情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

高速VPNベスト- 2022年に速度テスト

ダニエル・ナイト
ダニエル・ナイトがOctober 01, 2022に更新

特にあらゆるVPNが最速VPNであるといわれていると、高速VPNを見つけるのは困難かもしれません。そこで、時間を節約いただくために、50種類のVPNをテストして高速VPNベスト9を一覧にしました。ExpressVPNは、その高速グローバルサーバーにより、競合他社よりも優れていたことから感心しました。

何よりも、ExpressVPNの高速接続をお使いのデバイスで試せます。30日間の返金保証があるため、満足できなかった場合は全額返金してもらえます。実際に返金保証を利用してみたところ、24時間年中無休のライブチャットを通じて返金リクエストが承認され(無条件で)、わずか5日で口座に返金されました。

ExpressVPNで高速接続を楽しみましょう

クイックガイド: 2022年における最速VPN

  1. ExpressVPN – 高速で、遅延せずにストリーミング、トレント、ゲームを利用するのに最適です。 ExpressVPNの超高速接続を試しましょう
  2. CyberGhost – 最適化されたサーバーは高速ですが、遠く離れたサーバーに接続すると速度が低下します。
  3. Private Internet Access – カスタマイズ可能なセキュリティ機能により高速化できますが、遠く離れたサーバーに接続すると大幅に速度が低下します。
  4. IPVanish – 速度やping値が安定していますが、最速のサーバーを見つけるのが困難です。
  5. PrivateVPN – 小規模だが安定したネットワークで、ローカルサーバーが高速。

他にも5種類の高速VPNがあります。詳細については、下にジャンプしてください

2022年における最速VPNを試しましょう

ストリーミング、トレント、ゲーム用の最速VPN (10月 2022にテスト実施)

1. ExpressVPN – 優れた速度と一流のセキュリティ機能により最も優れている

主な特徴:

  • 平均速度低下は18%
  • 94ヶ国に3000台のサーバーがある
  • ストリーミングサイト、P2Pクライアント、オンラインゲームなどに対応
  • 軍用グレードの暗号化およびセキュリティ機能
  • 最大5台のデバイスで同時に接続でき、日本語のアプリがある
  • 30日間の返金保証

ExpressVPNは最速のVPNで、あらゆるサーバーで優れた速度を得られます。テスト中、ローカルサーバーと遠く離れたサーバーが非常に高速で、オーストラリアのサーバーに接続した際も、速度が90Mbps近くで安定していて、ベース速度から21%のみ低下しました。

ExpressVPNのグローバル速度は、ストリーミング、ゲーム、トレントなどに最適です

高画質でストリーミングしても、中断されませんでした。ExpressVPNは高速なので、アメリカのNetflix、Amazonプライムビデオ、Disney +などに適していることから、これは当然といえば当然です。

迅速かつ容易にトレントを利用でき、40GBのファイルを1時間強でダウンロードできました。PUBGやCounter Strikeなどの負荷の高いオンラインゲームも遅延を気にせずにプレイできました。

ユーザーがカウンターストライクをプレイしているときに米国のサーバーに接続されたExpressVPNのスクリーンショット

ExpressVPNで、ペースの速いオンラインゲームを問題なくプレイできました

ExpressVPN が驚くほど高速なのは、OpenVPNが70,000行のコードであるのに対し、1,000行のみの独自のLightwayプロトコルが使用されているためです。こうした軽量化により、瞬時に接続でき、デバイスへの影響も軽減できます。

LightwayはExpressVPNのデフォルトのプロトコルで、最速です。最寄りのサーバーでLightwayを使用すると、104Mbpsに達しました。これは、通常の速度から10%未満の低下です。Lightwayを使用しなかった場合、最寄りのサーバーの速度は100Mbpsでした。それほど差がないように聞こえるかもしれませんが、インターネットの速度が遅い場合、速度への影響が最も少ないVPNを利用する必要があります。

また、ExpressVPNのスプリットトンネリングによっても高速化できます。この機能により、VPNを介して特定のアプリをルーティングできます。ExpressVPNのスプリットトンネリングにバンキングアプリとトレントクライアントを追加したところ、不要なトラフィックが減少し、速度がわずかに向上しました。

ExpressVPNのセキュリティ機能によって大幅に減速しなかったので、満足しました。軍用グレードの暗号化とリーク保護で、速度に全く影響を与えることなく、ハッカーやスパイからオンラインアクティビティを守れました。 高速であるにもかかわらず、IPアドレス、DNS、WebRTCのデータが漏洩しませんでした。個人情報がしっかり保護されていたため、データの漏洩を心配する必要はありませんでした!

最も良いのは、ExpressVPNの高速で安定した接続を実際に試すことです。30日間の返金保証があるため、満足できなかった場合は容易に全額返金してもらえます。実際に24時間年中無休のライブチャットを通じて返金をリクエストしたところ、親切な担当者がすぐに返金を無条件で処理してくれ、わずか5日で返金してもらえました!

ExpressVPNが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Linux、Chrome、Firefox、PlayStation、Xbox、スマートテレビ、Apple TV、Amazon Firestick、Amazon Fire TV、ルーターなど

ExpressVPNで高速で接続しましょう!

10月 2022 更新! ExpressVPNは、期間限定で、1年プランの月額を$6.67に価格を下げました(最大49%節約できます)さらに3か月間無料で利用できます! 期間限定オファーなので、なくなる前に今すぐ入手しましょう。このオファーの詳細については、こちらをご覧ください

2. CyberGhost – 高速ダウンロード、ストリーミング、ゲーム用に最適化されたサーバー

主な特徴:

  • 平均速度低下は39%
  • 91ヶ国に8200台のサーバーがある
  • ストリーミングサイト、オンラインゲーム、P2Pクライアントなどに対応
  • AES-256ビットの暗号化とレベルの高いセキュリティ機能
  • 最大7台のデバイスで同時に接続でき、日本語のアプリがある
  • 45日間の返金保証

CyberGhostの専用サーバーで、ストリーミング、トレント、ゲームなどのリソースを大量に消費するアクティビティを高速化可能です。専用サーバーは、最速接続を確保するために定期的に更新されているため、中断されることなくトレントやストリーミングを利用したり、ペースの速いゲームをプレイしたりできます。

フランス、ドイツ、アメリカ、オーストラリアのサーバーをテストしましたが、最適化されたサーバーは標準サーバーよりも30%高速でした 。インターネットの速度が遅い場合、最適化されたサーバーを利用して、速度を上げて遅延せずに接続し続けられます。

フランス、ドイツ、米国、オーストラリアのOokla速度テストのスクリーンショットで、CyberGhostサーバーのダウンロード速度を示しています。

遠く離れたサーバーでも、CyberGhostのネットワーク全体で良好な速度を維持できました

CyberGhostでは、OpenVPNプロトコルとWireGuardプロトコルを利用できます。OpenVPNは速度とセキュリティにおける業界標準ですが、CyberGhostではWireGuardが最速でした。わずか4,000行のコードで、OpenVPNよりも軽量です。

幸い、CyberGhostのセキュリティ機能は速度に影響を与えません。そのAES-256ビットの暗号化は軍用グレードで、データを確実に保護できます。また、IPアドレス、DNS、WebRTCのリーク保護機能もあり、テスト中、あらゆるデータが公開されることはありませんでした。CyberGhost のRAMベースのサーバーで、データが記録されたり保存されたりすることがないため、安心できます。

遠く離れたサーバーをテストした際、速度が大幅に低下し、ping値が増加しました。減速したことでストリーミングやトレントに影響しませんでしたが、ping値が高いため、オンラインゲームをプレイできませんでした。オーストラリアのサーバーでValorantのプレイを試みた際、ゲームを読み込めませんでした。 そのため、常に最寄りのサーバーに接続することをお勧めします。良かった点は、CyberGhostには91ヶ国に8200台以上のサーバーがあるため、最寄りのサーバーを素早く見つけられたことです。

適しているかどうかを判断するために、CyberGhostの最適化されたサーバーをノーリスクで試すことをお勧めします。45日間の返金保証があるため、満足できなかった場合は全額返金してもらえます。実際に24時間年中無休のライブチャットを通じて返金をリクエストしたところ、解約の理由を尋ねられることなく、すぐに返金が処理され、1週間足らずで返金されました。

CyberGhostが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Linux、Chrome、Firefox、PlayStation、Xbox、スマートテレビ、Apple TV、Amazon Firestick、Amazon Fire TV、ルーターなど

CyberGhostで高速で接続しましょう!

10月 2022更新!CyberGhostを月額$2.29からサブスクライブでき、3年プランでさらに3ヶ月間無料で利用できます(最大84%節約可能)。期間限定オファーなので、なくなる前に今すぐ入手しましょう。このオファーの詳細については、こちらをご覧ください

3. Private Internet Access – 巨大なサーバーネットワークで高速を維持

主な特徴:

  • 平均速度低下は44%
  • 84ヶ国に34400台のサーバーがある
  • ストリーミングサイト、P2Pクライアント、オンラインゲームに対応
  • 一流の暗号化機能とセキュリティ機能
  • 10台のデバイスで同時に接続でき、日本語のアプリがある
  • 30日間の返金保証

Private Internet Access (PIA) には巨大な高速サーバーネットワークがあり、ストリーミング、トレント、ゲーミングに最適です。84ヶ国に34400台のサーバーがあるので、最寄りのサーバーを素早く見つけられ、帯域幅をめぐって他の数多くのユーザーと競い合う必要はありません。

さまざまなグローバルサーバーに接続されたPIAを使用したOokla速度テストのスクリーンショット。

PIA の世界中のあらゆるサーバーで速度が50Mbps以上だったので、感心しました

軽量のWireGuardプロトコルを使用すると、最速になります。デフォルトではOpenVPNですが、WireGuardによって10Mbpsは向上しました

また、MACE広告およびマルウェアブロッカーに感銘を受けました。これにより、Webサイトに素早くデータを入力し、コンテンツをより高速で読み込めました。同様に、スプリットトンネリング機能で、不要なデータがVPN接続を通過するのを防ぎ、速度がさらに10Mbps向上しました。

PIAの機能によって、接続中に匿名性を確保できます。軍用グレードのAES-256ビットの暗号化が使用されていて、あらゆるアプリにキルスイッチがあるため、VPN接続が切断された際に個人データを保護できます。また、リークテストを行ったところ、個人データはすべて公開されていませんでした。

多くのVPNと同様に、PIAでも、遠く離れたサーバーに接続すると速度が低下しました。しかし、オーストラリアのサーバーでも、ping値が高いためバッファリングが生じましたが、ストリーミングとトレントを利用できました。残念ながら、ゲームに関しては、遅延により繰り返しフリーズしたため、プレイできませんでした。

PIAの巨大なサーバーネットワークを実際にテストしたいなら、30日間の返金保証があるため、ノーリスクで試せます。返金手続きは容易で、実際に試した際、24時間年中無休のライブチャットを通じて返金をリクエストするだけで、手続きが終わりました。担当者はトラブルシューティングを試みましたが、私が拒否すると、すぐに返金を処理してくれ、1週間足らずで返金されました。

PIAが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Linux、Chrome、PlayStation、Xbox、スマートテレビ、Apple TV、Amazon Firestick、Amazon Fire TV、ルーターなど

今すぐPIAで高速で接続しましょう!

10月 2022更新! 期間限定で、2年間プランで81%節約し、さらに2か月間無料で利用できます。今すぐ、こちらでオファーをチェックしてください

4. IPVanish – 詳細なインターフェースにより、最速サーバーを容易に選択可能

主な特徴:

  • 平均速度低下は34%
  • 75ヶ国に2000台のサーバーがある強力なネットワーク
  • ストリーミングサイトになかなかアクセスできない、P2Pファイルを共有可能
  • 軍用グレードの暗号化、リーク保護、キルスイッチ
  • ∞台のデバイスで同時に接続可能
  • 30日間の返金保証

IPVanishでは、サーバーの負荷(%)やping値(ミリ秒)など、最速サーバーを選ぶのに役立つ情報を得られます。こうした情報を用いて、好きな地域を選び、毎回最速サーバーを選択することができました。

利用可能な最速サーバーに自動接続できる[Connect]ボタンもありますが、手動で接続した方が高速でした

さまざまなIPVanishサーバーに接続したときの4つの速度テストのスクリーンショット。

IPVanishのグローバルサーバーネットワークは高速です

複数のVPNプロトコルがありますが、最速のプロトコルに関する情報はありません。IPVanishで利用可能な最速かつ信頼性の高いプロトコルは、OpenVPNでお勧めです

IPVanishサーバーにわずか数秒で接続できたので満足しました。軍用グレードの暗号化、キルスイッチ、リーク保護によって、速度が低下することはなく、テスト中、個人データがすべて安全に保たれていて、どのサーバーを利用しても漏洩は見られませんでした。

残念な点は、IPVanishのインターフェースが最初は圧倒されるかもしれないことです。クライアントでは、複数のドロップダウンメニューと構成可能なオプションを操作する必要があるため、より上級者向けです。

IPVanishには30日間の返金保証があるため、 ノーリスクで試せます。実際に試した際、IPVanish アカウントの[Subscription]タブにある[Cancel Now]をクリックするだけで解約でき、自動的に返金が処理され、すぐに返金されました。

IPVanishが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Linux、Chrome、PlayStation、Xbox、Amazon Firestick、Amazon Fire TV、Apple TV、ルーターなど

IPVanishで高速で接続しましょう!

5. PrivateVPN – 小規模だが安定したネットワークで、ローカルサーバーが高速

主な特徴:

  • 平均速度低下は47%
  • 63ヶ国に200台のサーバーがある
  • ストリーミングサイトにアクセスでき、P2Pファイルを共有可能
  • AES-256ビットの暗号化、リーク保護、キルスイッチ
  • 最大10台のデバイスで同時に接続できる
  • 30日間の返金保証

PrivateVPNの小規模ネットワークは、ストリーミングおよびトレント用に最適化されていて、高速だったため驚きました。通常、小規模ネットワークは低速で混雑していますが、PrivateVPNでは通常の速度よりも35%低下しただけでした。

フランス、ドイツ、米国、オーストラリアのPrivateVPN速度テスト結果のスクリーンショット。

PrivateVPNの遠く離れたサーバーでは、なかなか高速を維持できませんでした

OpenVPNはPrivateVPNのデフォルトのプロトコルで、テストでは最速でした。また、暗号化レベルをAES-256からAES-128に下げることができました。これによって、セキュリティに影響することはありませんが(AES暗号化は解読されたことがありません)、特にインターネットの速度が遅い場合は、高速化できる可能性があります。

PrivateVPNでは減速することなくプライバシーを確実に保護できたので満足しました。一流の暗号化、リーク保護、キルスイッチに加え、VPN接続を通常のトラフィックに偽装するステルスVPN設定があります。これにより、中国やトルコなどでファイアウォールを回避し、オンラインコンテンツに自由にアクセスできます。

多くのVPNと同様に、PrivateVPNも最寄りのサーバーが最速です。テストの際、5,600km以上離れたニューヨークのサーバーでも高速でしたが、遠く離れたサーバーほど、速度が遅くなりました。例えば、オーストラリアのサーバーでは速度が90%低下し、Web閲覧やストリーミングは可能でしたが、インターネットの速度がそれほど良好でない場合は、これについて念頭に置いておくとよいでしょう。

PrivateVPNは、5,000km以内のサーバーでは高速です。PrivateVPNのサーバーネットワークを実際に試して ニーズに見合っているかどうかを確かめましょう。適していなかった場合は、30日間の返金保証を利用して、全額返金してもらえます。

PrivateVPNが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Chrome、Firefox、スマートテレビ、Amazon TV、Amazon Fire Stick、ルーターなど

PrivateVPNで高速で接続しましょう!

6. VyprVPN – 高速で、ストリーミングサービスに容易にアクセス可能

主な特徴:

  • 平均速度低下は51%
  • 70ヶ国に700台のサーバーがある
  • ストリーミングサイトに確実にアクセス可能
  • 軍用グレードの暗号化、リーク保護、キルスイッチ
  • 最大30台のデバイスを同時に保護可能
  • 30日間の返金保証

VyprVPNはコンテンツブロックの回避に優れているため、NetflixやDisney +などのストリーミングプラットフォームの動画を視聴するのに最適です。15,000 km離れたサーバーでは92%減速しましたが、それでも高画質でストリーミングできました。バッファリングが生じている間は、約40秒待たなければなりませんでしたが、その後、遅延することなくスムーズにストリーミングできました。

フランス、ドイツ、米国、オーストラリアからのVyprVPNの速度テスト結果のスクリーンショット。

VyprVPNでは、最も遅いサーバーでも高画質でストリーミングできます

WireGuardやVyprVPN独自のChameleonプロトコルなど、プロトコルのオプションがいくつかありますテスト中、WireGuardが最速でしたが、Chameleonプロトコルはジオブロックの回避に優れていました。多少速度が低下しても地域制限のあるコンテンツにアクセスしたいなら、Chameleonプロトコルがお勧めです。

VyprVPNでは、AES-256ビットの暗号化、リーク保護、キルスイッチを利用してデータを保護できます。また、デバイスが不明なWiFiネットワークや公衆無線LANに接続されると、自動的にVPNに接続される公衆無線LAN保護機能も備えています。この機能により、公共の場所で安全を確保するために、忘れずにVPNを有効にする必要がなかったので、便利でした。

残念ながら、VyprVPNはping値が高いため、ゲームに適していません。人気のあるアメリカとカナダのサーバーのping値は約90ミリ秒だったため、プレイ中にやや遅延が生じました。さらに離れたサーバーでは、ping値がより高くなり、ゲームをプレイできませんでした。スムーズにゲームをプレイするために、ローカルサーバーに接続するか、ExpressVPNを利用することをお勧めします。

30日間の返金保証を利用して、VyprVPNの高速ローカルサーバーをノーリスクで試せます。容易に解約でき、実際に試した際、カスタマーサポートに連絡した後3日で全額返金されました。

VyprVPNが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Chrome、Firefox、スマートテレビ、Amazon Fire Stick、ルーターなど

VyprVPNで高速で接続しましょう!

7. hide.me – グローバルサーバーでの優れたダウンロード速度

主な特徴:

  • 平均速度低下は58%
  • 75台のサーバーがある
  • 一部のストリーミングサイトにアクセス可能、P2Pに対応
  • AES-256ビットの暗号化、キルスイッチ、リーク保護
  • 最大10台のデバイスを同時に保護でき、日本語のアプリがある
  • 30日間の返金保証

複数のhide.meサーバーをテストしたところ、高画質でストリーミングできて、トレントを利用でき、最小限のみの遅延で安全にWeb閲覧できるほど高速でした。最速サーバーでは、通常の速度115Mbpsよりも34%減速しただけでした。最も遠く離れたサーバーでもバッファリングが最小限のみで、20秒もかからずにコンテンツを読み込めました。

hide.meではデフォルトでWireGuardプロトコルが使用されています。OpenVPNよりも高速でしたが、あらゆるサーバーで使用できるわけではありません。それでもOpenVPN接続は確実に高速でした。

hide.meではAES-256ビットの暗号化、キルスイッチ、リーク保護を利用して個人データの匿名性と安全を確保しながら、高速でダウンロードできたので満足しました。

しかし、アップロード速度が遅かったので、がっかりしました。Zoomが頻繁にフリーズし、ゲーム応答が遅くてプレイできませんでした。こうした欠点があるため、オンラインゲームをプレイしたり、動画でチャットしたりする場合は、hide.meをお勧めできません。

オランダ、ドイツ、および米国からのhide.meの速度テスト結果のスクリーンショット。

Hide.meではアップロード速度が遅いため、ビデオ通話やファイルの共有で遅延が生じました

適しているかどうかを確かめるために、hide.meを実際に試してみることをお勧めします。30日間の返金保証と無料版があるので、まず試してみることができます。

hide.meが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Chrome、Firefox、スマートテレビ、Amazon Fire Stickなど

hide.meで高速で接続しましょう!

8. ZenMate – ストリーミングおよびトレント専用サーバーで速度を向上

主な特徴:

  • 平均速度低下は60%
  • 79ヶ国に4700台のサーバーがある
  • ストリーミングサービスに対応し、P2Pファイルを共有可能
  • 軍用グレードの暗号化、キルスイッチ、リーク保護
  • ∞台のデバイスで同時に接続可能
  • 30日間の返金保証

ZenMateのストリーミングおよびトレント専用サーバーで、OpenVPNプロトコルを使用して、速度とセキュリティを最大化できます。こうした最適化されたサーバーでは、ZenMateの標準サーバーよりも速度が約40%向上しました。

フランス、ドイツ、米国、オーストラリアからのZenMateの速度テスト結果のスクリーンショット。

ZenMateの最適化されたサーバーで、最小限のバッファリングのみでストリーミングできました

AES 256ビットの暗号化、キルスイッチ、リーク保護などの一流のセキュリティ機能により、ZenMateでは常に安全に接続できます。テスト中に、常に個人データの安全が確保され、漏洩することは全くありませんでした!

残念ながら、ZenMateの標準サーバーはping値が高く、非常に低速でした。最寄りのロンドンのサーバーで、速度が16Mbpsにしか達せず、86%も減速しました。最高の速度を得るには、常に最適化されたサーバーに接続する必要があります。

また、サーバーへの接続に時間がかかり、最大30秒かかることがよくありました。 イライラしましたが、接続すると中断されることはありませんでした。

新規ユーザーは、7日間の無料トライアルを利用できるため、テストすることができます。また、30日間の返金保証があるので、 ZenMateをノーリスクで試し、満足できなかった場合は返金してもらえます。

ZenMateが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Chrome、Firefox、スマートテレビなど

ZenMateで高速で接続しましょう!

9. TunnelBear – 無料プランでも高速

主な特徴:

  • 平均速度低下は54%
  • 48ヶ国にサーバーがある
  • ストリーミングサイトとトレントを利用できる場合がある
  • AES-256ビットの暗号化、キルスイッチ、ノーログポリシー
  • 5台のデバイスで同時に接続可能
  • 無料プランがあり、有料プランで場合によっては返金可能

TunnelBearは、有料プランと無料プランで高速です。イギリス、アメリカ、フランスのサーバーで、速度が80Mbpsを超え、ストリーミング、トレント、オンラインゲームを中断することなく利用できました。しかし残念ながら、無料プランでは1ヶ月あたりのデータ通信量が500MBのみです。

テストしたところ、TunnelBearのサーバーに接続した際に個人データがすべて安全な状態でした。TunnelBearでは、主にOpenVPN UDP(最速のOpenVPN)が使用されていて、AES-256ビットの暗号化でトラフィックを保護し、IPアドレスやDNS、WebRTCの漏洩を防ぐための機能があります。

TunnelBearには、他のVPNのように返金保証がありませんが、有料版を利用する前に、TunnelBearの無料版をダウンロードして速度をテストできます。

TunnelBearが対応しているデバイス: Windows、Android、macOS、iOS、Chrome、Firefoxなど

TunnelBearで高速で接続しましょう!

比較表: 2022年における最速VPN

以下の表は、2022年における5種類の最速VPNの比較です。

平均速度低下

サーバーの数

最速プロトコル

Netflixのブロック解除

返金保証

ExpressVPN

18%

3000

Lightway

30

CyberGhost

39%

8200

WireGuard

45

PIA

45%

34400

WireGuard

30

IPVanish

34%

2000

OpenVPN

アメリカのみ

30

ExpressVPNで高速で接続しましょう

最速VPNをテストしてランク付けした際に用いた方法

以下の方法を用いて、市場で最高のVPNを評価しました:

  • 速度テスト: Speedtest.netを用いて、最初にベース速度が平均115Mbpsであることを確かめた後、各VPNをテストしました。
  • デバイス: あらゆるテストをWindows 10パソコンとiPhone XSで実行しました
  • VPNプロトコル: VPNに利用可能な最速プロトコル(多くの場合OpenVPN)を自動選択させました。
  • ローカルサーバー: [Smart Connect]または同様の機能を利用して、最速サーバーを選択しました。ほとんどのVPNで、最寄りのロンドンのサーバーが選択されました。
  • 世界的なサーバー: アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカのサーバーをテストし、距離が速度にどのように影響するかを確認しました。
  • テスト時間: 午前9時、午後3時、午後8時にテストを行い、各VPNの速度が、トラフィックの量によってどのように影響するかを確認しました。

上記のテストでは、インターネットの速度とデバイスのパフォーマンスにより、結果にわずかな偏りがあるかもしれないことに注意してください。実際に同様のテストを行ってみると、結果が異なるかもしれません。そのため、VPNを自分でテストして、機能について確認することをお勧めします。最速なのはExpressVPNで、実際に試しながら適しているかどうかを確かめられます。

ExpressVPNで高速で接続しましょう

VPN速度に影響を与えるものは?

多くのVPNでは、データが暗号化され、VPNサーバーを介して送信先に到着するため、接続速度が遅くなります

しかし、最高のVPNは速度を考慮しながらデザインされているため、中断されることなくWeb閲覧やストリーミングを行ったり、トレントを利用したりできます。まれに、最高のVPNによって速度を向上できることさえあります。インターネットサービスプロバイダーは、大量のデータを使用していることに気付くと、速度制限をかける可能性がありますが、VPNを利用することで、インターネットサービスプロバイダーからオンラインアクティビティを隠せるため、速度を制限されることはありません。

VPNの速度は、通常のネットワーク速度と同じであることに注意してください。そのため、インターネットが遅い場合、VPNに接続した際にバッファリングが生じる可能性があります。幸い、ExpressVPNなどの最高のVPNでは、速度低下が最小限のみで、インターネット接続が思わしくない場合でも、目立った速度低下が生じることはありません。

ExpressVPNで高速で接続しましょう

より高速なVPNが必要ですか? VPNで高速化するための5つのヒント

VPNの速度が遅い場合、試せることがいくつかあります。

1. 大規模なサーバーネットワークを備えたVPNを選ぶ

サーバーが数百台あるVPNは、数千台あるVPNほど高速ではありません。サーバーが少ないということは混雑することを意味し、通常、ピーク時に速度が低下します。

2. VPNプロトコルを変える

多くの場合、VPNにはプロトコルがいくつかあり、必要な暗号化と速度のレベルに応じて選べます。VPNの多くで、最速プロトコルが自動選択されますが、速度が遅い場合は、プロトコルの設定を確認する必要があります。WireGuardまたはOpenVPN TCPは高速で安全なのでお勧めです。携帯電話では、可能であればIKEv2を試してみてください。

3. 最寄りのサーバーに接続する

レイテンシー(またはping)とは、データがデバイスからサーバーに移動して戻ってくる時間をいい、距離と比例して遅延が生じます。VPNサーバーが遠く離れている場合、データはさらに遠くまで移動する必要があるため、応答に時間がかかります。待ち時間が長いと、大幅な速度低下とバッファリングが生じます。

レイテンシーを避けるために、最寄りのVPNサーバーを利用しましょう。データの移動距離が短くなることで、速度が向上します。

VPNの多くで、最寄りの最速サーバーに自動接続されます。例えば、ExpressVPNのSmart Locationでは、現在地をもとに常に最速サーバーが選択されます

ExpressVPNで高速で接続しましょう

4. スプリットトンネリングを設定する

スプリットトンネリングで、VPN経由で特定のアプリをルーティングするだけで速度を向上できます。VPNを通過するデータを制限すると、VPNが使用する帯域幅の量が減り、速度が向上します。トレントやバンキングアプリには機密データが含まれているため、常にVPNを利用することをお勧めします。

5. イーサネットケーブルを利用する

デバイスをルーターに接続すると、速度が向上します。ワイヤレス接続(Wi-Fi)は100%直接接続ではなく、速度が低下する可能性があります。イーサネットケーブルを用いてデバイスをルーターに接続すると、直接回線が構築され、データがより高速で転送されます。さらに、イーサネットでの接続にはWiFi接続よりも信頼性と安全性があります

2022年における最速VPNをダウンロードしましょう

最速VPNと速度に関するよくあるご質問

ストリーミング用の最速VPNはどれですか?

ストリーミング用の最速VPNはExpressVPNです。テストした際、ExpressVPNの平均速度低下は18%で、あらゆる主要なVPNの中で最も低かったです。他のチームメンバーとともに、アメリカのNetflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、Disney +、HBO MaxなどでExpressVPNのサーバーをテストしたところ、遅延やバッファリングは生じませんでした。

ExpressVPNが、ゲーム機やスマートテレビなど、VPNをサポートしていないデバイスで動作する点が特に気に入りました。MediaStreamer SmartDNSサーバーは、プロキシDNSサーバーで、これによって、PlayStation、Xbox、LGスマートテレビなどのストリーミングサービスにアクセスできます。

ゲームをプレイできるほど高速なVPNはどれですか?

テスト結果によると、ゲーム用の最速VPNはExpressVPNです。高強度のゲームをプレイしている際に、遅延が最小限に抑えられ、中断されることなくPUBGとOverwatchを容易にプレイできました。これは、ExpressVPN独自のLightwayプロトコルによって、あらゆるサーバーでping値が低くなるためです。

ゲーム中にVPNの速度を向上させるにはどうすればよいですか?

ゲームの速度を上げる最良の方法は、ping値が低いサーバーを利用することです。オンラインゲームの多くではping値が表示されるため、VPNに接続する前後にping値を確認して、ping値が低いサーバーを見つけることができます。手動で確認する場合は、次の手順に従ってください:

  1. プレイする際に利用するサーバーのドメインまたはIPアドレスを見つけます。多くのゲームではこうした情報に容易にアクセスできないため、調べる必要があるでしょう。
  2. WindowsのコマンドプロンプトまたはMacのターミナルを開きます。これは、デバイスの検索バーに適切な用語を入力すると見つかります。
  3. コマンド「ping」と入力してから、サーバーのIPアドレスを入力します。例:ping 226.3.203.243
  4. Ping値をメモします。Ping値はミリ秒単位です。
  5. VPNに接続して、コマンドを再び実行します。通常の接続とVPN接続の違いがわかるでしょう。

トレント用の高速VPNはどれですか?

トレント用の最速のVPNはExpressVPN です。3000台のサーバーすべてで迅速かつ安全にP2Pファイルを共有できます。テスト中、高画質でストリーミングしながら、40GBのファイルをわずか1時間でダウンロードできました

その他のVPNでは、ポート転送によって速度を向上できます。これによって、P2Pファイルの共有に使用するポートを指定し、通過するデータの量を減らせます。しかし、ポート転送を使用すると、オンラインアクティビティを追跡されやすくなることに注意してください。

最速の無料VPNはどれですか?

残念ながら、完全無料で高速なVPNは存在しません最高の無料VPNでも、プレミアムサブスクリプションへのアップグレードを促すために速度が制限されています。速度が遅いのは、主にサーバーネットワークの規模が小さいからで、ユーザーの数に対して帯域幅が足りないためです。

さらに悪いことに、一部の無料VPNは、マルウェアやスパイウェアを利用して個人データを盗み、なりすましを行うことで知られています。また、個人データを記録および保存し、それを第三者に販売して収益を得ている無料VPNもあります。

無料でVPNを利用したいなら、返金保証付きの最良のVPNを入手することをお勧めします。例えば、CyberGhostを45日間無料で利用でき、この期間内であれば、返金をリクエストできます。確実に高速で、個人データが記録されたり、暗号化されたトンネルから漏洩したりすることを心配する必要はありません。

このハックを用いてCyberGhostを無料で利用しましょう

使っているデバイスで最速のVPNはどれですか?

どのVPNを利用しても速度低下を最小限に抑えられますが、最速なのはExpressVPNです。ExpressVPNには、Windows、Mac、Android、iOS、Linux、Amazon Fire Stick、スマートテレビ、ルーターなど、あらゆる人気のデバイス用のネイティブアプリがあります。

VPNでインターネットの速度が遅くなりますか?

最速のVPNは速度の低下を最小限に抑えるようにデザインされていますがわずかに低下するでしょう。高速VPNを選び、ユーザー負荷の低い最寄りのVPNサーバーを選択することをお勧めします。数多くのユーザーがサーバーに接続していると、データ転送速度がかなり遅くなります。遠く離れているサーバーほど、デバイスとのデータ送受信にかかる時間が長くなります。

VPNの速度をテストするにはどうすればよいですか?

組み込みの速度テストがあるVPN(ExpressVPNなど)が一部ある他、Speedtest.netを利用してVPNの速度をテストできます。

4つの容易な手順: VPNの速度をテストするには

  1. VPNをダウンロードしますExpressVPNがテストにおいて最速だったのでお勧めです
  2. 通常のインターネット接続で速度テストを行います。これにより、比較するためのベース速度がわかります。
  3. VPNサーバーに接続します。最寄りのサーバーは遠く離れたサーバーよりも高速です。
  4. 別の速度テストを行います。VPN速度を記録し、結果をベース速度と比較します。

大幅な遅延や中断が生じることなく、Web閲覧やストリーミング、ダウンロードするには、最低速度が25MbpsのVPNがお勧めです

ExpressVPNで高速接続を楽しみましょう

2022年において、最高の速度とセキュリティを備えたVPNを入手しましょう

VPNを利用すると速度に影響しますが、最高のVPNは速度低下を抑えるようにデザインされています。この一覧にあるVPNはすべて、高速で、レベルの高いセキュリティ機能を備えているため、中断されることなくストリーミング、トレント、ゲーム、Web閲覧を行えます。

テストしたところ、2022年における最速VPNはExpressVPNでした。あらゆるサーバーで一貫して高速で、独自のLightwayプロトコルにより、確実に最高速度で接続できます。しかし、これを鵜呑みにする必要はありません。ExpressVPNを実際にノーリスクで試せます。満足できなかった場合は、30日間の返金保証を利用して、返金してもらえます。


まとめ- 2022年における最速VPN

イチオシ!
ExpressVPN
$6.67 / 月 49%引き
CyberGhost VPN
$2.19 / 月 83%引き
Private Internet Access
$2.19 / 月 82%引き
IPVanish VPN
$3.99 / 月 64%引き
この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.20 2 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます