静的IPアドレスとは?なぜ必要なの?

ベンジャミン・ウォルシュが3月 22, 2019に更新

VPNに加入する際、長期契約を結ぶ前にVPNの色々な機能のメリットについて理解するのはとても大切です。

自宅のパソコンやモバイル端末のセキュリティー対策のために新しいVPNサービスの購入を検討しているなら、ローミングと静的IPアドレスの違いについて理解する必要があります。この記事ではこれについて分かりやすくご説明します。

静的IPアドレスとは?

一般的に、VPNはプロキシとして利用するために複数のサーバーから選択できるツールです。これによりインターネットセキュリティー対策が向上し、色々な規制や地理的な制限を乗り越えられるようになるため、快適にインターネットを利用できるようになります。
network cyberspaceローミングIPアドレスは役に立ちますが、複数のユーザー間で共有されるため問題が発生することがあります。通信が過重になったり、通信速度が遅くなったり、一部のサイトやコンテンツサービスでVPNサーバーであることを認識されてブロックされてしまうなどのデメリットがあります。

静的IPアドレスは任意の地点のプロキシサーバーです。そのため、規制を乗り越えられると同時に認証やトラフィックに関する問題が発生する可能性は低いというメリットがあります。

静的IPアドレスは以下の面で役に立ちます。

  • ローカルウェブサーバー
  • 遠隔のトレントマグネット
  • ゲーミング

静的IPアドレスの長所と短所

長所

静的IPアドレスを利用すると以下のようにたくさんのメリットがあります。

  • WAN(ワイドエリアネットワーク)間で名前解析に対応しており、安定して端末がホスト名に到達できるようにしてくれる。
  • ホームネットワークでネットワークセキュリティーに対してより高度に保護してくれる。
  • ホームネットワークで静的IPアドレスを利用するとIPアドレスのエラーを防止できる。
  • 動的IPアドレスよりも正確な位置情報の取得が可能になる。
  • 一般的に動的IPアドレスよりもダウンロード・アップロード速度が速い。

短所

静的IPアドレスのデメリットはメンテナンスと細かい部分に関するものです。

  • 手動で静的IPアドレスを設定しなければならないのでルーターの設定を変更しなければならず、プログラム設定に注意する必要がある。
  • 小さなホームネットワークでは端末数が少ないので問題ないものの、大企業では何百、何千もの端末があるためメンテナンスが大変
  • ルーターを正しく設定しないとIPアドレス間でエラーが発生する可能性が高い。

専用の静的IPアドレスを提供している最高のVPN

静的IPアドレスの他にもよいセキュリティー対策と安定した通信速度を提供しているVPNはたくさん あります。

1NordVPN

NordVPN
  • 複数の地点で専用の静的IPアドレス
  • 広大なサーバーネットワーク
  • プライベートIPには追加料金がかかります

サーバー数に関してはNordVPNは62か国に5000以上のサーバーがあり、そのうち一部で静的IPアドレスが提供されています。静的IPアドレスを利用できるのはアメリカ、ドイツ、イギリス、オランダです。

静的IPアドレスで追加のセキュリティー対策となるほか、今のところ解読されていない高度な暗号化も利用できます。アメリカ軍やNSA(国家安全保障局)も利用しているAES 256ビット暗号化です。

NordVPNのプライベートIPアドレスには追加料金がかかります。詳しい情報や購入にはNordVPNのサポートチームに問い合わせてください。

今すぐご利用ください

2PureVPN

PureVPN
  • 7か国に専用IPあり
  • 素晴らしい通信速度
  • 追加料金あり

PureVPNオーストラリア、カナダ、香港、ドイツ、マルタ、イギリス、アメリカ、シンガポールの7か国で専用IPアドレスを提供しています。

専用IPを使ってもPureVPNの通信速度は比較的安定していてパフォーマンスも高速ですし、通信の中断もあまりありません。PureVPNではより良いエンターテインメント、ネット銀行セキュリティー、リスクなしのオンラインの評判、安全な遠隔アクセスなどの魅力があります。

他のVPNサービスと同じ方法でPureVPNから専用IPアドレスを購入することができます。プランを購入する前に専用IPアドレスの国を選択する必要があります。

今すぐご利用ください

3TorGuard VPN

TorGuard VPN
  • 9か国に専用IPアドレスあり
  • ログなし
  • 本部はアメリカ

TorGuard VPN は安全なVPNで、アメリカ、イギリス、フィンランド、フランス、ドイツ、日本、スペイン、イタリア、シンガポール9か国に専用IPアドレスを提供しています。

TorGuardはログなし方針があるのでプライバシーが守られるだけでなく、個人情報を収集しようとしている組織から情報を守り、匿名でインターネットを利用できるようになります。

デメリットは、TorGuardはアメリカにあるのでプライバシー保護の面でやや心配だということですがログなし方針があるのでしっかり保護されます。専用の静的IPアドレスはVPNパッケージの一部として提供されていますが、地点によっては追加料金がかかる場合があります。

今すぐご利用ください

この一覧でどの VPNプロバイダを選んだとしても、安全な静的IPアドレスを利用してしっかり情報を守ることができ、VPNの他の機能も最大限に活用できるようになります。

ベンジャミン・ウォルシュ
経営学の学位を取得した後、ベンは技術及びサイバーセキュリティー業界でマーケティング、執筆、コンテンツ開発に携わることにしました。キャリアアップを目指しながら旅行して外国の文化と触れ合うことが目標だそうです。