中国国内でVPNを手に入れる5つの方法 2019年情報

グレイ・ウィリアムズが7月 08, 2019に更新

China flag中国のファイアウォールはVPNを使って通過することができますが、中国国内からダウンロードするのは困難です。

その理由は、中国はほとんどのVPNサイトを禁止しており、AppleやGoogleにiTunesやGoogle PlayストアからほとんどのVPNアプリを撤去するように命令してあるからです。

プレミアムVPNtなしで中国に入国してしまった場合でもご安心ください。やや困難ですが、この記事では中国でVPNをダウンロードする方法をご紹介しますので、自由なインターネットを利用できるようになります。  

中国のファイアウォール

長年中国はインターネットの利用に規制をかけており、FacebookやツイッターなどのソーシャルメディアサイトやGoogleなど数多くの検索エンジンを利用できないようにしています。

China best vpn security howto中国に入国する前なら簡単にVPNを見つけてインストールできるため、中国国内でも自由なインターネットを利用できるようになります。しかし残念ながらこのような重要な情報を見逃した旅行者は入国してから大変な目に遭います。

中国でFacebookやネットフリックス、Gmailアカウントにアクセスする唯一の方法はVPNサービスですから、事前にしっかり準備しておく必要があります。

しかし中国に到着してから自由にアクセスできる必要があるという場合はいくらか手間がかかりますがインターネットを利用できるようになります。

解決策 #1– ホテルを利用する

ほとんどの高級ホテルはVPNサービスの搭載されたWi-Fiを提供しています。ですからロビーでコーヒーを飲むついでにWi-Fiを使ってインターネットを利用しましょう。その時にプレミアムVPNサービスをダウンロードして、中国国内で自由にインターネットを利用できるようにしましょう。

この方法が素晴らしい理由は、最高レベルのVPNの多くが無料トライアルや30日返金保証を提供しているからです。短期間だけ中国に行くという場合にとても便利です。

大都市の以下のようなホテルをお試しください。

  • インターコンチネンタル
  • マリオット
  • ウィンダム
  • スターウッド
  • シャングリ・ラ
  • ヒルトン

解決策 #2– 母国のSIMカードを利用する

母国のSIMカードがローミングできるようにセットアップされている場合、あなたのネットワークプロバイダが許可しているサイトにアクセスすることができます。つまり、アプリストアからVPNをダウンロードできるはず、ということです。

端末にVPNをダウンロードできたら、中国のSIMカードに問題なく切り替えられるでしょう。ただしこの方法は他の方法よりお金がかかります。あなたのモバイルサービスプロバイダのローミング料金によって価格が決まりますし、海外でどれくらいのデータ通信を許可しているかによるからです。

解決策 #3– 友達にお願いする

VPNを利用している友達がいる場合、友達のコンピュータを借りてVPNのAPKをダウンロードすることができます。また、母国にいる人からメールで送信してもらうこともできます。ただし、中国でブロックされていないメールプロバイダを利用する必要があります。

解決策 #4– 香港に行く

インターネットを利用したいなら香港に行きましょう。外国との貿易が盛んな香港ではインターネットの規制が中国本土よりも緩和なのです。そのため香港のどこかでVPNをダウンロードできるはずです。

解決策 #5– シャドーソックスを利用する

シャドーソックスは中国のプログラマーが設計したものです。これはオープンソースのプロキシで、制限なくインターネットにアクセスできるものです。フットプリントがないため中国政府は今のところブロックできていません。

ただし、この方法は技術に詳しくない人には困難なのでご注意ください。シャドーソックスのコードを入力し、サーバー地点とあなたのパスワードを入力する必要があります。他の方法は中国以外にある仮想プライベートサーバー容量を借りることです。

中国に到着する前にVPNをインストールしましょう

これは本当に大切なポイントです。中国に行く前にプレミアムVPNサービスをダウンロード、インストールしましょう。そうしないと制限なくインターネットサーフィンできません。

中国はVPNサービスを利用しているホテルの規制を続けていますから、以上のような解決策がうまくいかなくなるのは時間の問題です。

中国に最適なトップVPNプロバイダ

中国に旅行する際にオススメの5つのプレミアムVPNプロバイダは以下の通りです。

1ExpressVPN

  • 世界各国に多数のサーバーを配置
  • 高速通信
  • 使いやすいインターフェイス
  • 30日返金保証
  • ネットフリックス、Hulu、BBC、その他のストリーミングサービスで利用可能

ExpressVPN世界最速のVPNプロバイダの一つとして有名です。帯域幅が無制限なのでお気に入りの番組をストリーミングするのに最適です。

さらに、AES-256ビット暗号化、OpenVPNを含む複数のセキュリティープロトコルログなし方針などの特長があるのでセキュリティー対策は最高レベルです。多数のアプリを用意していますし、同時に3台の端末を接続できるほか、24時間週7日体制のカスタマーサポートを利用することもできます。

リスクなしで今すぐお試しください

2NordVPN

  • 難読化サーバーを提供
  • 多数の端末に対応
  • ログなし方針
  • 高速通信
  • 30日返金保証

NordVPNは多数のサーバー地点があるだけでなく、中国には一切サーバーを設けていないことにも気付くことでしょう。これは賢い戦略です。中国政府のレーダーに引っ掛からないからです。

また、難読化サーバーを利用してVPN通信をカモフラージュしてくれます。中国のファイアウォールを通過するためのステルスモードのようなものです。NordVPNでは6台同時接続が可能ですし、必要な時にはいつでもカスタマーサポートに問い合わせることができます。

今すぐご利用ください

3PrivateVPN

  • L2TPでファイアウォールを通過
  • ログなし方針
  • 香港にサーバーあり
  • ネットフリックスにアクセス可能
  • ソフトウェアが使いやすい

PrivateVPNはNordVPNやExpressVPNのように多数の機能を搭載しているわけではありませんが、基本的で良質なVPNサービスです。最も重要なことはL2TPプロトコルを利用すると中国のファイアウォールを通過できることです。

このプロバイダを利用すると、ネットフリックスなどのお気に入りのサイトに自由にアクセスできるようになります。また、30日返金保証もあるので気が変わった場合は返金してもらえるのも安心です。

今すぐご利用ください

4IPVanish VPN

  • 多数の端末で利用可能
  • 強力な暗号化プロトコル
  • 60か国以上に1000以上のサーバーあり
  • 最高で10台まで同時に接続可能
  • 7日間返金保証

中国政府はIPVanish VPNをブロックしているので中国で利用するにはやや手間がかかります。手動で設定を入力して、サーバーのIPアドレスに接続する必要があります。他のVPNのように、サーバーを選んで簡単に接続できるというようなシンプルな作業ではないので技術に詳しくない人にはお勧めしません。

IPVanishを使うと匿名でトレントしたり無制限でP2P通信が可能になるほか、自由なインターネットを利用できるようになります。さらに、接続の設定で問題が発生した場合は24時間週7日体制のサポートを利用できます。

今すぐご利用ください

5VyprVPN

  • iOS以外すべての端末でカメレオン技術を利用可能
  • 強力な暗号化
  • ログなし方針
  • 70か国以上に700以上のサーバーあり
  • 3日間無料トライアルを利用可能

中国政府はVyprVPNを規制しようとしているものの、今でも中国で利用できるVPNとなっています。カメレオン技術を使うと通信情報はOpenVPNデータを使ってスクランブリングされるので、ディープパケットインスペクションで探知されません。

今のところこのソフトウェアはiOSでは利用できませんが、それ以外の端末では利用可能です。このサービスで最高なのは、ティア1ネットワークであることです。つまり、VyprVPNのすべてのサーバーがVyprVPNの所有するサーバーだということで、追加の対策になります。

今すぐご利用ください

まとめ

中国に渡航する前にVPNアプリをダウンロードすることが最高の対策方法です。しかし忘れてしまった場合やVPNがないと自由にインターネットにアクセスできないと知らなかった場合はいくつか解決方法があります。ただし簡単ではないのでいくらか努力しなければならないという心の準備をしましょう。

この記事でご紹介した中国に最適なVPNを使って制限のないインターネットをお楽しみいただければ幸いです。

グレイ・ウィリアムズ
グレイ・ウィリアムズは経験豊富なデータ・コミュニケーションエンジニアで、複数のプラットフォームでコピーライター・コンテンツライター兼編集者として活動しており、サイバーセキュリティーに特に興味があります。彼は何年もVPNやその他のネットのプライバシーツールを利用したり調査したりしてきた実績があります。