WARP VPN レビュ 2021: 買うだけの価値がありますか?

何を検討したのでしょうか?

情報開示:
紹介料

Wizcaseは、当サイトのリンクを利用して購入が行われた場合、アフィリエイト報酬を得ることができます。しかし、これは掲載するレビューの内容やレビューされる製品/サービスに影響を与えるものではありません。Wizcaseのコンテンツには、アフィリエイトプログラムの一部である製品購入への直接リンクが含まれている場合があります。

所有権

Wizcaseの親会社であるKape Technologies PLCは、このサイトでレビューされている、CyberGhost、ZenMate、Private Internet Access、およびIntegoを所有しています。

私たちのレビュー

Wizcaseには、コミュニティのレビュー担当者によって書かれたレビューが含まれており、これらはレビュー担当者による製品の独立した専門的な調査に基づいています。

レビュー基準

Wizcaseに掲載されているレビューは、製品やサービスに対するレビュアーの独立した、正直で専門的な検証に基づくものであることを保証するために、厳しいレビュー基準を満たしています。この基準では、製品の技術的な品質や特徴に加えて、ユーザーにとっての商業的な価値を考慮することが求められており、これがウェブサイト上での製品のランキングに影響を与える可能性があります。

WARP VPNについて 5月 2021

DNSサービス「1.1.1.1」を提供するオンラインセキュリティおよびインフラストラクチャ企業が、モバイル向けの無料VPN「WARP」を発表し、多くの人が驚きました。そこで早速、WARPが役立つ無料VPNなのかを確かめることにしました(結論を言うと信頼性がありません)。

具体的に確かめるために、WARPのストリーミング機能、セキュリティ機能、サーバーネットワーク、ユーザープライバシーについてテストしました。ローカルネットワークのための基本的なセキュリティ機能はありますが、ジオブロックの回避やエンドツーエンドのセキュリティなど、VPNに望む機能はありません。モバイル以上のものを保護できるフル機能が搭載されたVPNが必要な場合は、Surfsharkの安全な高速ネットワークを30日間無料で試しましょう

お急ぎですか?以下の要約をご覧ください

CloudflareのWARPはコンテンツのブロックを解除できない — 国内の接続速度のみを向上

WARPは、ストリーミングコンテンツのブロックを解除できません。Cloudflareによると、こうした機能は搭載されていないそうです。それでも、地元のストリーミングサービスにはアクセスできます。これは、WARPによってIPアドレス(ユーザーの現在地を特定できる一意の識別子)が変換されず、一部のユーザーに暗号化されたデータが恐らくより高速で届くためです。

すでにストリーミングサービスにアクセスできる国にいる場合は、WARPで煩わしいNetflixプロキシエラーを回避できます。これにより、お気に入りのコンテンツへのアクセスをブロックされることなく、より安全に接続できます。

ストリーミングサービスのブロックを解除できるVPNが必要な場合は、高速サーバーと大規模なグローバルサーバーネットワークを誇るExpressVPNが非常にお勧めです。こうした特徴は、あらゆる場所からストリーミングコンテンツを高画質で視聴するために欠かせません。

通信速度3.0

WARPの無料版をテストしたところ、Wi-Fiの使用中に約80%、モバイルデータ通信で約5%減速しました。通信速度が400Mbpsを超えることがあるホームネットワークでは、こうした高速通信を維持できませんでしたが、より低速なネットワーク環境で速度が向上するといわれています。接続が遅い、または不安定な場合に役立つ可能性が高いです。

WARPを使用して80%遅い速度での速度テストのスクリーンショット

WARPは高速ネットワーク向けに設計されていないため、接続すると大幅に減速しました

ホームネットワークで大幅に減速しましたが、支障があったのは、大量のデータを消費する大きなファイルのダウンロードなどのみです。動画の閲覧やストリーミングなどの日常的なアクティビティには、80Mbpsあれば十分です。読み込み中に減速せず、今までのようにすぐにフルHDで表示されました。

WARP+の速度テストでは、期待を裏切られました。WARP+によってトラフィックが最寄りのCloudflareサーバーを介して閲覧中のWebサイトに誘導され、速度が向上するといわれていますが、残念ながら、テストした際、速度はほぼ変わりませんでした。

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー 3.0

サーバーネットワーク — 大規模なネットワークがあるが手動でサーバーを選択できない

WARPは、100ヶ国以上の200都市にあるCloudflareの高速グローバルネットワークを基盤としています。これは、他の多くのVPNにはない印象的な自社基盤です。

Cloudflare、Warpの親会社、グローバルネットワーク、およびそれがWARPの速度をどのように向上させるかを示すスクリーンショット

Cloudflareは、VPNに適した強力な高速サーバー基盤があることで有名です

残念ながら、常に最寄りのサーバーに自動接続されるため、WARPの大規模なネットワークを最大限に活用することはできません。また、ジオブロックを回避できるように設計されていないため(他の多くのVPNとは異なり)、ジオブロックされたコンテンツにアクセスできません。WARPは、接続の保護や速度の向上を期待する場合に適しています。こうした大規模なネットワークにアクセスするということは、あらゆる場所から常に接続できるローカルネットワークがなければなりません。また、他のVPNとは異なり、最も人気のあるサーバーに接続が集中する(ストリーミングサービスのブロックを解除するため)ことがないため、サーバーが過密状態になることもあまりありません。

セキュリティ — 強力だが欠点がある暗号化機能

Cloudflareが、WARPをリリースする前に、1.1.1.1の発表以降しばらくの間、インターネットにおけるセキュリティとプライバシー保護に力を入れていたことに対して、好感を持っていました。1.1.1.1はDNSリゾルバ(ユーザーがURLを入力した際に適切なサーバーに接続するために使用されます)で、インターネットサービスプロバイダーやGoogleのDNSよりも高速で、暗号化に優れています。1.1.1.1を利用すると、速度がGoogleのDNSの2倍まで向上します。1.1.1.1がGoogleのDNS発売から8年後にリリースされ、現在、2番目の規模を誇るパブリックDNSリゾルバであることは、驚異的なことです。

WARPは、モバイルアプリ1.1.1.1に新たに追加された機能で、これにより、暗号化されたDNSに加え、暗号化されたトンネルを利用できるようになりました。WARPで、インターネットプロバイダーや他のローカルネットワーク利用者にトラフィックを見られないため、プライバシーが強化され、公衆無線LANで第三者にスパイされるのを防げます。ここまでは良いのですが、閲覧中のWebサイトからIPアドレスを隠すことはできず、プライバシーを完全に守りたい場合には最適ではありません。

また、アプリにサインアップして独自のIDを入力することで、WARPでCloudflareゲートウェイサービスを無料で利用できます。これにより、危険なDNS要求が脅威データベース(2,500万を超えるWebサイトにわたり、マルウェアやスパイウェアなどの新たな脅威を監視しています)と照合されてブロックされるので、セキュリティがさらに強化されます。

CloudflareのWARPIPおよびDNSリークテスト結果のスクリーンショット-ユーザーのアドレスを置き換えないため、合格しませんでした。

WARPで接続の安全性を向上できますが、プライバシーを完全保護できません

インターネットサービスプロバイダーやローカルユーザー、Webサイトからプライバシーを守れるVPNをお探しなら、Surfsharkのセキュリティ機能を30日間無料で試しましょう。大規模な高速サーバーネットワークがある他、WARPとは異なり、あらゆる場所からコンテンツをストリーミングできます。

プライバシー — 良いが心配な点がいくつかある

Cloudflareは、ユーザープライバシーについて様々な約束をしています。以下はその一部です:

  • ユーザーを特定できるデータをディスクに記録しない
  • 閲覧データを販売したり、閲覧データを何らかの形で用いて広告を配信したりしない
  • 氏名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報の提供を求めない
  • この主張について、第三者による審査および認証を行う

Cloudflareは、パフォーマンスデータ(ユーザーが転送したデータの量)、匿名化されたデバイスデータ、リクエストデータ(送信元IPアドレス、送信元ポート、送信先IPアドレス)、クラッシュログ、オペレーティングシステムの種類など、必要最小限のログのみを保存すると主張しています。

リクエストデータを24時間保存されるのが心配でした。恐らく法的機関からの緊急の要求に応じるためでしょう。しかし、リクエストデータによって閲覧したWebサイトがわかるので、良質なVPNの多くが、様々な手段を用いて保存を避けています。例えば、SurfsharkはRAMベースのサーバーを利用しているので、ユーザーのデータはハードドライブにさえ保存されません。

Cloudflareが2019年に行ったKPMGによる第三者検証では、合格したものの、些細な問題点がいくつかありました。具体的には、Cloudflareのログは実際に25時間後に削除されましたが、一部の匿名化されたデータが無期限に保存されることがわかりました。Cloudflare は、これを受けてプライバシーポリシーを更新しました。

トレント — IPアドレスを変換しないため不向き

WARPは、IPアドレスを非表示にしないため、トレントの利用にはお勧めしません。トレントをダウンロードできますが、デジタルIDは保護されず、見つかる可能性が非接続時と同じくらいあります。

また、Cloudflareは、プライバシーポリシーの中で「召喚状、裁判所命令、または法的手続きに応じるため、または当社の法的権利を確立または行使するため、もしくは法的請求に対する防御のために」個人データを共有すると述べています。つまり、コンテンツの違法ダウンロードが見つかり、その著作権者がCloudflareに対して合法的に情報を要求した場合、個人情報がCloudflareによって政府と共有されます。

トレントを利用できるVPNが必要な場合は、安全な高速サーバーを持つNordVPNが最適です。あらゆるNordVPNサーバーでトレントソフトウェアを含むP2Pプロトコルも利用できます。

CloudflareのWARPは中国で機能する? — 機能しないので試さないでください!

WARPは中国で機能しません。既存のIPアドレスを用いてデータを暗号化するだけので、中国国内でブロックされているコンテンツのブロックを解除できません。

中国で常にインターネット閲覧できるVPNをお探しなら、中国の最高のVPNをご覧ください。

サーバー地点

WARP VPN

使いやすさ 8.6

複数デバイスでの同時接続 — 接続可能台数が不明瞭

最大同時接続台数がCloudflareによって明確にされていないため、アカウントにログインせずに、好きなだけ同時に接続できます。異なるGoogleまたはAppleアカウントにログインしている複数のモバイルデバイスで接続する場合、個々のインストールは、一つのWARPユーザーアカウントにリンクされません。

2台のAndroidデバイスで、同じGoogleアカウントを用いてテストしたところ、両方のデバイスで接続がほぼ一日中安定していて、接続が切断されたり、著しく減速したりすることはありませんでした。

対応デバイス — 現在はモバイルのみに対応、デスクトップ版を開発中

WARPは、現在 AndroidとiOSのみで利用できます。

まもなくWindowsおよびMac向けのベータ版を利用できるようになりますが、利用可能になった際に通知を受け取るには、順番待ちリストに入力する必要があります。それまでにWindows用のVPNが必要な場合は、Windowsに最適なVPNの一覧をご覧ください。

設定とインストールの容易さ — AndroidおよびiOSモバイルに容易にインストール可能

  1. Google PlayまたはiOSアプリストアにアクセスして、1.1.1.1アプリをダウンロードします。
    モバイルアプリストアの1.1.1.1のスクリーンショット。
  2. アプリを開いて[始める]をクリックし、プライバシーポリシーを読み、その内容に同意します。
    アプリの起動時に設定されたWARPを示すスクリーンショット
  3. クリックして接続すると、デバイスに新しいVPN構成をインストールするように指示されます。その後、自動的に接続されます。
    iPhoneでセットアップするWARPVPN構成のスクリーンショット

サポート8.6

Cloudflareでは、カスタマーサービスへの問い合わせが必要以上に困難です。Cloudflareは、フォーラム内で、従来の方法(メール、ライブチャット、電話)で問い合わせる代わりに、バグレポートを送信して返答を待つように忠告さえします。実際に、バグレポートを送信し、速度を向上させるためのアドバイスを求めてみたところ、残念ながら、1週間以上経っても(この記事の執筆時点で)返答がありません。サポート体制が行き届いているのか、それともバグレポートのためだけなのか疑問に思います。

CloudflareのWARPカスタマーサポート情報のスクリーンショット。サポートの問題にのみアプリを使用するようにユーザーに通知します。
他に唯一できることは、大規模で活発なCloudflareのコミュニティフォーラムや1.1.1.1アプリ専用のセクションを利用することです。すぐに利用できるサポートがないので、これは、アプリでバグレポートを送信する以外の良い手段です。

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

価格8.0

WARPの最も良い点は無料であることです。月額料金$4.99でWARP+にアップグレードすることも可能です(速度の向上が約束されています)。

Cloudflareには正式な返金保証はありません。Google Playで購入し、48時間以内に返金を要求した場合にのみ返金されます。iOSでは返金不可です。Android用に購入して試したところ、幸い、返金してもらえました。

WARPGoogleの払い戻しプロセスのスクリーンショット

WARPにこれ以上の返金ポリシーがなく、がっかりしました

WARP+は、WARPの通常版と比べて速度が向上しなかったため、今のところお勧めしません。WARP+の半分以下の価格で、Surfsharkのサブスクリプション版を入手できます。Surfsharkは、より高速で、高度なセキュリティ機能があり、ジオブロックされたNetflix、Disney+、Huluなどのコンテンツのブロックを解除できます。

WARP VPNは以下のプランを提供しています

まとめ

WARPには、暗号化されたトンネルやDNSをはじめ優れた機能がいくつかありますが、全体的に、市販されている他の良質なVPNと比較することはできません。

速度が向上するのを最も楽しみにしていましたが、Wi-Fiとモバイルデータ通信の両方で減速しました。WARPの主な利点は、他のローカルネットワーク利用者からプライバシーを守れ、インターネットサービスプロバイダーやスパイに閲覧履歴を見られないことです。速度とセキュリティ機能が向上すれば、気が変わるかもしれませんが、それまではWARPをお勧めしません。

高速で強力なセキュリティ機能があり、予算内で数多くのストリーミングプラットフォームのブロックを解除できる、より機能が完備されたVPNをお探しなら、Surfsharkが適しています。30日間の無料トライアルがあってノーリスクで試せる他、日本語にも対応しています。

よくあるご質問

WARPは入手する価値がありますか?

無料なので、WARPでインターネット接続が変化するかを試してみる価値はあります。接続が遅い、または不安定なら、速度を向上できるかもしれません。それ以外では、公共ネットワークを安全に利用したい場合や、インターネットサービスプロバイダーにアクティビティを見られたくない場合には、基本的な機能が備わっているので適しています。一方、WARP+(有料版)は、テストで速度が変わらなかったので、利用する価値はありません。より機能が充実した良質なVPNを同額またはより安値で購入できます。

よりセキュリティレベルが高く、ストリーミングコンテンツのブロックを解除したり、トレントを利用したりできるVPNをお探しなら、市販の最優秀VPNトップ10の一つをお試しください。

WARPを無料で利用できますか?

はい、AndroidまたはiOSモバイルアプリストアでWARPを完全無料で入手できます

その他の無料のVPNに関する詳細については、こちらの市販されている無料の最優秀VPNの一覧をご覧ください。ただし、無料のVPNは、性能が低くてセキュリティに問題があるため、お勧めしません。

WARPは本当に安全ですか?

WARPは安全ですが、セキュリティ機能が限られていますトレントの利用中に、トラフィックは暗号化されますが、他のローカルネットワーク利用者や閲覧中のWebサイトからIPアドレスを隠せないため、特定の状況においては安全ですが、それ以外ではプライバシーを保護できません。また、一部のログが24時間保存されますが、厳密なノーログポリシーがあるVPN を選ぶことで、これを避けられます。

より安全なのは、Surfsharkです。高度な暗号化機能によりプライバシーを守り、ノーログポリシーを採用していて、IPアドレスとDNSアドレスを変換するので、Webサイトによって識別されません。

WARPの利用は合法ですか?

はい、世界のほぼあらゆる国で、VPNの利用が合法化されています。一方、北朝鮮やイランなどVPNの利用が違法な国がわずかにある他、利用が禁止される国や利用が困難な国もあります。WARP接続中に犯罪行為を行わない限り、大丈夫です!

今すぐWARPを試しましょう

重要事項

いいえ
X 日保証

連絡先詳細

www.warpvpn.com

他のサービスとの比較

WARP VPN
4.0  / 10

共有・ご支援

WizCaseは独立したレビューサイトです。このページは読者がサポートしており、私たちのサイトのリンクを通して購入したときに、私たちはリンク先から手数料を受け取ることがあります。私たちのサイトから購入したものにお客様には追加料金は一切加算されません。当社への手数料は製品の販売者から直接支払われます。

正直で公平なアドバイスを保証するためにWizCaseをサポートをお願いいたします。サイトを共有することでサポートをお願いします。