Windows Movie Maker を無料でダウンロード。2021 年最新版

Windows Movie Maker
Windows
無料
Microsoft
801,686
ビデオプレーヤー, 動画編集者
著者:チェース・ウィリアムズ

多くの人々の期待を裏切り、MicrosoftはWindows ムービーメーカーをWindows 10には採用しないことに決めました。 さらに、Windows 7.1およびWindows 8で人気だったにも関わらずアプリのサポートを完全に停止しました。

Windowsムービーメーカーをダウンロードできません

しかし、まだ希望は残っています。Windowsは、Windowsムービーメーカーとほとんど同じ作業ができるビデオ編集ツールをフォトアプリでリリースしました。 これには、動画の作成と編集、音楽、テキスト、フィルター、および3D効果の追加が含まれ、動画を生き生きとしたものに仕上げます。

ビデオエディターを開く方法(Windowsムービーメーカーの後継)

  1. ビデオエディターはWindows PCに初めからインストールされているため、ダウンロードは不要です。
  2. プログラムを開くには、Windowsの検索バーで「ビデオエディター」を検索し、アイコンをクリックしてアプリを開きます。
    ビデオエディターを開く
  3. これにより、フォトアプリの[ビデオエディター]セクションが開きます。プロジェクトを開始するには、[新しいビデオプロジェクト]ボタンをクリックします。
    新しいビデオプロジェクトを作成
  4. 画像はプロジェクトライブラリに追加でき、ドラッグアンドドロップでストーリーボード上に好きな順序に並べられます。ストーリーボードに画像を配置したら、各画像がビデオに表示される時間を調整したり、画像に動きを追加したりできます。また、テキストオーバーレイ、フィルターなども追加できます。

ビデオエディターで最初のビデオを作成する

Windowsムービーメーカーの無料代替品

  • Openshot:この無料のオープンソースプログラムは、iMovieに似たデザインで設計されました。動画を簡単に作成できるドラッグアンドドロップ機能があります。画像、アニメーション、音楽、エフェクト、テキストを別々のトラックに設定できます。
  • Shotcut:ShotcutにはWindowsムービーメーカーと同じ機能がありますが、レイアウトはまったく異なります。これは、同プログラムがWindows版が開発される前に、もともとLinux専用に開発されたからです。

よくあるご質問

😎 Windowsムービーメーカーはどこでダウンロードできますか?

Windowsムービーメーカーは現在サードパーティのウェブサイトでのみダウンロードが可能です。これらは公式の開発者によるものではなく、マルウェア、スパイウェア、またはウイルスが追加されている可能性があります。そのため、プログラムをダウンロード、利用することはお勧めしません。このようなプログラムは利用せず、開発者によって現在もサポートされているプログラムを使用してください。

😁 Windowsムービーメーカーが見つからないのはなぜですか?

Windows 7.1、8、または10を使用している場合、Windowsムービーメーカーはコンピューターにインストールされません。代わりに、フォトアプリにあるビデオエディターという新しいMicrosoftプログラムがあります。

🤩 ビデオエディタ―で使用できる画像形式は何ですか?

フォトアプリケーションにアップロードできる画像はすべて、ビデオエディターで使用できます。具体的には、BMP、JPEG、JPEG XR、HD Photo、PNG、ICO、GIF、RAW、PANOやTIFFなどの拡張子です。

🤓 完成した動画はどのような形式でエクスポートできますか?

すべての動画はmp4ファイルとして作成されます。動画の品質は3つのオプション(低(540p)、中(720p)、高(1080))から選択できます。

Windows Movie Makerのホームページはこちら

共有・サポート

WizCaseは独立したレビューサイトで、読者によりサポートされていて、当サイトのリンクを通じて購入された際に、リンク先から手数料を受け取る場合があります。読者には、当サイトから購入された製品に対する追加料金は一切加算されず、当社への手数料は、製品の販売元により直接支払われます。