NordVPN vs Windscribe VPN 2019

これらのVPNを比較して勝者を決定します!

NordVPNは市場で最高のVPN会社の一つです。しかしVPNにあまり詳しくない人はWindscribeとサービスがほとんど同じに見えることでしょう。ですから2つのサービスはどこがどういいのか判断しにくいと思います。この記事を読めば違いがしっかり分かることと思います。

NordVPNにはたくさんのワクワクするような役立つ機能があり、通信速度もとても高速です。NordVPNを選べば、低価格で60か国以上にちりばめられたたくさんの特設サーバーを利用できるようになります。それに対してWindscribeは適度なVPNで強力な暗号化と効果的なセキュリティープロトコルを提供しています。さらにこのプロバイダを利用すると帯域幅が無制限で利用者のログや情報を一切保存しないので安心できます。

これを読んでもどちらが良いか判断できませんか?ご安心ください。以下では素晴らしい2つのVPNサービスを詳しく比較していきます。 詳細情報

どのVPNがよいのか?

通信速度

NordVPNはスピード試験でかなりいい成績となりました。ストリーミング、トレント、インターネットサーフィンに最適でしょう。もちろん、テレビ番組やラジオをストリーミングするのにも利用できます。

残念ながらWindscribeは期待通りの通信速度ではありませんでした。平均以下でしたし、コンテンツの質もよくなかったです。安定した高速通信がいいならNordVPNを選びましょう!

VPN販売元 NordVPN Windscribe VPN
ダウンロード速度の低下 19% (UK) 38% (UK)
アップロード速度の低下 17% (FRA) 42% (FRA)
Google.comへの応答時間 25ms 203ms
接続にかかる平均時間(秒) 9ms 14ms
ブロック解除成功 Netflix-logo Hulu-logo Kodi-logo Espn-logo Youtube-logo Bbc-logo Youtube-logo Netflix-logo Hulu-logo Kodi-logo
  サイトを訪問する サイトを訪問する

通信速度試験のほとんどが無意味の理由・正しくVPN速度を確認する方法

VPNの通信速度を左右する要因はいくつかあるため、意味がある通信速度試験はほとんどありません。VPNはデータを暗号化しますから、データの送受信に通常より時間がかかります。通信速度が遅くなることがあるのはそのためです。しかしISPが通信速度を意図的に遅くしている場合(通信速度調整と言います)、VPNを使うことでインターネットの速度が速くなることもあるのです。また、ネットワークに新しいサーバーが追加されることで通信速度に影響がある場合もあります。さらに、どこで通信速度を試験するかによっても試験結果が変わってくるため、読者の皆様の通信速度と私たちの速度が違うことはよくあります。私たちの速度試験が基準として信頼できる理由は、複数の地点でVPNの速度を確認した平均値だからであり、すべてのユーザーが比較するために役立つのです。

サーバー

NordVPNは世界中に4400以上のサーバーを配置しています。サーバーは種類によって5つのカテゴリにグループ分けされています。トーア、DDoS対策、ダブルVPN、特設IP、P2Pサーバーなどがあります。ネットフリックスをストリーミングしたり、インターネットサーフィンを安全に行いたいという場合、何千もの標準的なサーバーで十分でしょう。

Windscribeは45の地点のサーバーを利用することができます。標準的なサーバーはイギリス、アメリカ、オランダ、香港などにあります。NordVPNほどたくさんのサーバーはないものの、全体的に配置の仕方はいいと思います。地域的に制限されたコンテンツでもアクセスすることができます。

VPN販売元 NordVPN Windscribe VPN
サーバー地点 59 300
サーバー国 59 52
IPアドレス 5201 300
ダイナミックサーバー切り替え
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サーバー数を比較する際にありがちなミス・本当に注目したいポイントとは

VPNを選ぶ際、サーバー数と国数の比率は重要ポイントです。地点やサーバーの数だけに注目するのは問題です。サーバーが多いほど通信速度が速い傾向がありますが、VPN Xの方がVPN Yよりサーバーの数が若干多くてもVPN Xのユーザー数が2倍なら、VPN Xの方が遅くなります。理想的には、すべての地点にたくさんのサーバーを配置しているVPNが欲しいものです。そうすれば、使いたい地点のサーバーが負荷過重状態だったり速度が遅かったりする心配はありません。

サポート

NordVPNにはありとあらゆる質問に答えているFAQ欄ががあります。役立つチュートリアルがたくさんありますし、活発なオンラインコミュニティーや24時間年中無休のライブチャット、フェイスブック、メールサポートシステムもあります。

Windscribeの場合、FAQしかありません。セットアップガイドがあるのは役立ちますが、これで満足することはないでしょう。この点ではサービスを改善して欲しいと思います。

VPN販売元 NordVPN Windscribe VPN
メールへの回答にかかる時間 3 2
24時間週7日間のサポート
ライブチャット
知識ベース
動画チュートリアル
  サイトを訪問する サイトを訪問する

サポートはなぜ重要なのですか?

VPNをインストールするときのみにサポートが必要だと思う人が多いかもしれません。しかしカスタマーサポートが必要になる場面は他にもあります。特定のサーバーに接続するときやセキュリティープロトコルを変更するとき、ルーターにVPNを設定する際などにサポートが役に立ちます。私たちは各VPNを試して深夜などいつでもサポートが利用できるか、回答にどれくらい時間がかかるか、質問にきちんと答えてくれたかを確認しています。

使いやすさ

NordVPN
セキュリティーに関してはNordVPNは本当に素晴らしいプロトコルを提供しています。以下のようなものを利用できます。


  • L2TP

  • PPTP

  • OpenVPN

  • 強力な2048ビットSSLベースの暗号化



他にも、必要の場合は自動キルスイッチを利用することもできます。これは、VPN接続が途絶えた場合にとても役に立つ機能です。この機能を使えば個人情報、機密情報がしっかり保護されます。トレントが好きな人はP2P専用サーバーが用意されているのが便利です。
Windscribe VPN
このサービスもOpenVPNセキュリティープロトコルを使用していますがAES256ビット暗号化とSHA512認証プロトコルを使っています。他にもIPv6があり、プライバシー保護のためにDNS漏洩保護もあります。また、NordVPNと同じようにキルスイッチがあるので個人情報の漏洩防止に役立っています。

さらに、P2P共有を許可しているので安全にトレントをダウンロードすることができます。世界中どこからでもアメリカのネットフリックスのブロックを解除することができます。最も重要なのはNordVPNと同じようにログを保存せず、ユーザーの情報を政府機関に公開しないことです。また、3種類の接続モードがあるので中国などの検閲の厳しい国でも利用することができます。以下のような接続モードがあります。


  • UDP
  • デフォルトモード
  • TCP

価格

最低月額料金: $ 3.49
ライセンスにつき利用可能端末数: 6
返金保証期間(日) 30
最低月額料金: $ 0.00
ライセンスにつき利用可能端末数: 0
返金保証期間(日) 30

勝者は…

NordVPNのホームページはこちら

あなたに最適なものを決めましょう

WindscribeとNordVPNを比較した場合、お勧めするのはNordVPNです。その理由は、NordVPNは世界的にもトップ5にランクインしているのに対してWindscribeはランキングに入れるまでの道のりはまだまだ長いからです。NordVPNの方が断然いい理由の一つはサービスが分かりやすいことです。通信速度も高速ですし、サーバー数も多いのです。 詳細情報

共有・ご支援

WizCaseをご支援ください。誠実で中立的なアドバイスを保証できるように弊社のサイトをシェアするようお願い致します。