ExpressVPN vs NordVPN – 7つの観点から比較し、勝者を決定!

Published by グレイ・ウィリアムズ on 3月 07, 2019

Wizcaseでは ExpressVPN と NordVPNトップVPNサービスだとご紹介しています。

Choose between two VPN Nord Express

2つのサービスのうち、どちらの方が優れているのか選ぶのは難しいため、どちらもおすすめしています。この記事では両方のサービスの特徴を見ていき、どちらの方がいいのか判定したいと思います。

1パフォーマンスとサーバー

サーバーに関してはExpressVPNの方がNordVPNより少ない(1500以上vs5100以上)ですが、ExpressVPNの方が多くの国に配置されています(ExpressVPNは94か国、NordVPNは60か国以上)。ExpressVPNでサーバーを選ぶ際には国ごとに特定の地点を選択できるのに対して、NordVPNはアメリカだけ都市別にサーバーを選択できる機能を最近導入しました。ただしExpressVPNのようにすべての国で地点を選べるわけではありません。

VPN servers通信速度に関してはExpressVPNの方が高速ですが、それほど差はありません。両方とも快適にストリーミングできる通信速度となっています。

複数の端末を接続できるかに関して、NordVPNは6台同時に接続できるのに対して、ExpressVPNでは3台までです。ただし両方ともルーターにインストールするのは一つの接続と見なしています。

2中国での利用

China flag厳しい検閲に関する法律により、中国の規制されているコンテンツにアクセスするのはVPNサービスにとって最大の難関です。またVPNを利用する最大の理由でもあります。中国で常に利用可能なサービスはそれほどたくさんありませんが、NordVPNとExpressVPNはどちらも快適に利用できます。

一般的に中国ではVPNのサイトにアクセスできません。ExpressVPNは中国でも利用できる別のアドレスを設けていますが、念のため、中国に渡航する前にVPNソフトをインストールしておくのが賢明です。

3アンブロック機能

地理制限のあるコンテンツをストリーミングするにはExpressVPNとNordVPNはどちらも効果的にブロックを通過することができます。試験してみたところ、ExpressVPNはABCをストリーミングする際にやや遅延があり、NordVPNはCBSとNBCで苦戦しましたが、それ以外は問題ありませんでした。

ネットフリックス、Hulu、Sky Go、Amazonプライムビデオ、BBC iPlayer、ITV、Channel 4などの人気ストリーミングサイトの規制には両方ともきちんとアクセスできました。

4インストールと使いやすさ

ExpressVPNのMacとWindowsのインターフェイスはナビゲーションが簡単です。サーバー地点を選択するだけで利用を開始できます。設定を変更したい場合はすべて設定ページにまとまっており、デザインも素晴らしいでしょう。

ExpressVPNはWindows、Mac、iOS、Android、リナックスのセットアップウィザードがあります。他のVPNは手動でインストールしなければならない場合が多いので便利です。ルーターでOpenVPNのセルフインストールアプリがあるというのも使いやすくていいでしょう。

NordVPNもルーターへのインストールを許可していて、29種類のルーターへのインストール方法の説明があります。

NordVPNのアプリのレイアウトはきれいですが、画面の大きさはExpressVPNほどよくありません。全体的に使い心地と見た目はNordVPNの方が魅力的で使いやすいですが、ExpressVPNの方が効率的に利用できます。

5セキュリティー

どちらもOpenVPNなどのたくさんのプロトコルに対応しているので、最高レベルのセキュリティー対策に役立ちます。特にゲームが好きな人は通信速度を速くしたいでしょうからL2TPがあるのは役立ちます。NordVPNではIKEv2を試してみることができます。

Security best VPNどちらのプロバイダでも自由にプロトコルを選択できますが、ExpressVPNは感心です。NordVPNのアプリではプロトコルを切り替えるボタンがないからです。IKEv2やOpenVPNを使用したい場合は手動でセットアップする必要があります。両方ともPPTPに対応していますが、ExpressVPNはSSTPもあり、PPTPよりおすすめです。

ExpressVPNの暗号化標準の方がNordVPNより優れています。両方ともAES暗号化と256ビットキーがありますが、ExpressVPNのキーの方が長く、AESキー分配が保護されます。

2つのプロバイダはどちらもDNS漏洩対策、自動キルスイッチ、IPマスキングがありますが、NordVPNはさらにDDoS対策やオニオンオーバーVPNなどの追加の接続設定があるので、ディープウェブを利用するのに役立ちます。NordVPNにはVPNチェーンがあり、セキュリティー対策にはよいですが、通信速度が劇的に遅くなります。

機能の主な違いはNordVPNのCyberSec機能です。これは高度なセキュリティー対策機能でパフォーマンスが向上します。CyberSecを有効にすると自動的にマルウェアや広告トラッカー、悪質なサイトをブロックしてくれます。

6プライバシー

全体的にNordVPNのプライバシー方針はきちんとしたログなし方針があるので良いでしょう。それに対してExpressVPNはアカウントID、日付、接続したサーバー、通信されたデータ量などいくらかデータのログを記録しています。しかしIPアドレスはログされないので、利用状況とあなたをマッチすることはできません。

ネットの匿名性に関してはExpressVPNとNordVPNはどちらもしっかりプライバシーを保護してくれます。

7カスタマーサポート

カスタマーサポートに関しては両方とも業界の模範でしょう。24時間週7日体制のライブサポートがありますし、スタッフはみんな知識が豊富です。簡単な質問にも親切に応えてくれます。試してみたところExpressVPNのカスタマーサポートの方が若干素早く対応してくれましたが、それほど差はありませんでした。

Customer serviceサポート体制はどちらも役立ちます。メールとウェブフォームもあるのでチャットを利用できない場合にも安心です。他のプロバイダの多くはカスタマーサポートの対応が悪いものが多いので、この2社には大満足でした。

優勝は…ExpressVPNです!(ただし大きな差はありません)

はっきり言って、2つのプロバイダの差はそれほど大したものではありませんExpressVPN も NordVPN もトップのチョイスで、異なる部分で優れているという程度です。今のところ、ExpressVPNの方が通信速度がNordVPNより速いので優勝となりました。

ExpressVPN の方が国の数も多いので、NordVPNで利用できない国に接続したい場合に役立ちます。

セキュリティーに関してはExpressVPNの方が暗号化プロトコルが多いのがいいですが、 NordVPN ログなし方針とDDoS攻撃対策があるのでNordVPNの方が優れていると言えます。

両方とも中国での利用に適しており、各国のストリーミングサイトをアンブロックするのにも良いでしょう。

ExpressVPNの方が高価格ですが、両方とも30日返金保証があるので試してみてどちらの方がいいか判断できます。

グレイ・ウィリアムズ
グレイ・ウィリアムズは経験豊富なデータ・コミュニケーションエンジニアで、複数のプラットフォームでコピーライター・コンテンツライター兼編集者として活動しており、サイバーセキュリティーに特に興味があります。彼は何年もVPNやその他のネットのプライバシーツールを利用したり調査したりしてきた実績があります。