Hotspot Shield レビューと専門家の意見 - 11月 2019

何を検討したのでしょうか?

Hotspot Shieldについて

エジプト、チュニジア、リビアでアラブの春が起きた時、ユーザーが頼ったVPNサービスはHotspot Shieldでした。政府による検閲を乗り越えられるようにしたことでユーザー数が5億人にも上っています。Hotspot Shieldは今でも世界中で制限なくアクセスできるようにすることに力を入れていて、ユーザーが政府による不公平な検閲を乗り越えられるようにしています。

安全なVPNサービスをユーザーが求めているというニーズをAnchorFreeが2005年に見極めた際に生まれたのかHotspot Shieldです。この会社は米国シリコンバレーからの会社ですが、中国を含む27か国で活動を展開しています。ユーザーの活動のログを一切保存しないことで利用者の匿名性を保持することに特化しています。ギフトカードで登録することもできるので登録の家庭で身元を明かすこともありません。

Hotspot Shieldは軍事レベルのAES-256 ビット暗号化を利用し、サードパーティーのハッキングからユーザーのデータを保護しています。キルスイッチオプションでVPN接続が切断されてもしっかり保護してくれます。エリートユーザーはアメリカのネットフリックスをストリーミングできるものの、他の地点からは見られません。無料版でも有料版でもユーザーがしっかりセキュリティーを保護できるようないろいろな機能を提供しています。

長所

  • すべての主要プラットフォームに適したアプリを提供
  • 無料版あり
  • 匿名性を守るためにギフトカードでの支払いも可能
  • 45日返金保証
  • AES-128ビット暗号化
  • 無制限の帯域

短所

  • 小さなVPNサーバーネットワーク
  • ログを保存してサードパーティーとユーザー情報を共有

重要事項

2005
はい
5
30 日保証

連絡先詳細

[email protected]
www.HotspotShield.com

通信速度8.0

何回か通信速度試験を行って正確な結果を得ました。通信速度が最速だったのは私たちが住んでいる国のサーバーを選択したときでした。

母国のサーバーの時に最速でしたが、通常のインターネットサービスプロバイダの通信速度には全く及びませんでした。

ネットフリックスはアメリカのサーバーでしか利用できないので、番組を観ているときにバッファーするかどうか試してみました。新しい動画が始まるまでにいつもより時間がかかりましたが、動画が始まると問題なくエピソードを見ることができました。残念ながら今のところHuluをストリーミングすることはできません。

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー 7.6

Hotspot Shieldは27か国にサーバーを配置しています。しかし合計サーバー数はホームページに記載されていません。サポートスタッフに問い合わせると、数百から数千に上るという曖昧な答えでした。世界中にサーバーがあるのは素晴らしいと思いますが、ちょっと少ないと思います。国しか選択できないのでサーバー自体は選べませんし、無料アカウントを利用しているとサーバーは一切変更できません。エリートアカウントでないとサーバーを切り替えられないのです。ログインしたらデフォルトでアメリカのサーバーに設定されています。

helpdesk-response

Hotspot Shieldのサーバーの種類に関してはあまり情報がありません。特設IPやP2Pサーバーがあるかどうかなどの情報は見つかりませんでした。また、トーアサーバーの有無も確認できませんでした。

サーバー地点

アイルランド
アメリカ
アラブ首長国連邦
イギリス
イスラエル
イラン
インド
ウクライナ
オランダ
オーストラリア
カナダ
スイス
スウェーデン
スペイン
チェコ共和国
対応地点をすべて見る

使いやすさ 7.8

Hotspot Shieldの登録は簡単です。色々な支払いプランを選択できます。登録したらダッシュボードからダウンロードオプションを選びましょう。お使いのオペレーティングシステムを選択します。インストールとセットアップは2分以内に完了しました。

Hotspot Shieldは現在地に最も近いサーバーに自動で接続してくれます。ドロップダウンメニューから好みの国のサーバーに手動で接続することも可能です。特定のサイトが制限されている国に住んでいる場合、サイトを訪問するためにはバーチャル現在地を変更するしか手はありません。国は選択できますが、サーバー自体を選ぶことはできません。Hotspot Shieldが自動でサーバーを選択してくれるからです。

Hotspot Shieldを稼働させたとき、私たちは既にネットフリックスをストリーミングしていました。Hotspot Shieldは私たちが住んでいる国のサーバーに自動で接続してくれるので、問題なくストリーミングを継続することができました。しかしHuluを利用しようとすると、エラーが発生しました。また、他の国に切り替えたらネットフリックスを利用できなくなってしまいました。ネットフリックスをストリーミングするためにはプレミアムプランが必要で、アメリカを選択しないと利用できません。

Hotspot Shieldには設定することはあまりありませんから、技術にあまり詳しくない人にはいいでしょう。自動スタートアップを切り替えたりキルスイッチを有効にすることもできます。その他にはあまり変更できる設定はありません。

settings

サポート7.6

Hotspot Shieldはライブチャットはありません。これは多くのユーザーが好む問い合わせ方法なので残念です。しかしFAQ欄があるのでよくある質問への答えが見つかります。質問の答えが見つからない場合、チケット制で質問することが可能です。

親会社のAnchor Freeに通話料無料で電話することも可能です(電話番号は877-869473-1です)。事務所の電話番号は408-744-1002ですが、アメリカの営業時間にしか対応していませんからアメリカに住んでいない場合は問い合わせにくいかもしれません。

また、フェイスブックからプライベートメッセージを送信することもできます。数時間以内に返信が来ることが多いです。一番簡単に問い合わせる方法はチケット制ですが、返信が来るまでに数日かかる場合があります。

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

価格7.0

Hotspot Shieldはいくつかの価格オプションを提供しています。最もおすすめの価格プランは3年契約(前払い)です。利用できる機能を考慮すると最も経済的だと思います。

Hotspot Shieldの支払いオプションに関してユニークだと思ったのはクレジットカードやペイパルからの支払いだけでなく、ギフトカードで支払うこともできるということです。Best Buy、Target、Wal-Mart、スターバックスなど100以上のお店のギフトカードで支払いが可能なのです。ギフトカードで支払うことで100%匿名性を保つことができます。

また、キャンセルしたい場合は45日返金保証制度があります。サポートセンターから返金を申請する必要があります。返金されるまで最高で2日かかります。

Hotspot Shieldは以下のプランを提供しています

他のサービスとの比較

Hotspot Shield
7.6  / 10

Hotspot Shieldのレビューを書く

VPN を評価してください。

ユーザーの信頼は最も重要です! VPN会社はお金を支払ってレビューを削除したり変更したりすることができません。

共有・ご支援

WizCaseをご支援ください。誠実で中立的なアドバイスを保証できるように弊社のサイトをシェアするようお願い致します。