WinSCPで、PCとリモートサーバー間でより効率よくファイルをコピー、共有、管理できます。WinSCPは、FTPおよびSFTP 転送プロトコルに対応したWindowsベースのアプリで、目で見て直感的に操作できるユーザーインターフェース (GUI) を備えているため、より手軽にファイルを共有できます。また、機能を改善して様々なコマンドを追加するための拡張機能と互換性があります。

以下の手順に従い、WinSCPをPCに無料でダウンロードしましょう。

WinSCPをPCに無料でダウンロードするには

  1. サイドバーにある[ダウンロード]ボタンをクリックして、WinSCPの公式ダウンロード ページを開きます。
  2. [Download WinSCP (WinSCPのダウンロード)]をクリックすると、最新版のセットアップファイルがすぐにPCにダウンロードされます。
  3. ダウンロードが完了したらファイルを開くと、セットアップウィザードが表示されます。
  4. [Install for Users (recommended)(ユーザー用インストール (推奨))]または[Install for Me Only(自分専用インストール)]オプションを選択します。推奨オプションは、複数のPC間でファイルを移動できるようにネットワークに接続している場合に役立ちますが、管理者アクセス権が必要であることに注意してください。
  5. 選択したら、ライセンス契約に同意します。
  6. 好きなセットアップタイプを選びます。標準インストールがお勧めですが、含めるコンポーネントと機能をカスタマイズするためのオプションもあります。選択したら、[Next(次へ)]をクリックします。
    WinSCP セットアップ タイプ
  7. インターフェーススタイルを選択します。オプションにはCommanderがあり、ローカルディレクトリ用のパネル一つ、リモートディレクトリ用のパネル一つ、キーボードショートカット、2 つのパネル間のドラッグアンドドロップ機能を備えています。また、Explorerもあり、リモートディレクトリ、基本的なキーボードショートカット、ドラッグ アンドドロップ機能のみ備えています。 選んだら、[Next(次へ)]をクリックします。
  8. [Install(インストール)]をクリックすると、WinSCPがPCにインストールされます。
  9. インストールが完了したら、[Finish(完了)]をクリックすると、PC上で WinSPCが起動します。

WinSCPをPCからアンインストールするには

ファイルの転送が完了した場合や、WinSCPがニーズに適したFTPおよびSFTPでない場合は、いくつかの容易な手順を踏みながらアンインストールできます。

  1. Windowsの検索バーに「プログラムの追加と削除」と入力し、Enterキーを押します.
  2. インストールされたプログラムの一覧からWinSCPを見つけ、[アンインストール]をクリックします。
    WinSCP をアンインストールする
  3. WinSCPの削除を承認すると、WindowsアンインストールツールによってPCからWinSCPが削除されます。

引き続き、ファイルをリモートサーバーに移動するためのFTPおよびSFTPソフトウェアをお探しなら、以下にある無料の代替ソフトウェアをご覧ください

WinSCPの概要

WinSCP(Windows Secure Copy Protocol)は、Windowsパソコンからリモートサーバーにファイルを転送するためのオープンソースのプラットフォームです。主な機能は FTPを用いたファイル転送ですが、SFTP、WebDAV、Amazon S3、SCPプロトコルもサポートしています。

WinSCP プロトコル オプション

好きなファイルプロトコルタイプを選択できます

インターフェースには、以下の2つのオプションがあります:

  1. Explorer: リモートサーバー上のファイルが表示されます。PC からサーバーパネルにファイルをドラッグアンドドロップして、転送を開始できます。
  2. Commander: PCとリモートサーバーのファイルをより包括的に表示できます。あるパネルから別のパネルにファイルをドラッグして、転送を開始できます。

Explorerビューは、使いやすく、高度なオプションのほとんどがドロップダウンメニューに表示されないため、新規ユーザーに適しています。Commanderビューは、ネットワーク管理者やファイルを頻繁にやり取りする場合に適しています。また、Explorerビューよりも幅広いキーボードショートカットがあります。

WinSCP シングル パネル

エクスプローラーのシングルパネルインターフェース

両方のインターフェースを使用しましたが、どちらも使いやすかったです。転送速度は良好で、転送に影響するような接続の問題はありませんでした。

WinSCPの機能

WinSCPには、2台のPC間の転送を保護するためのオプションが複数あります。 主なオプションはセキュアシェルプロトコル(SSH)ですが、必要に応じてSCPまたは SFTPを選ぶこともできます。

リモートサーバーへのアクセスの編集

WinSCPには、ローカルサーバーとリモートサーバーにあるテキストファイルにアクセスできるテキストエディターがあります。また、リモートコンソールの基本的なコントロールも行え、プログラムの削除、設定の変更、ファイルの表示が可能です。

転送の自動化

スクリプトをアップロードして特定の操作を自動化でき、転送のスケジューリング、ある転送プロトコルから別の転送プロトコルへのスクリプトの変換、今後の転送を制限するための帯域幅またはサイズ制限の設定などが可能です。

デバイス間で変更内容を同期

リモートサーバーとローカルデスクトップの両方でファイルを確実に更新できます。リモートサーバー上のファイルに変更を加えると、WinSCPによってPC 上のファイルが同様に更新されます。

外部ツールとの統合

WinSCPを他のツールと統合することで、WinSCPの機能を拡張できます。以下は、最も人気のあるオプションの一部です:

  • PuTTY: オープンソースの端末エミュレーターで、ファイル転送を暗号化して保護できます。
  • 外部エディター: Adobe DreamweaverVisual Studio CodeAtomNotepad++など、WinSCPが対応しているテキストエディターが複数あります。
  • パスワードマネージャー: Dashlane1PasswordなどのパスワードマネージャーをWinSCPと統合して、ローカルサーバーとリモートサーバーでパスワードやログイン情報を管理できます。

無料の代替ソフトウェア

  • FileZilla: オープンソースのFTPクライアントで、複数のプロトコルで動作し、ローカルサーバーとリモートサーバー間のシームレスな転送を実現します。直感的に操作できるインターフェースを備えているため、両方のデバイスでファイルを容易に表示および転送できます。
  • CrossFTP: FTP、FTPS、SFTPプロトコルを使用して、ファイルを迅速かつ安全に転送でき、サイト間の共有、デバイス間のブラウザの同期、マルチタブナビゲーションが可能です。

よくあるご質問

WinSCPは無料ですか?

はい! WinSCPは、無料のGNU General Public Licenseを供与されたオープンソースのソフトウェアです。上記の手順に従い、PCに安全にダウンロードできます

WinSCPは安全ですか?

WinSCPはオープンソースのソフトウェアで、ウイルス、トロイの木馬、マルウェア、その他の悪質なソフトウェアは一切含まれていません。転送がすべてSSHまたは FTPプロトコルで保護されるので、転送中にファイルを閲覧されたり盗まれたりするのを防げます。

ただし、ウイルスおよびマルウェアチェッカーがないことに注意してください。そのため、ローカルPCがウイルスに感染している場合、ウイルスが安全なポータルを介して転送され、リモートサーバーに感染する可能性があります。

WinSCPはスクリプトで動作しますか?

はい、WinSCPを容易に操作するためのカスタマイズオプションがいくつかあります。スクリプトを追加して、転送プロセスを自動化でき、スケジュールの設定、ファイルサイズ制限の追加、転送プロトコルの変更などが可能です。

今すぐWinSCPをダウンロードしましょう!