11の解決法:VPN認証の失敗エラーメッセージの修正方法

Bethany Chesterが3月 14, 2020に更新

「エラー:認証に失敗」 — ExpressVPN

「VPN接続:ユーザー認証に失敗」 — NordVPN

「VPN認証に失敗」このエラーに遭遇しているのはあなたは一人ではありません。これは最も一般的に報告されているVPNの問題の1つです。私はVPNユーザーとして、オンラインで保護された状態を維持し、セキュリティを侵害しないことがいかに重要であるかを知っています。ご心配なく—このエラーを修正し、VPNをすぐにバックアップして実行するために使用できる11の方法をご紹介します。

1. コンピューターを再起動する

場合によっては、最も単純なソリューションが最適なこともあります。多くの技術的な問題と同様に、「VPN認証の失敗」エラーは、デバイスを再起動することで解決できる場合があります。メモリキャッシュがクリアされ、正常に動作していないコードが停止されるためVPNが新たに起動します。

2. ファイアウォールを無効にする

ファイアウォールを使用している場合、VPNクライアントがブロックされている可能性があります。これが問題かどうかを調べるには、ファイアウォールを一時的に無効にして、問題が解決するかどうかを確認する必要があります。サードパーティのファイアウォールと組み込みのファイアウォール(Windows Defenderファイアウォールなど)の両方を必ず無効にしてください。パブリックネットワークとプライベートネットワークの両方で無効にする必要があります。このオプションはファイアウォール設定にあります。

これは永続的な解決策ではなく、ファイアウォールを無効にすると、コンピューターがセキュリティの脅威に対して脆弱になる可能性があります。ファイアウォールに問題がある場合は、設定を調整するか、別のファイアウォールに切り替える必要があります。

3. 有線接続を試す

ルーターの問題でVPNが正しく接続できないことがあります。これは一般的ではありませんが、特に2つのリンクされたルーターを使用している場合に発生します。ワイヤレス接続の代わりにイーサネットケーブルを使用してルーターに接続してみて、問題が解決するかどうかを確認してください。

2つのルーターを使用すると問題が発生するときは、ブリッジモードを有効にしてこれを修正できます。この方法はモデルによって異なるため、ルーターのマニュアルを確認してください。

4. 別のVPNプロトコルを使用する

ほとんどのVPNでは、使用するIPプロトコルを選択するオプションがあります。最も一般的なのは、TCP(伝送制御プロトコル)とUDP(ユーザーデータグラムプロトコル)です。主な違いは、TCPにはエラー修正が含まれていることです。つまり、TCPは接続の問題のために破損したものや届かないものを再送します。UDPはこれを行わないため、高速ですが信頼性が低下する可能性があります。

プロトコルを切り替えると、特にTCPからUDPに移行する場合に、接続を高速化することで「VPN認証失敗」エラーを解決できます。このオプションは、VPNアプリの[設定]にあります。プロトコルを切り替えると、接続の品質が低下する可能性があることに注意してください。

5. 代替DNSサーバーを試す

デフォルトでは、VPNクライアントはおそらくVPNプロバイダーのDNSサーバーを使用します。これにより、DNSリークのリスクは軽減されますが、接続の問題が発生する場合があります。これが問題かどうかをテストするには、他のDNSサーバーを使用してみてください。VPNアプリの設定で、[VPN DNSサーバーのみを使用する]オプションをオフにしてください。この設定の変更により、DNSリークのリスクがわずかに増加する可能性があることにご注意ください。

6. 別のWiFiネットワークを試す

もし今までご紹介したソリューションのどれもうまくいかない場合は、WiFiネットワークに問題がある可能性があります。これが当てはまるかどうかを確認するには、公共のWiFiホットスポットまたは友人の家でVPNを使用して試してみてください。VPNがこれらの他のネットワークで機能する場合、使っているWiFiネットワークに問題がある可能性があります。インターネットとWiFiの設定を見て、VPNの問題の原因を見つけてください。

7. 別のVPNサーバーに接続してみる

接続がうまくいかない場合は、使用しているVPNサーバーが遅すぎるか、ユーザーが多すぎる可能性があります。ほとんどのVPNアプリでは、利用できる各場所にある複数のサーバーから選択が可能です。別のものに切り替えてみて、それでうまくいくかどうかを確認してください。

サーバーに近ければ近いほど、速くなることを覚えておいてください。ですので常に最も近いサーバーを選択してください。

デバイスのアプリではなくルーターでVPNを使用している場合、サーバー間の切り替えはより難しくなります。方法は、ルーターとVPNプロバイダーによって異なります。方法がわからない場合は、ルーターとVPNのドキュメントを確認してください。

8. VPNを再インストールする

VPNが正しくインストールされなかった場合、「VPN認証に失敗しました」エラーが発生する可能性があります。これに問題があると思われる場合は、VPNのアンインストールと再インストールを試してください。アンインストーラーソフトウェアを使用して、最初のインストールからすべての古いファイルを削除することにより、他のエラーが発生しないようにします。

9. VPNサブスクリプションがアクティブであることを確認する

有料VPNサービスを使用している場合、サブスクリプションの有効期限が切れている可能性があります。または、アカウントを作成したもののサブスクリプションをまだ購入していない可能性があります。

これを解決するには、VPNプロバイダーのWebサイトでアカウントにログインし、サブスクリプションの支払いが終了していることを確認してください。

10. 接続されたデバイスが多すぎないことを確認する

ほとんどのVPNサービスでは、一度にVPNに接続できるデバイスの数に制限があります。複数のデバイスを接続している場合、制限を超えている可能性があります。VPNサービスプロバイダーのウェブサイトで、許可されている同時接続数を確認してください。制限を超えている場合は、使用していないデバイスをすべて取り外します。

11. より良いVPNを試す

上記の解決法をすべて試しても問題が解決しない場合は、より優れたVPNサービスの検討をお勧めします。無料で下位のVPNは低速で、他の接続の問題が発生する可能性があります。対照的にプレミアムサービスは非常に高速で、問題を引き起こす可能性がはるかに低いです。たとえば、ExpressVPNには無制限の帯域幅があり、速度テスト機能が組み込まれているため、最速のサーバーを選択できます。

予算が限られている場合、NordVPNはExpressVPNと同じ機能の多くがより手頃な価格で備わっています。このサービスはそれほど高速ではありませんが、信頼性の高さで知られています。または、多くのオンラインコンテンツを視聴する場合は、CyberGhostを試してください。この会社は常に最速の利用できるサーバーに接続することを保証しており、さまざまなストリーミングサービスに最適化されたサーバーも備えています。

これらのVPNはすべて返金保証を提供しているため、しばらく試してみて、満足できない場合は全額払い戻しを受けることができます

今すぐ最高のVPNを入手しましょう!

結論

「VPN認証に失敗」エラーはよくあることですが、それを修正するのは簡単です。これらの解決法を使えば、すぐに安全にブラウジングできるようになります。

他の接続の問題が発生していますか?最も一般的なVPNエラーコードの修正については、このガイドをご覧ください。

この記事を気に入っていただけましたか?評価しましょう!

気に入らなかった あまり気に入らなかった まあまあ気に入った 気に入った! とても気に入った!
4.50 3 ユーザーが投票しました
タイトル
コメント
フィードバックをありがとうございます
Bethany Chester
Bethanyは、テクニカルライター、ブロガー、およびWebセキュリティの専門家です。彼女はLinuxに対する情熱があり、サイバーセキュリティに関する様々な事項に強い関心を持っています。