情報開示:
紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

レビュー基準

Wizcaseに掲載されているレビューは、製品やサービスに対するレビュアーの独立した、正直で専門的な検証に基づくものであることを保証するために、厳しいレビュー基準を満たしています。この基準では、製品の技術的な品質や特徴に加えて、ユーザーにとっての商業的な価値を考慮することが求められており、これがウェブサイト上での製品のランキングに影響を与える可能性があります。

VPNで頻繁に見られる10のエラーとその解決方法

エライザ・ハードウィック
エライザ・ハードウィックが3月 24, 2021に更新

仮想プライベートネットワーク(VPN)はサイバー犯罪者に対抗するためにとても役に立つツールですし、制限されているサイトにアクセスできるようにもなります。

VPNのコンセプト自体は素晴らしいですが、完ぺきというわけではありません。VPNでも問題やエラーが発生することがありますから、エラーを克服しないと正常に作動しません。この記事では最も頻繁に見られる10のエラーとその解決方法をご紹介します。接続を安全にスムーズにするためにお役立てください。

エラーコード691

解説:ユーザー名とパスワードが認識されなかったので遠隔接続が拒否されたか、選択した認証プロトコルが遠隔アクセスサーバーで許可されなかったときのエラーです。

解決方法:これは最も簡単に解決できるエラーでしょう。いくつかのミスによって発生するエラーです。ユーザー名またはパスワードのタイプミスがないか確認してください。CAPSロックが有効になっていないかも確認しましょう。間違ったドメインを使用していたり、アクセスが拒否されている公共のVPNを利用しようとしている場合は解決が難しくなります。いずれにせよ、正しいプロトコルを入力しているか確認しましょう。

エラーコード800

解説:VPNクライアントがサーバーに接続できません。

解決方法:このエラーコードはクライアントの端末とローカルネットワークとの接続が失われた場合、ネットワークファイアウォールがVPN通信を制限している場合、ユーザーがVPNサーバーの名前またはアドレスを間違って入力した場合に発生します。VPNのサーバー情報が正しいかどうか確認しましょう。すべて正しいことが確認できたら、ファイアウォールがVPN接続を制限するように設定されていないことを確認しましょう。VPNのポート番号がどれなのか定義するようにファイアウォールをアップグレードする必要がある場合もあります。

エラーコード619

解説:遠隔コンピュータへの接続が確立できません。

解決方法:このVPNエラーコードはVPNのセッションが突然切断されたり、コンピュータが新しい接続を確立しようとしたときに発生します。パソコンで一つのVPNクライアントが稼働しているようにするのが一番手っ取り早い解決策です。それでも解決できなかった場合、一時的にファイアウォールを無効にするか、ウイルス対策プログラムを無効にして解決できるか確認しましょう。また、クライアントを再起動するか、再インストールすることで解決できる場合もあります。

エラーコード51

解説:VPNのサブシステムとコミュニケーションを取れません。

解決方法:VPNサービスを再起動するか、ローカルネットワーク接続のトラブルシューティング診断をしてみるほかにはこのエラーは解決できないことが多いです。

エラーコード412

解説:遠隔ピアが応答しなくなっています。

解決方法:このエラーはキルスイッチのないVPNを使っていないとネットワーク内のユーザーに見えてしまうので困ります。エラーの原因はあなたのネットワークの失敗であることが多いです。しかしネットワークの接続が大丈夫な場合はファイアウォールが原因である可能性が高いでしょう。ファイアウォールなしで再接続を試行してください。これで問題が解決した場合、接続を切断し、ファイアウォールの設定を確認して何が悪いのか原因を探しましょう。

エラーコード721

解説:遠隔コンピュータが応答しません。

解決方法:このエラーは遠隔PPPピアが応答しないときに発生します。このエラーの一般的な解決方法はルーター設定を確認してTCPポート1723IPプロトコル47GRE)が両方とも開いていることを確認することです。また、PPTPがルーターで有効でファイアウォールが通信を制限するように設定されていないことを確認しましょう。

エラーコード720

解説:PPPコントロールプロトコルが設定されていません。

解決方法:このエラーはサーバーとコミュニケーションをとるために適切なプロトコルがない場合に発生します。解決方法は少し難しいですが、あなたのサーバーがどのVPNに対応できるのか見極めて、対応できるようなものをインストールすることです。

接続が確立されたが、データの転送なし

解決方法:このエラーは同じVPNサービスを1台以上のインターネット端末にインストールされているときに発生します。一部のVPNは最大で6台の端末で利用することができますが、複数の端末でVPNをインストールしていると起こりがちなエラーです。

接続が確立されたが特定のサイトを見られない

解決方法:このエラーはイライラしますね。VPNを使う主な理由の一つは地域的な制限のかかっているサイトにアクセスするためだからです。インターネットキャッシュを削除することから始めましょう。VPNクライアントを再起動するのもいいでしょう。DNS設定に問題がある場合もあります。多くのVPNは独自のDNSサーバーに接続する場合が多く、そうでない場合は接続している国のDNSを使って自分で行う必要があります。

インターネットが遅い

解決方法:これはVPNを使うときに妥協する部分です。遅延を最小限にするためにはあなたの現在地に最も近いサーバーに接続しましょう。

カスタマーサポートに問い合わせましょう

自分でエラーを解決できない場合は気軽にカスタマーサポートに問い合わせましょう。VPNプロバイダのスタッフや技術者なら解決方法を教えてくれるはずです。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
5.00 21 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
エライザ・ハードウィック
サイバーセキュリティーに詳しいエライザは技術に関する話題について執筆するのが大好きです。彼女の専門はマルウェア対策システムとVPNなどです。