ExpressVPN vs Hotspot Shield 2019

これらのVPNを比較して勝者を決定します!

ExpressVPNは通信速度とセキュリティー対策の面で現在最高のVPNとして知られています。Hotspot Shieldは人気のある無料VPNですが、有料サービスは最高レベルのVPNと比較できるほど優れているのでしょうか?

2つのVPNはほとんどすべての面で大きく異なり、特にセキュリティー対策では全然違います。Hotspot Shieldは128ビット暗号化が利用可能で、独占のカタパルトヒドラオプションもあります。それに対してExpressVPNは256ビット暗号化のほかにOpenVPN(UDPとTCP)、L2TP/IPSec、SSTP、PPTPなどのプロトコルを利用することができます。 詳細情報

どのVPNがよいのか?

通信速度

業界最速のExpressVPNの超高速通信に対抗するのはなかなか難しいでしょう。それでもHotspot Shieldはストリーミングやダウンロードには十分な通信速度です。Hotspot Shieldでは遅延、バッファーなどはそれほどありませんし、ダウンロード速度が劇的に遅くなることはありません。

VPN販売元 ExpressVPN Hotspot Shield
ダウンロード速度の低下 18% (UK) 40% (UK)
アップロード速度の低下 20% (FRA) 38% (FRA)
Google.comへの応答時間 24ms 107ms
接続にかかる平均時間(秒) 11ms 12ms
ブロック解除成功 Netflix-logo Hulu-logo Kodi-logo Espn-logo Youtube-logo Bbc-logo Bbc-logo Netflix-logo Youtube-logo
  サイトを訪問する サイトを訪問する

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー

サーバー数はHotspot Shieldの弱点です。27か国に27地点しかサーバーを配置していないからです。ExpressVPNはほかのトップVPNほどたくさんのサーバー数はないものの、94か国、148地点に分散されているのでトップ10にランクインしています。

VPN販売元 ExpressVPN Hotspot Shield
サーバー地点 148 27
サーバー国 94 27
IPアドレス 1500 27
ダイナミックサーバー切り替え
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サーバー数を比較する際にありがちなミス・本当に注目したいポイントとは

VPNを選ぶ際、サーバー数と国数の比率は重要ポイントです。地点やサーバーの数だけに注目するのは問題です。サーバーが多いほど通信速度が速い傾向がありますが、VPN Xの方がVPN Yよりサーバーの数が若干多くてもVPN Xのユーザー数が2倍なら、VPN Xの方が遅くなります。理想的には、すべての地点にたくさんのサーバーを配置しているVPNが欲しいものです。そうすれば、使いたい地点のサーバーが負荷過重状態だったり速度が遅かったりする心配はありません。

サポート

これら2つのVPNはカスタマーサポートが充実しています。ExpressVPNは24時間ライブチャット、メールチケットがあるほか、サイトには充実した知識ベースがあります。Hotspot ShieldはExpressVPNと同じようなサポートを提供していますが、資料はそれほど充実していません。

VPN販売元 ExpressVPN Hotspot Shield
メールへの回答にかかる時間 3 9
24時間週7日間のサポート
ライブチャット
知識ベース
動画チュートリアル
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

使いやすさ

ExpressVPN homepage screenshot
ExpressVPNで接続するのに技術的な知識は一切必要ありません。中国のファイアウォールを通過したい場合やアメリカのネットフリックスを世界中どこからでも観られるようにしたい場合、接続したい国にクリックするだけでいいのです。 また、特定のセキュリティープロトコルを選択するオプションもあり、選択しなかった場合はデフォルトでOpenVPNで接続されます。

ExpressVPNにはネットワークロックという名前のキルスイッチがあり、故意にサーバーとの接続が途絶えた場合にインターネット通信が停止します。

通信を復元するためには「インターネットをアンブロックする」というボタンをクリックするだけです。直ちに通信が再開します。

ExpressVPNは他のたくさんのプラットフォームで利用可能で、最大3台まで接続することができます。
Hotspot Shield
登録してプラットフォームを選択したら、インストールとセットアップは2分以下で完了しました。

Hotspot Shieldはあなたの現在地に最も近いサーバーに自動で接続してくれます。他の国に接続したい場合はドロップダウンリストから国を選択すれば仮想地点を変更することができます。ただし、どのサーバーに接続するか選択することできません。

Hotspot Shieldにお任せということです。 Hotspot Shieldを有効にしたときに私たちはネットフリックスをストリーミングしていたのですが、VPNを有効にしても問題なくストリーミングを継続することができました。しかし、Huluを使った時にはエラーが表示されました。

ネットフリックスをストリーミングするにはプレミアムアカウントが必要で、アメリカの地点を選択する必要があります。 Hotspot Shieldにはそれほど設定オプションがないので、技術に詳しい人向けでしょう。

端末を稼働したときに自動で有効にすることができ、キルスイッチオプションを有効化することもできます。このようないくつかの設定以外にはそれほどカスタマイズできるものはありません。

価格

最低月額料金: $ 6.67
ライセンスにつき利用可能端末数: 5
返金保証期間(日) 30
最低月額料金: $ 2.99
ライセンスにつき利用可能端末数: 5
返金保証期間(日) 30

勝者は…

ExpressVPNのホームページはこちら

あなたに最適なものを決めましょう

Hotspot Shieldの無料VPNはそれほどVPNの機能は必要ないという場合は十分です。有料版は無料版とそれほど違いがありません。特にExpressVPNと比べると大したことないでしょう。それに対してExpressVPNはすべての面でエリートのVPNで、価格もとても良いのでこの比較で圧勝しました。 詳細情報

共有・ご支援

WizCaseをご支援ください。誠実で中立的なアドバイスを保証できるように弊社のサイトをシェアするようお願い致します。