情報開示:
紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

レビュー基準

Wizcaseに掲載されているレビューは、製品やサービスに対するレビュアーの独立した、正直で専門的な検証に基づくものであることを保証するために、厳しいレビュー基準を満たしています。この基準では、製品の技術的な品質や特徴に加えて、ユーザーにとっての商業的な価値を考慮することが求められており、これがウェブサイト上での製品のランキングに影響を与える可能性があります。

ExpressVPN vs NordVPNレビュー2021:最新のテスト結果!

佐々木 健太 佐々木 健太が4月 05, 2021に更新

他のサイトでは、ExpressVPNまたはNordVPNのいずれかを最も信頼のおけるVPNとして宣伝していますが、実際には、両方のVPNのパフォーマンスが非常に高いため、個人的なニーズに基づいて決定する必要があります。あなたの時間を節約するために、私が代わりに13のカテゴリで各サービスをテストしました。

私のテストでは、ExpressVPNはストリーミング、ゲーム、およびトレントの方が高速であるため、総合的に優れていました(わずかな差でした)。また、中国で機能する数少ないVPNの1つでもあります。サブスクリプションの購入について確信が持てない場合は、30日間の返金保証付きのExpressVPNを無料で試すことができます。実際に試したところ、5日で返金されました。

追加のセキュリティ機能やより手頃なサービスが必要な場合は、NordVPNの方が適している可能性があります。NordVPNの最長プランは、ExpressVPNよりも約50%安いです。また、広告やマルウェアブロッカーなどの独自の安全機能も備えています。それがあなたのニーズに合っているかどうかを確認するために、30日間の返金保証付きのNordVPNをテストしてください。私は3日で返金を受け取りました。

ExpressVPNをリスクなしで30日間無料でお試しください

お急ぎですか?これが各カテゴリーの勝者の要約です(1分で読めます)

ストリーミング、トレント、およびゲームの速度が速いため、ExpressVPNが勝者です。一方、NordVPNには追加のセキュリティがあり、より手頃な価格です。

expressvpn logo
NordVPN logo
価格 最低$6,67 /月
(サブスクリプションプラン:15か月)
最低$3,71 /月
(サブスクリプションプラン:2年間)
Netflixのブロックを解除してストリーミング Netflix、Amazon Prime、BBCiPlayerなどを非常に高速でブロック解除します Netflix、Amazon Prime、BBCiPlayerなどを適度な速度でブロック解除します
サーバーと地理的制限のバイパス 94か国に3000台以上のサーバー 59か国に5400台以上のサーバー
スピード ローカル速度テスト:ベースライン速度から18%低下

米国の長距離サーバー速度テスト:ベースライン速度から32%減少

ローカル速度テスト:ベースライン速度から31%低下

米国の長距離サーバー速度テスト:ベースライン速度から43%減少

セキュリティ
  • AES-256-GCM暗号化
  • OpenVPN、IKEv2 / IPSec
  • DNSおよびIPリーク保護
  • 停止スイッチ(Kill switch)
  • TrustedServerテクノロジー
  • AES-256-GCM暗号化
  • OpenVPN、IKEv2 / IPSec
  • DNSおよびIPリーク保護
  • 停止スイッチ(Kill switch)
  • 広告とマルウェアブロッカー
  • ダブルVPN(double VPN)
  • オニオンオーバーVPN(Onion over VPN)
トレントの安全性とスピード 1.37GBのビデオをダウンロードするのに7分 1.37GBのビデオをダウンロードするのに9分
中国で機能するか? ストリーミングに適した速度で一貫して動作 一貫性のない動作
ゲーム ベースラインと比較してレイテンシが24%増加 ベースラインと比較してレイテンシが38%増加
デバイスの互換性とアプリの違い Windows、Android、macOS、iOS、Linuxなどで利用できます。広告およびマルウェアブロッカーまたはP2Pサーバーはありません。 Windows、Android、macOS、iOS、Linuxなどで利用できます。すべてのアプリに広告とマルウェアのブロッカーとP2Pサーバーがあります。
プライバシーと匿名性 5・9・14アイズ同盟の外にある英領バージン諸島に本社を置いています パナマに本社を置き、5・9・14アイズ同盟の外にあります
ロギングポリシーとユーザーデータストレージ ノーログポリシー(no-logs policy)
独立した第三者の検査済み
ノーログポリシー(no-logs policy)
独立した第三者の検査済み
支払いと返金 ほとんどの主要なクレジットカード、Paypal、Mint、およびBitcoinを介した支払いを受け入れます ほとんどの主要なクレジットカードといくつかの暗号通貨(PaypalやMintは除く)による支払いを受け入れます
カスタマーサービス 迅速で役立つ24時間年中無休のライブチャットとメールサポート 迅速で役立つ24時間年中無休のライブチャットとメールサポート

ExpressVPNを30日間無料でお試しください

ExpressVPNとNordVPNを13のカテゴリで比較

ExpressVPNとNordVPNを比較するために使用した基準リストの要約は次のとおりです。テスト結果の詳細については、カテゴリをクリックして、各セクションの結果にジャンプしてください。

  1. 料金 – 両方のプロバイダーが提供するサブスクリプションプランと返金ポリシーを比較しました。
  2. Netflixとストリーミングのブロック解除 – 両方のプロバイダーがバッファ(buffering)や解像度の低下なしにNetflixと他のストリーミングサイトのブロックを解除できるかどうかをテストしました。
  3. サーバーとバイパスの地理的制限 – サーバーの数と場所の比較、およびジオブロックをバイパスする機能。
  4. 速度 – オーストラリアと米国の複数のサーバーでローカルおよび長距離の速度テストを実施しました。
  5. セキュリティ – 分析された暗号化およびその他のセキュリティ機能。
  6. トレントの安全性と速度 – プロバイダーがトレントに対応しているかどうかを調べ、速度をテストし、それぞれにP2Pサーバーがいくつあるかを調査しました。
  7. 中国で機能するか? – 中国でテストを実施し、各VPNが中国で一貫して機能するかどうかを確認しました。
  8. ゲーム – ゲームで良好な速度を維持し、ゲームのジオブロックをバイパスし、セキュリティを提供する各VPNの機能を評価しました。
  9. デバイスの互換性とアプリの違い – どのデバイスが各VPNと互換性があるかを調べ、さまざまなオペレーティングシステム上のアプリ間の違いを比較しました。
  10. プライバシーと匿名性 – 会社の本社の場所と、これらの国が国際的な情報共有アライアンスの一部であるかどうかを調査しました。
  11. ロギングポリシーとユーザーデータストレージ – 各VPNのロギングポリシーとそれらが格納するユーザーデータのタイプを綿密に調べました。
  12. 支払いと返金 – 両方のプロバイダーで利用できる支払い方法と、返金を受けるのがどの程度簡単かを確認しました。
  13. カスタマーサービス – 両方のカスタマーサービスチームの応答速度と利用可能なサポートの種類をテストしました。

ExpressVPNを30日間無料でお試しください

1. 価格設定-NordVPNは高いコストパフォーマンスを提供します

長期サブスクリプションの場合は特に、NordVPNはExpressVPNよりもお手頃な価格です。 両プロバイダーのプランの比較は次のとおりです。

ExpressVPN NordVPN
$6,67 /月(サブスクリプションプラン:15か月) $3,71 /月(サブスクリプションプラン:2年間)
返金保証 – 30日 返金保証 – 30日
無料トライアル -なし 無料トライアル -限られたデバイスで利用可能な7日間の無料トライアル

NordVPNは、$3,71 /月のオファーで明らかに勝っています(サブスクリプションプラン:2年間)。つまり、NordVPNの長期サブスクリプションの価格は、ExpressVPNの最低価格よりも低くなっています。

NordVPNは、GooglePlayストアとAppleiTunesストアを通じて7日間の無料トライアルも提供していますが、この方法でテストすることはお勧めしません。そうした場合、限定割引を利用できなくなり、返金ではサードパーティによる処理に対処しなければならない場合があります(これにより数週間の遅延が発生する可能性があります)。このリンクからサインアップすると、トラブルなく30日間の返金保証(アプリストアでの7日間の試用期間よりもはるかに長い)でNordVPNを試すことができ、よりお得な情報も得られます。

また、返金ポリシーを使用して、ExpressVPNをリスクなしでテストすることをお勧めします。両方のオファーを利用する場合は、VPNを比較して、どちらがニーズにより合っているか、価格が最終的な判断の基準になるかどうかを確認できます。その後、一方または両方のサービスから返金を受けることができます。

さらに節約するには、ExpressVPNとNordVPNのこの価格表を確認することもできます。定期的に更新しているので、ご自分で調査するのに時間をかけなくてもお金を節約できます。

価格の勝者: NordVPN

NordVPNを30日間無料でお試しください!

2. Netflixとストリーミングのブロック解除- ExpressVPNは高速化により、多くの国でスムーズなストリーミングを実現します

Netflixのロケーションベースの制限を回避できるサービスが必要な場合は、NordVPNとExpressVPNの両方が最適です。米国、英国、カナダ、日本のライブラリを含む、各プロバイダーで10を超える異なるNetflixライブラリのブロックを解除することができました。ただし、ExpressVPNは、NordVPNよりもいくつかのNetflixライブラリのブロックを解除したため、勝者となりました。

どちらのVPNでも、HBO Now、BBC iPlayer、Disney +、 Amazon Prime、Hulu(米国と日本)、Vudu、SkyTV、HBO Go、Sky(英国)、SHOWTIME(米国)、DAZN(スポーツ)、ESPN(スポーツ)や他のストリーミングサイトにアクセスできました。また、信頼性の高い接続が提供されました。4日間のテスト中に、ストリーミングプラットフォームへのアクセスに問題が発生することはありませんでした。

ExpressVPNを使用して、米国、ドイツ、日本、カナダのNetflixに簡単にアクセスできました

全体として、ExpressVPNは速度が速いため、ストリーミングに適していることがわかりました。バッファ(buffering)なしで、USNetflixのクリミナルマインドを全話UltraHDで見ることができました。一方、ストリーミング速度はNordVPNと同じではありませんでした。私は通常、最小限のバッファ(buffering)しか経験しませんでしたが、ラグを回避するためにSDに切り替える必要がある場合がありました(特に週末などのピーク時)。ベースライン速度が遅い場合、これは問題になる可能性があります。

どちらのVPNも、トッププラットフォームの最大のコンテンツライブラリのブロックを一貫して解除でき、スムーズにストリーミングできることに感銘を受けました。ただし、ストリーミングが高速になり、より多くのNetflixライブラリのブロックが解除されるため、ExpressVPNを試すことをお勧めします

Netflixとストリーミングの勝者: ExpressVPN

今すぐExpressVPNでストリーミング

3. サーバーと地理的制限のバイパス-どちらもブロックをバイパスするための広範なグローバルサーバーネットワークを備えています

両方のVPNには、制限を回避するのに役立つ多くの国(日本を含む)に多数のサーバーがあるため、このカテゴリは同点です。総数ではNordVPNのサーバー数が勝りますが、ExpressVPNのサーバーはより多くの国に置かれています。

ExpressVPN NordVPN
サーバーの総数 3000以上 5400以上
サーバーの設置国数 94 59

米国、英国、カナダなどの国の人気のあるコンテンツにアクセスする場合、これらの国にはサーバーがたくさんあるため、両方のVPNのパフォーマンスはほぼ同じです。

ただし、特定の国のサイトにアクセスする必要がある場合は、ネットワーク全体のサイズよりもその国にあるサーバーの数の方が重要です。VPNの特定の地域にサーバーがない場合、制限を回避するために必要なIPアドレスを取得できない可能性があります。たとえば、カンボジアからのオンラインバンキングのブロックを解除する場合、ExpressVPNにはサーバーが1つありますが、NordVPNにはサーバーがないため、ExpressVPNの方が適しています。一方、High Roadなどのライトボックスプログラムの高品質ストリーミングが必要な場合は、NordVPNがニュージーランドに適したサービスです。ExpressVPNには1台しかないのに対し、NordVPNには28台のサーバーがあります。

ただし、これには例外があります。検閲の多い国でサービスが必要な場合は、制限を回避するサーバーの数よりも、実績の方が重要です。たとえば、ExpressVPNは、中国で一貫して機能することを証明しています。香港と日本のサーバーは、高速で信頼性の高いサービスを提供します。NordVPNは近くに日本のサーバーが多いのでうまくいくと思いましたが、中国ではほとんど機能しませんでした。

サブスクリプションを購入する前に、カスタマーサービスに確認することをお勧めします。どちらのプロバイダーも、カバレッジを向上させるために常に新しいサーバーを追加しているからです。

サーバーとジオブロック回避の勝者:引き分け

ExpressVPNでコンテンツのブロックを解除する

4. 速度-ExpressVPNはNordVPNよりも高速です

誤解しないでください。私がテストした数百のVPNのうち、これら2つのプロバイダーは他のプロバイダーよりもはるかに高速です。ただし、ExpressVPNは、ローカルおよび長距離の速度テストで一貫して高速でした。

どちらが速いかを判断するために、オーストラリアのサーバーを使用したローカルテストと米国のサーバーを使用した長距離テストの2つの速度テストを実施しました。速度テストが完璧ではないことを覚えておくことは重要です。インターネット接続、ルーター、ロケーション、デバイスの種類、その他の変数などの要因が結果に影響します。テストをできるだけ正確に保つために、同じコンピューターとオペレーティングシステム(macOS 10.13.6)を使用するようにしました。また、同じOpenVPNプロトコルを選択し、各プロバイダーが利用可能な最速のサーバーに自動的に接続できるようにしました。

ローカルスピードテストの結果:

私のローカルサーバーテストでは、ExpressVPNはNordVPNより19%高速でした。ExpressVPNを使用した場合、ベースライン測定と比較して速度が17%低下しただけでした。NordVPNの場合、31%の低下が見られました。

ExpressVPNがローカルサーバー接続でNordVPNよりも高速であることを示す速度テストのスクリーンショット
ExpressVPNは、ローカルサーバーに接続したときにNordVPNよりも高速でした

長距離速度テストの結果:

2回目のテストでも同様の結果が得られました。ExpressVPNは、米国のサーバーを使用した長距離サーバーテストでもNordVPNより19%高速でした。

米国の遠距離サーバーテストでExpressVPNがNordVPNよりも高速であることを示すスクリーンショット
米国のサーバーを使用した長距離速度テストでは、ExpressVPNはNordVPNより19%高速でした

大量のデータを必要とするアクティビティがある場合は、ExpressVPNの高速を試すことをお勧めします。HDストリーミング、大きなファイルのトレント、ラグのないゲームの方がはるかに優れていることがわかりました。ExpressVPNを使用すると、地球の裏側からでも遅延なく、UltraHDでUSNetflixを視聴できます。NordVPNでは、バッファ(buffering)を回避するために、標準解像度にダウングレードしなければならないことがありました。これは大きな問題ではありませんでしたが、私の視聴体験に影響を与えました。

スピードの勝者: ExpressVPN

ExpressVPNをリスクなしでお試しください

5. セキュリティ-NordVPNには追加の安全機能があります

どちらのサービスにも強力なコアセキュリティ機能があります。ただし、ExpressVPNにはない特殊なサーバーと組み込みのマルウェアブロッカーを提供するため、NordVPNがこのカテゴリの勝者です

ExpressVPN NordVPN
暗号化 AES-256-GCM、4096ビットDHキー、SHA-512HMAC認証 AES-256-GCM、4096ビットDHキー、SHA2-384HMAC認証
VPNプロトコル OpenVPN UDP、OpenVPN TCP、IPSec / IKEv2、およびIPSec / L2TP OpenVPN UDP、OpenVPN TCP、IPSec / IKEv2、IPSec / L2TP、およびWireGuard
ノーログポリシー(no-logs policy) はい(外部検査済み) はい(外部検査済み)
停止スイッチ(Kill switch) Windows、macOS、Android(バージョン7.4以降)、Linux、およびルーターで利用できます。iOSでは利用できません。 Windows、macOS、Android、iOS、およびLinuxで利用できます。ルーターでは使用できません。
DNSおよびIPリーク保護 DNSおよびIPリーク保護 DNSおよびIPリーク保護
マルウェア/広告ブロッカー 無し 有り
サーバーチェーン 無し はい、ダブルVPN機能を提供します
オニオンオーバーVPN(Onion over VPN)サーバー 無し 有り
専用IP 無し 有り
ハードドライブにデータを書き込み TrustedServerテクノロジーは、サーバーがRAMで実行され、ハードドライブにデータが書き込まれないことを意味します 暗号化されたデータをハードドライブに書き込む従来のサーバーテクノロジー

暗号化標準

VPNが使用する暗号化のレベルによって、ハッカーがあなたの情報を解読するのがどれほど簡単になるかが決まります。NordVPNとExpressVPNはどちらも、トップクラスのAES 256ビット暗号化を使用してデータを保護します。これは、政府のサイバーセキュリティ専門家が使用しているのと同じ標準です。米国のトップスパイ機関でさえ、このレベルのセキュリティで単一の暗号化キーを破ろうとすると、数年、数百万ドル、スーパーコンピューターが必要になります。

暗号化プロトコル

暗号化プロトコルとは、インターネットを介して送信される情報をどのようにコーディングするかを決定する一連の指示のことです。ExpressVPNとNordVPNは、OpenVPNやIKEv2などの最も安全なプロトコルを使用して、セキュリティと速度の最適なバランスを提供します。私はOpenVPNをストリーミング、Webサーフィン、オンラインバンキングなどの日常の活動に使用しています。ただし、ゲームやトレントにはIKEv2の方が速いので気に入っています。

重要な違いの1つは、NordVPNがWireGuardプロトコルに基づくNordLynxを提供していることです。最新の暗号化技術を備えており、OpenVPN(現在の主要なプロトコル)よりも高速です。コードが4,000行未満(OpenVPNの400,000行と比較して)であるため、WireGuardでエラーを修正する方が簡単です。

広告とマルウェアブロッカー

マルウェアブロッカーを備えたVPNを使用することは、オンラインの安全性にとって不可欠であることがわかりました。ウイルスは、一見リスクのないWebサイトや、URLの先頭に「https」が付いているWebサイトにも表示される可能性があります。そのため、NordVPNがあなたを安全に保つための広告/マルウェアブロッカーを提供しているのが気に入りました。マルウェアやフィッシング詐欺のホストとしてマークされている疑わしいWebサイトにアクセスするのを防ぐのに役立ちました。この機能がExpressVPNで利用できないことにがっかりしました。ただし、ExpressVPNは多くの広告およびマルウェアブロッカーと互換性があるため、これは大したことではありませんでした。

NordVPNのCyberSec広告とマルウェアブロッカー機能を使用したスクリーンショット
NordVPNの組み込み広告とマルウェアブロッカーは、有害なコンテンツからあなたを守ります

DNS漏れ対策(DNS leak protection)

私はアラブ首長国連邦やインドのような検閲の多い国に旅行していることを考えると、政府機関やISPが私のネット上の活動を見ようとしていることに対して注意を払っています。これらの国では、Skypeなどのビデオゲームやプラットフォームにアクセスしたために投獄される可能性があるため、これらのVPNのリーク保護をテストして、プライベートを維持したいと思いました。

両方のプロバイダーに対してテストを実行しましたが、DNS、IPv4、WebRTC、またはIPv6のリークは見つかりませんでした。米国のサーバーに接続してIPリークテストを実行すると、両方のVPNが私の実際の場所(オーストラリアに拠点を置いています)を正常にマスクし、リークを防止しました。

NordVPNとExpressVPNの両方でIPv6リークが検出されなかったことを示すスクリーンショット
ExpressVPNとNordVPNは私のIPアドレスを効果的にマスクし、データ漏洩を防ぎました

どちらのプロバイダーにも、技術的なエラーが発生した場合にデータが公開されるのを防ぐための自動停止スイッチ(Kill switch)が含まれています。つまり、VPNまたはインターネット接続に障害が発生した場合でも、実際のIPアドレス、ID、および閲覧履歴は非表示のままになります。旅行中はいつも安定したインターネット接続にアクセスできるとは限らないので、この機能で安心できました。

特殊サーバー

また、NordVPNには、ExpressVPNにはない追加のセキュリティオプションが用意されていることもわかりました(DoubleVPN機能やOnionover VPNサーバーなど)。ダブルVPN機能はオンラインバンキングを行っているときや支払いをしているときに便利だと思います。この構成では、データが1台ではなく2台のサーバーを通過するため、二重暗号化が行われ、解読することはほぼ不可能です。この設定により、私の機密の金融情報は100%安全であることがわかりました。

サーバーセキュリティ

ExpressVPNは、TrustedServerテクノロジーを使用して、サーバーのハードドライブにデータが書き込まれないようにします。データは一時的にRAMに書き込まれるだけで、サーバーの再起動時に消去されます。つまり、データがサーバーに長期間保存されていないため、ハッカーも見つけるのに苦労することになります。さらに、再起動するたびにデータも削除されます。このシステムは非常に安全であるため、急速に業界標準になりつつあります。

一方、NordVPNは主に、データがサーバーのハードドライブに書き込まれる従来のサーバーテクノロジーで実行されます。ハードドライブは、メンテナンス中に上書きまたは手動で消去されるまでこのデータを保存するため、このシステムではデータがより大きなリスクにさらされる可能性があります。ハッカーがサーバーに侵入した場合、暗号化キーを盗んでこれらの限られたデータの一部を見ることができる可能性があります。

セキュリティインフラストラクチャの検査

VPN業界では、独立したセキュリティ検査はまれです(5つのトップサービスがそのようなテストを受けたという証拠しか見つかりませんでした)。これは、プロバイダーが技術をこのレベルで分析されると、粗がみつかる可能性があるためです。ただし、ExpressVPNとNordVPNは、最高レベルのユーザーの安全性を提供することに尽力しているため、複数のサイバーセキュリティ検査を受けています。

  • NordVPN:NordVPNは、2018年に軽微なセキュリティ侵害との戦いに勝利しました。VerSprite(サイバーセキュリティコンサルティング会社)によるセキュリティインフラストラクチャの追加検査を受けました。その後、この調査で肯定的な結果を発表しました。
  • ExpressVPN:2019年に、PricewaterhouseCoopers(PwC)によって検査され、TrustedServerテクノロジーが本当にユーザーの安全を維持していることが確認されました。その結果をウェブサイトで共有しました。

このレベルの透明性とセキュリティへの取り組みは、VPN業界では見つけるのが困難です。これらの検査により、どちらのサービスも、評判通りで、何よりも私の安全を優先していることがわかりました。

全体として、ExpressVPNとNordVPNは市場で最も安全なサービスの1つです。ただし、独自のセキュリティ機能のためにNordVPNを試すことをお勧めします。

セキュリティの勝者: NordVPN

NordVPNのセキュリティを30日間テストしましょう

6. トレントの安全性と速度-ExpressVPNの方が高速です

どちらのVPNもトップクラスのセキュリティを提供し、あらゆるトレントソフトウェア(BitTorrent、uTorrentなど)と互換性があります。さらに、ファイルのサイズや種類に応じてダウンロードを制限することはありません。

ただし、ExpressVPNはダウンロード速度が速いため、トレントでは勝者です。NordVPNにはより特殊なトレントサーバーがありますが、ExpressVPNの超高速に勝るものではありませんでした。

トレントの安全性

私にとって、ISPが私がトレントをしていることを知らないことは非常に重要です。データ制限を超えると、インターネットの速度が低下します。さらに悪いことに、海賊版コンテンツを含むファイルを無意識のうちにトレントにすると、ISPが法的な問題に巻き込まれる可能性があります。著作権侵害を支持しているわけではありませんが、疑わしいコンテンツを含むファイルを誤ってダウンロードした場合でも、身を守ることが重要です。

トレント用の安全なVPNを選択するのは簡単ではありません。サポートされていないものもあるため、トレント防止ポリシーやプライバシー機能が不十分な場合があります。ExpressVPNとNordVPNはトレントに対応しており、最高のセキュリティを提供します。ExpressVPNはすべてのサーバーでトレントを許可し、NordVPNはトレントの安全性に最適化されたP2Pサーバーを提供します。

NordVPNおよびExpressVPNWebサイトのスクリーンショットで、トレントをサポートしていることを示しています
ExpressVPNとNordVPNを使用してトレントするときは、最高級のセキュリティ機能があるため、安全だと感じました

ExpressVPNとNordVPNが、トレントをプライベートに保つために次のような最高の機能を利用していることに感銘を受けました。

  • 履歴が記録されないようにするための厳格なノーログポリシー(no-logs policy)
  • データを隠すための軍事レベルの暗号化
  • 匿名を維持するための自動停止スイッチ(Kill switch)によるリーク保護

これらの機能に加えて、ExpressVPNとNordVPNは、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)またはその他の国際著作権協定の対象ではない国に本社を置いています。セキュリティセクションにジャンプすれば、インターネット上でトレントや何か他の作業をしている場合でも、各VPNがデータを安全に保つ方法について詳しく知ることができます。

トレントの速度

ExpressVPNとNordVPNは、速度、帯域、またはデータを制限することはありません。つまり、好きなだけダウンロードでき、速度の低下やその他の制限について心配する必要はありません。

トレント用に最適化された4,000を超える専用P2Pサーバーがあるため、NordVPNの方がダウンロード速度が速いと思っていましたが、私は間違っていました。ExpressVPNにはP2Pサーバーはありませんが、3000以上のサーバーすべてがトレントをサポートしています。

トレント速度をテストするために、両方のVPNを使用して同じビデオ(1.37GB)をダウンロードしました。ExpressVPNはかなり高速でした。ビデオのダウンロードには約7分しかかかりませんでした。一方、NordVPNのP2Pサーバーには9分かかりました。

これは、このカテゴリの2つのVPN間でほぼ一致していました。どちらも最高のトレントセキュリティを提供しますが、私の速度テストでは、ExpressVPNの通常のサーバーがNordVPNのP2Pサーバーよりも速く同じファイルをダウンロードしたことを示しています。このため、超高速のトレントにはExpressVPNを試すことをお勧めします

トレントの勝者: ExpressVPN

ExpressVPNですばやくトレント

7. 中国で機能しますか?-ExpressVPNは中国で一貫して機能します

ExpressVPNは、VPNに対して絶えず対策が講じられており、中国でオンライン検閲を回避できる数少ないサービスの1つです。私のチームと私は中国で10を超えるVPNをテストしましたが、ExpressVPNは、Facebook、US Netflix、YouTubeなどの制限されたコンテンツに一貫してアクセスできる数少ないサービスの1つです。

また、ExpressVPNは、デバイスの種類やオペレーティングシステムに関係なく、中国で確実に機能することがわかりました。

中国でのexpressvpnを使用したYouTubeビデオストリーミングのスクリーンショット
ExpressVPNを使用して中国でYouTubeビデオを見ている間、ラグは最小限でした

残念ながら、NordVPNは中国では一貫して機能しませんでした。InstagramとWikipediaのブロックを解除するために使用しようとしましたが、エラーメッセージが表示されました。NordVPNが接続できる数回の機会に、最初にカスタマーサポートに連絡して、手動で再構成する手順を入手する必要がありましたが、これは時間がかかり、(特にiOSデバイスでは)困難でした。

中国でアプリを動作させる方法についてアドバイスを求めるNordVPNとのチャットのスクリーンショット
中国でNordVPNを使用するために、アプリと電話の設定を変更するのに時間がかかることがわかりました

ExpressVPNはまた、高速によって中国でのスムーズなストリーミングを可能にしました。これは私にとって重要でした。なぜなら、私が中国に旅行しているという理由だけで、お気に入りのプラットフォームからストリーミングできないのは公平ではないと感じるからです。ExpressVPNの高速な日本語サーバーを使用すると、わずか3〜4秒のバッファ時間でYouTubeビデオを視聴できます。ExpressVPNのUSサーバーに接続して、NetflixでKim’s ConvenienceをHDで最小限のラグで視聴することもできました。

私と同じ間違いをおかさないでください – 中国に旅行する前にExpressVPNをインストールしてください。検閲のため、ウェブサイトにアクセスしてアプリをダウンロードすることはできません。中国滞在中に他の問題が発生した場合、ExpressVPNは便利な問題解決ページも提供しています。

VPNが機能していない中国にいる場合は、裏技を使用してExpressVPNをダウンロードできる可能性があります。トーアブラウザーをインストールした後、その.onionサイト(http://expressobutiolem.onion)からExpressVPNをダウンロードしてみてください。チームメンバーはこの方法で成功しました。

中国の勝者: ExpressVPN

今すぐ中国でExpressVPNをお試しください

8. ゲーム-ExpressVPNはゲームの待ち時間が短い

ほとんどのVPNレビューでは、サービスのゲームパフォーマンスの詳細なテストが行われていないため、ExpressVPNとNordVPNがどのように機能するかはわかりませんでした。結局のところ、基本的な速度テストでは、VPNがゲーム体験にどのように影響するかを判断するのに十分ではありません。

どちらのVPNもゲームのブロックを簡単に解除し、中断なくゲームに最高のセキュリティを提供することがわかりました。ただし、ExpressVPNはNordVPNよりもわずかに高速だったため、勝者です

ゲーム速度

情熱的なゲーマーとして、私は速度が遅く、応答が悪いVPNの長期サブスクリプションを購入するという間違いを犯したくありませんでした。

NordVPNとExpressVPNをCounter-Strikeでテストして、ゲームの待ち時間への影響を確認しました。これは、ゲームデバイスがサーバーとデータを送受信するのにかかる時間の指標です(待ち時間が短いほど良いことを覚えておいてください)。どちらのVPNもベースラインからレイテンシーを増加させましたが、ExpressVPNのレイテンシースコアはNordVPNよりも低く、これは応答性が高く、ゲームをプレイしている際に、ラグが少ないことを意味します。

Counter-Strikeをプレイしたときに、ExpressVPNのレイテンシがNordVPNよりも低いことを示すスクリーンショット
Counter-Strikeをプレイしたとき、ExpressVPNのレイテンシーは低かった

待ち時間テストの結果は、私自身の個人的な経験と一致していました。ExpressVPNに接続した場合、VPNを接続していない場合と比較して、応答性に違いは見られませんでした。私はCounter-Strikeの速いスピードについていくことができ、負けることはありませんでした。

ほとんどの場合、NordVPNのゲーム速度も満足のいくものでした。私が経験したラグは最小限であり、ゲームプレイにはあまり影響しませんでした。ただし、NordVPNの待ち時間が長くなると、ベースライン速度によってはゲームに悪影響を与える可能性があります。

地理的に制限されたゲームとDLCのブロックを解除する

私はオーストラリアに拠点を置いており、同国は最初にゲームがリリースされた国ではなかったため、米国の新しいゲームやDLCにアクセスできないことがあります。あなたが同じような問題を抱えているなら、VPNを使用してIPアドレスを変更し、ゲームサイトをだまして、ブロックされたコンテンツにアクセスすることができます。

ExpressVPNとNordVPNをテストしたところ、各プロバイダーは制限されたゲームのブロックを解除するのに効果的でした。たとえば、両方のVPNでタイのサーバーに接続することで、PlayerUnknownのBattlegrounds Lite for PCにアクセスできました。

ExpressVPNとNordVPNにそれぞれ接続しているときにPlayUnknownのBattlegroundsLiteをプレイしているユーザーのスクリーンショットの比較
ExpressVPNとNordVPNを使用して、PCでPlayerUnknownのBattlegroundsLiteのブロックを解除することができました

ゲームのセキュリティ

DDoS攻撃では、ハッカーがIPアドレスを追跡し、サーバーに過負荷をかけてシャットダウンしようとします。深刻なラグが発生したり、ゲームがクラッシュしたりする可能性があります。これらの攻撃は競争力のあるゲーマーのみを対象としていると思いましたが、カジュアルなゲームプレイでは一般的になりつつあります。プレーヤー間の直接接続を必要とするP2Pゲームに参加する場合は、特に危険にさらされます。対戦相手は簡単にあなたのIPアドレスを調べて、あなたを攻撃することができます。

DDoS攻撃を防ぐ最善の方法は、VPNを使用することです。これは、VPNが実際のIPアドレスを隠すためです。対戦相手があなたを攻撃しようとした場合、相手に表示されるのは暗号化された情報とVPNサーバーの場所だけです。

どちらのVPNも、DDoS攻撃から同等に保護し、公正なゲームを楽しむことができます。ExpressVPNとNordVPNが実際のIPアドレスをマスクするために使用する暗号化とリーク保護の詳細については、セキュリティセクションにジャンプしてください。

ゲームの勝者: ExpressVPN

今すぐExpressVPNでゲーム

9. デバイスの互換性とアプリの違い-NordVPNのアプリにはさらに多くの機能があります

各VPNの互換性を自分で確認するために、それらをテストしたところ、デバイスの種類やオペレーティングシステムに関係なく、どちらも良好に機能することがわかりましたが、NordVPNにはより多くの機能があります。

対応機種:

ExpressVPNとNordVPNは以下で動作します: Windows、macOS、Android、iOS、Linux、Chromecast、Roku、Amazon Fire TV、Android Smart TV、Kodi、Blackberry、Raspberry Pi、Windows Phone、Chrome拡張機能、Firefox拡張機能、Opera拡張機能、PS4、Xbox 1つは、Nintendo Switch、Steam、ルーターなどです。

どちらのプロバイダーも、多数のデバイス、オペレーティングシステム、および拡張機能と互換性があります。ネイティブアプリが利用できないデバイス(ゲーム機やKodiなど)の場合、WiFiに接続するものをすべて保護するようにルーターを構成できます。それに加えて、NordVPNとExpressVPNの両方でネイティブの日本語アプリを利用できます。

ExpressVPNとNordVPNが各アカウントで複数の同時接続を許可することも便利だと思いました。家族がつながるためにアカウントからログアウトする必要がなかったので、この機能は便利だと思いました。NordVPNには、6つの同時デバイス接続を許可するという利点が追加であります(ExpressVPNは5つしか許可しません)。

オペレーティングシステム間のアプリの違い

ExpressVPNとNordVPNは、オペレーティングシステムに応じて異なる機能を提供します。

必要なサービスを確実に受けられるように、購読する前に、各プロバイダーが提供する特定のアプリを調査することをお勧めします。両方のVPNが、特定のデバイスに対して、異なる最適化されたサーバー、暗号化プロトコル、スプリットトンネリング構成、およびセキュリティ機能(広告/マルウェアブロッカーなど)を提供していることがわかります。たとえば、ExpressVPNはiOS用の停止スイッチ(Kill switch)を提供していませんが(NordVPNは提供しています)、Windowsではスプリットトンネリング機能(split tunneling)を提供しています(NordVPNは提供していません)。

全体として、NordVPNは、ExpressVPNが提供していない専用サーバーや広告/マルウェアブロッカーなどの保護を提供します。また、Windowsやその他のデバイス向けのトップVPNでもあります。これらの理由から、独自の安全機能と幅広いデバイス互換性をもつNordVPNを試すことをお勧めします。

デバイスの互換性とアプリの機能の勝者: NordVPN

NordVPNを30日間無料でお試しください!

10. プライバシーと匿名性-どちらもプライバシーに配慮した国にあります

どちらのVPNもプライバシーに配慮した法律を持つ国にあり、独立した検査を受けているため、このカテゴリは同点です。

ExpressVPN NordVPN
親会社が本社を置く国 イギリス領バージン諸島 パナマ
5・9・14アイズ同盟国に本社を置く 無し 無し
サインアップに必要なユーザー情報 メールアドレス メールアドレス
匿名の支払い方法 Bitcoin、Mint Bitcoin、Litecoin、Ethereum、Zcash、Ripple、Gridcoin、Dash、Monero
プライバシーポリシーの独自検査 2019年にPwCによる検査を受け、ロギングなしのポリシーとTrustedServerテクノロジーが宣伝どおりに機能することを確認しました。 2018年にPwCによる検査を受け、ロギングなしの運営がポリシーと一致していることを示しました。
令状のカナリア 使用不可 ユーザーデータを公開に対する政府機関からのリクエストを、受け取っていないという確認を毎日更新しています

VPNが正式に本社を置く場所は、VPNが個人情報を処理する方法に影響を与えるため重要です。ExpressVPNとNordVPNは、データ保持法によって制限されていない国にあるため、ログなしの標準に従うことができます。これは、データ(アクセスしたWebサイトやダウンロードしたものなど)の記録を保持することを法的に義務付けられていないことを意味します。

両方のプロバイダーが5・9・14アイズ同盟(大衆監視から収集された情報を共有する国の国際情報グループ)の外部にも拠点を置くことが重要です。これは、国内または国際的なセキュリティ機関にユーザーの情報を提供することを法律で義務付けられていないことを意味します。

プライバシーと匿名性の勝者:引き分け

ExpressVPNでオンラインでの匿名性を維持

11. ロギングポリシーとユーザーデータストレージ-ExpressVPNとNordVPNは、IDを明らかにする可能性のあるデータを保持しません

ExpressVPNとNordVPNには厳格なノーログポリシー(no-logs policy)があり、識別可能なユーザーデータは保存されません。つまり、オンラインアクティビティを使用して追跡することはできません。

ロギングポリシー

ほとんどすべてのVPNは、厳密なノーログポリシー(no-logs policy)を持っていると主張していますが、それが実際に何を意味するのかについて私は混乱していました。他のサービスのプライバシーポリシーを詳しく調べてみると、ユーザーのIPアドレスや閲覧履歴などが記録されていることがわかりました。VPNがそのような詳細なプライベートデータを保持するという考えは好きではありません。私には、彼らが私の情報を広告主に売りたいと思っているように思えます(これは、私が最初にVPNを使用した理由とはまったく相反するものです)。

私は両方のVPNのポリシーを調査し、ログを保持しないと言いうことを見つけた時に、その意味を悟りました。どちらのプロバイダーも、IPアドレス、DNSクエリ、閲覧履歴、インターネット通信の宛先、またはファイルのダウンロード/アップロードを記録しません。唯一のわずかな違いは、ExpressVPNがアカウントID、接続日(時刻ではない)、転送されたデータの量、および接続された場所と接続された場所をログに記録することです。これはあなたにリンクすることができないので、大したことではないと思います。

さらに、両方のVPNはノーログポリシー(no-logs policy)に真剣に取り組んでいるため、サイバーセキュリティの専門家による独立した検査を受け、結果を公開しています。PricewaterhouseCoopers(PwC)は、ログに関する作業手順がポリシーと一致していることを確認しました。

2017年、トルコ当局が犯罪捜査の一環としてサーバーを持ち去ったとき、ExpressVPNのノーログポリシー(no-logs policy)が再び真実であることが証明されました。ExpressVPNのTrustedServerテクノロジーはユーザーを特定できるログを作成しないため、ユーザーデータを見つけることができませんでした。私にとって、この実例は、ExpressVPNのノーログポリシー(no-logs policy)を信頼できるというさらなる証拠になりました。

ユーザーデータストレージ

どちらのVPNにも、ユーザーに関する基本情報(メールアドレス、名前、支払い方法など)が保存されています。これらの方法では、サブスクリプションを自動更新してサービスの中断を防ぐことができ、このデータをユーザーのネット上での活動にリンクすることはできないため、私はこの方法に満足しています。ただし、100%匿名のままにしたい場合は、偽の電子メールアドレスを使用して、プリペイドカードまたは暗号通貨を使用してサービスの料金を支払うことができます。

最終的に、このセクションは同点です。両方のプロバイダーが、インターネットの利用状況を明らかにする可能性のあるデータをログに記録しないことを証明しているからです

ロギングポリシーとユーザーデータストレージの勝者:引き分け

ExpressVPNで安全を確保

12. 支払いと返金-ExpressVPNではより多くの重要な支払い方法が利用可能です

どちらのサービスも多数の支払い方法を受け入れ、寛大な返金ポリシーを持っていますが、ExpressVPNはより多様な支払い方法を受け入れるため、このカテゴリーの勝者です。

支払方法

ExpressVPN NordVPN
主要なクレジットカード(Mastercard、Visa、American Expressなど) 有り 有り
Paypal 有り 無し
Mint 有り 無し
ビットコイン 有り 有り
その他の暗号通貨 無し イーサリアムとリップル
その他の人気のある支払いシステム Discover、Diners Club、JCB、Alipay、Union Pay、その他多数 Discover、Google Pay、Apple Pay、Alipay、UnionPayなど

どちらのプロバイダーも主要なクレジットカードといくつかの暗号通貨による支払いを受け入れていますが、いくつかの重要な違いが見つかりました(特に100%匿名のままにしたい場合)。たとえば、ExpressVPNはPayPalとMintを介した支払いを受け入れますが、NordVPNは受け入れません。Mintは個人情報を提供する必要がないため、プライバシーに注意を払うユーザーにとっては大きなメリットです。

一方、NordVPNは多数の暗号通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル)による支払いを受け入れますが、ExpressVPNはビットコインのみを受け入れます。

返金保証

どちらのVPNも、30日間の返金保証を提供します。このオファーの利用は、長期サブスクリプションを購入する前に機能のテストを可能にする、リスクのない方法であることがわかりました。

ExpressVPNとNordVPNからの返金は、カスタマーサービスのライブチャットを通じて簡単に行えました。どちらのプロバイダーも3分以内に返金を処理し、1週間以内に返金されました。

唯一の違いは、NordVPNのカスタマーサービス担当者が私を留まらせようとしたことです。これは少し面倒でしたが、急いでいると説明すると、担当者がすぐにリクエストを処理しました。一方、ExpressVPNのポリシーは本当に質問がなく、問題を解決しようとすることなくすぐに返金を処理しました。

調査中に、Apple App Storeなどの仮想ストアからVPNを購入した場合、返金プロセスがより困難になることもわかりました。このような場合、サードパーティベンダーが返金を処理します(これは数週間の遅延を意味する場合があります)。返金ポリシーの違いを考えると、ベンダーのWebサイトから直接VPNをダウンロードすることをお勧めします。

支払いと返金の勝者: ExpressVPN

ExpressVPNで安全を確保

13. カスタマーサービス-どちらも迅速で役立つカスタマーサービスを提供しています

ExpressVPNとNordVPNには、迅速に対応する知識豊富なカスタマーサービス担当者がいます(通常、ライブチャットでは1分未満、電子メールでは数分)。

VPNサブスクリプションを購入して、問題が発生したときに助けを得ることができないことほど悪いことはありません。これらのVPNのどちらでも、この問題に直面することはありません。どちらのプロバイダーも、問題を迅速に解決するための多くのリソースを提供しています。たとえば、役立つカスタマーサービスに加えて、FAQやハウツーページを掲載したブログがあります。

カスタマーサービスのスピード

どちらのプロバイダーも、24時間年中無休のライブチャットを介してほぼ瞬時に応答します。私は1日の異なる時間に両方のサービスに連絡し、担当者が応答するまで1分以上待つ必要はありませんでした。また、メールでは常に30分以内に返信されました。NordVPNの場合、日本語でもサポートが受けられました。

ExpressVPN NordVPN
ライブチャット 有り 有り
チャットによる応答の平均待機時間 10秒 12秒
電子メールサポート 有り 有り
電子メールによる応答の平均待機時間 10分 18分
チケットサポート 有り 有り
電話サポート 有り 有り
検索可能なヘルプ記事 有り 有り
ビデオガイド 有り 有り

カスタマーサービスの知識

ExpressVPNとNordVPNのカスタマーサポートサービスも知識が豊富でした。

解決を依頼した問題 電子メールによる初期応答時間 問合せた内容が解決されたかどうか メールの回数
ExpressVPN ExpressVPNにはiOSでスプリットトンネリング機能(split tunneling)がありますか? 15分 解決 1
TrustedServerテクノロジーとは何ですか? 6分 解決 1
NordVPN 非P2Pサーバーでトレントできますか? 12分 解決 1
CyberSecはAndroidで利用できますか? 24分 解決 2

これは私にとって重要でした。なぜなら、サポート方法を知らないカスタマーサービス担当者ほどイライラするものはないからです。ストリーミングの問題の修正、返金のリクエスト、機能の仕組みの明確化などについて、両方のVPNに連絡しました。両社の担当者はいつも私の質問に正確かつ迅速に答えました。

カスタマーサービスの勝者:引き分け

ExpressVPNを30日間無料でお試しください

そして勝者は…ExpressVPN(わずかな差です)

私のテストによると、最終スコアはExpressVPN 6勝、NordVPN 3勝、4引き分けでした。ExpressVPNは多くのカテゴリーで勝者となりましたが、NordVPNは僅差で2位でした。

最終的には、どちらもトップサービスであり、VPNの特定のニーズに応じて選択する必要があります。

中断のないストリーミング、ゲーム、またはトレントが必要な場合は、ExpressVPNとその優れた速度をお試しください。また、中国のような厳しく検閲された国でより多くのジオブロックをバイパスする点で、NordVPNを打ち負かしました。

ただし、予算が限られている場合、または特定のセキュリティ機能(広告およびマルウェアブロッカーやダブルVPNなど)を備えたVPNが必要な場合は、NordVPNをテストすることをお勧めします。

それでもまだ決まっていない場合は、30日間の返金保証を使用して両方のVPNを無料で試すことをお勧めします。期間中にテストが終了したら、カスタマーサービス担当者に返金を依頼するだけです。これは、確実に適切なVPNを選択するための最も優れた、かつリスクのない方法です。

総合勝者: ExpressVPN

ExpressVPNを30日間無料でお試しください


要約:他のトップVPN(2021年)

ランク
プロバイダ名
総合評価
価格
イチオシ!
1.
イチオシ!
CyberGhost VPN
$2.25 / 月
83%引き
イチオシ!
2.
イチオシ!
Private Internet Access
$2.69 / 月
77%引き
イチオシ!
3.
イチオシ!
PrivateVPN
$1.89 / 月
76%引き
この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.85 27 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
佐々木 健太
佐々木健太は慶應大学卒のテクノロジーマニアです。彼は個人情報が悪用されないようにするために、オンラインプライバシーの保護が重要であると考えています。