果。
Bitdefenderのダウンロード速度には満足しています。

セキュリティの面では、どちらのVPNも高い暗号化レベルを備えており、オンラインでの活動を隠し、データの漏洩を防ぎます。オンライン・バンキング・アプリにアクセスするときも、オンライン・ショッピングをするときも、私が何をしているかは誰にも(インターネット・サービス・プロバイダーにも)知られていないという安心感があります。

VPNの勝者:Bitdefender

Bitdefenderを30日間試す!

5.ペアレンタルコントロール – McAfeeが子どものデバイスをより包括的にコントロール

McAfeeとBitdefenderはどちらもアンチウイルスプランにペアレンタルコントロールを提供していますが、高度なオプションと簡単なセットアップの点でMcAfeeの方が優れています

McAfeeのセーフファミリー機能をダウンロードしてセットアップするのに3分もかかりませんでしたし、メインダッシュボードからすべてのコントロールを簡単に確認できるのも良かったです。ダッシュボードでは、子どもの居場所を正確に把握したり、画面を見ない時間を設定したり、有害・不適切なWebコンテンツをフィルタリングしたりすることができます。

iPhoneにリンクされたMcAfeeSafeFamilyのペアレンタルコントロール機能のスクリーンショット
子供のデバイスにMcAfeeのセーフファミリーを設定するのは簡単でした。

また、子どものデバイス上のアプリに変更が加えられたり、ルールが破られたりすると、セーフファミリーが警告してくれるのもいいですね。最近の子どもたちはますますハイテクに詳しくなっているので、通知を受けずにMcAfeeの設定を変更することができないというのは安心ですね。

Bitdefenderは、ジオフェンシング機能やしっかりとしたウェブフィルタリング機能を備えていますが、アプリの設定が難しいのが難点です。私の子供のiPadにアプリをダウンロードして設定するのに10分以上かかりましたが、それは設定の操作が難しかったからです。

McAfeeの「Safe Family」は、Windows、Mac、Android、iOSに対応しており、どのアプリでも同様の機能を備えています。BitdefenderのParental Advisorは、同じOSでサポートされていますが、iOSでは機能が著しく劣ります。使いやすさと適用範囲の広さを考えると、私はMcAfeeの「Safe Family」オプションが好みです。

ペアレンタルコントロールの勝者:McAfee

McAfeeを60日間試す!

6.ファイアウォール – McAfeeのファイアウォールはすべてのプランで利用可能です。

McAfeeとBitdefenderの両方のファイアウォールは、トップクラスのネットワークセキュリティを提供しますが、McAfeeは、すべてのアンチウイルスプランにこの機能を提供します。Bitdefenderは、Antivirus Plusパッケージにファイアウォールを提供していません。強力なファイアウォールを持つことは、セキュリティを維持するために不可欠であり、Bitdefenderがプランにファイアウォールを含まないということは、このカテゴリーではMcAfeeがトップであることを意味します。

McAfeeのファイアウォールには、カスタマイズ可能なオプションが豊富に用意されているので、自分好みのネットワークセキュリティを設定することができます。オプションの多さに圧倒された場合でも、ファイアウォールは自動的にトップクラスの保護を提供するように設定されているので、一切手を加える必要はありません。

マカフィーのファイアウォールのスクリーンショット。
McAfeeのカスタマイズオプションで、自分好みのファイアウォールを簡単に設定できる

特に気に入っているのは、McAfee独自の機能である「侵入検知」と「ネットガード」です。侵入検知機能では、ハッカーがデバイスにアクセスしようとしていることを警告し、ネットガード機能では、不要なネットワーク接続や不審なネットワーク接続をマークします。

Bitdefenderのファイアウォールは、自宅、職場、公共の場など、接続するネットワークに応じて賢く設定します。さらに保護を強化するために、公共のWi-Fiを使用している場合に便利な、効果的にあなたを見えなくするステルスモードを有効にすることができます。残念ながら、Bitdefenderは最低価格帯のプランにはファイアウォールが含まれていないため、より高額なパッケージを購入しないとカバーできません。

ファイアウォールの勝者:McAfee

McAfeeを60日間試す!

7.パスワードマネージャー – Bitdefenderが無制限のパスワードストレージを提供

McAfeeのTrue Keyは良い機能ですが、Bitdefenderのパスワードマネージャーは、私がテストしたアンチウイルスパッケージの中で最も優れたものの一つです。特に感心したのは、Bitdefenderが無制限のパスワードストレージを提供していることです。McAfeeでは15個のパスワードに制限されていますが、私のすべてのアカウントには十分ではありません。

Bitdefenderのパスワードマネージャーのスクリーンショット。
Bitdefenderはとても使いやすく、オンラインアカウントの詳細をすぐに追加することができました。

既存のパスワードマネージャーからBitdefenderにパスワードを移すのはとても簡単でした。また、Bitdefenderが私のログインデータを自動的に入力する際に、遅延が発生しないこともわかりました。多くのパスワードマネージャーは詳細を自動入力するのに時間がかかりますが、Bitdefenderは1秒以内に私の情報を入力しました。

BitdefenderとMcAfeeは、クレジットカード番号、社会保障番号、機密文書などの個人情報を無制限に保存することができます。この2つのパスワードマネージャーに入力された情報は、軍や政府機関が採用しているAES-256ビット規格を用いて厳重に暗号化されます。

パスワードの数が少ない場合は、McAfeeのTrue Keyが安全な選択肢となります。しかし、ほとんどの人は15個をはるかに超えるパスワードを持っているので、総合的にはBitdefenderのパスワードマネージャーの方が良い選択です。

パスワードマネージャーの勝者:Bitdefender

Bitdefenderで安全に過ごす!

8.ゲーム – Bitdefenderが内蔵のゲームモードでゲームプレイを最適化

BitdefenderがMcAfeeに勝ったのは驚きでした。McAfeeはGamer Security専用のアンチウイルスパッケージを用意しています。残念なことに、McAfeeは低インパクトにするために、いくつかの重要なセキュリティ機能を妥協しました。つまり、ゲーム用アンチウイルスとしてはBitdefenderの方が良い選択です

Bitdefenderには、ゲーム中のシステムのパフォーマンスを最適化するために設計された特定のゲームモードがあります。ゲームモードでは、CPUパワーをバックグラウンドプロセスからゲームに向けて転換し、ゲームをよりスムーズに実行します。何よりも、ゲームモードはあなたがゲームをしていることを検出すると自動的に開始されるので、手動で設定する必要はありません。Bitdefenderには、あなたのデバイスの使い方を学習して最適化を提案するオートパイロットモードもあります。定期的にゲームをされる方は、Bitdefenderが自動的に設定を調整し、優れたゲームプレイを実現してくれることでしょう。

McAfeeのウイルス対策プランには、「Gamer Security」パッケージを購入しない限り、専用の「Game Mode」はありません。しかし、McAfeeの「ゲーマー・セキュリティ」は、悪質なウェブサイトやフィッシング詐欺のブロックに関しては効果がないことがわかりました。つまり、ゲームをするためには十分な性能を発揮しますが、全体的なセキュリティについては妥協することになります。ゲーマー向けに特化したアンチウイルスではありませんが、包括的な補償を提供するBitdefenderを選択する方が良いでしょう。

ゲーミングモードの勝者:Bitdefender

Bitdefenderを30日間試す!

9.最適化ツール – McAfeeがデバイスのパフォーマンスを大幅に強化

このカテゴリではMcAfeeの方が優れており、デバイスのパフォーマンスを最適化するための様々なツールを提供しています。Bitdefenderにも全体的なパフォーマンスを向上させる機能はありますが、McAfeeの機能ほどのインパクトはありませんでした。

McAfeeには3つの素晴らしい最適化ツールがあります。QuickClean、App Boost、Web Boostです。QuickCleanツールは、不要なCookie、ジャンクファイル、閲覧履歴を削除し、デバイスのスペースを空けるのに役立ちます。私のテストでは、実行に20秒もかからず、安全に削除できる4,000以上の不要なアイテムが見つかりました。これにより、私のWindowsノートパソコンでは約400MBのスペースが空きました。

WindowsでのMcAfeeQuickClean機能のスクリーンショット
QuickCleanにスキャンさせたいデバイスのエリアを簡単に設定できます。

App BoostとWeb Boostは、同様の働きをして、デバイス使用中のパフォーマンスを向上させます。App Boostは、開いているアプリを判断し、CPUパワーをそれらのアプリに振り向けることで、スピードを維持し、パフォーマンスを向上させます。また、あなたがよく使うアプリを学習して、それらのアプリがより早く開いて読み込まれるようにします。Web Boostは、自動再生のビデオや広告を停止することでブラウジングを顕著に改善し、バッテリー駆動時間も長くなりました。残念ながら、この機能はWindows用のChromeブラウザ拡張機能としてのみ提供されています。

Bitdefenderの最適化ツールは、パフォーマンスを向上させるために舞台裏で働いています。ラップトップやタブレットのバッテリー寿命を節約するバッテリーモードや、ワンクリックでパフォーマンスとスピードを向上させるワンクリックオプティマイザーがあります。しかし、私のテストでは、Bitdefenderがデバイスのパフォーマンスを積極的に最適化している様子は見られませんでした。デバイスの最適化に関しては、McAfeeの方が優れたアンチウイルスです

最適化ツールの勝者:McAfee

McAfeeを60日間試す!

10.その他の機能 – McAfee、Bitdefenderともに、幅広い便利なツールを搭載

この部門では、McAfeeとBitdefenderの両方がセキュリティ向上のために効果的な機能を備えているため、同点となりました。Bitdefenderの方が多くの機能を備えていますが、McAfeeの方がより効果的な機能を備えています。

両ウイルス対策ソフトの特徴を表にまとめてみました。

McAfee Bitdefender
ブラウザ拡張機能
ランサムウェア対策
ネットワークモニター
スパムメール対策モニター
ウェブカムとマイクの保護
ファイルシュレッダー
個人情報漏洩対策
暗号化されたストレージ
セキュアバンキング

いくつかの機能には制限があります。McAfeeのWebAdvisorブラウザ拡張機能はWindowsでしか利用できませんし、Bitdefenderのアンチスパムはいくつかのメールプラットフォームでしか動作しません。

どちらのウイルス対策ソフトも優れた機能を備えています。私が特に感心したのは、ランサムウェアの攻撃から守るMcAfeeの「ランサムガード」機能です。アプリやソフトウェアの不審な変更を監視し、ブロックしてくれます。また、ランサムウェアやスパイウェアが存在する場合は警告してくれるので、対策を講じることができます。

Bitdefenderの最も印象的な機能は、オンラインバンキングやショッピングを安全に行うために設計されたSafePayツールです。このツールは、スクリーンショット、キーロギング、およびあらゆる種類のデータ傍受をブロックする新しいデスクトップ環境を開きます。機密情報にアクセスする必要があるときは、いつでもこのツールを使うことをお勧めします。

どちらのアンチウイルスも提供している機能は高品質で、使う可能性の高いツールであることに満足しています。デバイスのセキュリティを確保する機能を求めるなら、McAfeeの方が優れた選択肢があります。オンライン上の個人情報を保護するには、Bitdefenderの機能の方が適しています。

その他の機能の勝者:引き分け

McAfeeを60日間試す!

11.デバイスの互換性 – Bitdefenderは複数のデバイスで使用しやすい

McAfeeとBitdefenderは、Windows、Mac、Android、iOS用のアプリを用意しています。どちらもすぐにダウンロードして設定できますが、Bitdefenderはすべてのデバイスでアプリを簡単に操作できる点が優れています。

Bitdefenderのアプリはユーザーフレンドリーなデザインで、設定の変更やスキャンの実行などが簡単にできます。このアプリは初心者に適していますが、上級者は特定の設定を素早く変更できる点が気に入っています。

Bitdefenderのデスクトップインターフェース
Bitdefenderのすべての設定は明確に説明されており、簡単に操作することができます。

McAfeeは、明るく魅力的なインターフェースを持っていますが、少し使いにくいです。Windows用とMac用のアプリは、ラベルが分かりづらく、目的の設定を見つけるのが難しい。例えば、「QuickClean」機能は、「Remove Cookie and Trackers」というラベルのついたボタンです。McAfeeの機能や設定の場所を覚えるには時間がかかります。

McAfeeのモバイルアプリの方がはるかに操作しやすいですが、ユーザーフレンドリーなウイルス対策アプリを探しているのであれば、Bitdefenderの方が良いと思います

デバイスの互換性の勝者:Bitdefender

Bitdefenderを30日間試す!

12.カスタマーサービス – Bitdefenderは24時間365日のスピーディーなサポートを提供します。

Bitdefenderはこのカテゴリで勝利を収めました。カスタマーサービスは24時間365日のライブチャット、Eメールチケット、電話サポートで利用可能です。また、Bitdefenderはコミュニティフォーラムを持っており、これはあなたの質問が時間的に限られていない場合の良いオプションです。残念ながら、私の問題を解決するために1時間以上かかったので、McAfee のライブチャットサービスには失望しました。

Bitdefender の顧客サービスのオプションをすべてテストした結果、ライブチャットが最も効果的な方法であることがわかりました。1 分以内に担当者に接続され、私の質問に詳細な回答を得ることができました。電子メールチケットも同様に印象的で、1時間以上で回答が得られました。Bitdefender に電話で問い合わせる場合、少し時間がかかるかもしれませんが、より複雑な質問がある場合には最適なオプションです。

McAfeeの電話サポートとコミュニティ・フォーラムは、回答を得るための簡単な方法だと思いました。McAfee の電話サポートでは、エージェントからの電話を保留にして待つ必要がなく、その日を過ごすことができたのが良かったです – 10 分で電話がかかってきました。電話サポートのエージェントは知識が豊富で親切ですが、McAfee のライブチャットは全く逆でした。比較的簡単な質問に答えるのに40分もかかり、エージェントは私が尋ねていることを理解していなかったので、何度も言い直さなければなりませんでした。ライブチャットは通常、即時のサポートを受けるための最良の方法ですが、McAfee のサービスは残念な経験となりました。

カスタマーサービスの勝者:Bitdefender

Bitdefenderを30日間試す!

13.価格 – McAfee Total Protectionの方がお得

Bitdefenderは全体的に安価ですが、McAfeeはすべてのプランにプレミアム機能を搭載しています(ファミリープランでのみ利用可能なSafe Family機能を除く)。Bitdefenderでは、高価なプランでは一部の機能が制限されています。つまり、McAfee Total Protectionは、最も安いプランでもお得なのです

Bitdefenderの最も安いプラン(FreeとAntivirus Plus)は、Windows上でのみ動作し、ファイアウォール、デバイス最適化ツール、ペアレンタルコントロールが付属していません。プレミアムパッケージにアップグレードしない限り、これらの機能は得られません。

McAfeeは、複数のデバイスに対応し、包括的にカバーしているため、価格が高くても妥当だと思います。McAfee、Bitdefenderともに、クレジットカード、デビットカード、PayPalがご利用いただけます。

価格の勝者:McAfee

McAfeeを60日間試す!

14.無料版 – 無料プランがあるのはBitdefenderだけ

このカテゴリーでは、McAfeeが無料プランを提供していないため、Bitdefenderがトップになっています。

無料版では、Bitdefenderの高度な脅威検知とリアルタイムのマルウェア保護が受けられます。また、有害サイトをフィルタリングするウェブプロテクションや、デバイスのパフォーマンスを向上させる最適化ツールが利用できるのも嬉しいポイントです。Bitdefenderの無料プランは、クラウドベースのスキャンのため、非常に低負荷であることがわかります。Windowsデバイスを使用している場合は、アンチフィッシングや詐欺防止の保護もあります。

この無料プランには高度なランサムウェア対策が含まれていないため、フルカバーのセキュリティではありませんが、ウイルス対策パッケージでは、高度な機能はプレミアムユーザー向けに予約するのが通例です。オンラインバンキングや重要書類などの機密情報を扱うことのないデバイスで基本的な補償を求めるのであれば、Bitdefender無料版は堅実な選択です。

無料版の勝者:Bitdefender

Bitdefenderを無料で試す!

15.返金保証 – McAfeeは、60日間のサービステストと全額返金を提供しています。

どちらのアンチウイルスも返金保証を提供していますが、McAfeeのポリシーは60日間と最も長くなっています。Bitdefenderは30日間の返金保証しかありません。

McAfeeもBitdefenderも返金が簡単ですが、私はMcAfeeの迅速な対応に満足しています。McAfeeのサポートサイトで返金を依頼したところ、理由を聞かれて「その他」を選択しましたが、それ以上の説明は求められませんでした。

払い戻しリクエストの理由を尋ねるマカフィーカスタマーサポートのスクリーンショット
McAfeeに返金を要求する際、特に理由を述べる必要はありませんでした。

その後、いくつかの連絡先を入力するように言われ、エージェントから電話がかかってくるまで10分もかかりませんでした。キャンセルを考え直すようにとは言われませんでした。McAfeeのエージェントは私の要求をすぐに処理し、7営業日後にはお金が戻ってきました。

Bitdefenderのプロセスはよりわかりやすいですが、時間がかかります。私はカスタマーサポートに返金を求めるメールを送る必要がありました。念のため、保証期間が終了する数日前にキャンセルメールを送ることをお勧めします。私はBitdefenderから5日後にお金を返してもらいました。

返金保証の勝者:McAfee

McAfeeを60日間試す!

そして勝者は…McAfee(僅差でした)。

大規模なヘッド・トゥ・ヘッドのテストの結果、McAfeeが8つのカテゴリーで、Bitdefenderが6つのカテゴリーでトップになりました。また、同点は1項目のみでした。その結果、僅差でMcAfeeが勝利しました

McAfeeとBitdefenderはどちらも、マルウェアからトップクラスの保護を提供する優れたアンチウイルスパッケージであり、あなたのデバイスの安全性を高めます。

デバイスのセキュリティを重視する場合は、McAfeeがお勧めです。新規および既知の脅威に対するマルウェア検出率は100%で、常に高レベルの保護を提供します。また、徹底したスキャンを行うにもかかわらず、システムへの影響は驚くほど少ないのです。

価格は若干高くなりますが、どのプランを選択してもすべての機能を利用できるため、McAfeeの方がお得です。さらに、McAfeeの返金保証を利用すれば、自動更新に加入している場合は、60日以内であればサービスを試し、返金を受けることができます。

Bitdefenderはより詳細な設定が可能で、より上級者向けの選択肢となっています。分かりやすいインターフェースと使いやすい機能で、適切な設定を簡単に行うことができます。万が一、問題が発生した場合は、Bitdefenderのカスタマーサービスが24時間体制で対応してくれますBitdefenderでは30日間の返金保証がついていますので、自分に合ったサービスかどうかを確認することができます。もし気が変わったら、簡単に返金してもらえます。

総合勝者:McAfee

McAfeeを60日間試す!


イチオシ!
Norton
$39.99 / 月 60%引き
TotalAV
$29.00 / 月 51%引き
Bullguard
$30.00 / 月 40%引き
Intego
$39.99 / 月 43%引き
この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.50 3 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
佐々木 健太
佐々木健太は慶應大学卒のテクノロジーマニアです。彼は個人情報が悪用されないようにするために、オンラインプライバシーの保護が重要であると考えています。