McAfee vs Norton: 2024年におすすめのセキュリティソフトは?

ケイト・ホーキンス
ケイト・ホーキンスが5月 08, 2024に更新

業界をリードするこの2つのウイルス対策ソフトの違いの分析を試みることは難しいかもしれません。McAfeeとNortonが業界最大のライバルであるのに正当な理由があるかを確認したかったのです。それを確かめるために、一連の厳密なテストを行いました。

NortonとMcAfeeはいずれもレベルの高いセキュリティ機能を備え、当然、業界リーダーとしての地位を保っていますが、最終的にNortonの方が勝っています。スキャンがより高速で、優れたカスタマーサポートを誇り、プランを通じて費用対効果が高いです。

何よりも、 60の返金保証を利用してNortonを完全にノーリスクで試せます。これにより、じっくり時間をかけてあらゆる機能を試して適しているか確かめられ、満足できなかった場合は、カスタマーサポートに連絡すれば容易に返金してもらえます。

Nortonをノーリスクで試しましょう!

お急ぎですか?以下のカテゴリー別比較表をご覧ください

NortonとMcAfeeは同様に強力なセキュリティ機能がありますが、様々な面においてNortonの方が優れています。例えば、スキャンが完了するまでの時間を大幅に短縮できる他、返金保証期間がより長く、すぐにサポートが必要な場合にはより優れたカスタマーサポートを利用できます。

McAfee logo

ノートン セキュリティのロゴ

ウイルススキャナー

スキャンを通じて10のマルウェアを検出

スキャンを通じて 100%のマルウェアを発見し、短時間で削除

リアルタイムのマルウェア防御

100%のゼロデイマルウェアをブロック

100%のゼロデイ マルウェアをストップ

スステムパフォーマンス

システムパフォーマンスを低下させない

システムパフォーマンスへの影響がごくわずか

VPN

40ヶ国以上にサーバーを備えた安全なVPN

25ヶ国以上にサーバーを備えたVPN

ペアレンタルコントロール

子どもを守るための様々なペアレントコントロール

子どものアクティビティを監視、管理、保護するための複数のペアレンタルコントロール

ファイアウォール

直感的に操作でき、高度にカスタマイズ可能なファイアウォール

様々なカスタマイズオプションを備えた安全なファイアウォール

パスワードマネージャー

頼れるパスワードマネージャーがある

便利な監査機能を備えた組み込みのパスワードマネージャー

ゲームモード

ゲーム中に目立った改善は見られない

Norton GO(ゲームオプティマイザー)によりゲームのパフォーマンスが向上

最適化ツール

スムーズなパフォーマンスを実現するアプリおよびWebブースト機能がある

システムパフォーマンスの向上に役立つワンクリックオプティマイザーがある

その他の機能

ネットワークモニター、ファイルシュレッディングツール、ID保護などの機能がある

ID保護、Webカメラ保護、暗号化されたクラウドストレージなどがある

使いやすさ

Windows、macOS、iOS、Androidに対応

Windows、macOS、iOS、Androidを保護

カスタマーサービス

年中無休のライブチャット、電話サポート、コミュニティフォーラム

迅速な対応の年中無休のライブチャット、電話サポート、オンラインナレッジベース

価格

複数の料金プランがあるが、初年度以降は割高になる

すべての料金プランで費用対効果がより優れている

無料版

30日間の無料トライアルにクレジットカード情報が必要

30日間の無料トライアルにクレジットカード情報が必要

返金保証

30日間の返金保証

60日間の返金保証

McAfee vs Nortonをテストおよび比較した際に用いた手段

以下の15カテゴリーに基づき、McAfeeとNortonを比較しました。

  1. ウイルススキャナー – 各ウイルススキャナーがパソコン上のあらゆる脅威を検出できるかどうかをテストしました。また、各種類のスキャン速度を比較しました。
  2. リアルタイムのマルウェア防御 – 新しくリリースされたマルウェアを検出できるかどうか、誤検知があるかどうかをテストしました。
  3. システムパフォーマンス – 様々なタスクで、デバイスのパフォーマンスに与える影響を測定しました。
  4. VPNどちらも統合VPNを備えているので、各VPNの速度、セキュリティおよびストリーミング機能を確認しました。
  5. ペアレンタルコントロール – 各ウイルス対策ソフトにあるペアレンタルコントロール機能の有効性と使いやすさをテストしました。
  6. ファイアウォール – ウイルスからどの程度身を守れるかをテストし、各ファイアウォールのデフォルトオプションとカスタマイズオプションを調べました。
  7. パスワードマネージャー – 各パスワードマネージャーをテストして、デバイス全体でパスワードが収集、保存、生成される方法を確認しました。
  8. ゲームモード – 各ウイルス対策ソフトを実行しながらオンラインゲームをプレイし、ゲーム用に最適化されていて、どちらが遅延や中断が生じないかを確認しました。
  9. 最適化ツール – 各最適化ツールとそのデバイスのパフォーマンス向上に対する有効性をテストしました。
  10. その他の機能 – 追加機能をチェックして、利用する価値があるかどうかを確認しました。
  11. 対応デバイス – Windows、Mac、Android、iOS にウイルス対策ソフトをダウンロードし、各デバイスのクライアントの使いやすさをテストしました。
  12. カスタマーサービス – ライブ チャット、メール、電話サポートの効率性と有用性を確認しました。
  13. 価格 – 各ウイルス対策にあるプランを調べて、どのプランに本当に費用対効果があるかを判断しました。
  14. 無料版 – 無料トライアル版をダウンロードして、役立つかどうかを確認しました。
  15. 返金保証 – 返金ポリシーをテストして、返金してもらえるかどうかを確認しました。

1. ウイルススキャナー – Nortonがより迅速にマルウェアを検出

Nortonのウイルススキャナーは驚くほど高速で、このカテゴリーにおいてMcAfeeよりも勝っています。両方のウイルス対策ソフトでシステム全体のスキャンを実行し、Windows PCで778,000を超えるアイテムをスキャンしたところ、驚いたことに、Nortonではフルスキャンがわずか12 分で完了したに対し、McAfeeでは53分かかりました。

NortonとMcAfeeには同じスキャンオプションがあります:

  • クイックスキャン – マルウェアが頻繁に標的とするデバイス上の最もリスクの高い領域に焦点を当てます。
  • フルスキャン – 接続された外付けドライブを含め、デバイス上のあらゆるファイル、アイテム、領域を確認します。
  • カスタムスキャン – マルウェアを確認するための特定のファイルとフォルダを指定できます。

Nortonのスキャナーはより高速なだけではなく、スキャン速度をさらに向上させるためのNortonインサイトツールも備えています。Nortonインサイトでは、スキャン済みで安全であることが判明したファイルとフォルダにフラグが付けられ、アイテムに変更がない限り再スキャンされません。既知の安全なファイルが再スキャンされないため、わずか 3 分でフルスキャンできました!

利用可能なさまざまなスキャン オプションを示すノートンの Windows アプリのスクリーンショット。

Nortonのカスタマイズオプションにより、より高速かつ徹底的にスキャンできます

McAfeeには便利な日本語のインターフェースがあり、適切なスキャンタイプを容易に選択できます。スキャンを実行する頻度をカスタマイズし、都合のよい時間にスケジュールできます。テスト中、パソコンの電源を入れた際にクイックスキャンを毎日実行し、フルスキャンを1ヶ月に1回実行するようにスケジュールしました。

Windows アプリでの McAfee のスキャン オプションのスクリーンショット。

McAfeeでは、都合のよい時間に容易にスキャンをスケジュールできます

どちらのウイルス対策ソフトも機械学習を用いて新しい脅威を識別し、テストした際、リアルタイムのマルウェアの脅威(ランサムウェア攻撃を含む)の検出率が100%でした。McAfeeの検出率は優れていますが、Nortonでは高速かつ正確にウイルスをスキンでき、McAfee を上回っています

ウイルススキャナーで勝っているのは: Norton

2. リアルタイムのマルウェア防御 – NortonとMcAfeeのいずれも優れたスコア

リアルタイム保護に関しては、NortonとMcAfeeは同等です。どちらも検出スコアが優れていて、誤検知がなく、誰もが容易にセットアップできます。

パソコン上の既存の脅威を見つけられることは良いことですが、感染を防げることが重要です。テストマシンをセットアップし、過去24 時間に発見されたマルウェアの脅威で各ウイルス対策ソフトを実行したところ、いずれもランサムウェア攻撃を含む最新のゼロデイ脅威をリアルタイムで100%ブロックできました

Nortonの強力なリアルタイム保護は業界をリードしています。洗練されたSONAR分析によって最新の脅威を検出でき、利用しているWebサイトやファイルに対する既知の脅威を照合するだけでなく、アプリケーションの動作を調べて、広く検出される前に潜在的なリスクを判断します。SONAR 分析により、Nortonの保護機能は他の数多くのウイルス対策ソフトよりも一歩先を行っていて、常に最新のセキュリティ対策を確保できます。

McAfeeは、高度なグローバル脅威インテリジェンスを用いて、マルウェアを検出してブロックします。このクラウドベースのソフトウェアにより、既知のマルウェアの特性を調べ、最新の脅威の動作が予測されます。また、クラウドベースであるため、デバイスのシステム全体への影響も軽減できます。

どちらも誤検知はありませんでした。 多くの一般的なウイルス対策ソフトでは、テスト中に数十の誤検知があったため、これは素晴らしい結果です!また、どちらも脅威を自動的に隔離または削除できるため、脅威が見つかった際に対応する必要がない点も気に入っています。

リアルタイムのマルウェア防御で勝っているのは: 同等

3. システムパフォーマンス – McAfeeの方がわずかに高速

McAfeeの方が様々なタスクにおいて、システムパフォーマンスがより優れています。Nortonも高速でしたが、特定のタスク(Webサイトの起動やファイルのコピーなど)では数パーセント低速でした。

速度の違いを測定するために、スキャンの実行、Webサイトの読み込み、ファイルのコピー、プログラムの起動など、テストをいくつか実行しました。

アイドル時のCPU使用率 アイドル時のメモリ使用量 アイドル状態のディスク使用量 フルスキャンのCPU使用率 フルスキャンのメモリ使用量 フルスキャンディスクの使用量
Norton 2% 210MB 5MB/s 58% 413MB 216MB/s
McAfee 1% 191MB 2MB/s 46% 312MB 191MB/s

重要なのは、NortonとMcAfeeの両方で、高強度のスキャン中にシステムへの影響を最小限に抑えられることです。どちらのフルシステムスキャンを実行しても、パソコンのパフォーマンスがほぼ変わりませんでした。いずれも普段はバックグラウンドで静かに実行され、仕事、Web閲覧、ストリーミング、ゲームなどで中断されることはありませんでした。

全体として、システムパフォーマンスに関してはMcAfeeの方がやや高速ですが、Nortonも優れたウイルス対策ソフトに期待以上の性能を備えています。

Norton McAfee
Webサイトの読み込み時の速度低下 27% 23%
ファイルのコピー時の速度低下 2% 4%
プログラム起動時の速度低下 4% 3%

システムパフォーマンスで勝っているのは: McAfee

4. McAfeeのVPNの方がサーバーの数が多い

VPNはオンライン アクティビティの安全を確保するのに役立ち、どちらのウイルス対策ソフトにも様々な長所と短所を備えたVPNが組み込まれています。それでも、McAfeeのSafe Connect VPNの方が優れています。45ヶ国以上にサーバーがあり、遠く離れたサーバーでも高速接続を得られるのが嬉しいです。テスト中にMcAfee VPNに接続している間、速度低下は平均して15%でした(115Mbpsから100Mbpsに低下)。

McAfeeのVPNで、AES 256 ビット暗号化を用いて安全を保つため、セキュリティにも優れています。また、信頼性の高い漏洩防止機能もあり、IPアドレスなどの個人を特定できる情報がオンライン上で漏洩するのを防げます。

米国のサーバーに接続されたMcAfeeSafeConnectを使用したデータ漏洩のないIP漏洩テストのスクリーンショット

McAfeeのVPNでIPアドレスがオンライン上で漏洩するのを防げます

残念ながら、McAfee Safe Connect VPNはストリーミングパフォーマンスにおいて劣っています。テスト中、ローカルサーバーでしかNetflixにアクセスしてストリーミングできませんでした

一方、NortonのVPNは、AES 256ビット暗号化とノーログポリシーにより、セキュリティと匿名性において信頼性があります。安全性を高めるために組み込みのキルスイッチと広告トラッカーブロックもあります。また、ストリーミングでも頼れ、Netflix、HBO Max、Disney+、Amazonプライムビデオなどのプラットフォームのブロックを解除できました

ノートンセキュアVPNがNetflixUSのブロックを解除し、シッツクリークをストリーミングしているスクリーンショット。

NortonのVPNでは、Netflixを遅延せずにストリーミングできます

Nortonの VPNは高速で、遅延せずにWeb閲覧や超高画質でのストリーミングが可能ですが、McAfeeのVPN よりも低速です。Norton Secure VPNのサーバーに接続している間、速度低下は平均して25%でした(115Mbpsから86Mbpsに低下)。また、サーバーネットワークの規模が小さく、25ヶ国以上にあり、P2Pトラフィックに対応していないため、トレントには適していません。

どちらのウイルス対策ソフトにも備えた優れたVPNがありますが、McAfee の VPNの方が高速で、サーバーが豊富にあるため、優れています

VPNで勝っているのは: McAfee

5. 両方のウイルス対策ソフトを利用して子どもを効果的に守れる

ペアレンタルコントロールは、子どものオンライン アクティビティを保護するための便利なツールであ、NortonとMcAfeeを利用して、子どもを容易に保護できます。子どもの現在地の追跡、不適切なアプリのブロック、アクティビティの追跡のための機能が豊富にあるペアレンタルコントロールスイートを備えています。

Nortonのペアレンタルコントロールは、子どもがアクセスしたWebサイト、使用したアプリ、全体の使用時間を正確が表示される直感的に操作可能なデザインになっています。また、位置情報機能により、子どもの居場所を常に把握できます。

ノートン360のペアレンタルコントロール設定のスクリーンショット。

Nortonのペアレンタルコントロールで、子どもを容易に保護できます

上記の機能に加えて、Nortonのペアレンタルコントロールを利用すると、安全でないアプリやWebサイトをフィルタリングして、子どもがアクセスするのを防げます。また、スクールモードもあり、気が散るようなアプリやWebサイトをブロックしたり、検索エンジンの使用状況を追跡したりして、子どもにデバイスを勉強にのみ使用にさせられます。

McAfeeのペアレンタルコントロールでも同様のコントロールセットを利用できます。 こうした機能を利用して、子どもの現在地を追跡したり、スクリーンタイムを確認したり、アクセスしたWeb サイトを監視したりできます。McAfeeのペアレンタルコントロールでも位置情報を追跡できるため、子どもの居場所を常に把握できます

iPhoneにリンクされたMcAfeeSafeFamilyのペアレンタルコントロール機能のスクリーンショット

McAfeeには機能豊富なペアレンタルコントロール スイートがあります

どちらのアプリもペアレンタルコントロールを容易にセットアップおよび利用でき、同様に子どもを保護できるため、ペアレンタルコントロールにおいては同等です。

ペアレンタルコントロールで勝っているのは: 同等

6. ファイアウォール – どちらのファイアウォールにも強力なセキュリティ機能がある

NortonとMcAfeeには、カスタマイズ可能なファイアウォールがあり、身を守れます。どちらも絶えずアプリケーションを監視して安全であることを確認し、疑わしい動作に気付いた際にブロックし、ネットワークへの侵入のリスクについて警告します。Nortonには、人気のあるアプリやサイトにアクセスできるように構成されたホワイトリストがあります。一方、McAfeeのホワイトリストは手動で構成する必要があり、これには少し時間がかかります。

どちらも最高のセキュリティを確保するためにファイアウォールを手動で構成する必要がない点が特に気に入っています。ダウンロード時にネットワークを完全に保護するように構成されているため、設定は全く不要です。

高度なカスタマイズ性を示すノートンのファイアウォール設定のスクリーンショット。

Nortonのファイアウォールには、設定を手軽に調整できる切り替え機能があります

McAfeeのファイアウォールのレベルの高いカスタマイズ機能に驚きました。様々なオプションのためのドロップダウンメニューが数多くあります。これは、ウイルス対策ソフトを使い慣れていない人にとって、やや圧倒されるように思えるかもしれませんが、ファイアウォールのセキュリティレベルをカスタマイズしたい場合は、構成可能な設定が数多くあるのが理想です。

McAfeeファイアウォール機能のスクリーンショット

McAfeeのファイアウォールは非常に直感的に操作可能なインターフェイスを備えています

重要なのは、Nortonのファイアウォールでは100%確実に身を守れることです。ウイルスがNortonの防御を通過した場合、テクニカルサポートチームが協力してウイルスを除去し、ウイルスを除去できない場合、全額返金されます。Nortonのファイアウォールでは、開いているポートを隠して、ハッカーやスパイにデバイスにアクセスされるのを防げ、セキュリティをさらに強化できます。

ファイアウォールで勝っているのは: 同等

7. パスワード マネージャー – Nortonの方がより多くのプランで多くの機能がある

Nortonのパスワードマネージャーは、McAfeeよりもはるかに優れていて、あらゆるプランでログイン情報のための無制限のストレージと高度なパスワード自動変更機能を利用できます。自動変更機能により、Webサイトの新しいパスワードを自動的に生成し、変更でき、手動で変更する必要はありません。一部のWebサイトでは機能しませんが、NetflixとRedditで機能しました。

ノートンのパスワード マネージャー機能のスクリーンショット。

Nortonのパスワードマネージャーで、パスワードを安全に保存して使用できます

一方、McAfeeのTrue Keyでは、最も高額なパッケージにアップグレードしない限り、15個のパスワードしか保存できません。これは、ほとんどの人にとって不十分です。私は、ログイン情報が400組近くあります。幸い、デジタルウォレットやセキュアメモストレージは無制限です。McAfeeのTrue Keyパスワードマネージャーは、あらゆるサブスクリプションプランで利用できます。

McAfee TrueKeyパスワードマネージャーのスクリーンショット

McAfeeのパスワード マネージャーで、あらゆる種類の機密情報を安全に保管できます

全体として、NortonとMcAfeeのパスワード生成機能、ログイン情報の保存機能、関連するオンラインフォームへの自動入力機能に満足していますが、 Nortonには自動変更機能と無制限のパスワードストレージがあるため、このカテゴリーにおいて勝っています.

パスワードマネージャーで勝っているのは: Norton

8. ゲームモード – McAfeeのApp Boostでより素早くゲームを読み込める

McAfeeではゲームモードを利用できませんが、Nortonのゲームオプティマイザーツールを利用すると、ゲーム中のFPSが顕著に向上します

Nortonのゲームオプティマイザーはあらゆるプランで利用できるわけではないことに注意してください。この機能にアクセスするには、ゲーム用のNorton 360 を入手する必要がありますが、このプランにはNortonの中核となるセキュリティ機能とNorton GO(ゲームオプティマイザー)が備わっているため、価値があります。

Norton GOで、ゲームのプレイ中を自動的に検出し、スムーズなゲームフォーマンスを確保するためにシステムのリソースが確実に使用されます。テスト中、「League of Legends」や「Rocket League」などのゲームをプレイしている際に、Norton GOによって10~15 FPS向上しました。これは大幅な向上です。

Nortonには非常に効果的なゲームモードがあるため、ゲームプレイにおいて勝っています。一方、McAfeeにはこうしたゲームモードがありません。

ゲームモードで勝っているのは: Norton

9. 最適化ツール – Nortonの方が、より幅広いデバイス最適化機能がある

NortonとMcAfeeには、デバイスのパフォーマンスを向上させるための最適化ツールがいくつかありますが、Nortonにはパフォーマンスを向上させるための機能がより幅広くあるため、このカテゴリーにおいて最適です

Nortonには以下の機能があります:

  • ディスクの最適化 – ハードディスクを最適化して、利用可能な空き容量をすべて統合し、デバイスをよりスムーズに実行できるようにします。
  • ファイルのクリーンアップ – デバイスから一時ファイルと使用されていないファイルを削除して、空き容量を増やします。
  • スタートアップマネージャー – デバイスの電源を入れた際に自動的に起動するアプリを管理して、起動時間を短縮します。
  • グラフ監視 – CPU パワーを最も多く使用しているアプリが表示されるので、使用していないときはそのアプリをシャットダウンできます。
  • 消音モードとサイレントモード – 特定のアプリの使用中またはフルスクリーン モードの際にバックグラウンドプロセスを一時停止し、通知を無音にしてパソコンのパフォーマンスを向上させます。

ノートンの最適化ツールのスクリーンショット。

Nortonのワンクリック最適化ツールを利用すると、システムパフォーマンスを容易に改善できます

Nortonの最適化ツールが非常に機能し、驚きました。ディスクの最適化およびファイルのクリーンアップ機能は迅速かつ完璧で、5分足らずでディスクを最適化し、一時ファイルをすべて削除できました。古いデバイスを利用している場合、もう少し時間がかかる可能性がありますが、パフォーマンスが大幅に向上するため、待つ価値があります。また、スタートアップマネージャーでソフトウェアを管理し、気づかないうちに自動的に実行されていました。電源を切ることで、パソコンの起動時間が45秒からわずか15秒に短縮されました。

McAfeeの最適化ツールには、以下があります:

  • クイッククリーン – 一時ファイル、重複ファイル、ジャンクファイルを見つけて削除し、デバイスの空き容量を増やします。
  • アプリとWebのブースト – 開いているアプリや使用中のアプリにCPUパワーを振り分けてパフォーマンスを向上させ、動画の自動再生を停止してWebサイトの読み込みを高速化させます。

McAfeeの最適化ツールは迅速かつ効率的に機能し、パフォーマンスを向上できます。アプリとWebのブーストで、アプリの起動とWebページの表示速度に顕著な違いが生じました。残念ながら、WebブーストはGoogle Chrome拡張機能としてのみ利用できます。クイッククリーンも便利で、30秒足らずでパソコンから何千もの不要なファイルを削除できました。

McAfee の App Boost 機能のスクリーンショット

McAfeeのファイルシュレッダーでファイルを安全に削除できます

しかし、McAfeeにはNortonのあらゆるプランに含まれている起動およびディスクオプティマイザがありません。そのため、デバイスのパフォーマンスを向上させたい場合は、Nortonの方が適しています

最適化ツールで勝っているのは: Norton

10. どちらのウイルス対策ソフトにも複数の追加セキュリティ機能がある

McAfeeとNortonはどちらも、セキュリティを強化するための様々なツールを備えた機能が豊富なウイルス対策ソフトであることがわかり、満足しました。

Nortonの追加機能には以下が含まれます:

  • ソフトウェアアップデーター — あらゆるアプリを更新して、脆弱性がない状態にします。
  • ダークウェブモニタリング — パスワードがダークウェブに漏洩していないかをチェックします。
  • 暗号化されたクラウドストレージ — 機密データ用に最大250 GB(アメリカの場合)の安全なクラウドストレージがあります
  • PC SafeCam — システムによるWebカメラへの不正アクセスをブロックします。
  • IDモニタリング — メールアドレスやカード情報などの個人情報を監視し、個人情報の盗難を防げます。
  • セーフWeb — システムに感染する恐れのある悪意のあるWebサイトを開くのを防げます。
  • セーフサーチ — 色分けを使用して、検索結果ページで安全でないWebサイトをマークできます。

Nortonの安全なクラウドバックアップは特に便利なツールで、機密データを安全に保つために利用しています。何よりも、機密性の高いファイルやフォルダーの定期的なバックアップをスケジュールできるため、重要なファイルを手動で繰り返しアップロードする必要がありません。

ノートン クラウド ストレージのスクリーンショット

Nortonのファイアウォールには、設定を手軽に調整できる切り替え機能があります

また、NortonのID保護で、TransUnion、Experian、Equifaxを使用してデータを監視し、個人情報の盗難を防げる点も気に入っています。Facebook、Instagram、LinkedIn などを含むソーシャルメディアアカウントの不審なアクティビティも監視できます

McAfeeには以下の便利な機能もあります:

  • ネットワークモニター — ネットワークをスキャンして脆弱性を探します。
  • ファイルシュレッダー — 機密ファイルを安全に削除し、アクセスできないようにします。
  • IDモニタリング— メール アドレスやカード情報などを監視し、個人情報の盗難を防げます。
  • セキュアアプリ — 潜在的な脆弱性を排除するためにアプリを最新の状態に保ちます。
  • トラッカーリムーバー — オンラインアクティビティを監視するトラッカーを削除できます。
  • WebAdvisor — システムに感染する恐れのある安全でないWebサイトをマークし、Web閲覧中に身を守れます。

McAfeeのファイルシュレッディング ツールは、機密データを永久に削除するために利用できる優れた機能です。従来の方法で削除されたファイルは、多くの場合、様々な方法で復元できますが、McAfeeのファイルシュレッダーを利用してファイルをシュレッドすると、ファイルにアクセスできなくなります

マカフィーシュレッダー機能のスクリーンショット

McAfeeのファイルシュレッダーでファイルを安全に削除できます

どちらのウイルス対策ソフトもセキュリティを強化するための追加機能が数多くあるため、全体として同等です。

その他の機能で勝っているのは: 同等

11. 使いやすさ – どちらも使いやすく、一般的なオペレーティングシステムに対応

NortonとMcAfeeはどちらも、Windows、Mac、iOS、Androidで容易に利用でき、ウイルス対策ソフトを初めて利用する場合でも、利用したことがある場合でも問題なく使いこなせます。Nortonの方が、主にカスタマイズ機能により、全体的により直感的に操作できます。新しい「My Norton」インターフェースを選択するか、従来の「Norton 360」インターフェースに切り替えることができます。これにより、日本語のネイティブアプリを容易にナビゲートでき、様々な設定を簡単に見つけて構成できました。

ノートンの 2 つの異なるインターフェース、マイ ノートンとクラシックのスクリーンショット。

Nortonインターフェースをカスタマイズして、ナビゲートしやすくできます

一方、McAfeeの日本語のデスクトップ用ネイティブアプリのインターフェースは、明確で容易に操作でき、アプリ間で同様の外観を備えています。しかし、一部の機能の名前が曖昧なため、特定の設定を見つけるのが困難です。例えば、WebAdvisor ツールには「Web 上で保護」というラベルが付いています。はじめはあまり直感的に操作できませんでしたが、しばらく使ってみると容易に操作できました。 幸い、モバイルアプリツールはより簡単に見つかります。

WebAdvisor機能を強調したMcAfeeアプリダッシュボードのスクリーンショット

McAfeeのアプリ内のツールが明確にラベル付けされていて、使いやすくなると嬉しいです

McAfeeでは、ペアレンタルコントロールや ID保護など、あらゆる機能をアプリのインターフェースから利用できるわけではありません。こうした機能にはオンラインダッシュボードからのみアクセスでき、やや不便です。Nortonのように様々な機能のオンラインダッシュボードへのクイックリンクがある包括的なアプリの方が好きです。

モバイルアプリでは、Nortonには AndroidとiOSで同じ機能があり、ブラウザを使用している際に、マルウェア対策スキャン、詐欺電話のブロック、Web保護などのツールにアクセスできます。一方、McAfeeのAndroidアプリには、デバイスの最適化機能、追跡およびセキュリティツール、Web保護機能があります。iOS アプリはそれほど包括的ではありませんが、マルウェアによる脅威をスキャンし、ブラウザを保護できます。

NortonとMcAfeeはどちらも、Windows、macOS、Android、iOSの現在および以前のバージョンに対応しています:

Norton McAfee
Windows 11, 10, 8.1, 8, 7 (SP1) 11, 10, 8.1
macOS 10.10.x以降 10.12以降
iOS 最新版と過去2つのバージョン 14.0以降
Android 8.0以降 8.0以降

テスト中、WindowsとmacOSでは、各Webサイトのダウンロードセクションから容易にインストーラーをダウンロードし、携帯電話では、それぞれのアプリストアからアプリをダウンロードしました。ログインすると、アプリをバックグラウンドで実行できます。問題が報告されたか、設定を変更したい場合を除き、何もする必要はありません。

対応デバイスに関しては、Nortonのサブスクリプションでは最大10 台のデバイスを保護できますが、McAfeeのサブスクリプションでは無制限のデバイスを保護できます(最も高額なオプションの場合)。

対応デバイスで勝っているのは: 同等

12. カスタマーサービス – 質と対応の速さにおいてNortonが勝っている

NortonとMcAfeeには、どちらもカスタマー サポートオプションがいくつかありますが、Nortonは対応が速く、担当者がフレンドリーなため、このカテゴリーにおいて勝っています

ライブチャットを試したところ、Nortonの平均待ち時間はわずか1分だったのに対し、McAfeeでは10 分かかりました。また、McAfeeでは、質問内容を理解するまでに数分かかり、理解した後も対処できませんでした。

ライブチャットによるノートンのカスタマーケア担当者との会話のスクリーンショット。

Nortonのライブチャット担当者は質問に対して迅速かつ丁寧に答えてくれました

電話サポートをテストしたところ、どちらも担当者につながるまでに約15分かかりました。担当者はフレンドリーで質問について知識が豊富にあり、5 分以内に問題を解決してくれました。

NortonとMcAfeeの両方で、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、日本語など、複数の言語でカスタマー サポートを利用できます

以下はサポートオプションと対応の速さを比較した表です:

Norton

McAfee

ライブチャット

ライブチャットでの平均待ち時間

2分

10分

メールサポート

メールサポートでの平均待ち時間

1日

1日

電話サポート

電話サポートでの平均待ち時間

10分

10分

ソーシャル メディアサポート(FacebookTwitter)

ソーシャル メディアサポートでの平均待ち時間

1時間

3時間

バーチャルアシスタント

コミュニティフォーラム

オンラインナレッジベース

FAQ

動画ガイド

全体として、NortonはMcAfeeよりも対応が迅速で、より包括的なサポートを提供しています。テスト中、Nortonでは問題を迅速に解決してもらえましたが、McAfeeでは質問になかなか回答してもらえなかったり、返信に時間がかかったりすることがありました。

カスタマーサービスで勝っているのは: Norton

13. Nortonのプランには価格以上の価値がある

どちらのウイルス対策ソフトも、ニーズに合わせて複数のプランを提供していますが、Nortonのプランには価格以上の価値があることがわかりました。 年額わずか$29.99から利用でき、以下が含まれます:

  • Antivirus Plus —Nortonの主要ウイルス対策機能、ファイアウォール、2 GBのクラウドバックアップ(アメリカ)、パスワードマネージャーを利用でき、1台のデバイスの保護可能です。
  • 360 Standard — NortonのVPNやダークウェブ監視、Antivirus Plusのあらゆる気泡を利用でき、最大 3 台のデバイスを保護可能です。
  • 360 Deluxe — 50 GB のクラウドストレージ(アメリカ)、360 Standardのあらゆる機能、ペアレンタルコントロール、Nortonのプライバシーモニターを利用でき、最大5台のデバイスを保護可能です。
  • 360 Select — NortonのID盗難防止機能、360 Deluxeのあらゆる機能、250 GB のクラウド ストレージ(アメリカ)を利用でき、最大10台のデバイスを保護可能です。

Nortonのいずれのプランにも費用対効果がありますが、お勧めなのは$49.99 Deluxeプランです。このプランでは、必要なセキュリティ機能をすべて利用でき、十分なクラウドストレージがあり、最大 5 台のデバイスを保護できます。

一方、McAfeeのプランは 年額$39.99から利用でき、以下が含まれています:

  • Total Protection Plus — McAfeeの主要ウイルス対策、Webプロテクション、ファイアウォール、パスワードマネージャー、IDモニタリング、ファイルシュレッダー、VPNを利用でき、最大5台のデバイスを保護可能です。
  • McAfee+ Premium — McAfeeの個人データ クリーンアップスキャン、Total Protection Plusのあらゆる機能を利用でき、最大10台のデバイスを保護可能です。
  • McAfee+ Advanced — 上記のあらゆる機能、McAfeeの個人データクリーンアップ、ウォレット紛失防止機能、100万ドルのID 盗難補償、月次クレジットレポートが含まれます。
  • McAfee+ Ultimate — McAfee+ Advancedのあらゆる機能に加え、McAfeeのクレジットロック、日次クレジットレポート、25,000ドルのランサムウェア補償が含まれます。

最も費用対効果が高いのはMcAfeeの$39.99Total Protection Plusプランで、アプリの重要なセキュリティ機能があり、複数のデバイスを保護できますが、残念ながら、初年度以降、価格が大幅に上がります。

どちらのウイルス対策ソフトにも選択できる複数のプランがありますが、Nortonの方がより費用対効果が高いため、プランにおいてはNortonの方が勝っています

価格で勝っているのは: Norton

14. どちらのアプリにもクレジットカード情報が必要な無料トライアルがある

McAfeeとNortonのいずれにも完全無料プランはありませんが、どちらも 60日間の無料トライアルを提供しています。残念ながら、両方とも無料トライアルにサインアップするにはクレジットカード情報が必要です

McAfeeまたはNortonの無料トライアルを選択すると、サブスクリプションページにリダイレクトされ、メールアドレスと支払い情報の入力を求められます。最初は請求されませんが、カード情報を確認するために1ドル引き落とされ、その後返金される場合があります。また、いずれも試用期間が終了すると、年間サブスクリプションの料金がカードに自動的に請求することに注意してください。

どちらのウイルス対策ソフトも無料トライアルにはクレジットカード情報が必要なので、無料トライアルにおいては同等です。

無料版で勝っているのは: 同等

15. 返金保証 – Nortonの方が期間が長く、より手軽に利用できる

どちらも返金保証がありますが、Nortonは60日間で、McAfeeは30日間です。また、テストした際、Nortonの方がはるかに容易に返金してもらえました。

Nortonでは容易に返金してもらえました。24時間年中無休のライブチャットを通じてカスタマーサポートに連絡すると、数分以内にリクエストが承認され、 5日後に口座に返金されました。

ライブチャットによるノートンのカスタマーケア担当者との会話のスクリーンショット。

Nortonではライブチャットを通じて数分で返金リクエストが承認されましたが、McAfeeではこれは不可能です

残念ながら、McAfeeではそれほど手軽に返金してもらえませんでした。まず。オンラインで返金リクエストを送信する必要がありました。その後、サポートの電話番号が届きました。これは理想とはほど遠いもので、解約を困難にするための戦術のようでした。担当者と連絡が取れるまでに5分ほどかかり、解約手続きに10分かかりました。幸い、最終的にリクエストが承認され、7 日後に返金されました。

全体として、NortonはMcAfeeよりもはるかに容易かつ迅速に返金してもらえました。誰もが電話をしたいと思っていたり、時間を作って電話をかけたいと思っていたりするわけではありません。Nortonではライブチャットを通じて手軽に返金をリクエストできるので、電話よりも手間がかかりません。

返金保証で勝っているのは: Norton

そして勝っているのは… Norton(しかし僅差で)

NortonとMcAfeeはどちらも、最新のオンライン脅威に対する強力な保護機能を備えたトップクラスのウイルス対策ソフトです。 ほぼあらゆるカテゴリーで互角ですが、いくつかの重要な点において異なります。

McAfeeはシステムへの影響の少なく、高強度のスキャン中でもシステムをスムーズに実行し続けます。App Boostにより、ウイルス対策ソフトによる迷惑なポップアップによって中断されることなくゲームを楽しむうえで最適です。また、無料トライアル版では、支払い情報の入力が不要です。 McAfeeをノーリスクで試して適しているかどうかを確かめましょう。

一方、Nortonは、統合されたクラウドストレージ、パスワードマネージャーなどのトップレベルの機能を手頃な価格で利用したい場合に適しています。アプリのインターフェースは直感的に操作でき、ウイルス対策ソフトを初めて利用する場合に最適です。そのうえ、60日間の返金保証があるので、Nortonのあらゆる機能を完全にノーリスクで 試せ、気が変わったら、容易に全額返金してもらえます。

全体的に勝っているのは: Norton

Nortonをデバイスにインストールするには

  1. Nortonをサブスクライブする — NortonのWebサイトに進み、ニーズに合ったプランの [今すぐ購入] をクリックします。
    ノートンのプランの 1 つを選択する方法を示すスクリーンショット
  2. Nortonをダウンロードする — Nortonをサブスクライブしてセットアップをダウンロードした後、NortonのWebポータルにアクセスします。
    Web ポータルからノートンのセットアップをダウンロードする方法を示すスクリーンショット
  3. Nortonをインストールする — Nortonのセットアップを実行し、手順に従ってシステムにセキュリティ アプリをインストールします。
    Windows 上でノートンのインストールが進行中であることを示すスクリーンショット
  4. Nortonのスキャンを開く— [デバイスセキュリティ] の横にあるドロップダウンメニューからNortonのスキャンオプションメニューにアクセスします。
    ノートンのスキャン オプション メニューにアクセスする方法を示すスクリーンショット
  5. Nortonのフルスキャンを開始する — 利用可能なスキャンのリストからNortonのフルスキャンを選択し、[実行] をクリックします。
    ノートンのフルスキャンを開始する方法を示すスクリーンショット
  6. スキャンを終了する — スキャン中に検出された脅威をすべて削除/隔離し、[終了] をクリックしてプロセスを完了します|
    ノートンのフルスキャンを完了する方法を示すスクリーンショット

McAfee vs Nortonに関するよくあるご質問

NortonはMcAfeeよりも優れていますか?

Nortonの方が優れていますが、McAfeeの性能が悪いというわけではありませんどちらにも長所がありますが、 一部の機能においてNortonの方が勝っています。例えば、Nortonはより優れたカスタマー サポートを提供し、各プランの費用対効果が高く、保証期間がMcAfeeよりもはるかに長く、60日間です。

また、どちらのウイルス対策ソフトもスキャンによって100%のマルウェアの件シュルできますが、Nortonの方がはるかに高速で、約20分でフルスキャンを完了できます。一方、McAfeeでは 1 時間かかりました。また、Nortonには暗号化されたクラウド ストレージ機能がありますが、McAfeeにはありません。

McAfeeとNortonを同時に実行できますか?

同時に実行しない方がよいです。McAfeeとNortonにはそれぞれ優れたセキュリティ機能がありますが、同時に利用すると問題が生じます。両方を同時に利用すると、システムの速度が低下し、相互に干渉するためマルウェアの検出に失敗する可能性があります。

Nortonを利用するとパソコンの速度が低下しますか?

速度低下しませんNortonは軽量のウイルス対策ソフトで、システムの速度が低下することはありません。あまり多くのリソースを消費しないため、システムはスキャン中であっても使用中にスムーズに動作します。また、システムを通常よりもさらに高速化するためのワンクリック最適化ツールもあります。

Nortonのどのバージョンを入手すべきですか?

Nortonには費用対効果の高いプランがいくつかありますが、お勧めなのは $49.99 Deluxeプランです。主要なセキュリティ機能すべてにアクセスでき、最大5台のデバイスを保護可能で、機密ファイル用の50 GBのクラウドストレージ(アメリカ)を利用できます。

代わりに無料のウイルス対策ソフトを入手できますか?

利用できますが、McAfeeやNortonなどの優れたウイルス対策ソフトを利用すると、より包括的に保護できます。無料のウイルス対策ソフトはマルウェアを100%検出できないことが多く、カスタマイズ可能なファイアウォールや組み込みのVPNなどの高度なセキュリティ機能を備えていません。

もちろん、頼れるセキュリティ機能を備えた質の高い無料のウイルス対策ソフトもいくつかありますが、 それでも、確実に保護できるトップレベルのウイルス対策ソフトを選ぶことをお勧めします。

全体的により優れているのはどれですか?

全体的に最も優れているのはNortonです。マルウェアの検出に優れていて、迅速なカスタマー サポートや便利なセキュリティ機能があり、あらゆるプランにおいて費用対効果が高いです。

何よりも、返金保証があるので、60日間ノーリスクで試せ、満足できなかったら容易に返金してもらえます。


2024年で最高のウイルス対策ソフト

ランキングトップ イチオシ!
Norton
$ 29.99 / year 58%引き
McAfee
$ 44.99 / year 70%引き
TotalAV
$ 19.00 / year 84%引き
iolo
$ 23.99 / year 40%引き
Bitdefender
$ 29.99 / year 50%引き
当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスを評価していますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダのアフィリエイト報酬も考慮しています。当社の親会社が所有するプロバイダも掲載されています。さらに詳しく

Wizcaseは、VPNサービスのレビューとプライバシー関連の記事を扱う独立サイトとして2018年に設立されました。今日、数百人のサイバーセキュリティ研究者、ライター、編集者からなる当サイトチームは、ExpressVPN、CyberGhost、Intego、Private Internet Access製品を所有するKape Technologies PLCとのパートナーシップのもと、読者のオンライン自由を守るため支援を続けています。Wizcaseに掲載されたレビューは、各記事の日付時点において正確であるとされ、製品の技術的能力と品質、およびユーザーにとっての商業的価値を考慮し、レビュアーの独立した専門的かつ誠実な調査を優先する当社の厳格なレビュー基準に従っ執筆されています。当社が公表するランキングやレビューには、上記の共有所有権や、当社サイト上のリンクを通じて購入された場合に当社が得るアフィリエイト報酬も考慮される場合があります。なお、当社は関連サービスの全プロバイダをレビューしているわけではありません。記載情報は、各記事の発行日付時点の情報となります。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.70 6 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます