ExpressVPN vs IPVanish VPN 2019

これらのVPNを比較して勝者を決定します!

ExpressVPNはVPNで期待したいすべての機能がそろっています。妥協なしのプライバシー保護とセキュリティー対策が可能ですし、中国のファイアウォール(金盾)やアメリカのネットフリックスも通過できますし、ストリーミングやトレントに適した高速通信が魅力的です。IPVanishもネットで匿名性を守り、セキュリティー対策するのにはとても役立つツールですが、中国やネットフリックスのブロックは通過できないことが多いでしょう。さらに、プライバシー保護が一番重要という人には残念なことに、このVPNはファイブアイズ同盟の一員であるアメリカに本社があります。 詳細情報

どのVPNがよいのか?

通信速度

IPVanishは多数のサーバーがあり、帯域幅が無制限なので通信速度は速いでしょう。しかし名前の通り、ExpressVPNは超高速通信で有名で、ストリーミングやトレントするときに最適なチョイスです。

VPN販売元 ExpressVPN IPVanish VPN
ダウンロード速度の低下 18% (UK) 37% (UK)
アップロード速度の低下 20% (FRA) 30% (FRA)
Google.comへの応答時間 24ms 363.25ms
接続にかかる平均時間(秒) 11ms 10ms
ブロック解除成功 Netflix-logo Hulu-logo Kodi-logo Espn-logo Youtube-logo Bbc-logo Kodi-logo Espn-logo -logo Netflix-logo
  サイトを訪問する サイトを訪問する

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー

60か国以上に1000個以上のサーバーがあるIPVanishはとても充実したネットワークがあります。それでも、ExpressVPNは94か国に2000以上のサーバーがあり、IPVanishとは比べ物になりません。

VPN販売元 ExpressVPN IPVanish VPN
サーバー地点 148 1000
サーバー国 94 60
IPアドレス 1500 40000
ダイナミックサーバー切り替え
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サーバー数を比較する際にありがちなミス・本当に注目したいポイントとは

VPNを選ぶ際、サーバー数と国数の比率は重要ポイントです。地点やサーバーの数だけに注目するのは問題です。サーバーが多いほど通信速度が速い傾向がありますが、VPN Xの方がVPN Yよりサーバーの数が若干多くてもVPN Xのユーザー数が2倍なら、VPN Xの方が遅くなります。理想的には、すべての地点にたくさんのサーバーを配置しているVPNが欲しいものです。そうすれば、使いたい地点のサーバーが負荷過重状態だったり速度が遅かったりする心配はありません。

サポート

ExpressVPNのカスタマーサポートは24時間週7日体制のライブチャットがあるほか、メールやソーシャルメディアで問い合わせられますし、質問やコメントに素早く対応してくれます。ほかにも、たくさんのチュートリアルがあるので、技術的な情報が欲しい場合、すでにカバーされているはずです。IPVanishも主要プラットフォーム用のチュートリアルをたくさん用意しています。しかし質問がある場合、メールとチケットでしか問い合わせることができません。役に立ちますが、対応してもらえるまでやや時間がかかります。

VPN販売元 ExpressVPN IPVanish VPN
メールへの回答にかかる時間 3 0.2
24時間週7日間のサポート
ライブチャット
知識ベース
動画チュートリアル
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

使いやすさ

ExpressVPN homepage screenshot
ExpressVPNはとても簡単にインストールできますし、インターフェイスもとても使いやすいです。また、OpenVPN、L2TP/IPsec、SSTP、PPTPなどのたくさんのプロトコルに対応していますし、どれが最適か分からない場合は自動で選択してくれるのも便利です。軍事レベルの暗号化、キルスイッチ、IP/DNS漏洩対策のあるサービスは本当に素晴らしいでしょう。さらに、すべてのサーバーを独自にホスティングしているので、サードパーティの会社がセキュリティーを脆弱にするということもありません。
IPVanish VPN
IPVanishもとても簡単にセットアップして利用できます。PPTP、L2TP、OpenVPNなど多数のプロトコルに対応していますし、AES 256ビット暗号化、キルスイッチ、IP/DNS漏洩対策などでセキュリティー対策も万全です。また、すべてのサーバーを独自にホスティングしています。

価格

最低月額料金: $ 6.67
ライセンスにつき利用可能端末数: 5
返金保証期間(日) 30
最低月額料金: $ 6.49
ライセンスにつき利用可能端末数: 10
返金保証期間(日) 7

勝者は…

ExpressVPNのホームページはこちら

あなたに最適なものを決めましょう

AmazonファイアTVを除いてExpressVPNの方がIPVanishより頼りになり、高速で安全です。価格重視だとしても毎月3%ほど節約できるだけではあまり差がないと思いませんか? 詳細情報

共有・ご支援

WizCaseをご支援ください。誠実で中立的なアドバイスを保証できるように弊社のサイトをシェアするようお願い致します。