情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

McAfee vs Norton: 2023年におすすめのセキュリティソフトは?

ケイト・ホーキンス
ケイト・ホーキンスが2月 01, 2023に更新

業界をリードするこの2つのウイルス対策ソフトの違いの分析を試みることは難しいかもしれません。McAfeeとNortonが業界最大のライバルであるのに正当な理由があるかを確認したかったのです。それを確かめるために、一連の厳密なテストを行いました。

テストした結果、Nortonが僅差でより優れていました。マルウェア検出率が100%で、クラウドストレージやパスワードマネージャーなどの非常に便利な機能を備えています。また、 60日間の返金保証があるので、Nortonをノーリスクで試せ、気が変わったら容易に全額返金してもらえます。

McAfeeには頼れる追加機能がありますが、Nortonほどの独自のツールはありません。しかし、マルウェア検出率が100%で、最高の保護機能を備えています。また、McAfeeをノーリスクで試せ、適していなかったら、全額返金してもらえます。

Nortonを60日間ノーリスクで試しましょう

お急ぎですか?以下のカテゴリー別比較表をご覧ください

McAfee logo

ノートン セキュリティのロゴ

ウイルススキャナー

高速スキャン(クイック、フル、カスタム)

超高速スキャン(クイック、フル、カスタム)と独自のNortonインサイト機能

リアルタイムのマルウェア防御

リアルタイムテストでゼロデイマルウェアを 100%検出およびブロック

リアルタイムテストでゼロデイマルウェアを 100%検出およびブロック

スステムパフォーマンス

システムの平均速度低下は8%

システムの平均速度低下は9.75%

VPN

20ヶ所以上にサーバーがあり、高速かつトレントに対応

29ヶ所にサーバーがあり、様々なセキュリティツールを備え、一貫して高速

ペアレンタルコントロール

Windows、Mac、Android、iOS向けの幅広い機能

Windows、Mac、Android、iOS向けの高度なカスタマイズオプション

ファイアウォール

高度にカスタマイズ可能な設定で、デフォルトで強力な保護機能

デフォルトで強力な保護機能、ウイルス対策保護

パスワードマネージャー

アップグレードしない限り、15個のパスワードのみ管理可能

あらゆるプランでパスワードを無制限に管理可能、独自の自動変更機能

ゲームモード

App Boostにより、ゲームを素早く読み込め、高速かつスムーズにプレイ可能

サイレントモードにより、中断されずにプレイでき、ポップアップとバックグラウンドプロセスを停止可能

最適化ツール

ファイルクリーンアップ、アプリブースト、Web ブースト

ディスクデフラグツール、ファイルクリーンアップ、スタートアップマネージャー、サイレントモード

その他の機能

ID保護、Webセキュリティ、ファイルシュレッダーなど

ID保護、Webセキュリティ、クラウドバックアップ、Webカメラブロッカーなど

使いやすさ

Windows、Mac、Android、iOS向けの直感的に操作可能なアプリ

Windows、Mac、Android、iOS向けの直感的に操作可能なアプリ

カスタマーサービス

対応が遅い、問題解決に問題がある – 24時間年中無休のライブチャット、電話サポート、オンラインFAQなど

迅速な対応および問題解決 – 24時間年中無休のライブチャット、電話サポート、オンラインFAQなど

価格

特に初年度の割引後は全体的に割高

より手頃な価格に加え、より多くの機能を備え、費用対効果がある

無料版

支払い情報の入力が不要な30日間の無料トライアル

30日間の無料トライアル – 支払い情報を入力する必要あり

返金保証

30日間の返金保証

60日間の返金保証

Nortonをノーリスクで試しましょう

McAfee vs Nortonをテストおよび比較した際に用いた手段

以下の15カテゴリーに基づき、McAfeeとNortonを比較しました。

  1. ウイルススキャナー – 各ウイルススキャナーがパソコン上のあらゆる脅威を検出できるかどうかをテストしました。また、各種類のスキャン速度を比較しました。
  2. リアルタイムのマルウェア防御 – 新しくリリースされたマルウェアを検出できるかどうか、誤検知があるかどうかをテストしました。
  3. システムパフォーマンス – 様々なタスクで、デバイスのパフォーマンスに与える影響を測定しました。
  4. VPNどちらも統合VPNを備えているので、各VPNの速度、セキュリティおよびストリーミング機能を確認しました。
  5. ペアレンタルコントロール – 各ウイルス対策ソフトにあるペアレンタルコントロール機能の有効性と使いやすさをテストしました。
  6. ファイアウォール – ウイルスからどの程度身を守れるかをテストし、各ファイアウォールのデフォルトオプションとカスタマイズオプションを調べました。
  7. パスワードマネージャー – 各パスワードマネージャーをテストして、デバイス全体でパスワードが収集、保存、生成される方法を確認しました。
  8. ゲームモード – 各ウイルス対策ソフトを実行しながらオンラインゲームをプレイし、ゲーム用に最適化されていて、どちらが遅延や中断が生じないかを確認しました。
  9. 最適化ツール – 各最適化ツールとそのデバイスのパフォーマンス向上に対する有効性をテストしました。
  10. その他の機能 – 追加機能をチェックして、利用する価値があるかどうかを確認しました。
  11. 対応デバイス – Windows、Mac、Android、iOS にウイルス対策ソフトをダウンロードし、各デバイスのクライアントの使いやすさをテストしました。
  12. カスタマーサービス – ライブ チャット、メール、電話サポートの効率性と有用性を確認しました。
  13. 価格 – 各ウイルス対策にあるプランを調べて、どのプランに本当に費用対効果があるかを判断しました。
  14. 無料版 – 無料トライアル版をダウンロードして、役立つかどうかを確認しました。
  15. 返金保証 – 返金ポリシーをテストして、返金してもらえるかどうかを確認しました。

Nortonをノーリスクで試しましょう

1. ウイルススキャナー – Nortonがより迅速にマルウェアを検出

Nortonのウイルススキャナーは驚くほど高速で、このカテゴリーにおいてMcAfeeよりも勝っています。両方のウイルス対策ソフトでシステム全体のスキャンを実行し、Windows PCで778,000を超えるアイテムをスキャンしたところ、驚いたことに、Nortonではフルスキャンがわずか12 分で完了したに対し、McAfeeでは53分かかりました。

NortonとMcAfeeには同じスキャンオプションがあります:

  • クイックスキャン – マルウェアが頻繁に標的とするデバイス上の最もリスクの高い領域に焦点を当てます。
  • フルスキャン – 接続された外付けドライブを含め、デバイス上のあらゆるファイル、アイテム、領域を確認します。
  • カスタムスキャン – マルウェアを確認するための特定のファイルとフォルダを指定できます。

Nortonのスキャナーはより高速なだけではなく、スキャン速度をさらに向上させるためのNortonインサイトツールも備えています。Nortonインサイトでは、スキャン済みで安全であることが判明したファイルとフォルダにフラグが付けられ、アイテムに変更がない限り再スキャンされません。既知の安全なファイルが再スキャンされないため、わずか 3 分でフルスキャンできました!

利用可能なさまざまなスキャン オプションを示すノートンの Windows アプリのスクリーンショット。

Nortonのカスタマイズオプションにより、より高速かつ徹底的にスキャンできます

McAfeeには便利な日本語のインターフェースがあり、適切なスキャンタイプを容易に選択できます。スキャンを実行する頻度をカスタマイズし、都合のよい時間にスケジュールできます。テスト中、パソコンの電源を入れた際にクイックスキャンを毎日実行し、フルスキャンを1ヶ月に1回実行するようにスケジュールしました。

Windows アプリでの McAfee のスキャン オプションのスクリーンショット。

McAfeeでは、都合のよい時間に容易にスキャンをスケジュールできます

どちらのウイルス対策ソフトも機械学習を用いて新しい脅威を識別し、テストした際、リアルタイムのマルウェアの脅威(ランサムウェア攻撃を含む)の検出率が100%でした。McAfeeの検出率は優れていますが、Nortonでは高速かつ正確にウイルスをスキンでき、McAfee を上回っています

ウイルススキャナーで勝っているのは: Norton

Nortonのウイルススキャナーをノーリスクで試しましょう

2. リアルタイムのマルウェア防御 – NortonとMcAfeeのいずれも優れたスコア

リアルタイム保護に関しては、NortonとMcAfeeは同等です。どちらも検出スコアが優れていて、誤検知がなく、誰もが容易にセットアップできます。

パソコン上の既存の脅威を見つけられることは良いことですが、感染を防げることが重要です。テストマシンをセットアップし、過去24 時間に発見されたマルウェアの脅威で各ウイルス対策ソフトを実行したところ、いずれもランサムウェア攻撃を含む最新のゼロデイ脅威をリアルタイムで100%ブロックできました

Nortonの強力なリアルタイム保護は業界をリードしています。洗練されたSONAR分析によって最新の脅威を検出でき、利用しているWebサイトやファイルに対する既知の脅威を照合するだけでなく、アプリケーションの動作を調べて、広く検出される前に潜在的なリスクを判断します。SONAR 分析により、Nortonの保護機能は他の数多くのウイルス対策ソフトよりも一歩先を行っていて、常に最新のセキュリティ対策を確保できます。

McAfeeは、高度なグローバル脅威インテリジェンスを用いて、マルウェアを検出してブロックします。このクラウドベースのソフトウェアにより、既知のマルウェアの特性を調べ、最新の脅威の動作が予測されます。また、クラウドベースであるため、デバイスのシステム全体への影響も軽減できます。

どちらも誤検知はありませんでした。 多くの一般的なウイルス対策ソフトでは、テスト中に数十の誤検知があったため、これは素晴らしい結果です!また、どちらも脅威を自動的に隔離または削除できるため、脅威が見つかった際に対応する必要がない点も気に入っています。

リアルタイムのマルウェア防御で勝っているのは: 同等

Nortonをノーリスクで試しましょう

3. システムパフォーマンス – McAfeeの方がわずかに高速

McAfeeの方が様々なタスクにおいて、システムパフォーマンスがより優れています。Nortonも高速でしたが、特定のタスク(Webサイトの起動やファイルのコピーなど)では数パーセント低速でした。

速度の違いを測定するために、スキャンの実行、Webサイトの読み込み、ファイルのコピー、プログラムの起動など、テストをいくつか実行しました。

平均速度低下

CPUの速度低下(スキャンなし)

CPUの速度低下(クイックスキャン中)

CPUの速度低下(フルスキャン中)

人気サイトの起動

ファイルのコピー(ローカル)

標準アプリの起動

平均

Norton

2%

3%

9%

11%

3%

11%

9.75%

McAfee

2%

2%

12%

5%

0%

11%

8%

重要なのは、NortonとMcAfeeの両方で、高強度のスキャン中にシステムへの影響を最小限に抑えられることです。どちらのフルシステムスキャンを実行しても、パソコンのパフォーマンスがほぼ変わりませんでした。いずれも普段はバックグラウンドで静かに実行され、仕事、Web閲覧、ストリーミング、ゲームなどで中断されることはありませんでした。

全体として、システムパフォーマンスに関してはMcAfeeの方がやや高速ですが、Nortonも優れたウイルス対策ソフトに期待以上の性能を備えています。

システムパフォーマンスで勝っているのは: McAfee

McAfeeをノーリスクで試しましょう

4. VPN – NortonのSecure VPNではデータ通信量が無制限で、29ヶ所にサーバーがある

NortonのSecure VPNは優れた機能を備えていて、安全にWeb閲覧やストリーミングが可能です。McAfee のSafe Connect VPNとは異なり、Secure VPN にはキルスイッチ(VPN 接続が中断された際にインターネットアクセスを切断できる)、スプリットトンネリング、広告トラッカーのブロック、自動接続機能があります。また、日本語のネイティブアプリのインターフェースは操作しやすく、数回クリックするだけで、29ヶ所にあるサーバーのいずれかに接続できます。

一方、McAfeeの Safe Connectには、キルスイッチ、スプリットトンネリング機能、自動接続機能がありませんが、20ヶ所以上にグローバルサーバー接続があり、トレントに対応しています(NortonのSecure VPNはP2P 接続に対応していません)。また、Safe ConnectはSecure VPNよりもやや高速で、インターネットの速度が13%(115Mbpsから100Mbps)低下しただけでしたが、Secure VPNでは 25%(86Mbps)減速し、より大きな影響がありました。

どちらも帯域幅とデータ通信量が無制限で、好きなだけ安全な接続を利用できます。また、DNSやIPアドレスの漏洩などのセキュリティ上の欠陥についてテストしましたが、いずれも漏洩はありませんでした。これによって身元が公開されるのを防げるため、匿名でWeb閲覧するうえで重要です。

Netflix、Disney+、Amazonプライムビデオを視聴した際、NortonのSecure VPN の方がストリーミングサイトへのアクセスにおいてはるかに優れていて、容易にローカルサーバーに接続でき、すぐにストリーミングを開始できました。一方、McAfeeのSafe Connect では問題が生じ、VPNを無効にするように指示するエラーメッセージが頻繁に表示されました。

最終的に、NortonとMcAfeeは、統合VPNを備えた最高のウイルス対策ソフトです。どちらも、個人データの公開を防げ、オンラインアクティビティの匿名性を保てます。しかし、Norton のSecure VPNにはセキュリティ機能がやや多くあり、全体的により優れています。

VPNで勝っているのは: Norton

NortonのVPNをノーリスクで試しましょう

5. ペアレンタルコントロール – Nortonの方がわずかに費用対効果が高い

どちらにも質の高いペアレンタルコントロールがあり、現在地を追跡したり、不適切なアプリをブロックしたり、訪問したWebサイトを追跡したりできすが、追加機能があり、カスタマイズ可能なため、Nortonペアレンタルコントロールが最も優れています

ノートン360のペアレンタルコントロール設定のスクリーンショット。

Nortonには、容易にアクセスできる様々なペアレンタルコントロール機能があります

Nortonでは、視聴されているYouTube動画を追跡するように構成することも可能です。動画のスニペットが表示されるので、年齢に適しているかどうかを確認できます。また、スクールモードを有効にして、気が散るものを取り除き、検索エンジンの使用状況を追跡することもできます。

McAfeeには、子どものデバイスの正確なGPS追跡機能がある他、スクリーンタイム機能や不適切なコンテンツをブロックするための機能があります。しかし、ソーシャルメディアは監視できず、より高額なオプションです。一方、Nortonではこの機能をより安価で利用できます。

iPhoneにリンクされたMcAfeeSafeFamilyのペアレンタルコントロール機能のスクリーンショット

McAfeeのペアレンタルコントロールは、容易にセットアップして利用できます

以下の表で機能の完全な比較をご覧ください:

McAfee

Norton

利用時間の監視

デバイスの制限

動画の監視

モバイル機能

Webサイトの追跡

位置追跡

検索の概要

スクールタイム設定

アラート

大部分において、 両方のペアレンタルコントロールに同様に効果的な設定機能があります。どちらも強力で、オンライン上と実生活において子どもの安全を守るのに役立ちますが、Nortonは全体的に価格が安く、追加機能がいくつかあるため、このカテゴリーに僅差で勝っています。

ペアレンタルコントロールで勝っているのは: Norton

Nortonをノーリスクで試しましょう

6. ファイアウォール – どちらのファイアウォールにも強力なセキュリティ機能がある

NortonとMcAfeeには、カスタマイズ可能なファイアウォールがあり、身を守れます。どちらも絶えずアプリケーションを監視して安全であることを確認し、疑わしい動作に気付いた際にブロックし、ネットワークへの侵入のリスクについて警告します。Nortonには、人気のあるアプリやサイトにアクセスできるように構成されたホワイトリストがあります。一方、McAfeeのホワイトリストは手動で構成する必要があり、これには少し時間がかかります。

どちらも最高のセキュリティを確保するためにファイアウォールを手動で構成する必要がない点が特に気に入っています。ダウンロード時にネットワークを完全に保護するように構成されているため、設定は全く不要です。

WindowsでのNorton360のファイアウォール設定のスクリーンショット。

Nortonには、広範なカスタマイズオプションがあり、セキュリティ機能をカスタマイズできます

McAfeeのファイアウォールのレベルの高いカスタマイズ機能に驚きました。様々なオプションのためのドロップダウンメニューが数多くあります。これは、ウイルス対策ソフトを使い慣れていない人にとって、やや圧倒されるように思えるかもしれませんが、ファイアウォールのセキュリティレベルをカスタマイズしたい場合は、構成可能な設定が数多くあるのが理想です。

McAfeeファイアウォール機能のスクリーンショット

McAfeeにはオプションが数多くあり、ファイアウォール設定を容易にカスタマイズできます

重要なのは、Nortonのファイアウォールでは100%確実に身を守れることです。ウイルスがNortonの防御を通過した場合、テクニカルサポートチームが協力してウイルスを除去し、ウイルスを除去できない場合、全額返金されます。Nortonのファイアウォールでは、開いているポートを隠して、ハッカーやスパイにデバイスにアクセスされるのを防げ、セキュリティをさらに強化できます。

ファイアウォールで勝っているのは: 同等

Nortonをノーリスクで試しましょう

7. パスワード マネージャー – Nortonの方がより多くのプランで多くの機能がある

Nortonのパスワードマネージャーは、McAfeeよりもはるかに優れていて、あらゆるプランでログイン情報のための無制限のストレージと高度なパスワード自動変更機能を利用できます。自動変更機能により、Webサイトの新しいパスワードを自動的に生成し、変更でき、手動で変更する必要はありません。一部のWebサイトでは機能しませんが、NetflixとRedditで機能しました。

Norton360のパスワードマネージャーボールトのスクリーンショット

Nortonの統合されたパスワードマネージャーにより、セキュリティを向上させ、容易にログインできます

一方、McAfeeのTrue Keyでは、最も高額なパッケージにアップグレードしない限り、15個のパスワードしか保存できません。これは、ほとんどの人にとって不十分です。私は、ログイン情報が400組近くあります。幸い、デジタルウォレットやセキュアメモストレージは無制限です。McAfeeのTrue Keyパスワードマネージャーは、あらゆるサブスクリプションプランで利用できます。

McAfee TrueKeyパスワードマネージャーのスクリーンショット

McAfeeのパスワードマネージャーは使いやすいですが、保存できるパスワードが15 個のみで非常に限られています

全体として、NortonとMcAfeeのパスワード生成機能、ログイン情報の保存機能、関連するオンラインフォームへの自動入力機能に満足していますが、 Nortonには自動変更機能と無制限のパスワードストレージがあるため、このカテゴリーにおいて勝っています.

パスワードマネージャーで勝っているのは: Norton

Nortonのパスワードマネージャーを試しましょう

8. ゲームモード – McAfeeのApp Boostでより素早くゲームを読み込める

McAfeeのApp Boostで、遅延せずにゲームをプレイできました。この機能はNortonにはありません。App Boostで、最も CPUパワーを消費するゲームを監視し、バックグラウンドプロセスから電力をそらせます。また、より素早くゲームを起動し、読み込めました。

McAfeePCパフォーマンス画面のスクリーンショット

McAfeeのApp Boostでは、アプリに顕著な違いがありました

Nortonのサイレントモードはゲーマーにとって優れたツールで、ゲームの途中で煩わしいポップアップが表示されるのを防ぎ、バックグラウンドアクティビティを抑制してゲームプレイをスムーズに保てます。

ノートンのサイレントモードがオンになっているスクリーンショット。

Mortonのサイレントモードで、中断されずにゲームをプレイしたり、他のフルスクリーンアプリを起動したりできます

しかし、Nortonの サイレントモードを有効にしてもパフォーマンスが向上しませんでした。また、ゲームプレイを改善するための専用のゲームモードもありません。

NortonとMcAfeeで同様のゲーム体験を得られます。プレイ中にバックグラウンド通知を無効にするなど、どちらもゲーム用ウイルス対策ソフトに期待される重要な機能を備えています。また、バックグラウンドタスクを一時停止できるため、プレイ中にシステムのリソース(CPUとGPU)を最大限に活用できます。しかし、McAfeeのApp Boostではゲームをより高速かつスムーズにプレイできるため、このカテゴリーにおいて勝っています。

ゲームモードで勝っているのは: McAfee

McAfeeをゲームプレイで試しましょう

9. 最適化ツール – Nortonの方が、より幅広いデバイス最適化機能がある

NortonとMcAfeeには、デバイスのパフォーマンスを向上させるための最適化ツールがいくつかありますが、Nortonにはパフォーマンスを向上させるための機能がより幅広くあるため、このカテゴリーにおいて最適です

Nortonには以下の機能があります:

  • ディスクの最適化 – ハードディスクを最適化して、利用可能な空き容量をすべて統合し、デバイスをよりスムーズに実行できるようにします。
  • ファイルのクリーンアップ – デバイスから一時ファイルと使用されていないファイルを削除して、空き容量を増やします。
  • スタートアップマネージャー – デバイスの電源を入れた際に自動的に起動するアプリを管理して、起動時間を短縮します。
  • グラフ監視 – CPU パワーを最も多く使用しているアプリが表示されるので、使用していないときはそのアプリをシャットダウンできます。
  • 消音モードとサイレントモード – 特定のアプリの使用中またはフルスクリーン モードの際にバックグラウンドプロセスを一時停止し、通知を無音にしてパソコンのパフォーマンスを向上させます。

Norton のパフォーマンス最適化ツールのスクリーンショット。

Nortonの最適化ツールは「パフォーマンス」メニューにあり、容易にアクセスできます

Nortonの最適化ツールが非常に機能し、驚きました。ディスクの最適化およびファイルのクリーンアップ機能は迅速かつ完璧で、5分足らずでディスクを最適化し、一時ファイルをすべて削除できました。古いデバイスを利用している場合、もう少し時間がかかる可能性がありますが、パフォーマンスが大幅に向上するため、待つ価値があります。また、スタートアップマネージャーでソフトウェアを管理し、気づかないうちに自動的に実行されていました。電源を切ることで、パソコンの起動時間が45秒からわずか15秒に短縮されました。

McAfeeの最適化ツールには、以下があります:

  • クイッククリーン – 一時ファイル、重複ファイル、ジャンクファイルを見つけて削除し、デバイスの空き容量を増やします。
  • アプリとWebのブースト – 開いているアプリや使用中のアプリにCPUパワーを振り分けてパフォーマンスを向上させ、動画の自動再生を停止してWebサイトの読み込みを高速化させます。

McAfeeの最適化ツールは迅速かつ効率的に機能し、パフォーマンスを向上できます。アプリとWebのブーストで、アプリの起動とWebページの表示速度に顕著な違いが生じました。残念ながら、WebブーストはGoogle Chrome拡張機能としてのみ利用できます。クイッククリーンも便利で、30秒足らずでパソコンから何千もの不要なファイルを削除できました。

WindowsでのMcAfeeQuickClean機能のスクリーンショット

McAfeeのクイッククリーンで、4000以上の不要ファイル、一時ファイル、重複ファイルを削除できました

しかし、McAfeeにはNortonのあらゆるプランに含まれている起動およびディスクオプティマイザがありません。そのため、デバイスのパフォーマンスを向上させたい場合は、Nortonの方が適しています

最適化ツールで勝っているのは: Norton

Nortonをノーリスクで試しましょう

10. その他の機能 – Nortonの方が便利なサイバーセキュリティツールが多くある

NortonとMcAfeeの両方に便利な機能がありますが、Nortonがいくつかの重要な追加機能において勝っています:

Norton

McAfee

クラウドバックアップ

Webセキュリティ

Chrome、Firefox、Edge、Safari で利用可能なSafe Web

Chrome、Firefox、Edgeで利用可能な WebAdvisor

ファイルシュレッダー

ウェブカメラブロッカー

暗号化されたストレージ

個人情報保護

(アメリカ、イギリス、ドイツ)

(アメリカのみ)

どちらも個人情報の盗難防止機能があり、インターネット(ダークウェブを含む)で個人データの流出を監視できます。また、個人情報が疑わしい場所で使用された場合にも警告されます。これは優れた機能で、基本的なマルウェア防御を超え、デジタル セキュリティを強化できますが、Nortonの個人情報保護は、アメリカ、イギリス、ドイツで利用できるのに対し、 McAfeeでは現在アメリカでのみ利用できます。

また、Norton のID保護機能で、ソーシャルメディア、クレジットカード情報、保険、ゲーマータグも監視でき、満足しました。 監視するデータの入力にはやや時間がかかる場合がありますが、定期的にチェックされ、情報が盗まれたり悪用されたりしていないことを確認できるため、安心できます。

McAfeeのファイルシュレッダーで、機密ファイルを破棄できるため、ハッカーにファイルを再構築されるのを防げます。その暗号化されたストレージは、銀行口座や税務情報などの機密ファイルやフォルダを隠すのにも役立ち、AES-256 ビット暗号化(突破することは不可能)によって保護されています。

Nortonにはこうした機能がありませんが、暗号化されたクラウドストレージ(2 GB~200 GB)をあらゆるプランで利用できる点が気に入っています。これによって、ランサムウェア防止を補完でき、デバイスが侵害された際も、最も機密性の高いファイルが別の場所に安全な状態であることを知り、安心できます。容易にセットアップでき、スケジューリングオプションを素早く構成するだけで、それ以上操作せずにファイルを定期的にバックアップできました。

Nortonの Webカメラブロッカーで、必要なときに特定のアプリでのみ Webカメラにアクセスできます。Webカメラを露出したままにしておくとリスクがあるため、この機能を利用することで、特に子どもとデバイスを共有している場合に安心できます。

全体として、NortonとMcAfeeの両方に、オンラインとオフラインのセキュリティを向上させるためのトップレベルの機能がありますが、Norton にはクラウドストレージ、Webカメラ保護機能、包括的なID保護機能があるため、このカテゴリーにおいて勝っています

その他の機能で勝っているのは: Norton

Nortonの追加機能を試しましょう

11. 使いやすさ – どちらも使いやすく、一般的なオペレーティングシステムに対応

NortonとMcAfeeはどちらも、Windows、Mac、iOS、Androidで容易に利用でき、ウイルス対策ソフトを初めて利用する場合でも、利用したことがある場合でも問題なく使いこなせます。Nortonの方が、主にカスタマイズ機能により、全体的により直感的に操作できます。新しい「My Norton」インターフェースを選択するか、従来の「Norton 360」インターフェースに切り替えることができます。これにより、日本語のネイティブアプリを容易にナビゲートでき、様々な設定を簡単に見つけて構成できました。

ノートンの 2 つの異なるインターフェース、マイ ノートンとクラシックのスクリーンショット。

Nortonインターフェースをカスタマイズして、ナビゲートしやすくできます

一方、McAfeeの日本語のデスクトップ用ネイティブアプリのインターフェースは、明確で容易に操作でき、アプリ間で同様の外観を備えています。しかし、一部の機能の名前が曖昧なため、特定の設定を見つけるのが困難です。例えば、WebAdvisor ツールには「Web 上で保護」というラベルが付いています。はじめはあまり直感的に操作できませんでしたが、しばらく使ってみると容易に操作できました。 幸い、モバイルアプリツールはより簡単に見つかります。

WebAdvisor機能を強調したMcAfeeアプリダッシュボードのスクリーンショット

McAfeeのアプリ内のツールが明確にラベル付けされていて、使いやすくなると嬉しいです

McAfeeでは、ペアレンタルコントロールや ID保護など、あらゆる機能をアプリのインターフェースから利用できるわけではありません。こうした機能にはオンラインダッシュボードからのみアクセスでき、やや不便です。Nortonのように様々な機能のオンラインダッシュボードへのクイックリンクがある包括的なアプリの方が好きです。

モバイルアプリでは、Nortonには AndroidとiOSで同じ機能があり、ブラウザを使用している際に、マルウェア対策スキャン、詐欺電話のブロック、Web保護などのツールにアクセスできます。一方、McAfeeのAndroidアプリには、デバイスの最適化機能、追跡およびセキュリティツール、Web保護機能があります。iOS アプリはそれほど包括的ではありませんが、マルウェアによる脅威をスキャンし、ブラウザを保護できます。

NortonとMcAfeeはどちらも、Windows、macOS、Android、iOSの現在および以前のバージョンに対応しています:

Norton

McAfee

Windows

11、10、8.1、8、Vista、7 SP1、XP(32 ビット)

11、10、8.1

Mac

現在および以前の2つのバージョン

10.15以上

Android

8.0以降

7以上

iOS

現在および以前の2つのバージョン

13以降

テスト中、WindowsとmacOSでは、各Webサイトのダウンロードセクションから容易にインストーラーをダウンロードし、携帯電話では、それぞれのアプリストアからアプリをダウンロードしました。ログインすると、アプリをバックグラウンドで実行できます。問題が報告されたか、設定を変更したい場合を除き、何もする必要はありません。

対応デバイスに関しては、Nortonのサブスクリプションでは最大10 台のデバイスを保護できますが、McAfeeのサブスクリプションでは無制限のデバイスを保護できます(最も高額なオプションの場合)。

対応デバイスで勝っているのは: 同等

今すぐNortonをノーリスクで試しましょう!

12. カスタマーサービス – 質と対応の速さにおいてNortonが勝っている

NortonとMcAfeeには、どちらもカスタマー サポートオプションがいくつかありますが、Nortonは対応が速く、担当者がフレンドリーなため、このカテゴリーにおいて勝っています

ライブチャットを試したところ、Nortonの平均待ち時間はわずか1分だったのに対し、McAfeeでは10 分かかりました。また、McAfeeでは、質問内容を理解するまでに数分かかり、理解した後も対処できませんでした。

ライブチャットによるノートンのカスタマーケア担当者との会話のスクリーンショット。

Nortonのライブチャット担当者は質問に対して迅速かつ丁寧に答えてくれました

電話サポートをテストしたところ、どちらも担当者につながるまでに約15分かかりました。担当者はフレンドリーで質問について知識が豊富にあり、5 分以内に問題を解決してくれました。

NortonとMcAfeeの両方で、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、日本語など、複数の言語でカスタマー サポートを利用できます

以下はサポートオプションと対応の速さを比較した表です:

Norton

McAfee

ライブチャット

ライブチャットでの平均待ち時間

2分

10分

メールサポート

メールサポートでの平均待ち時間

1日

1日

電話サポート

電話サポートでの平均待ち時間

10分

10分

ソーシャル メディアサポート(FacebookTwitter)

ソーシャル メディアサポートでの平均待ち時間

1時間

3時間

バーチャルアシスタント

コミュニティフォーラム

オンラインナレッジベース

FAQ

動画ガイド

全体として、NortonはMcAfeeよりも対応が迅速で、より包括的なサポートを提供しています。テスト中、Nortonでは問題を迅速に解決してもらえましたが、McAfeeでは質問になかなか回答してもらえなかったり、返信に時間がかかったりすることがありました。

カスタマーサービスで勝っているのは: Norton

今すぐNortonをノーリスクで試しましょう!

13. 価格 – Nortonの方が様々な価格でより多くの選択肢がある

NortonとMcAfeeにはどちらも包括的なウイルス対策機能がありますが、Nortonのサブスクリプションオプションの方がやや多様で手頃な価格です

以下は、Nortonの現在のサブスクリプションとその内容です:

Norton Antivirus Plus

Norton 360 Standard

Norton 360 Deluxe

Norton 360 Advanced

デバイス接続台数

1

1

5

10

リアルタイム脅威防御

クラウドバックアップ

2GB

10GB

50GB

200GB

ファイアウォール

パスワードマネージャー

ウイルス防止保証

SafeCam Webカメラ保護

ペアレンタルコントロール

ダークウェブの監視

ソーシャルメディアの監視

ID保護(アメリカ、イギリス、ドイツ)

24時間年中無休のカスタマーサポート

Nortonのウイルス防止保証は、自動更新が有効な場合にのみ利用できることに注意してください。無効な場合、ウイルス除去チームにアクセスしてサポートを受けることはできません。

また、Nortoon LifeLockと呼ばれるアメリカ限定のプランもいくつかあります。こうしたプランには、ID盗難防止、クレジットスコアと社会保障番号の監視、データ侵害防止などが含まれます。さらに、Norton LifeLockは、盗まれた資金に対して最大100 万ドルの払い戻しを提供していて、Norton 360サブスクリプションよりも高額です。

以下はMcAfeeの現在のサブスクリプションとその内容です:

McAfee Antivirus Plus

McAfee Total Protection Basic

McAfee Total Protection Plus

McAfee Total Protection Premium

デバイス接続台数

10

1

5

10

リアルタイム脅威防御

Web保護

ファイアウォール

パスワードマネージャー

ファイルシュレッダー

IDモニタリング(アメリカのみ)

ペアレンタルコントロール

VPN

1ライセンス

5ライセンス

5ライセンス

24時間年中無休のカスタマーサポート

McAfeeの無制限のVPNサービスは、自動更新が有効な場合にのみ利用できることに注意してください。サブスクリプションの自動更新を無効にすると、1ヶ月あたりのデータ通信量が500 MBに制限されます。

NortonとMcAfeeはどちらも、クレジット カード、デビット カード、PayPal など、様々な支払い方法に対応しています。また、どちらも、初年度は手頃な価格ですが、2年目の更新時に価格が跳ね上がります。Norton では急に価格が上昇しますが、包括的な機能を利用できることを考えると、全額を支払う価値があります。一方、McAfee では、初年度に割引がありますが、全体的により高額で、セキュリティ機能がそれほど多くありません。

そのため、価格と費用対効果においては、Nortonがトップの座を占めています。他のトップクラスのウイルス対策ソフトよりもやや高額ですが、その完全な保護機能とデバイスの互換性を考えると、費用対効果があります。

価格で勝っているのは: Norton

Nortonをノーリスクで試しましょう

14. 無料版 – McAfeeの無料トライアルの方が手軽に利用できる(支払い情報の入力不要)

どちらにも無料版がありませんが、30日間の無料トライアル版があります。Nortonではクレジットカード情報を入力する必要がありますが、McAfeeではトライアルにサインアップする際にクレジットカード情報の入力が不要なため、このカテゴリーにおいて勝っています

McAfeeでは、無料ダウンロードをクリックしてソフトウェアをインストールし、アカウントを作成するだけです。トライアル期間が終了すると、ウイルス対策保護が自動的に取り消されるため、サービスの利用を継続するには、支払い情報を入力する必要があります。一方、Nortonでは、サービスを解約しない限り、無料トライアル期間が終了すると自動的に1年間のプランにサブスクライブされます。

McAfeeとNortonの両方で、あらゆるプレミアム機能を利用できるため、ツールをすべて徹底的に試せます。そのため、サブスクライブする前に、ニーズを満たしているかどうかを確かめられます。

無料版で勝っているのは: McAfee

McAfeeをノーリスクで試しましょう

15. 返金保証 – Nortonの方が期間が長く、より手軽に利用できる

どちらも返金保証がありますが、Nortonは60日間で、McAfeeは30日間です。また、テストした際、Nortonの方がはるかに容易に返金してもらえました。

Nortonでは容易に返金してもらえました。24時間年中無休のライブチャットを通じてカスタマーサポートに連絡すると、数分以内にリクエストが承認され、 5日後に口座に返金されました。

ライブチャットによるノートンのカスタマーケア担当者との会話のスクリーンショット。

Nortonではライブチャットを通じて数分で返金リクエストが承認されましたが、McAfeeではこれは不可能です

残念ながら、McAfeeではそれほど手軽に返金してもらえませんでした。まず。オンラインで返金リクエストを送信する必要がありました。その後、サポートの電話番号が届きました。これは理想とはほど遠いもので、解約を困難にするための戦術のようでした。担当者と連絡が取れるまでに5分ほどかかり、解約手続きに10分かかりました。幸い、最終的にリクエストが承認され、7 日後に返金されました。

全体として、NortonはMcAfeeよりもはるかに容易かつ迅速に返金してもらえました。誰もが電話をしたいと思っていたり、時間を作って電話をかけたいと思っていたりするわけではありません。Nortonではライブチャットを通じて手軽に返金をリクエストできるので、電話よりも手間がかかりません。

返金保証で勝っているのは: Norton

Nortonを60日間ノーリスクで試しましょう

そして勝っているのは… Norton(しかし僅差で)

NortonとMcAfeeはどちらも、最新のオンライン脅威に対する強力な保護機能を備えたトップクラスのウイルス対策ソフトです。 ほぼあらゆるカテゴリーで互角ですが、いくつかの重要な点において異なります。

McAfeeはシステムへの影響の少なく、高強度のスキャン中でもシステムをスムーズに実行し続けます。App Boostにより、ウイルス対策ソフトによる迷惑なポップアップによって中断されることなくゲームを楽しむうえで最適です。また、無料トライアル版では、支払い情報の入力が不要です。 McAfeeをノーリスクで試して適しているかどうかを確かめましょう。

一方、Nortonは、統合されたクラウドストレージ、パスワードマネージャーなどのトップレベルの機能を手頃な価格で利用したい場合に適しています。アプリのインターフェースは直感的に操作でき、ウイルス対策ソフトを初めて利用する場合に最適です。そのうえ、60日間の返金保証があるので、Nortonのあらゆる機能を完全にノーリスクで 試せ、気が変わったら、容易に全額返金してもらえます。

全体的に勝っているのは: Norton

Nortonをノーリスクで試しましょう

クイックガイド: Nortonをデバイスにインストールするには

  1. Nortonの公式サイトを開き、サインアップするプランを選びます。Nortonには返金保証があるため、本格的に利用する前にノーリスクで試せます。
  2. Nortonをダウンロードおよびインストールします。同じサイトを利用して、デバイスと互換性のあるNortonクライアントをダウンロードしてください。多くの場合、デバイスに変更を加えることを許可するように求めるメッセージが表示されます。関連する権限を付与したら、[インストール]をクリックして、インストーラーを通じてウイルス対策ソフトをダウンロードし、セットアップします。
  3. ウイルス対策アプリをよく理解してください。従来のNorton 360 またはMy Nortonインターフェースのいずれかを選択し、インターフェースをカスタマイズできます。
  4. ウイルススキャンを実行します。パソコンに明らかな脅威がない場合でも、ウイルススキャナーを実行して、デバイスにマルウェアが潜んでいないかどうかを確認してください。
  5. これで保護されました!必要に応じて追加の設定を構成したり、デバイスを自動的に保護するように設定したりできます。

2023年で最高のウイルス対策ソフト

イチオシ!
Norton
$9.99 / 月 80%引き
McAfee
$39.99 / 年 50%引き
TotalAV
$19.00 / 年 61%引き
iolo
$23.99 / 年 57%引き
Bitdefender
$19.99 / 年 44%引き
この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.64 5 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます