Astrill VPN レビュ 2022: 買うだけの価値がありますか?

何を検討したのでしょうか?
🚀通信速度 1.0 / 10
📍サーバー 1.0 / 10
👍使いやすさ 1.0 / 10
📞サポート 3.0 / 10
🏷️価格 1.0 / 10
情報開示:
私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、ExpressVPN、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

紹介料

Wizcaseには、厳しいレビュー基準(倫理的基準を含む)に従ってプロが執筆したレビューが掲載されています。当サイトのレビュー基準は、正直で専門的な独立調査に基づいてレビューを行うことを定めています。ただし、当サイトのリンクを使ってユーザーがアクションを完了した場合、当社は報酬を受け取る場合があります。報酬はレビュー内容に影響しませんが、ランキングに影響することがあります。ランキングは過去の販売に対する顧客満足度と受け取った報酬をもとに決定されます。

レビュー基準

Wizcaseで公開されているレビューは、当社の厳格なレビュー基準に従ってプロが製品を精査したうえで、執筆されたものです。このような基準があることで、専門家による独立した誠実な検証と、製品の技術的な能力と品質、およびユーザーにとっての商品価値をふまえたレビューが可能となっています。当サイトで公開されているランキングには、当サイトのリンクを通じて製品が購入された場合に当社が受け取るアフィリエイト報酬が考慮される場合があります。

Astrill VPNについて 12月 2022

Astrill VPNは、中国で制限されているWebサイトのブロックを解除することで定評があります。このレビューを書くまで、聞いたことがなかったので、驚きました。有名なVPNでも中国でなかなか利用できないことが多いため、複数の詳細なテストを行い、Astrillが最高のVPN一覧に値するかどうかを判断することにしました。

残念ながら、どのサーバーにも接続できなかったため、Astrill VPNは機能しません。AstrillのWebサイトにアクセスして1ヶ月間のサブスクリプションを購入し、セットアップファイルをダウンロードしてインストールすることはできましたが、サーバーは機能しませんでした。接続を試みるたびに、すでに別のVPNに接続されているため、切断する必要があるというエラーメッセージが表示されました。カスタマーサービスに問い合わせましたが、解決できませんでした。

また、返金保証がないため、試す場合は、1ヶ月間のサブスクリプションを購入しなければなりません。

お急ぎですか?以下の概要をご覧ください

通常、レビューする際はVPNのあらゆる機能をテストしますが、残念ながら、Astrill VPNに接続できなかったためテストできず、お伝えできるのは以下についてのみです。

Astrill VPNではどのストリーミングプラットフォームにもアクセス不可

サーバーに接続できなかったため、Astrill VPNのストリーミング機能をテストできませんでした。超高速インターネットを提供していると主張していますが、それが本当かどうかわかりません。

Netflixやその他のストリーミングサービスを高速でストリーミングできるVPNをお探しなら、ExpressVPNを検討してください。ExpressVPNでは、様々なストリーミングプラットフォームのブロックを容易に解除でき、遅延やバッファリングせずにコンテンツを高画質でストリーミングできます。

通信速度

1.0

速度の判別が不可能

Astrill VPNが機能しなかったため、速度テストを行えませんでした。インターネットの速度制限がないと主張していますが、テストできず、何度試しても接続できませんでした。

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー

1.0

サーバーネットワーク — かなり高速だが利用できない

Astrillのサーバーネットワークはかなり強力で、世界の主要な地域の多くにあります。57ヶ国107都市にサーバーがあるといわれ、かなり数多くありますが、どれもテストできなかったためがっかりしました。

AstrillVPNサーバーリストのスクリーンショット

Astrill VPNの高度なサーバーをテストできなかったためがっかりしました

また、他の多くのVPNのように第三者の低速の仮想プライベートサーバーを利用しているのではなく、高速の専用サーバーのみを利用していると主張していますが、アプリケーションをテストできなかったため、これについて100%本当かどうかはわかりません。VPN接続に問題があり、カスタマーサポートに問い合わせても、解決できませんでした。

セキュリティ — 複数のセキュリティプロトコル

接続できれば、Astrillはデータを安全に保つための基本プロトコルと高度なプロトコル、セキュリティ機能を数多く備えていて、超安全で解読不可能なAES-256暗号化機能があり、OpenVPNプロトコルとOpenWebプロトコルに対応しています。また、パフォーマンスを最適化できるWireGuardと、VPNの利用をインターネットサービスプロバイダーから隠せるStealthVPNも使用されていて、中国や香港などの国で特に役立ちます。

DNS、IPv6、WebRTCリーク保護や、VPNに接続せずに特定のWebサイトにアクセスできるスプリットトンネリングもあります。さらに、独自のDNSサーバーを運営しているため、トラフィックが安全性の低い外部サーバーにリダイレクトされるリスクはありません。しかし残念ながら、サーバーに接続できなかったため、こうしたセキュリティ機能をテストできませんでした。Astrill VPNでハッキングやデータ漏洩を阻止できるかどうかについて、テストできなかったため、身を守ることができませんでした。

キルスイッチもあり、有効にするとVPN接続で問題が生じた際にIPアドレスの漏洩や暗号化されていない機密データが送信されてしまうことはありません。実際のところ、その他、選択可能なカスタマイズオプションがいくつかあり、正常に機能さえすれば、標準的なVPNよりもはるかに優れています。

セキュリティに関しては、ExpressVPN が他のVPNよりも優れた技術的なセキュリティ対策を提供しています。AES-256ビットの暗号化、RSA-4096認証、SHA-512キー付きハッシュメッセージ認証コード(HMAC)が使用されています。ECDH(楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵共有)により、データチャンネルが暗号化され、転送データのセキュリティを完全に確保できます。

プライバシー — ノーログポリシーを主張しているがプライバシーポリシーに矛盾あり

Astrillは、厳密なノーログポリシーがあると主張していますが、プライバシーポリシーの記載にやや矛盾があります。そこには、接続時間、IPアドレス、デバイスの種類、Astrill VPNアプリケーションのバージョンなど、アクティブなセッションを追跡しますが、VPN接続が切断されると、こうしたデータはすべて削除されると記載されています。おそらくこれは、一つのアカウントで数多くのデバイスを利用するのを防ぐためでしょう。

AstrillVPNプライバシーポリシーのスクリーンショット

Astrillのプライバシーポリシーには、機密情報を収集すると記載されています

また、カスタマーエクスペリエンスの向上のために、接続時刻や接続時間、国、デバイスの種類など、過去20回の接続に関する情報を保存しています。重要な点は、IPアドレスや現在地情報が保持されないことです。

それでも、サーバーに保存されたくない場合は、こうしたデータをAstrillのメンバーゾーンから手動で削除でき、こうしたログは、Astrillの利用停止から30日後に削除されます。

トレント — 対応しているが、利用不可能

Astrillは、一部のサーバーがトレントに対応していると主張していますが、どのサーバーも動作していないため、これについて確認できませんでした。とはいえ、ログに関するポリシーがお粗末なため、P2Pアクティビティには適していません。

私のチームは、トレントにおける違法行為についていかなる形でも支援していません。お住まいの国の規則や規制を確認し、法律に違反していないことを確かめてください。

Astrill VPNは中国で機能する?おそらくしない

Astrill VPNには、中国にいる際にコンテンツやサービスにアクセスできる暗号化ツール、StealthVPNがありますが、サーバーが使用可能なあらゆるプロトコルで動作しなかったため、利用およびテストできませんでした。

中国などの厳しい検閲がある国に旅行する際は、困難な可能性がありますが、ExpressVPNでは難読化テクノロジーが用いられていて、今までで最もスムーズに利用できたVPNの一つです。ExpressVPNにはこの機能を含めて幅広い高度な機能があり、中国でも他の場所とほぼ変わらず機能します。

中国では、VPNの利用が違法であることに注意してください。しかし、中国当局がVPNの利用により観光客を罰したという報告はありません。中国では、一般的にVPNを利用している観光客を追跡するのではなく、VPNを技術的にブロックすることでVPNの利用を規制しています。

サーバー地点

アイルランド
アメリカ
アルゼンチン
イギリス
イスラエル
イタリア
インド
インドネシア
ウクライナ
エジプト
オランダ
オーストラリア
オーストリア
カナダ
ギリシャ
対応地点をすべて見る

使いやすさ

1.0

Astrill VPNのネットワークにアクセスできなかった

Astrill VPNには、Windows、macOS、Linux、iOS、Android、ルーター用のアプリがありますが、何時間も試しても利用できませんでした。Windowsノートパソコン、Macbook、Android携帯電話にインストールしてテストした際、どのデバイスでAstrill VPNへの接続を試みても、すでにVPNに接続されていることを示すエラーメッセージが表示されました。

ある時点で、アカウントが不明な理由で停止されました。そのためサポートに連絡すると、アカウントのブロックは解除されましたが、提供された解決策のいずれを試しても接続の問題を解決できませんでした。OpenVPNおよびWireGuardの構成ファイルをダウンロードして外部アプリでの利用を試みましたが、Astrillクライアントと同じエラーメッセージが表示されました。そのため、サーバーに問題があり、クライアントの問題ではないことがわかりました。

デバイスで無制限に接続できるといわれていますが、 実際には、同時に利用できるデバイスの数ではなく、アプリをインストールできるデバイスの数を指しています。Astrillのサブスクリプションでは、一度に最大5台のデバイスにしか接続できないため、VPNが機能したとしても限られています。実際に機能し、家族やチームメートと共有できるVPNが必要なら、IPVanishでは、一つのアカウントで接続できるデバイスの数が無制限です

サポート

3.0

Astrill VPNには、24時間年中無休のチャット、お問い合わせフォーム、技術者に問い合わせられるメールサポートなど、多数のカスタマーサポートオプションがあります。自力で答えを見つけたい場合は、広範な知識ベース、FAQ、動画ガイドがあります。

ライブチャットを通じてサポートに何度が連絡しましたが、2分で繋がりました。サーバーにアクセスできなかった際、まずライブチャット担当者がサポートしてくれました。容易に解決できると思っていましたが、それでも接続できなかったため、メールサポートに問い合わせるように言われました。

ライブチャットを介したAstrillsのサポートとのやり取りを示すスクリーンショット
Astrillのライブチャットでは迅速にサポートしてもらえます

メールサポート担当者から、接続ログをAstrillのメールアドレスに送信するように言われましたが、ログを送信した後も接続の問題は解決しませんでした。とはいえ、メールに対して迅速に返信してくれ、役立つトラブルシューティングを提案してくれました。問題を解決できればいいのですが、それでもサポートチームは努力を惜しまずに細かいところまで気配りしてくれます。

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

価格

1.0

最高のVPNと比べてかなり高価で、機能しなかったのでお勧めしません。Visa、MasterCard、American Express、UnionPay、Maestro、Cirrus、PayPal、Alipay、Wechat Pay、Perfect Money、銀行振込、Bitcoinで決済可能です。

他のVPNの多くには、長期返金期間がありますが、Astrillには返金保証がなく、無料トライアルも利用できなくなりました。

Astrill VPNは以下のプランを提供しています

まとめ

Astrill VPNは、様々な機能を備えているため、機能さえすれば購入する価値がありますが、残念ながら、サーバーにアクセスして機能を評価することができなかったため、期待通りに機能するかどうかはわかりません。

特に努力した結果、機能しなかったため、高額を支払い、失敗しました。お金と時間を費やしてAstrill VPN を試すことはお勧めしません。

速度、セキュリティ、プライバシー、機能において優れているのは、ExpressVPNです。ExpressVPNではVPNに必要な機能すべてを手頃な価格で利用できます。また、30日間の返金保証があるので、しっかり試して納得したうえで購入できます。

Astrill VPNに関するよくあるご質問

Astrill VPNは役立ちますか?

いいえ、Astrill VPNは機能しません。サーバーに接続して、宣伝されている機能について全くテストできませんでした。サポートを通じて質問に対する回答を得られましたが、提案された解決策はどれも役に立ちませんでした。また、機能が不足しているため、お勧めしません。

Astrill VPNを無料で利用できますか?

いいえ。Astrillは以前無料プランを提供していましたが、今はもうありません。多くのVPNとは異なり、返金保証もありません。試すには1ヶ月間のサブスクリプションを購入しなければなりません

無料VPNは、機能が不足していてセキュリティリスクがあり、プライバシーが侵害されるため、お勧めしません。しかし、お金をかけずにVPNを試したいなら、こちらが 数少ない信頼できる無料VPNです

Astrill VPNは本当に安全ですか?

わかりません。Astrillを動作させることができなかったため、安全性をテストできませんでした。高く評価されている 独自のプロトコルOpenWebおよびStealthVPN。があるといわれていて、Openwebプロトコルは優れた速度とストリーミング用にデザインされていて、StealthVPNにより中国のオープンインターネットに安全にアクセスできますが、残念ながら、重要なログが保持される他、サーバーにアクセスして、DNSおよびIPアドレスの漏洩について確認できませんでした。

重要事項
セイシェル
2009
はい
5
連絡先詳細
support@astrill.com
www.AstrillVPN.com
他のサービスとの比較
Astrill VPN
1.4  / 10
共有・サポート

WizCaseは独立したレビューサイトで、読者によりサポートされていて、当サイトのリンクを通じて購入された際に、リンク先から手数料を受け取る場合があります。読者には、当サイトから購入された製品に対する追加料金は一切加算されず、当社への手数料は、製品の販売元により直接支払われます。