VPNブロックを回避して匿名性を保つには(2024年)

佐々木 健太
佐々木 健太が5月 01, 2023に更新

ますます多くのWebサービスがVPNを敵視しつつあり、ブロックを回避するのにうんざりしています。ストリーミングプラットフォーム、政府、ISP、雇用主、学校のいずれも、VPNの利用をブロックする理由を持ち合わせていますが、それに不満を感じています。

幸い、適切なVPNと内部関係者からのヒントがあれば、オンライン上で自由を取り戻せます。質の高いVPNを利用することで、コンテンツのブロックやローカルインターネットの制限を回避することは過去のものとなり、インターネット上で本来あるべき真の自由を手に入れられます。

30種類以上のVPNをテストした結果、コンテンツのブロックを回避するのに最もおすすめのVPNはExpressVPNあることがわかりました。超高速サーバーと最先端テクノロジーを備えていて、あらゆる種類のVPNブロックを回避できます。 30 日間の返金保証を利用して、ExpressVPNのブロック解除能力をノーリスクで試せ、適していなかったら、容易に返金してもらえます。

ExpressVPNでブロックされたコンテンツにアクセスしましょう

クイックガイド: 3つの容易なステップでVPNの制限を回避するには

  1. VPN をダウンロードしてインストールします。ExpressVPNには数千台の高速グローバルサーバーがあり、ブロックを回避できます。 30 日間の返金保証を利用して、ExpressVPNをノーリスクで試しましょう
  2. VPN を起動し、適切な場所にあるサーバーに接続します。例えば、Hulu を視聴する場合はアメリカのサーバーに接続してください。
  3. サイトにアクセスするか、利用するアプリを開き、ストリーミングまたはWeb閲覧を開始しましょう!

ExpressVPNでオンラインブロックを回避しましょう

ヒント: VPNサーバーに接続していてもWebサービスにアクセスできない場合は、キャッシュとCookieをクリアしてみてください。そこに現在地情報が保存され、Webサイトに送信されます。こうした情報をクリアすることで、Webサイトに接続の試みを検出された際に「まっさらな状態」になります。

VPNがブロックされるわけ

VPNがブロックされる理由は複数ありますが、それは、完全に機能し続けるために克服しなければならないハードルといえるでしょう。これには、政府による過度の制限から職場の制限までありますが、いずれも優れたVPNを完全にブロックできるわけではありません。以下は、ブロックと戦わなければならない主な理由です:

政府による検閲

残念ながら、政府によるインターネット検閲が行われている国が世界中に複数あります。政敵を沈黙させたり、文化の違いを認識したり、単に自らの好ましくない行動のニュースが大衆に広まるのを防ごうとしているのかもしれません。VPN は検閲を回避するための強力なツールで、こうした国ではVPNの利用が規制されていたり、時には違法になっていたりすることさえあります

最も有名な国の一つが中国で、「グレートファイアウォール」を採用し、国民がソーシャルメディア、Google、国際ニュース、ウィキペディアなどの特定の外部コンテンツを閲覧できないようにしています。また、VPNのダウンロードもほぼ不可能なので、中国を訪れる際は到着する前にダウンロードする必要があります。

トルコ、イラン、アラブ首長国連邦では、VPNの利用は事実上、合法ですが、厳重に制限されています。一方、ベラルーシ、北朝鮮、イラクでは、VPNの利用は完全に違法です。

ストリーミング場所の制限

海外旅行をしたことがあり、自国のストリーミングライブラリに一時的にアクセスできなかったことがあるなら、ジオブロックされたストリーミングプラットフォームでの苦悩をおわかりでしょう。BBC iPlayer、HBO GO、Hulu、ITVなどのWebサイトでは、特定の国でのみアクセスが許可されていて、デフォルトで「誤った」国からの接続がすべてブロックされますが、VPNを利用することで、こうした問題を避けられます。

ただし、あらゆるストリーミングプラットフォームがこのように機能するわけではありません。Netflixは、世界中の様々な国にライブラリがあるサービスの一つですが、ライセンス制限により、コンテンツが国ごとに異なります。例えば、アメリカからフランスに旅行する場合、数多くのコンテンツを見逃す可能性があります。しかし、VPNを利用することで、あらゆる場所からNetflixライブラリにアクセスできるので、見逃すことはありません

著作権

著作権所有者は、当然、自分の作品をオンライン上で無料で配布およびダウンロードされたくありません。そのため、パブリッシャーはP2Pダウンロードを頻繁に監視し、著作権侵害者のIPアドレスを追跡していて、こうした「海賊版」を発見すると、侵害者のインターネットサービスプロバイダー(ISP)に連絡し、警告または罰金を科すことがよくあります。

VPNでこうした問題を回避できるため、一部のISPは、使用目的にかかわりなくVPN トラフィックをすべてブロックしています。また、ISPは、VPNを利用して独自の帯域幅制限とスロットリングを回避できることも知っていて、こうした理由からもVPNの利用をブロックしています。

ISPによるこうした包括的なVPNの禁止は、今日では非常にまれですが、そもそもISPにこうした権限があるという事実はやや気がかりです。幸い、優れたVPNを利用することで、(いわゆる「難読化」により)アクティブであるという事実を隠せるため、ISPによるブロックを避けられます。

学校と職場における制限

公共無線LANを使用している学校や職場では、様々な理由によりWebサイトがブロックされていることがよくあります。これには、ソーシャルメディアや動画ストリーミングなどによる勉強や仕事の妨げ防止から、アダルトコンテンツの検閲まで、様々ありますが、質の高いVPNで、こうしたブロックを回避できます。このような理由から、学校や職場では、VPN 接続の完全な禁止を試みる可能性があることにも注意してください。そのため、難読化されたサーバーを備えたVPNを選ぶ必要があります。

ExpressVPNでオンラインブロックを回避しましょう

VPNブロッキングの種類

VPNが普及するにつれて、ストリーミングプラットフォームやその他のオンラインソースでは、VPNの利用を制限するためにより様々な工夫をしています。幸い、最高の VPNで、以下の主要なVPNブロッキングテクノロジーをすべて回避できます。こうしたVPNは、常に新しいVPNブロッキングテクノロジーに適応し続けています。

IPアドレスのブロック

VPNで、元のIPアドレスを別の場所にある新しいIPアドレスに置き換えられるため、オンラインプラットフォームに別の場所にいるように見せかけられます。

ただし、サービスによって特定のIPアドレスがVPNに接続されていることを認識され、そのIPアドレスをブロックリストに追加されると、問題が生じる可能性があります。そのため、VPNはブロックされるのを未然に防ぐために、頻繁に新しいIPアドレスをローテーションさせています。

GPS認識

モバイルユーザーとブラウザユーザーが直面する固有の問題は、GPSを介して現在地を認識するサービスです。一部のアプリは位置情報にアクセスできるため、GPSとIPアドレスを相互に参照しながら、VPNを利用しているかどうかを判断できます。

幸い、多くの場合、こうしたアプリの権限を問題なく拒否できます。ただし、アプリでこれに問題がある場合は、アプリではなくブラウザでそのサービスのWebサイトを開いてみてください。

ポートブロッキング

ポートとは、オンライン接続が開始および終了するWebに接続されたデバイス上のポイントといいます。一般に、特定のVPNプロトコル、ブラウザトラフィック、電子メールの送信など、デバイスによって実行される特定のソフトウェアやサービスにリンクされています。

一部のVPNプロトコルでは、特定のポートが使用されているため(例えば、PPTPはポート1723しか使用できません)、ISPやWeb サイトがこうした既知のポートをブロックする可能性があります。ポート443などの一部のポートは、暗号化されたHTTPSトラフィックを処理するため(特に、クレジットカード情報などの機密データがローカルデバイスから送信されるWebサイトに関連しています)、ほぼ変更されることはありません。

しかし、VPNの難読化によって、送信しているトラフィックの種類をマスクし、特定のポートのブロックを回避できます。

ディープパケットインスペクション(DPI)

VPNトラフィックは暗号化されていますが、他のトラフィックと同じ基本的な手段で、いわゆる「パケット」を介して送信されます。これにより、送信されたデータがより小さなチャンクに分割され、より容易に送信できます。

ディープパケットインスペクション(DPI)は、こうした個々のパケットのメタデータを検査して、VPNを利用しているかどうかを判断します。これは、VPNトラフィックをチェックする非常に高度な手段なので、通常、より多くのリソースを持つグループのみが使用しています(中国とそのグレートファイアウォールによって、この手段が好まれています)。

幸い、適切なVPNを利用することで、DPIからも身を守れます。特にExpressVPNはこれに特に優れていて、中国におすすめのVPNの一つです。 30 日間の返金保証があるので、ExpressVPNをノーリスクで試せ、適しているかどうかを確かめられます。

ExpressVPNでオンラインブロックを回避しましょう

VPNブロッカーを回避するには

質の高いVPNがあれば、最も一般的なVPNブロックを容易に回避するための方法がいくつかあります。

最も質の高いVPNをダウンロードする

ExpressVPNなどの実績のある優れたVPNでは、最新テクノロジーを使用してブロックを回避できます。また、新しいIPアドレス、暗号化プロトコル、難読化ツールなどの追加機能があり、常に最新の状態を保つために必要なリソースも備えています。最も質の高いVPNでも常に完璧であるとは限りませんが、以下の手段を利用して、ほぼあらゆる問題を解決できます。

サーバーを切り替える

多くの場合、VPNブロックを回避するには、基本的なサーバースイッチがあれば十分です。VPNのIPアドレスがブラックリストに登録されることでブロックされることがほとんどで、サーバーの切り替えによって、うまくいけばブラックリストに登録されていない新しいIPアドレスが割り当てられます。この記事にあるVPNでは、国の間や選んだ国の都市の間で、容易にサーバーを切り替えられます。

難読化されたサーバーを利用する

通常、VPNに接続している際に、ISP、政府機関、さらには一部のWebサイトなどによって、VPNがアクティブであることを知られますが、幸い、トップレベルのVPNには、難読化されたサーバーがあるため、VPNトラフィックを通常のトラフィックに見せかけられます。これにより、他の「通常の」インターネットトラフィックと混ざり合い、あらゆる個人データがブロックを回避できます。

そのうえ、一部のVPNは、開いているポートをスキャンし、難読化が有効な際にデータを送信するポートをランダム化します。これにより、特定のポートを監視している悪質な人にトラフィックを検出されづらくなります。

専用IPアドレスを購入する

多くの人が一つのIPアドレスを使用してサービスに接続すると、VPNの利用をプラットフォームにすぐに知られてしまいます。プラットフォームによってIPアドレスがブラックリストに登録されるため、機能しなくなります。これを容易に解決するには、VPNプロバイダーから専用IPアドレスを購入しましょう。

専用IPアドレスとは、特定のサーバーの場所にある自分だけがアクセス可能な一意のIPアドレスをいいます。その結果、プラットフォームやWebサイトに、 IPアドレスがVPNによって所有されていることを検出されず、一般ユーザーだと思ってもらえます。

専用IPアドレスを取得するには、サインアップ時にオプションを選択するか、後で既存のアカウントに追加してください。専用IPアドレスを備えたおすすめのVPNはCyberGhostで、他のVPNと比較し、手頃な価格で専用IPアドレスを使用できます。

モバイルデータに切り替える

ローカル WiFiネットワークでブロックされている場合、モバイルデータを有効にするとブロックを容易に回避できます。デスクトップやノートパソコンを利用している場合は、携帯電話からワイヤレスまたはケーブル経由でモバイルテザリングを使用することで、ブロックを回避できます。

iOSまたはAndroid デバイスのアクティブなVPN接続をWiFiホットスポット経由で共有できないことに注意してください。代わりに、ホットスポットに接続してから、接続先のパソコンでローカルVPN接続をセットアップする必要があります。

ただし、この方法では、特に他のデバイスにテザリングしている際に、データ使用量が高くなる可能性があることに注意してください。そのため、データ通信量の制限に注意しましょう。

別のポートに切り替える

ポートがブロックされたり監視されたりすることがありますが、ポートを切り替えることで容易に解決できます。複雑に聞こえるかもしれませんが、VPNの多くで、デフォルトで自動的にポートが切り替わります。

手動で変更する必要がある場合は、ポート443および80の両方を選択することをお勧めします。これは、インターネットの大部分でこのポートを開く必要があるためです。これによって、ブロックするとVPN 接続ユーザーだけでなく、あらゆるユーザーに支障をきたすため、ブロックのターゲットになりづらくなります。

暗号化プロトコルをSecure Socket Tunneling Protocol(SSTP)に切り替えることでも、ブロックを回避できます。一般的なOpenVPNプロトコルで使用されている比較的容易にブロックされるポート1194とは対照的に、SSTPではデフォルトでポート443が使用されています。

セキュリティプロトコルを変更する

様々な暗号化プロトコルには異なる長所と短所があり、通常、速度とセキュリティレベルの間で妥協が生じます。オープンソースであるか、特定のデバイスをサポートしているかなど、考慮すべき要素は他にもあります。

以下は、最新のVPNで利用可能な主なプロトコルです:

  • OpenVPN – 非常に強力な暗号化を備えたオープンソースのプロトコルですが、速度低下します(それでも十分高速です)。VPNの多くでデフォルトプロトコルとして使用されます。
  • WireGuard – 超高速で強力なセキュリティ機能を備えたオープンソースのプロトコルです。 まだ開発の比較的初期の段階にあるため、他のプロトコルと比べ、互換性や機能の一部が欠けています。
  • L2TP/IPSec – 強力なセキュリティ機能を備え、良好な速度ですが、単一のポートに依存しているため、非常に容易にブロックされます。
  • IKEv2 – モバイルデバイスに最適なプロトコルで、高速で、信号の障害による切断が原因で生じる可能性のある接続不良を処理できます。
  • SSTP – Microsoft により設計され、Windowsでのみ利用できます。セキュリティを強化でき、ポートのブロックを防げますが、独自のコードが使用されていて、一部の人から敬遠される可能性があります。
  • PPTP – Microsoftによって設計された古いプロトコルで、セキュリティに関しては時代遅れですが、比較的高速なので、今でも多くの人に使用されています。強力な暗号化が必要ない場合は使用できますが、脆弱性が多いため、おすすめしません。

ExpressVPNでオンラインブロックを回避しましょう

コンテンツ制限を回避するのにおすすめのVPN2024

1. ExpressVPN – 超高速ダウンロードで、コンテンツのストリーミングやブロック解除に最適

主な特徴:

  • 105 ヶ国に 3000 台以上のサーバーがあり、あらゆる場所で制限されたコンテンツにアクセスできる
  • サーバーがすべて難読化されていて、匿名でブロックを回避できる
  • 一つのサブスクリプションで 8 台のデバイスで同時に接続できる
  • メールとライブチャットによる 24 時間年中無休のカスタマーサポート
  • 30 日間の返金保証

ExpressVPNは高速グローバルサーバーを備え、あらゆる種類のメディアコンテンツのブロックを解除するのに最適ですテスト中、4台のサーバーで平均速度が94Mbpsで(フランクフルト、パリ、ニューヨーク、メルボルン)、ベースライン速度120Mbps から平均して21%のみ減速しました。独自のLightwayプロトコルを使用すると、104Mbpsに達しました。これは非常に高速で、余裕で4Kでストリーミングできます。

ExpressVPNは、VPNの中でも幅広いコンテンツのブロックを解除できますExpressVPNを利用して、以下のプラットフォームにアクセス可能です(他にも様々なサービスにアクセスできます) :

Netflix Hulu BBC iPlayer HBO ESPN
Amazonプライムビデオ Disney+ FuboTV ITV Hub Hotstar
DAZN Sky Go Showtime Apple TV+ SlingTV
Discovery+ BEIN Sports Hallmark Channel Philo BritBox
Crunchyroll Starz VUDU Channel4 RaiPlay

また、ExpressVPN の MediaStreamer Smart DNS 機能も非常に気に入っていて、この機能を利用して、通常、VPNをネイティブにインストールできないデバイスでコンテンツにアクセスできます。PS4でテストした際、イギリスのDNSサーバーでセットアップし、イギリスの「ホーム」コンテンツにアクセスできました。ただし、トラフィックは暗号化されず、ブロックの回避に優れていることに注意してください。

NetflixUSライブラリと連携するExpressVPNの例
ExpressVPNの様々なサーバーを利用して、Netflixのコンテンツブロックを容易に回避できます

Web上のブロックを回避している際にデバイスを安全に保つために、ExpressVPNには以下の強力な機能があります:

  • 軍用グレードの256 ビット暗号化で、悪質な人から個人データを隠せる
  • IPアドレス漏洩機能で、実際の IPアドレスの公開を防げる
  • 監査済みのノーログポリシーがあり、オンラインアクティビティが一切保存されない
  • キルスイッチ、Network Lockがあり、接続が切断された際にもプライバシーを保護できる

そのうえ、ExpressVPNは英国領バージン諸島に本社を置いていて、データ保持に関する法的要件はありません。政府に個人情報を要求されても、サーバーからデータを抽出することは不可能です。TrustedServerテクノロジーにより、あらゆるサーバーがRAM 上で実行されるため、電源を切るとすぐにすべて消去されます。

ExpressVPNに欠点があるとすれば、月額 $6.67 で、他の最高のVPNと比べてやや高額であることですが、高速で、日本語のネイティブインターフェースやセキュリティ機能全般を備え、コンテンツのブロックを解除できることから、私なら喜んでこの料金を支払います。

また、あらゆるプランに 30 日間の返金保証があるので、ExpressVPNのブロック解除機能を完全にノーリスクで試せます。満足できなかったら、ライブチャットを通じて担当者に連絡してください。実際に試した際、無条件の返金ポリシーにより、手続きが容易に終わり、5 分以内に返金リクエストが承認され、3 日後に返金されました。

ExpressVPNが対応しているデバイス: Windows、macOS、Linux、Chromebook、Android、iOS、Chrome、Firefox、Edge、PlayStation、Xbox、Nintendo Switch、Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、Nvidia Shield、Xiaomi Mi Box、Google Chromecast、Roku、Android TV、スマートテレビ、ルーターなど

ExpressVPNで最も厳しいブロックを回避しましょう

2024更新!ExpressVPNは、期間限定で、1年プランの月額を$6.67に価格を下げました(最大49%節約できます)さらに3か月間無料で利用できます! 期間限定オファーなので、なくなる前に今すぐ入手しましょう。このオファーの詳細については、こちらをご覧ください

2. CyberGhost – コンテンツのブロック解除用に最適化されたストリーミングサーバー

主な特徴:

  • 100 ヶ国に 11.660 台以上のサーバーがあり、プラットフォームやWebサイトへのアクセスで混雑を避けられる
  • 専用のストリーミングサーバーは、ストリーミングブロックを回避するために最適化されている
  • 一つのアカウントで 7 台のデバイスで同時に接続できる
  • 24時間年中無休のライブチャットまたはメールによるサポート
  • 45 日間の返金保証

CyberGhostには、特定のストリーミングサイト専用の最適化されたサーバーがあるため、最も効率的なサーバーに接続して、中断されずにストリーミングできます。こうした最適化されたサーバーは、各ストリーミングプラットフォームとの関連で頻繁に監視されています。そのため、一定のアクセスを維持できるようにIPアドレスがローテーションされていて、高速で安定した最適なサーバーに接続できます。

Netflix、Sling TV、AmazonPrimeなどのストリーミングプラットフォームのブロックを解除するCyberGhostVPNの最適化されたサーバーのスクリーンショット

CyberGhost の最適化されたサーバーを利用すると、お気に入りのストリーミング サービスに確実にアクセスできます

事実、テスト中に他のチームメンバーとともに、CyberGhostの専用サーバーの一部が標準サーバーよりも高速であることがわかりました。通常のサーバーも優れていて、平均速度は約100Mbpsです。これは、4Kコンテンツのストリーミングに必要な速度の4倍の速さで、あらゆるオンラインアクティビティに最適です。

CyberGhostは日本語のネイティブインターフェースを備えていて、ストリーミング プラットフォームのブロックを解除するのに優れています。以下は利用可能なサービスの一部です:

Netflix Hulu BBC iPlayer HBO ESPN
Amazonプライムビデオ Disney+ FuboTV ITV Hub Hotstar
DAZN Sky Go Showtime Apple TV+ SlingTV
Crunchyroll YouTube TV Peacock Kodi Comedy Central

CyberGhostは常に有効になっているキルスイッチを備えた数少ないVPNの 一つで、元のIPアドレスを公開せずに接続を維持できます。キルスイッチの有効/無効を切り替えられた方がよいと思う人もいるかもしれませんが、コンテンツのブロックを回避する場合、キルスイッチが常に有効になっていることで、偶発的な漏洩から100%身を守れます。特に公衆無線LANを使用している場合や、Tor経由でWebサービスにアクセスしている場合に、セキュリティを強化できます。そのうえ、CyberGhost には以下の機能もあります:

  • 256 ビットのAES 暗号化で、最先端のセキュリティを提供
  • 物理的なメンテナンスが追加されたルーマニアにあるNoSpyサーバー
  • ノーログポリシー

CyberGhostには専用の「NoSpy」サーバーもあり、ISPを含むサードパーティのエンティティからオンラインアクティビティを確実に隠せます。長期プランでは、こうしたあらゆる機能を月額わずか $2.03 で利用でき、費用対効果があります。お気に入りのコンテンツにアクセスでき、年間プランはお得です。

すぐに利用するかどうか迷っている場合は、最大 45 日間、お気に入りのストリーミングプラットフォームでCyberGhostをノーリスクで試せます。無条件の返金ポリシーがあるので、実際に試した際、問題なくすぐに返金してもらえ、4営業日後に返金されました。

CyberGhostが対応しているデバイス: Windows、macOS、Linux、Android、iOS、Raspberry Pi、Chrome、Firefox、PlayStation、Xbox、Nintendo Switch、Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、Roku、スマートテレビ、ルーターなど

CyberGhostで最も厳しいブロックを解除しましょう

2024 更新!CyberGhostを月額$2.03からサブスクライブでき、2年プランでさらに4ヶ月間無料で利用できます(最大84%節約可能)。期間限定オファーなので、なくなる前に今すぐ入手しましょう。このオファーの詳細については、こちらをご覧ください

3. PIA – 巨大なグローバルサーバーネットワークがあり、ブロックされたサイトに瞬時にアクセス可能

主な特徴 :

  • 91 ヶ国に 35000 台以上のサーバーを備えた巨大なネットワークがあり、グローバルサーバーに瞬時に接続できる
  • MACEマルウェアおよび広告ブロック、適切な暗号化プロトコル
  • 一つのアカウントで 無制限 台のデバイスに同時に接続できる
  • メール、ライブチャット、Twitterによる24時間年中無休のカスタマーサポート
  • 30 日間の返金保証

Private Internet Access(PIA)には、 91 ヶ国に 35000 台以上のサーバーがあり、世界中のあらゆる場所からデジタルコンテンツにアクセスするのに最適です。仮想サーバーが数多くあり、すべて関連する国に物理的に配置されている必要はありません。仮想サーバーによって、新しいIPアドレスが必要な際にいつでも作成または破棄でき、多くの場合、ブロックより一歩先を行くことができます

仮想ジオ サーバーに接続している PIA のスクリーンショット

PIAの巨大なサーバーネットワークにより、あらゆる場所からコンテンツのブロックを解除できます

PIAで人気のストリーミング サービスにアクセスするのにわずか数秒しかかかりません。以下を含む様々なサービスのブロックを回避できます :

Netflix Disney+ HBO Max Amazon プライムビデオ Hulu Kodi
Crunchyroll US BBC iPlayer YouTube CBC Eurosport FranceTV
Canal+ ZDF ARD Hotstar India RaiPlay YLE

自動操作の設定はPIAがやってくれますが、VPNブロックに少し手間がかかる場合に備えて、便利な設定が豊富にあることを知っておくと安心です。複数の暗号化プロトコル、ポート切り替え、Shadowsocks/SOCKS5オプションを利用でき、詳細設定にツールがいくつかあり、あらゆる種類のブロックを回避できます

PIAには、以下のような標準的なセキュリティ機能もいくつかあります:

  • 256ビットの軍用グレードの暗号化機能で、転送中のデータを隠せる
  • 接続が切断されてもプライバシーを保護できるキルスイッチ
  • MACE広告およびマルウェアブロッカーで、さらにオンライン上の脅威を阻止できる

速度はExpressVPNに及びませんが、ストリーミング、ゲーミング、大きなファイルのダウンロードができるほどの速度で、日本語のインターフェースも備えています。スペイン、オーストラリア、イギリス、アメリカのサーバーをテストしたところ、最寄りのサーバーではping値が低く、常に高速であることがわかりました。

主に着目した点は、5、9、14アイズの中心メンバーであるアメリカに本社があることです。そのため、一部の人々は利用をためらう可能性がありますが、PIAのノーログポリシーはいくつかの事例によって実証されています。厳格なノーログポリシーに加え、ロシアが法執行機関の調査の一環としてPIAサーバー一台を押収した際、ユーザーデータを復元できませんでした。つまり、プライバシーを重視する場合、PIA で個人情報を確実に保護できます。

83 %のディスカウントを利用して、PIAを月額 $2.03 から入手できます( 2年間のサブスクリプションの場合さらに4か月の無料 )。利用を迷っているなら、ノーリスクでPIAのブロック解除機能を 30 日間試せます。実際にライブチャットを通じて返金をリクエストしたところ、サービスを継続するために何かできることはないかと尋ねられましたが、ないと答えると、すぐにリクエストを承認してくれました。そして、4日後に口座に返金されました。

PIAが対応しているデバイス: Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Chromebook、ルーター、Chrome、Firefoxなど

PIAで最も厳しいブロックを回避しましょう

2024更新!PIAを月額$2.03からサブスクライブでき、2年プランでさらに4ヶ月間無料で利用できます(最大83%節約可能)。期間限定オファーなので、なくなる前に今すぐ入手しましょう。このオファーの詳細については、こちらをご覧ください

4. PrivateVPN – コンテンツのブロックを回避できる非常に手頃な価格のVPN

主な特徴:

  • 63 ヶ国に 200 台強のサーバーを備えた小規模なネットワークがあり、主要都市をほぼ網羅し、アクセス制限されたコンテンツのブロックを解除できる
  • キルスイッチ、軍用グレードの暗号化、様々なプロトコル
  • 一つのアカウントで最大 10 台のデバイスで同時に接続できる
  • メールとライブチャットによる24時間年中無休のカスタマーサポート
  • 30 日間の返金保証

安価な割には、PrivateVPNは全体的に最も性能が優れたVPNの一つです。グローバルサーバーをいくつかテストしましたが、月額わずか $2.00 で、高速かつ安定した接続を得られました( サブスクリプションプラン:36か月 )。お財布にやさしく、優れたサーバーでブロックを回避できるネイティブアプリを備えたVPNとしての地位を確立しています。

PrivateVPNで、仲介ホスティングサービスを回避できる質の高いネットワークサーバーを利用して、最高のデータ通信容量を維持できます。こうしたサーバーをテストした結果、さらに速度が向上しました。アメリカ、フランス、アイルランドのサーバーを利用した際、平均速度は61Mbpsで、これは、遅延せずにストリーミングするために必要な速度の12倍の速さです。

セキュリティに関しても妥協していなく、基本パッケージに以下がバンドルされています:

  • 偶発的なIPアドレスの公開を防ぐためのオプションのキルスイッチ
  • AES 256ビット暗号化により、トラフィックを隠せる
  • SOCKS5プロキシを使用すると、高速化されるが、ブロック解除における安全性が下がる

PrivateVPNのサーバーネットワークは小規模ですが、世界中のプラットフォーム用に最適化されたストリーミングサーバーが何台かあります。ストリーミングサーバーをテストしたところ、バッファリングが最小限のみで質の高いストリーミング体験を得られ、非常に驚きました。以下は、PrivateVPNでアクセスできるプラットフォームの一部です:

Netflix Amazonプライムビデオ Hulu Disney+ BBC iPlayer
YouTube ESPN Fox HBO DAZN

主な欠点は、サーバーネットワークが小さいことです。アクセスする必要がある場所によっては、安定したサーバーを見つけるのが困難なことがありますが、大都市のほとんどがカバーされています。そのため、サインアップする前に、地理的なニーズを満たしているかを確認してください

あらゆるサブスクリプションで、 30 日間の返金保証を利用して、ノーリスクで試せます。実際に、メールでサポートに連絡し、返金をリクエストしたところ(現在、PrivateVPN ではメールでのみ返金をリクエストできることに注意してください。ライブチャットでは返金してもらえません)、すぐに返信がありました。理由を尋ねられましたが、サービスが不要になったためと答えると、すぐにリクエストを承認してもらえ、1週間後に返金されました。

PrivateVPNが対応しているデバイス: Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Chromebook、ルーター、Chrome、Firefoxなど

PrivateVPNで最も厳しいブロックを回避しましょう

2024 更新!PrivateVPNは、期間限定で、3年プランの月額を$2.00に価格を下げました(最大85%節約できます)!期間限定オファーなので、なくなる前に今すぐ入手しましょう。このオファーの詳細については、こちらをご覧ください

5. IPVanish – 無制限 のデバイスで接続でき、あらゆるデバイスでブロックを回避可能

主な特徴:

  • 57 ヶ国に 2.200 台以上のサーバーを備えた巨大なネットワークがあり、ワンクリックで安定した接続を得られ、あらゆる場所からコンテンツのブロックを解除できる
  • 強力で安全な暗号化機能、漏洩防止機能、応答性の高いキルスイッチ
  • デバイスの同時接続台数が無制限
  • 24時間年中無休のライブチャット(チャットボット)、メール、電話によるサポート
  • 30 日間の返金保証

あらゆるサブスクリプションで 無制限 のデバイスで同時にログインできます。ログアウトや接続の切断を心配せずに、数多くのデバイスでインターネットを利用したい場合に最適です。私は、自宅のあらゆるデバイス(10台以上)で24時間年中無休でVPNに接続し続けているため、これは常に安心できる魅力的な機能です。

IPVanishは、一部の主要なストリーミングサービスで使用されているものを含め、アンチ VPN テクノロジーを回避するのに優れています。また、平均速度が 70Mbpsで、この記事にあるVPNの中で3 番目に高速なため、高画質でストリーミングできます。以下はIPVanishでアクセスできるストリーミングプラットフォームの一部です:

Netflix US Amazonプライムビデオ Hulu Disney+ BBC iPlayer
SlingTV ESPN Spotify Vudu Kodi

注目すべきセキュリティ機能には次のようなものがあります:

  • 偶発的なIPアドレスの公開を防げるオプションのキルスイッチ
  • AES 256ビット暗号化により、トラフィックを隠せる
  • SOCKS5プロキシにより、Webコンテンツのブロックを解除できる(暗号化なし)

IPVanishは、PIAと同様にアメリカを拠点としています。以前の所有者の下でデータ関連のスキャンダルに悩まされていましたが、幸い、所有者が変わってしばらく経ちます。それだけではなく、新しい所有者の下で、ノーログポリシーについて独監監査が複数の複数実施されています

月単位から年単位まで様々なプランがありますが、最も手頃なサブスクリプションは月額 $3.25 です( サブスクリプションプラン:2年間 )。

1週間の無料トライアルはなくなりましたが、返金保証があるので、IPVanishを 30 日間ノーリスクで試せます。ほぼあらゆる主要な VPNよりも一歩進んでいて、ログインしてアカウント設定画面にある解約ボタンをクリックするだけで返金してもらえ、カスタマーサポートに連絡したり、メールの返信を待ったりする必要はありません。実際にテストしたところ、すぐに返金してもらえ、リクエストを送信した日に確認メールが届き、数日後に全額返金されました。

IPVanishが対応しているデバイス: Windows、macOS、iOS、Android、Linux、Chromebook、ルーター、Chrome、Firefoxなど

IPVanishで最も厳しいブロックを回避しましょう

コンテンツのブロック回避におすすめのVPNを選ぶための方法

以下は、コンテンツのブロック回避におすすめのVPNを選んだ際に用いた基準です:

  • 多様なグローバルサーバー – 世界中の様々な国に多数のサーバーがあることで、よりコンテンツにアクセスでき、接続の混雑を防げます。
  • 高速 – 安定した接続を維持でき、基本的なWeb閲覧から質の高いコンテンツのストリーミングまで可能です。
  • 強力なセキュリティ機能 – 256ビット以上のAES暗号化により、個人データを第三者から隠せます。
  • ノーログポリシー – VPN トラフィックが第三者によって左右されることはありません。
  • 迅速な更新 – 新しいIPアドレスのローテーションや最新のブロック回避テクノロジーの展開など、新しいブロックに対して迅速に対応する必要があります。
  • カスタマイズ可能な接続設定 – サイトやサービスがVPNをブロックしている場合、VPNの設定画面に容易にアクセスして必要な調整を行う必要があります。
  • 質の高いカスタマーサービス – ライブチャットを最低限利用できる必要があります。また、メールでの知識豊富な担当者によるサポートや、オンラインのわかりやすいトラブルシューティングページが必要です。

今すぐExpressVPNをノーリスクで試しましょう!

VPNブロッカーを回避するためのその他の方法

もう少し専門知識があったり、学ぶ意欲があったりするなら、VPNと併用することでブロックを回避できる、少し高度な方法がいくつかあります

SOCKS5プロキシ(Shadowsocks)

Shadowsocksは、SOCKS5インターネットプロトコルに基づき構築されたWebプロキシツールで、 検閲、特に中国のグレートファイアウォールを回避するために構築されました。VPN とは異なり、匿名性を考慮してデザインされていなく、主にブロックの回避を目的としています。 一方、より軽量なので、ほぼあらゆるVPN よりも高速です。

Shadowsocksの欠点は、セットアップが難しいことですが、幸い、Private Internet Accessには、標準機能にShadowsockとSOCKS5があるので、数回クリックするだけで、より検閲を回避したり、接続を難読化したりできます。

Torブラウザ

Torとして広く知られているThe Onion Routerは、高度に匿名化された方法でWeb閲覧できるオープンソースの無料ツールです。接続すると、トラフィックが暗号化されてTorネットワークに送信されます。そこでトラフィックは、いわゆる「ノード」間で3回ランダムにバウンスされ、バウンスごとにさらに暗号化されます。これにより、元のデジタルIDへのリンクが切断されるため、アクセスしているWebサイトやサービスから実際のID を巧妙に隠せます。

Torは、最も匿名性の高いオンライン接続方法の一つであるといわれていますが、完璧ではありません。例えば、IPアドレスを接続先のエントリノードから見ることができます(ただし、これをトラフィックにリンクすることはできません)。Web閲覧する方法により注意する必要があります。アドオンやプラグインは使用せず、Javascript を無効のままにし、あらゆるサイトでHTTPSを強制する必要があります。そのため、オンラインに接続するためにより専門知識を要しますが、VPNを単独で利用した場合とは異なる利点があります。

SSHトンネル

SSHトンネリング(SSHポートフォワーディングとも呼ばれます)は、ローカル VPNブロックに対する優れた回避策で、SSHトンネルを使用して、ローカルデバイスから外部デバイス(オフィスから自宅のパソコンなど)への暗号化されたルートを構築できます。これによって、通常、ローカルデバイスでブロックされるトラフィックが外部で処理され、データが問題なく返送されます。また、80や443 などのポートを介して容易に実行できるため、ブロックするのが難しくなります。

SSL/TLSトンネル

SSL/TLSプロトコルで、データを暗号化し、Web閲覧する際にこの暗号化されたデータと常にやり取りできます(使用しているWebサイトのアドレスの横に緑色の南京錠が表示されている場合、そのWebサイトはSSLで保護されています)。

VPNの多くに、こうした暗号化テクノロジーが標準機能として組み込まれていて、それを利用して、VPNトラフィックであることを識別されにくい方法でトラフィックをパッケージ化できます。しかし、DPIなどによってVPNトラフィックを識別されてしまいます。アンチ VPN テクノロジーの回避に力を注いでいるVPNを利用することは、ブロックや制限を回避するための最良の方法です。

ExpressVPNでブロックされたコンテンツにアクセスしましょう

VPNを利用したコンテンツブロッカーの回避に関する よくあるご質問

VPNを利用して、著作権で保護されたコンテンツをストリーミングすることは合法ですか?

VPNを利用して一般的なストリーミングサービスにアクセスすることは完全に合法ですが、著作権で保護されたコンテンツをトレントすることはお勧めしません質の高いVPNを利用していても、著作権で保護されたコンテンツをトレントすると問題が発生する可能性があります。一部のストリーミングサービスでは、利用規約でVPNの利用が禁止されていることにも注意してください。そのため、VPN でストリーミングする前に、サービスや政府の規制を確認することをお勧めします。

Webサイトは、VPNの利用をどのように認識しますか?

Webサイトは、様々な洗練されたテクノロジーを使用して、トラフィックが VPNからのものか通常のものかを確認しています。最も一般的な方法は、既知のVPNに関連付けられたIPアドレスの一覧とIPアドレスを照らし合わせ、そのIPアドレスが一覧にある場合に自動的にブロックすることです。モバイルデバイスやブラウザで接続している場合、一部のアプリによって、GPSとIPアドレスの場所の不一致が認識され、VPNの利用を知られます。

VPN検出のより複雑な方法の一つは、ディープ パケット インスペクション(DPI)によるものです。DPIは、VPNによって送信されたWebデータの個々のパケットを確認し、メタデータのスニペットを慎重に分析して、VPNの署名をチェックします。DPI は、トラフィックの内容を解読することはできませんが、VPN が利用されていることはわかります。

VPNでコンテンツのブロックが解除されません。どうすればよいですか?

VPNでコンテンツのブロックを解除できない場合は、接続しているサービスがVPNを検出した可能性があります最高のVPNを利用した場合、これは生じませんが、それでも問題が解決しない場合は、以下のヒントを試してください:

  • 別のサーバーを試す – 新しいサーバーによって新しいIPアドレスが割り当てられ、これがブラックリストに載っていない場合、ブロックを解除できます。
  • 専用IPアドレスを取得する – 上記にある VPNのいずれかで、専用IPアドレスをアドオンとして購入してください。自分のみがアクセスできるIPアドレスが付与されるため、VPNのIPアドレスとしてタグ付けされる可能性が大幅に減ります。
  • 別の暗号化プロトコルを試す – 各プロトコルは、異なるポートを介してWebに接続し、別の手法を用いて自身をマスクします。WireGuardは、高速なため、ストリーミングに最適であるといわれています。
  • カスタマー サポートに問い合わせる – 何を試しても失敗した場合は、カスタマーサポートが問題の真相究明に役立ちます。この記事にあるVPNにはすべて、ライブチャットサポートがあり、迅速に問題を解決できます。

VPNの代わりにプロキシを使用できますか?

優れたプロキシはコンテンツのブロックを回避するのに役立ちますが、効果や安全性においてVPNほど優れていません。VPNと同様に機能しますが、VPN のようにデータを暗号化しません。そのため、閲覧履歴全体とオンライントラフィックが第三者によって監視および記録される可能性があり、個人データや身元情報のセキュリティが損なわれる可能性があります。この記事にある質の高いVPNを利用して、オンライン上で安全を確保しましょう。

VPNを利用して、NetflixやBBC iPlayerなどのストリーミングサイトのブロックを解除できますか?

はい、質の高いVPNでは、様々な最も人気のあるストリーミングサイトのブロックを解除できます。事実、 ExpressVPNなどの優れたVPNを利用すると、様々なNetflixライブラリ、Amazonプライムビデオ、Disney+、Hulu、Kodi アドオン、BBC iPlayer、Sling TV、HBO、Showtime、UKTV、DAZN、ESPN+、その他20種類以上のプラットフォームにアクセスできます。

AndroidおよびiOSモバイルデバイスで VPNブロックを回避できますか?

はい、ほぼあらゆる主要なVPN(および この記事にあるおすすめのVPN すべて)は、AndroidアプリとiOSアプリに加えて、VPNブロックを回避するためのテクノロジーを備えています。これには、アクティビティに最適な暗号化プロトコルの自動選択に加え、新しいIPアドレスを頻繁に追加して、ブラックリストの一歩先を行くことが含まれます。また、一部のVPNには難読化ツールがバンドルされていて、ネットワークやサービスに対して、VPNトラフィックを通常のトラフィックに見せかけられるので、常にブロックを回避できます。

NetflixやAmazonプライムビデオによって、VPNの利用を禁止されることはできますか?

場合によります最高のVPNを利用すると、Netflix、Amazonプライムビデオ、Hulu、およびその他のストリーミングサービスに、VPNを利用して視聴していることを認識されないはずです。しかし、こうしたサービスや他のプラットフォームの利用規約には、VPN を利用したコンテンツの視聴が違反とされていて、アカウントの利用を禁止される可能性があると記載されています。

しかし、それが実際に起こる可能性は非常に低いです。現在、多くの人がセキュリティ目的で常にVPNを利用しているため、VPNの利用と禁止すると多くのユーザーを失う可能性があります。とはいえ、この記事にあるおすすめのVPN のいずれかを利用してアカウントを保護し、サブスクライブしているプラットフォームへのアクセスが検出されるのを防いでください。

無料のVPNを利用してコンテンツのブロックを回避できますか?

無料VPNを利用してコンテンツのブロックを回避できますが、おすすめしません。 他のチームメンバーとともに、最高の無料VPNをテストしましたが、ブロックを回避できるほどの信頼できる効果的な機能は備わっていませんでした。

無料 VPNの主な問題は、主要なストリーミングサービスやその他のコンテンツプロバイダーによるブロックに対処できるほどのリソースがないことです。対処できたとしても、ほぼあらゆる無料VPNでは、帯域幅や接続できるサーバーに制限があり、一般に低速です。シリーズ番組の途中でデータ不足のために接続が切断されたり、番組を楽しんでいる間に絶え間なく遅延が生じたりすることがあります。

無料VPN は、収益を得るために広告主などの第三者にデータを販売するなど、ユーザーデータを悪用することでも知られています。お気に入りのテレビ番組を見るために個人データを公開する必要はありません。また、絶え間ないバッファリングや接続エラーに我慢する必要もありません。代わりに、この記事にあるVPNのいずれかを試してみてください。いずれも特別オファーがあり、月額わずか数ドルで質の高いVPN を入手できることを知って驚くかもしれません。

ExpressVPNでオンラインブロックを回避しましょう

信頼できるVPNでブロックされたコンテンツにアクセスしましょう

ストリーミングサービス、ISP、職場などによるVPNブロックは、煩わしいだけでなく、国境を越えた制限です。幸い、適切なVPNを利用することで、あらゆる種類のコンテンツのブロックを素早く回避でき、予定通りにアクティビティに集中できます

テストした結果、ブロックされたコンテンツへのアクセスに最もおすすめなのはExpressVPN でした。 超高速で安定したサーバーを備えた大規模なグローバルネットワークや、適切なリソースとテクノロジーを備えているため、ほぼあらゆるブロックを回避できます。また、 30 日間の返金保証があるので、ExpressVPNをノーリスクで試せ、何らかの理由で満足できなかったら、全額返金してもらえます。


まとめ: 2024 年にコンテンツブロッカーを回避するのにおすすめのVPN

ランキングトップ イチオシ!
ExpressVPN
6.67 / month 49%引き
CyberGhost VPN
2.03 / month 84%引き
Private Internet Access
$ 2.03 / month 83%引き
PrivateVPN
2.00 / month 83%引き
IPVanish VPN
3.25 / month 75%引き

当サイトでは、徹底した検証と調査をもとにサービスをランキングにまとめていますが、読者の皆さまからのご意見やプロバイダとの商業契約も考慮しています。このページにはアフィリエイトリンクが含まれます。

この記事を気に入っていただけましたか?
評価しましょう!
気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.22 9 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます